タケノコイモ(筍芋)…2015/12/3

Kさんから、タケノコイモが今年はたくさんとれたので皆さんにおすそ分けで
manryouyにもこんなにいただきました。

f0231709_443415.jpg


たけのこ芋はこんな芋でたけのこに似てます。輪切りにて、皮をむき適当な大きさに切って、水にさらす。
タケノコイモは地上に頭を出している姿が筍に似ている事から「タケノコイモ」と名づけられています。

f0231709_4424090.jpg


親芋が竹の子のように地上に頭を出します。小芋もできますが肉質がしっかりとしており煮崩れしにくく、煮物に使いやすい品種です。

f0231709_4432477.jpg


大きいものだと60cmほどの長さにもなる品種で、親芋自体を食べるタイプです。
東京、大阪いずれの中央市場でも宮崎県産が9割以上を占めています。


竹の子芋・・・700g(丸ごとで)
★砂糖・・・大さじ4
★薄口醤油・・・大さじ3 ★塩・・・少々
だし汁でに含める。

1 芋と鍋を洗い、ヌメリを取る。
2 再度、芋を鍋に入れ、鍋底から1.5cm位までの水と調味料を入れただし汁を加え、蓋をして中火にかける。
3ふっとう後は、弱火にし、時々、鍋の蓋を開け、煮汁をスプーンで回しかけながら、芋が「ほぼ」軟らかくなるまで煮る。
4 火を止めて、しばらく(20~30分)置き、味をしみこませてから盛り付ける。
牛肉も少し入れました。

f0231709_4463652.jpg


筍芋はこちらが詳しいです

タケノコイモ

戦後に、赤いも(里芋)の茎を食べた記憶があるので、筍芋の茎も切って、水にさらす。

f0231709_4454019.jpg


えぐいので、炊いては3度、ゆで汁を替え、そのあと味付けをして煮込むと美味しいおかずになりました。

f0231709_4461519.jpg


f0231709_44833100.png




by manryouy | 2015-12-04 04:49 | 料理の関連 | Comments(0)