西条市法安寺の千本ボタン…2015/4/11

西条市小松町の・法安寺境内に咲く千本ボタンが、見ごろになっています。
2015年4月11日に、西条市の「千本ぼたん」で有名な、法安寺です。

f0231709_239126.jpg


法安寺境内に咲く牡丹は、数ある品種の中でも珍しい「京美人」と言われる牡丹の原種でした。

f0231709_2310120.jpg


飛鳥時代に日本四十六寺のひとつであると同時に、四国最古の寺であるそうです。

f0231709_23112332.jpg


愛媛県下における国指定史跡第3号
飛鳥時代法安寺推定図

   法安寺    昭和19年(1944)

f0231709_23115776.jpg


住職と奥さんが精魂をこめ、育てた牡丹です。
平成27年4月18日(土)前後の頃~が 満開の状態でしょうね。
牡丹の甘い香りが、もう境内一面に漂っています。

f0231709_2314849.jpg


牡丹の花言葉  (王者の風格・恥じらい・高貴・壮麗)
  座ればぼたん  (美人の座り姿の形容) 

f0231709_23284227.gif

品種   京美人
株数   約1,000株(7,000~10,000花)
  色    薄桃、紫、赤、黄、白、斑
  花蓋  最大約30cm
  時期   4月上旬~中旬
 入場料  志納金
f0231709_23144321.jpg


 原産国は中国  (中国の国花、島根県の県花 もともとは、薬用として中国から奈良時代に渡来したとされる。
f0231709_23161060.jpg


法安寺は、空海が開いた真言宗の寺であり、 毎年4月中旬から、順次、牡丹が満開となります。

f0231709_23175537.jpg


 また、弘法大師(空海)が持ち帰ったという説もあるようです。

親戚Tさん提供。



by manryouy | 2015-04-11 23:35 | 春の花 | Comments(0)