カレイの特徴と今日の海の幸

こんにちは!

昨日は全国的に晴れて穏やかでしたが
今日は西から雨のエリアが拡大中ですね。

愛媛県も夕方から段々と本降りになり
北東に進む雨雲が通過してますが
少し気温もさがってきていますね~。

今日は、8キロ先のH鮮魚卸店に買い出しに行く。
f0231709_13534954.jpg


これはカレイですね。2つのお目目がぷくっとしてキョロ、キョロと見ています。

活きが良くてトロ箱の中ででピンピンと跳ねています。いただこうっと・・・・
f0231709_1359956.jpg


ブログにのせていいですか?と相談・・・・はい!・・・うれしくて・撮影・・パチッ。

早速、自宅でカレイを調べてみました。

俗にいわれている見分け方は手前に腹がくるように置くと,
目が【左ヒラメに右カレイ】にとなりますね。

カレイは沿岸の砂泥地を好み、身を潜め頭だけ出していて夜活動する。

潜めないときは体の色を海底と同じ色にして、その海底にすむ
小魚・貝類・ゴカイ類をたべるそうですね。


f0231709_15493023.jpg



自宅で昼にカレイ料理にしようにも、口はパクパク・・・・頭も尾っぽも
パシッパシッと動かしてどうにもなりません。

少し弱ってから、ナイロン袋に1匹づつ小分けして冷凍。
美味しくするためこうして・・・ごめんね・カレイ・・・
f0231709_14172331.jpg



そこで昼食には鮮魚店で親切に調理してくれた
ウマズラハギ3匹を煮付けました
f0231709_1418026.jpg


小分けの盛り網カゴで買ったので、マルハギやコチの小1匹も入っており
H鮮魚卸店ではハギは皮を剥いで、内臓とエラをのけてくれたので
自宅での調理の手間が省けて有難いです。
f0231709_1420812.jpg


そして活きのいい小エビも追加して、これくらいを購入する。
f0231709_14365021.jpg


これから下は、今の旬の参考に
おススメのアサリとアブラツボも撮らせてもらった。
f0231709_14584852.jpg
f0231709_1458152.jpg


また、コンショウカレイはこの大きさで1週間寒風で干す。
f0231709_1515413.jpg
f0231709_1521310.jpg


このように出来たデビラ干しは、金槌でたたいて遠火で焼くと
身が離れて瀬戸内海の味覚として好まれるそうです。
f0231709_1523321.jpg

by manryouy | 2011-02-17 15:12 | 料理の関連 | Comments(2)

Commented by yukun2008 at 2011-02-17 21:20
こんばんは♪
カレイとヒラメの見分け方、勉強になりますね~♪
干物も旨みが増して美味しくなりますね。ところで、愛媛では赤貝はたくさん採れるのでしょうか!?
Commented by manryouy at 2011-02-17 23:01
yukun2008さん赤貝は手のひらをグーのした
位の大きさが一つありました。

貝の身が赤いように見えていました。

採れないのではと・・・黒っぽくて髭のようなものがついてますが・・・瀬戸内で捕れるかは良く分かりません。