かつお菜を間引き煮物…2016/12/10

「かつお菜」とは、福岡県を中心として栽培される葉物野菜のひとつで、正式には「タカナ(高菜)」の仲間です。
但し、タカナは特有の辛味がありますが、この菜っ葉にはその辛味がありません。
タカナの仲間なのですが、耐暑性や耐寒性にやや劣ります(タカナは耐暑性が強いので九州で栽培される)
f0231709_17563074.png


大変大きく育ち、長さは40~50㎝に達します。ですから、ひと株丸ごとで出廻る事はほとんどなく、1枚1枚はがして数枚束ねた姿で売られています。

f0231709_17573191.png


見た目は硬そうな感じですがそんな事はなく、逆に柔らかいのです。
しかも、辛味はなくて風味があり、「(汁物に仕立てると)カツオ節がいらない程風味に富む」のでこの名がついたといいます。(残念ながらカツオの味がする、というわけではないようです)

f0231709_18305555.png


生食される事はほとんどなく、汁の実やお浸し、煮物、和え物、炒め物に使用されます。

また、福岡附近では正月の雑煮にこの菜っ葉を入れて食すので、ことさらに有名になりました。
これは、東京の雑煮にコマツナを用いるのと同じ事です。

「かつお菜」は「勝男菜」とも書きます。そのため「縁起が良い」と喜ばれます。「かつを菜」と書く場合もあります。

f0231709_1759564.jpg


今夜は冷蔵庫のありもので煮物にしました。

f0231709_18572835.png


これからは、クックパッドのレシピも参考にして作ります。

f0231709_189383.png


f0231709_1895541.png


カツオ菜は初めて種をまいて収穫したので、これからも、汁の実やお浸し、煮物、和え物、炒め物にして夕餉のおかずレシピを増やします。

by manryouy | 2016-12-10 18:10 | 料理の関連 | Comments(0)