小さな ネジバナ (捻花).   

2013年 06月 25日

可愛い小さな捻花も咲きました。
グルグル と螺旋状にピンクの花が順序良くならんで下から先端に向かって順次咲きます。

f0231709_755591.jpg


芝生の中などで時々 見つけることができる。
真上から見ると ピンク色の小さな花をらせん状このように見えます。

f0231709_783638.jpg


北海道から九州まで日本全国に分布して いる野生のラン科。

f0231709_791025.jpg


名前は螺旋状に花をつけることに由来するらしい。

f0231709_710262.jpg


蘭(ラン)科に 属するとは意外な感じがするが、
鈴生りの小さな花がカトレアそっくりなことで、なるほどと思う。

f0231709_7103525.jpg


昨年のネジバナはmoreに貼ります。





西条市の、東予図書館の芝生のところで、写真班の数人がしゃがんで写真を撮っていました。
f0231709_13421931.jpg

よく見ると、ピンクのネジバナ(ねじばな)が咲いていました。

f0231709_13432566.jpg

ネジバナがねじれるのはつぼみが後ろ側に反転するからで左巻きと右巻きがある。

ラン科の多年草で根茎は短く、肥厚した根が数本束生する。
葉は大部分が根生し4~8月、高さ10~40センチメートルの花茎の先に毛のある花序をつくり、小花を螺旋(らせん)状に密に並べる。

f0231709_13452480.jpg


花は紅紫色で唇弁は白色。距(きょ)はない。日本全土の草地や崖(がけ)などに生え、都市の芝生にも多い。

f0231709_1347519.jpg


名は、花序がねじれることに由来するtらしい。

by manryouy | 2013-06-25 07:12 | 夏の花 | Comments(0)

<< オオケタデ(大毛蓼)の花 イヌホオズキ(犬鬼灯・犬酸漿) >>