オクラの粘りで美味しい丼…2017/8/2

オクラが美味しい季節。


f0231709_22313665.jpg

オクラの美味しさは茹で方で決まります。

オクラについて、調べてみました。


<作り方>

(1) 下準備。オクラの切り口の先端を切る。ガクの回りを削る。  
先端からひと筋切れ込みを入れる。

(2) フライパンに水1~2cmの深さ(約500ml)、塩(小さじ1)を入れ  
強火で沸騰させる。

(3) 沸騰したらオクラを入れフタをして1分茹でる。

(4) ざるにあげてそのまま自然に冷ましたら出来上がり。



f0231709_22301635.png



<ポイント>

先端からひと筋切れ込みを入れることで火の入りが早くなる。

少ない湯で1分蒸し湯で、茹でている間は触らない。

茹でたあと冷水や氷水にさらしがちですが、そうすると旨み、香りが抜けてしまう。

自然に冷ますことで表面のネバネバ成分が保たれる。

ネバネバ成分は整腸作用が期待できる。また電子レンジで加熱すると
水分が少なくネバネバが出にくい。



f0231709_06111186.png


オクラはビタミンCやカルシウムが豊富で、食物繊維はごぼうに

匹敵するほど含まれています。

さらに最近の研究では、オクラと一緒にご飯を食べると、

ご飯だけ食べたときに比べ、血糖値の上昇を抑えられることがわかりました。


f0231709_22351293.png

オクラ丼にする。

たまご 1個     f0231709_22381673.jpg


小口ねぎ 5g

オクラ、花ガツオ

めんつゆ3番濃縮










残りは保存しておけば、色々な料理にアレンジ出来ます。

①そのまま、オクラの小口切りを器に盛り、ぽんずとかつお節を加えて混ぜる。

②ボウルに水にさらした長ネギ、茹でたオクラ、絹豆腐、かつお節、
  めんつゆを入れ、ざっくりと味が馴染むように混ぜてできあがり。

③ベーコンで巻いて、焼き色付ける 等も本来の味が 楽しめます。


④オクラも入れて、夕食は野菜の甘煮
  (昆布、茄子、ふろまめ、玉ねぎ、ポテト、ハム)にしました。

f0231709_13540682.jpg


by manryouy | 2017-08-03 22:42 | 料理の関連 | Comments(0)