カテゴリ:秋の花( 217 )   

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)…2017/10/19   

2017年 10月 21日


広々とした畑や、耕作放棄地の田んぼが整理されることなく


放置され、その畑は背高泡立草が生い茂って目立つようになった。




f0231709_07205138.jpg


セイタカアワダチソウ対策としては、刈っても意味はありません。


種子と地下茎と、両方で増えますからまず徹底的に根気よくひっこ抜くこと。



f0231709_07202685.jpg



10月に入ると,空き地に茎頂に黄色の頭花を多数つけて

地下茎を伸ばして
良く増え、大きな群落を作る。



f0231709_07213807.jpg


頭花は小さく舌状花と筒状花からなり,1011月に茎頂に

多くの小枝を分かち,黄色の円錐花序を作る。



f0231709_07254671.jpg



北アメリカ原産の帰化植物で,日当たりの良い空き地や

河川敷で大繁殖し勢力範囲を広げ、日本の在来種等他の植物を

駆逐していることが問題視されています。



f0231709_07264155.jpg


関連を貼ります。





by manryouy | 2017-10-21 07:27 | 秋の花 | Comments(2)

金木犀も雨に散り始め…2017/10/16   

2017年 10月 16日


鮮やかなオレンジ色の小さな花を枝いっぱいに咲かせるキンモクセイです。



f0231709_16403540.jpg


花から漂う甘い香りは、秋がきたことを感じさせてくれます。

オレンジ色の花びらと濃い緑色の葉っぱのコントラストは鮮やかで印象によく残ります。

f0231709_16411790.jpg


また、日本では昔から悪臭を消し去るほど強い香りを放つとされ、トイレの近くに植えられる風習がありました。

中国南部が原産で、江戸時代に日本に伝わってきました。もともとはギンモクセイの変種です。

f0231709_16431582.jpg


本来は雌雄異株ですが、輸入された際に雄株しか入ってこなかったことから、日本にあるキンモクセイには実(種)がつきません。

キンモクセイは、モクセイ科・モクセイ属の常緑性の小高木樹です。

大きい樹木で10mほどまで育ち、日本では観賞用として公園や庭先でよく栽培されています。

f0231709_16443857.jpg

秋のお祭りが始まっていますが、まだまだ長雨が続きます。

f0231709_16534900.gif
f0231709_16540498.gif

関連を貼ります。写真をクリックしてください。








by manryouy | 2017-10-16 16:56 | 秋の花 | Comments(0)

彼岸花の成長のサイクル…2017/9/16   

2017年 09月 16日

田畑のあぜなどでヒガンバナが真っ赤な花を咲かせ始め道行く人たちに

季節の移り変わりを感じさせている。ヒガンバナ科の多年草。

土手や田の畦に生え,秋の彼岸のころ、高さ約30センチの 花茎を伸ばし、

長い雄しべ・雌しべをもつ赤い6弁花を数個輪状につける。

f0231709_20185900.jpg





彼岸花の別名「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」は、サンスクリット語で

天界に咲く花という意味です。

おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ています。


f0231709_20333442.png


彼岸花の成長のサイクル

彼岸花は、秋雨が降ってやがてお彼岸という頃になると芽を出し、

1日に10cm近くも茎が伸びていく。

f0231709_20201069.jpg


瞬く間に50センチ位になり、真っ赤な花弁を反転させて咲き誇る真っ赤な花を咲かせます。


f0231709_20205510.jpg



『彼岸花』は9月の中旬になるとスルスルと茎が伸び、わずか1週間程で花を咲かせます。

しかし、その開花時に葉の姿はありません。

f0231709_20215219.jpg


というのもこの時、葉は地中の球根にあります。

そして1週間ほどで花も茎も枯れてしまう。

f0231709_21024284.jpg


相思相愛の彼岸花。

写真をクリックしてください。



花が枯れた後で今度は球根から緑の葉っぱがすくすくと伸びてくる。

f0231709_21272612.png



冬になって周りの植物が枯れても、たわわにしげった葉っぱのままで冬を越します。

時をずらして顔を出した葉は、冬の間も枯れることなく光合成を続け、

たっぷりと球根に栄養を蓄えます。



そして春になり、他の植物が茂り花咲く頃には、早くも葉を枯らして夏の休眠期に入る。

秋のお彼岸の訪れが近くなるとやがて秋雨をたっぷり含んでから、

急ピッチで姿をあらわして、再び花を咲かせます。


関連を貼ります。写真をクリックしてください。




by manryouy | 2017-09-16 20:24 | 秋の花 | Comments(0)

