カテゴリ:春の花( 406 )

花桃の花も満開…2017/3/22

花桃の花も葉の展開に先立って花を咲かせる。

花の色は 淡い桃色だが、白から濃い紅色までバリエーションがある。

f0231709_1142938.jpg


花弁数も一重咲きの5弁花や八重咲きのものがある。

f0231709_1145738.jpg


開花時期
3月下旬~4月
花の色
白、ピンク、赤

f0231709_1152381.jpg


花径は3センチから4センチで、雄しべがたくさんある。
花桃の花は たくさん咲き捲っています‼

f0231709_1165136.jpg


花桃の花の特徴

•花びらの先端がやや尖っている。
•花柄が短く、花が枝に付いているように見える。
•1節に2つ咲いている。梅よりは花が多い。

f0231709_1184779.jpg


f0231709_1174990.jpg


桜の花、梅の花、桃の花の違い。

見分けるポイントは、時期、花びらの形、花柄、幹、咲き方。

f0231709_1301725.png


f0231709_120277.jpg


f0231709_1191858.jpg


花桃の写真は親戚Tさん提供です。manryouy編集。

関連リンク

花桃(はなもも)も5分~8分咲き

by manryouy | 2017-03-23 01:24 | 春の花 | Comments(0)
 王至森寺(愛媛県西条市)の山茱萸と花桃の花

山門額の「法性山」の文字は、名君と名高い小松藩三代藩主・一柳頼徳の筆跡。

f0231709_2340564.jpg


王至森寺は有名なのは金木犀だけど、山茱萸の大きな木も ある‼

f0231709_23514272.jpg


日本一の大きさと言われたキンモクセイの花香る寺院。
山門西側のキンモクセイの巨樹は、秋が訪れると甘い芳香を周囲一辺に放ち、環境省認定の「かおり風景百選」と国の天然記念物に指定されている。

案内板によれば、はるか昔に舒明天皇(じょめいてんのう)が道後温泉へと向かう際に燧灘(ひうちなだ)で暴風雨に遭い、森の中にあったこの寺院で難を逃れたことから王が至った森の寺と名付けられた「王至森寺」と言われる伝説が残されている。

f0231709_094127.png


f0231709_061445.png


「王至森寺のキンモクセイ」

f0231709_23274412.jpg


山茱萸(さんしゅうゆ)のきぃ~ない花は 満開だった‼

f0231709_031895.png


f0231709_2305554.png

f0231709_235052.png
ひえつき節、宮崎民謡

http://www.uta-net.com/movie/3772/



木が 大きいので 下から見上げても花は 小さくしか見えない。

f0231709_056083.jpg


f0231709_016593.jpg


f0231709_015892.jpg



さんしゅゆ(山茱萸)…2016/3/6



by manryouy | 2017-03-23 00:17 | 春の花 | Comments(0)
西条市福武の松山自動車道、高速法面のミモザアカシアの花が満開でした。

f0231709_2031089.jpg


f0231709_2031272.png


ミモザアカシアの黄色の花…2015/2/25説明でを再掲します。

春爛漫でミモザアカシアの黄色の花が咲いています。

今年も暖かくて、リーガロイヤルロイヤルホテル新居浜のアカシアの黄色い花 がすでに満開で、重そうに咲き捲っています。

f0231709_15213618.jpg


銀葉(ぎんよう)アカシア…2013・3・10に詳しく説明しているので貼りました。写真は、2015年を入れます。

銀葉(ぎんよう)アカシアは別名「ミモザアカシア」
 リーガロイヤルホテル新居浜のチャペル横の銀葉アカシアが黄色く染まっていました。

f0231709_15222311.jpg


「ミモザ」「ミモザアカシア」などの別名で呼ばれ、親しまれていますが本来「ミモザ」は「オジギソウ」のことを指します。開花時期は、 2/1 5 ~ 3/10頃。

f0231709_15231937.jpg


オーストラリア原産で、かなりの大木になり、黄色い球形の花がびっしり咲く。葉が銀灰色をしているものは「銀葉(ぎんよう)アカシア」と呼ぶ。

日本に渡来したのは明治時代末期。

f0231709_1524274.jpg


料理で「ミモザサラダ」というのがありますが、トマトの上に タマゴの黄身をこまかくいっぱいかけた様子が、この花びらをふりかけたようすに似ていることから、ということらしい。

