「ひゅうがめし御膳」と漬物の食事処と卯之町の町並み…2012・10・29

西予市立美術館 ギャラリーしろかわ の「かまぼこ板の展覧会」
の会場場所から40分で西予市宇和町卯の町につきました。

f0231709_15205534.jpg


古き良き文化の息づく町で、
    温かさと癒しを感じる宿・築205年の松屋旅館がお昼食処でした。

f0231709_1705396.jpg


旧街道で江戸のころより続く、胡麻をたっぷりとその風味を酒などで味付けし
生きた鯛を漬け込んで、ご飯にかけて頂きます。
お漬物8種類もセットではいってる「ひゅうがめし御膳」でした。

f0231709_15215599.jpg


松屋旅館は、旧街道で、お客様には、代々伝わる中之町の家庭料理「ひゅうがめし」で、
昼食はおもてなし致しているそうです。

胡麻をたっぷりとその風味を酒で味付けし、そのだしに、日向灘でとれた生鯛の切り身を加え、
身を〆て、昔ながらの松屋旅館の味に整えている・・・と説明がありました。

ご飯のお変わりをして頂きました。
お漬け物が8種類もあって、とても美味しいです。

食事の途中で松屋旅館6代目女将 大気様から話がありました。

糠床を大切に、いたわりながら、楽しいお漬物の付け方も話題になり
次々と質問をして丁寧にコツなどを教わりました。

食後には、松屋旅館・8代目のご長男の方が、文化の里の各所をボランティア解説をしながら
1時間余り文化の里を案内してくださいました。


重要伝統的建造物群保存地区 
卯之町の町並み のマップです。

f0231709_16581835.jpg


 江戸時代、西予市宇和町は宇和島藩随一の米どころとして有名でした。宇和町の中心地であった卯之町は、大洲と宇和島を結ぶ宇和島街道の宿場町でした。

f0231709_17204744.jpg


①文化の里休憩所・・・月曜日で閉まっています。

卯之町の町並みにある古い民家を復元した休憩所。観光客らにお茶の接待もあり、誰もが気軽に立ち寄れ、心休まる場所として人気を集めている。冬にはカゴノキの大火鉢がやわらかな暖かさを提供してくれる。

②鳥居門

天保5年(1834)、庄屋鳥居半兵衛が建てたもので、ケヤキをおしげもなくつかっている。門扉には鉄鋲を打ち、そりのある屋根には高々とした大きな鬼瓦があるいかめしい門。庄屋には身分不相応な造りとし、宇和島藩からおとがめがあったというエピソードもある。高野長英が逃亡中に二宮敬作を頼って卯之町へきたとき、この大門脇にある隠れ部屋で身を潜めたともいわれている。

江戸中期から昭和初期の商家が立ち並ぶ。白壁、うだつ、半蔀(はじとみ)、出格子など伝統的な建築様式が残る町並み。幕藩時代には宇和島藩の在郷町として栄えた。二宮敬作、楠本イネらも往来した通りとして、訪れる観光客は絶えないそうです。

③高野長英の隠れ家

脱獄逃亡中の長英が、二宮敬作を頼って卯之町を訪れた際に身を隠した家。従来は2階建ての建物だったが、現在2階部分だけが保存されており、県の史跡に指定されている。

④「開明学校」 国の重要文化財に指定…昨日は月曜で休館日でした。

f0231709_1649378.jpg


明治15年(1882年)に建築された小学校。日本の伝統的木造建築の中に洋風のアーチ型の窓を取り入れた擬洋風のモダンな建物で、当時は舶来のガラスが使用されていた。

長野県松本市にある重要文化財「旧開智学校」と昭和62年に姉妹館提携し、平成9年5月には国の重要文化財に指定されました。

 現在は、明治時代を中心とした教科書を展示する教育資料館として利用されています。


NHKのど自慢の開催場所:西予市宇和文化会館(西予市宇和町卯之町)も見えました。

出演:(ゲスト)秋川雅史さん 水樹奈々さん
日時:平成24年11月4日(日)の生中継放送です。

by manryouy | 2012-10-30 17:12 | 料理の関連