ニラの花と蝶、ニラの効能…2017/9/9   

2017年 09月 09日


ユリ科ネギ属の多年草。


花の開花時期は、9月から10月頃に咲きます。

ニラの花言葉は「星への願い」花弁と萼(がく)がそれぞれ3枚ずつあり、


ちょうど星形の花に見えることからこの花言葉がつけられました。


f0231709_07551242.jpg


が家の畑にもたくさんニラは有りますがとても重宝しています。


白い花がたくさん咲き始めました。花が咲きたくさん種ができる。


そのあと枯れて、新芽が出る。


f0231709_07564841.jpg


ニラの旬は、3月から6月。


栽培はしやすく、1つの株から3回は収穫できると言います。

ニラの白い花が咲いていてたくさんの蝶が蜜を吸いに やって来ます。


ツマグロヒョウモン


f0231709_23314623.jpg
f0231709_15130059.gif

江戸時代にはニラは重要な野菜の一つとなり、栽培、効用に関する記載も多く


見られるようになってきますが、大量に用いることはなく、


少量ずつ利用されていました。

現代のように大量に消費されるようになったのは、1960年代以降で、


ニラは丈夫でつくりやすく、刈り取った後の株から再び新葉が伸びて、


刈り取ってもすぐに伸びるので年数回の収穫が可能です。



下は関連です。写真をクリックしてください。





ニラは生鮮食料品で乾燥を防ぐために、根本を濡らしたキッチンペーパーなどで
くるんでしっかりとラップやビニールで覆って保管する事が必要です。

日本では、最初はニラをお粥に混ぜて薬用として食したと云われています。


f0231709_23323646.jpg


 ニラは、自身の持つ豊かな栄養素を持つ野菜として知られています。

ビタミンAとカロチンを多く含み、消化を助け、風邪の予防効果もある。

ニラと聞いて思い浮かべるのは、鍋やレバニラ炒めなどのスタミナ食でしょ うか。

食べる「野菜」というイメージが強いニラですが、 実は、ニラには日本でも


古い栽培の歴史があり、ニラには葉だけでなく花もあるのです。

アゲハ蝶

f0231709_12052108.jpg

関連を貼ります。写真をクリックしてください。






強烈な匂いを放つニラの葉の野菜というイメージとは裏腹に、


ニラの白く美しい花はとても清楚で凛とした美しさがあるのです。

f0231709_07593990.jpg

追加します。10/2日、撮影

ニラの花の後、緑の小さい実が出来ていました。

f0231709_14294963.jpg
f0231709_14292981.jpg



説明の関連で貼ります。


韮 (にら)の花…2016/9/11



by manryouy | 2017-09-09 08:03 | 秋の花 | Comments(0)

仙人草の 白い花…2017/8/30   

2017年 08月 31日

仙人草の 白い花が咲いていました。


f0231709_16433005.jpg


センニンソウ(仙人草、学名 Clematis terniflora)は

キンポウゲ科センニンソウ属の多年草。 日本各地に分布し、

日当りの良い山野に多く見られる。



つる植物であり、長く茎 を伸ばし、節ごとに葉を対生する。





f0231709_16441411.jpg



花は89月に咲く。茎の先端付近の葉腋から三出状の

散房花序を出し、多数の白い花をつける。



f0231709_16454097.jpg


4枚の花弁に見えるのは萼片で、本当の花弁はない。


f0231709_16444298.jpg

なお、有毒なので、注意を要する。

大明神川の河原にたくさん咲いていました。

8/30
日の午後630分撮影

f0231709_16461477.jpg


果実には白い毛があり、これを仙人のヒゲに見立てた

ことからこの名が付いた。


●  説明は下にブログを貼ります。写真をクリックしてください。









by manryouy | 2017-08-31 16:49 | 秋の花 | Comments(0)

