房藤空木(フサフジウツギ)   

2013年 06月 24日

西条市周布の某歯科医院脇に、昨日ですが房藤空木が咲いていました。

f0231709_9585626.jpg


房状になって咲いている紫色の花は、まだ小さいです。

f0231709_9591328.jpg


f0231709_9594670.jpg


それで、2012年6月23日に詳しくUPしたので再編しました。

新居浜市の大生院の畑の一角で咲いていました。、
小花が集まった花房は芳香がありたくさんの蝶を呼び集める。
その姿から別名がバタフライ・ブッシュ。
f0231709_19522966.jpg


開花時期は、6/20頃~10/15頃。 中国原産。
さまざまな色がある園芸品種で、枝先に小さい花をいっぱいつける。

f0231709_19544143.jpg


花は「藤」を思わせ、葉っぱは対生して「空木」のようであることから 房藤空木の名がついたそうです。

f0231709_19554432.jpg


葉は長さ1-30cmで細長く、ほとんどは対生。花は長さ1cmほどの筒状で、花びらの先が4裂し、長さ10-50cmの密な円錐花序をなす。

f0231709_19564361.jpg


花の色は種類により白、桃色、赤、紫、橙色、黄色、オレンジ色や、ライラック色などいろいろある。
これは極端に寒い地域を除いて栽培しやすく、野生化することも多い。

f0231709_1958676.jpg


芳香があり、また蜜が多いのでよく蝶が吸蜜に訪れるています。

by manryouy | 2013-06-24 10:01 | 夏の花 | Comments(0)

<< 西条市「道前太鼓」結成10周年... モッコクの花・・・2013・6・23 >>