この花を見るとなるほどとうなづける。

f0231709_15243057.jpg


銀色がかった色の葉と、枝垂(しだ)れた枝いっぱいに咲かせる丸くて小さな小花が特長で、花の盛りの時期には樹全体が黄色に染まり、周囲の雰囲気を明るくしてくれます。

f0231709_15284344.jpg


寒さにはあまり強くありませんがやせ地でもよく育つので日本でも、温暖な地域で街路樹として古くから利用されてきました。

f0231709_1530096.jpg


その明るくて可愛らしい花は切り花としても利用され、漢字で書くとギンヨウは銀葉で、葉の色に由来します。
by manryouy | 2017-03-21 20:32 | 春の花 | Comments(0)
姫榊(ヒサカキ)はツバキ科ヒサカキ属の常緑小高木です。

f0231709_9354197.jpg


和名の由来は、榊(サカキ)に似ていて小さいことから「姫榊」となり、それが訛って「ヒサカキ」になったと言われている。

f0231709_9362479.jpg


開花時期は3月から4月です。雌雄異株です。

f0231709_9365188.jpg


姫榊(ヒサカキ)の花、しゃしゃき 特有の芳香を放って満開の様です。

f0231709_9373257.jpg


ヒサカキにはサカキの名はありますが、サカキとはあまり似ているとは言えません。

f0231709_93856.jpg


サカキの葉は長さ8cm前後でやや細長く全縁(葉の縁にギザギザがない)なのに対して、ヒサカキの葉は楕円形で鋸歯があります。

f0231709_9392630.png


説明は以前のブログに書きました。

姫榊(ヒサカキ)の花と匂い…2015/3/1

by manryouy | 2017-03-20 09:41 | 春の花 | Comments(0)
我が家の大輪の椿が2017年は3月に入って咲き始めました。

3/7日に撮影の椿の花の姿です。

f0231709_21013.jpg


椿(つばき)「正義」・久留米椿(ツバキ)の名花です。
花色:濃い紅色に白斑 花形:蓮花咲き 大きさ:大輪(9~12cm)

f0231709_10448100.png


咲き続けるツバキの花は、花姿が 美しく万葉集の頃から親しまれてきましたが、特に近世に茶花として好まれ多くの園芸 品種が作られています。

f0231709_105848.png


ツバキ(椿)はツバキ科ツバキ属の植物。

椿(つばき)「正義」

抜粋します

[久留米つばきには、海外で「ドンケラリー」として知られているヤブツバキがあります。久留米地方を中心に江戸時代から普及している「正義(まさよし)」のことで、濃い紅色の花弁に大小の白斑が入った美しい花を咲かせます。日本から持ち出したのは、ドイツの医師で博物学者のシーボルトでした。文政12年(1829)12月、シーボルトはオランダ船ジャワ号に、植物と動物の標本、生きた植物のコレクションを積み込み、日本を離れました。その中に「正義」が含まれていたのです。航海中、多数の植物が枯れましたが、翌年7月にアントワープ港に到着し「正義」を含むツバキの接ぎ木苗5株は枯死寸前で荷揚げされました。「正義」は植物園で養生され、息を吹き返します。そして、植物園園長の名にちなみ「ドンケラリー」と命名されました。}

ドンケラリーはシーボルトらの尽力で欧米に広まり、その大輪の華麗な花柄が人気を呼んでヤブツバキを代表する名花として愛されています

f0231709_1052548.png


椿の木はまだ植えて10年で小さいですが、毎年大輪の花を次々と咲かせます。

f0231709_1013197.jpg


台所にも水仙と一緒に花瓶に入れて蕾が開いていく花の姿を楽しみます。

f0231709_1018395.png

f0231709_10211699.png






関連で貼ります。


大輪の椿、斑入系の花姿「正義」見頃…2016・2・22

シーボルトの胸像と説明版

聖路加国際病院界隈の史跡の表示板と[ SkyDrive ]…2016/4/18



by manryouy | 2017-03-08 10:22 | 春の花 | Comments(0)
親戚Mさん宅の庭先に植えられていて、白の沈丁花が咲き始めていました、
ジンチョウゲ(沈丁花)とは、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木。
チンチョウゲとも言われる。


f0231709_0425033.jpg


爽快な香りを放つ花を咲かせる常緑樹で早春に、なんとも いえないいい香りを漂わせます。
f0231709_0431662.jpg


原産地は中国南部で、日本では室町時代頃にはすでに栽培されていたとされる。
日本にある木は雄株が多く、雌株はほとんど見られない。

f0231709_045552.jpg


赤く丸い果実をつけるが、有毒

ジンチョウゲ(沈丁花)の生垣…2016/2/9 を再掲します。

ジンチョウゲは、香りのよい花を早春に咲かせる常緑の花木です。
外側が紅紫色で内側が純白の肉厚な花は、濃い緑色の葉とよく合います。

f0231709_1932624.jpg


花弁のように見える部分は萼が花弁状に変化したもので、本来の花弁ではありません。
漢字では「沈丁花」と書き、花の香りが沈香、花姿が丁字に似ているところに由来するとされます。

