2017年 11月 06日 ( 2 )

アメジストセージの花…2017/11/1


アメジストセージは ハーブの一種で11/1日に

国営讃岐まんのう公園内で撮影しました


f0231709_14365439.jpg


南ヨーロッパ・地中海沿岸が原産で、

中央アメリカ、メキシコに分布するシソ科の多年草 です。



分布は亜熱帯、または熱帯の針葉樹林地帯に広がっています。



f0231709_14380504.jpg


日本へは1890年(明治23)頃に渡来し、花壇用とされるサルビアの仲間。

香の高い種類、薬効の種類など、アメジストセージには

いろいろなたくさんの種類があります。




f0231709_14384956.jpg


茎の先に10~30センチくらいの穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)


を斜めにだし唇形の花をつける。





f0231709_14451179.gif




f0231709_14393953.jpg


https://www.youtube.com/watch?v=9IgWX4b_ojA


https://www.youtube.com/watch?v=rkhSZ9oA2LU


by manryouy | 2017-11-06 14:45 | 秋~冬の花 | Comments(0)

カイズカイブキの「先祖返り」…2017/11/6


さし木繁殖で苗をつくるカイズカイブキは針葉はないものの、幹や太い枝近くまで深く剪定すると、徒長枝が出、その葉が針葉になってしまいます。

f0231709_12335601.jpg


これは、「杉葉(すぎば)」と呼ばれ、原種の特徴をもって生えてきてしまった葉です。強い剪定を行うと先祖返りを招き、その周囲だけ、スギの葉みたいな、硬いトゲ状の葉が発生します。

f0231709_12344969.jpg



 このスギ葉は元から抜くようにします。幼葉に返るため、この現象を「先祖返り」といいます。針葉は勢力が強く生長が速いため、そのままにしておくと、針葉ばかりが目立つようになります。この、トゲトゲした葉を「化ける」とか「先祖返りする」と言いますが、刈り込むと化けやすくなります。


f0231709_12375045.jpg



化けた葉は放っておくと、どんどん大きく広がってしまうので、見つけたら早めに幹際や枝際ギリギリで、見つけしだい元から取り除いてやります。


f0231709_12361257.jpg


カイズカイブキは日本各地の海岸地帯に自生する針葉樹のイブキ(ビャクシン)の園芸品種で、枝がイブキのように横に広がらず、剪定せずに置くと、枝は幹にラセン状に巻きつくような形で上に向って生長します。


http://www.kyoto-ga.jp/greenery/soudan/field/field004/qa_000057.html

木は全般的に(枝垂れものを除く)上に伸びて行く力が横に伸びようとする力よりも強いです。



by manryouy | 2017-11-06 12:44 | 日々の話題 | Comments(0)