オシロイバナ(白粉花)…2017/8/30   

2017年 08月 31日


オシロイバナ(白粉花)は、初夏~秋の夕方4時(英名のフォー・オクロック )

頃から、小振りな花を枝一杯に開花させ、翌朝9時頃に閉じる。

f0231709_16221505.jpg



オシロイバナ(白粉花、白粧花、学名:Mirabilis jalapa)とは

オシロイバナ科の多年草または一年草である。



f0231709_16223993.jpg



南アメリカ原産で江戸時代始めごろに渡来。


f0231709_16230886.jpg



花が美しいため観賞 用に栽培されるが、広く野生化もしている。


f0231709_16233964.jpg



午後四時ごろから咲きはじめ夜通し咲きつづけ、朝まで咲いて いる。


大明神川の河原にたくさん咲いていました。


f0231709_16240995.jpg


8/30日の午後630分撮影

f0231709_16244613.jpg




説明は下にブログを貼ります。

写真をクリックしてください。






by manryouy | 2017-08-31 16:31 | 秋の花 | Comments(0)

翠波高原の2017早咲きコスモスまつり…2017/8/27   

2017年 08月 28日

写真提供の親戚Tさんのコメントです。

「翠波高原に咲き誇る早咲きのコスモスの囲まれ、ゆったりした時間をお楽しみください。花の見ごろは、8月下旬の予想で愛媛新聞に満開と載っていた。8/27日午前中に四国中央市の平野山の翠波高原に秋桜を見に行ってみたらまだ早いと思った。  満開になるのは9月上旬以降でしょうか!」



親戚Tさんの写真提供   編集はmanryouy

親戚Tさんのブログにも出ています。

http://hamano1093.exblog.jp/27076143/




f0231709_20074255.jpg


f0231709_20384851.jpg

f0231709_20083106.jpg


f0231709_20171454.png

イベント情報

http://momos-navi.net/1779.html


http://kaizoku-ehime.jp/events/10966/#2017827


下の広場でコスモスまつり の準備中


f0231709_21161739.jpg

■ とき

2017827日(日) 10001500

※少雨決行

■ ところ

翠波高原(四国中央市金砂町平野山)

■ 内容

音楽ステージ

翠波からの招待状2017

とんとん紙相撲!翠波高原こすもす場所

お楽しみ抽選会

各種バザー など

■ 主催

コスモス感謝祭実行委員会

f0231709_20461826.png


f0231709_20350601.jpg



あけび棚の あけびの実も 大分太っている



f0231709_21220815.jpg

紫陽花と秋桜のコラボも 撮りました。


f0231709_21272736.jpg



f0231709_21265017.png
標高892mの翠波峰を中心とした約100haの高原は、
遠く石鎚の尾根へと連なる。

翠波峰からの360度の眺望は瀬戸内海の島々と
四国山地の両方を見ることができる。

夏から初秋には可憐な早咲きコスモスの花で覆い尽され、
訪れる人の目を楽しませている。



f0231709_21171249.jpg


関連で春の菜の花祭りを貼ります。写真をクリックしてください。




by manryouy | 2017-08-28 20:36 | 秋の花 | Comments(0)

ノウゼンカズラ(凌霄花)…2017/6/19   

2017年 06月 21日

ノウゼンカズラは一定の幹の太さになるまで花を咲かせません。それまでは葉っぱが茂るだけです。花期は7-8月なのに、近年は6月に高気温が多くて咲いています。

f0231709_11421784.jpg

調べてみると、

原産地は中国で、日本へは平安時代に渡来し 漢名では『凌霄花』(りょうしようか)と言うらしい。

f0231709_11425962.jpg

ノウゼンカズラは、真夏に鮮やかなオレンジ色の花を咲かせる花木です。つるを壁や木 に生やし、幹から気根と呼ばれる根を伸ばしてほかの植物や垣根にしがみついて、どんどん花を咲かせていく姿は迫力満点です。


f0231709_11433700.jpg

かなり頑健で放置していても、こぼれ種で周囲に広がることがあります。花は一日花で咲くとその日のうちにしぼんでしまいますが、毎日次々と蕾が咲きます。

f0231709_11443531.jpg

関連リンクです。

ノウゼンカズラ(凌霄花)の花2014・611



by manryouy | 2017-06-21 11:45 | 秋の花 | Comments(0)

