エビと太刀魚で、お祭り料理…2014/10/16

f0231709_16372896.png今朝8時までに、西条市東予のF鮮魚店に行きました。

11日は、ワタリガニをたくさん購入しましたが、やっと美味しかったのですが食べ終わりました。

マナガツオ5年もの・・・これほど大きいのは珍しく大王様だよ。
今しか食べられない瀬戸内の高級鮮魚ですが、刺し身、西京漬け、幽庵焼き等に♪ どうですかと言われました。

f0231709_1627091.jpg


本日は、ワタリガニは1箱だけでした。

f0231709_16275974.jpg


今日は、エビと太刀魚、マナガツオ5年もの、真イカ、そしてたくさんのハモが並んでいました。

f0231709_16221853.jpg


ハモは、ピンピン動き回っていました。鱧は生命力の強い魚です。

瀬戸内から活かしたまま桶に入れられて運ばれた鱧は鮮度の良い魚が手に入りにくかった京都で大変重宝されました。祇園祭と言えば「ハモ」と言うくらい京都の夏にハモは欠かせません。

f0231709_16231026.jpg


さばいて売るので次々と、下処理で忙しそうでした。

f0231709_16284853.jpg


我が家は、エビをトロ箱1箱と太刀魚2匹にしました。

f0231709_1629174.jpg


帰宅後,測るとエビは500グラムで10袋に分けました。

f0231709_16301383.jpg


明日のお寿司用に2袋はむきえびにしました。あとは2袋は今日のおかずに炊きました。

残り6袋は保存して色々に使います。太刀魚も切って塩焼きと煮付けに分けてチルド室に入れる。

by manryouy | 2014-10-16 16:41 | 料理の関連 | Comments(0)