新居浜市・滝ノ宮公園のアキノキリンソウ…2016/11/12   

2016年 11月 29日

アキノキリンソウが新居浜市滝の宮に咲いていました。

f0231709_10464169.jpg


秋の麒麟草は 日本の山野のやや日当たりの良いところに普通に生えている多年草で黄色い頭花が9月から11月にかけて咲く。
f0231709_1052438.jpg


f0231709_10524163.jpg


密集した花が穂状に盛り上がり、泡が立っているように見えるのでアワダチソウ(泡立草)ともいうが高さは40~80cmで、セイタカアワダチソウ(1~2.5m)より小さい。

f0231709_11275810.jpg


アキノキリンソウアキノキリンソウ(キク科 )は、かつては里山に囲まれた水田の周辺、ため池の土手などにごく普通に見られ、秋草の代表でありリンドウ等と共に小学校の教科書や絵本などでよく紹介された。

f0231709_1129152.jpg


しかし、かってのような環境の減少や荒廃と共(秋の麒麟草)が見られる場所が少なくなり、「秋の道ばたの黄色い花」はセイタカアワダチソウに取って代わられた感がある。

f0231709_11295389.jpg


北アメリカ原産のセイタカアワダチソウ(背高泡立草)も同じアキノキリンソウ属。


by manryouy | 2016-11-29 10:53 | 秋の花 | Comments(0)

菊(キク)の花とその他の鉢花・119の日…2016/11/9   

2016年 11月 09日

最も多く栽培されている「秋菊」は、10月下旬~11月頃が見頃です。

黄赤(中輪)/ 小菊(晩咲)/・桃ポンポン(小輪)・小菊(秋系)1輪菊(秋系)

f0231709_2033442.png


菊といえば黄色や白色が主流でしたが、現在では赤、ピンク、オレンジ、紫、緑、複色など様々な花色が楽しめます。

これほどまでにたくさんの種類や品種が生まれたのは、美しさを追求するほどに奥深い植物であることが大きいようです。

f0231709_20343169.jpg


(ポットマム) 
いわゆる西洋キクで、鉢植えで秋頃に出回る。
「矮化剤」で成長が抑制され、背丈がそろえられている。

f0231709_2037291.jpg


西条市の総合福祉センター内の鉢花等、名前はわかりません。

f0231709_2041749.jpg


花の名前 クラリンドウでした。

クラリンドウ

f0231709_20413189.jpg


クラリンドウは4cmほどの白い花が集まった花序になり、垂れ下がって咲く。

花序の長さは30cmで、夏の強い日差しを嫌い、寒さにはさほど強くありません。

f0231709_20434695.jpg


f0231709_2045314.jpg


f0231709_20455340.jpg


曇っていて寒い一日でした。

f0231709_20464338.jpg


我が家の鉢花
福助づくり  ずっしりした姿からこの名がついた。
鉢の直径より葉の幅を大きくし、一輪咲かせる。5号鉢に植え、矮化剤を使用する。

スプレーマムは、1本の茎に複数の花を咲かせるアメリカ生まれの品種で、おしゃれな 雰囲気を楽しむことができます。
f0231709_203556.png


今日は119番の日  f0231709_21145473.png

1987年に自治省消防庁が消防発足40年を記念して制定、国民の消防全般に対する正しい理解と認識を深め、住民の防災意識の高揚を図ることを目的として設けられた。

日付は消防・救急に関する緊急通報である119番にちなんだ語呂合わせ。

ちなみに、警察の「110番の日」は1月10日。

by manryouy | 2016-11-09 20:47 | 秋の花 | Comments(0)