f0231709_1934128.jpg


特徴はなんと言っても、上品な甘い香りを放つ花です。
ジンチョウゲは春先に咲く常緑低木。成長しても一メートルくらいなので生垣にも向い ています。

f0231709_19352161.jpg


地植えは一度根付くと、真夏にひどく乾くような場合を除いて、取り立てて水を与える必要はありません。地植えは一度植えると植え替えの必要はありません。

f0231709_193627.jpg


庭木のほか、鉢植えにもされます。

f0231709_1942599.gif


ジンチョウゲ(沈丁花)・・・2013・2・19で詳しく書きました。

http://manryouy.exblog.jp/18665906/
by manryouy | 2017-03-07 00:51 | 春の花 | Comments(0)
3/6日午後4時ごろ、西条市を庄内地区を走行中に黄色い菜の花畑に出会いました。
歩道が広く、安全にウォーキングがで きる道になっています。

f0231709_21221988.jpg


春に鮮やかな黄色い花をつける菜の花は. 食用や菜種油の原料として古くから栽培されてきた歴史があり. 私達日本人にとってはとてもなじみの深い春の花ですね。

f0231709_21224555.jpg


また、 黄色い絨毯を敷き詰めたような一面の菜の花畑は. どこか郷愁を誘う独特の魅力があります。

f0231709_21231675.jpg


春は、黄色の花が一面に広がる菜の花畑は壮観で、代表的な春の風物詩でもある。

f0231709_21234756.jpg


アブラナ属の野菜も黄色い「菜の花」を咲かせるため、その種子採取用の畑が菜の花畑として親しまれている。

f0231709_21242512.jpg


菜の花は身近な春の光景として親しまれてきたため、文学や言葉に登場することも多い。

f0231709_23505035.jpg


文学作品などに登場する菜の花は、明治以降は栽培が拡大したセイヨウアブラナが主体と見られる。

f0231709_2125873.jpg


与謝蕪村の俳句「菜の花や月は東に日 は西に」

f0231709_21271291.jpg



by manryouy | 2017-03-06 21:27 | 春の花 | Comments(0)
3月初めの雨の朝に、蕾がたくさんついて、樒(しきみ)の花も咲き始めていました。

f0231709_18514667.jpg


仏前に供える木として知られていますが、花が咲き、実も付きますが、特に果実は毒成分が多く、「悪しき実」とされ、それが略されてシキミになったといわれています。

f0231709_18535862.jpg


春のお彼岸のころには、シキミ(樒)の花も満開になります。花は透明感のある淡黄色です。

f0231709_18522914.jpg


枝を仏壇や墓に供えたりすることから 寺院や墓地に よく植えられている。
お墓、仏壇、葬儀に欠かせない伝統的な樹木 葉には強い香りがあり、樒(シキミ)の葉の 乾燥粉末はお線香の原料となっています。全株に毒性があります。

f0231709_18543299.jpg


漢字では「樒」と書き、いかにも密教(山岳仏教)と関係がありそうです。

f0231709_18552374.jpg


地域の伝統・文化・風習によって異なり、関西 地方では神事には「榊(サカキ)」、仏事には「樒(シキミ)」です。

f0231709_18571921.jpg


関連リンク

シキミ(樒)の花…2014・3・13


by manryouy | 2017-03-06 18:59 | 春の花 | Comments(0)
西条市千町にも寄りました。

f0231709_20421787.jpg


こっちや 千町の 梅の花でも、 やっぱり白梅に雪は目立たん‼

f0231709_20423969.jpg


愛媛県西条市千町は、地図ではこの近くです。

f0231709_20431446.png



西条市千町のピンクの梅の花も咲いていました。

f0231709_2044233.jpg


f0231709_20442844.jpg


親戚Tさん提供です
by manryouy | 2017-02-11 20:45 | 春の花 | Comments(0)
関東以西は穏やかな晴天でした。仏の座とオオイヌノフグリ花(季節外れの花)が咲いていました 。 写真は親戚Tさん提供です。
仏の座

12/7日は、24節気の大雪(たいせつ)の日だったが、愛媛県の東予地域は立春の ような 麗らかな陽気で仏の座の花も咲いていました。季節外れの花ですよねー

f0231709_985428.jpg


冷え込んだあとに暖かい日が続いたので、春が来たと勘違い…季節外れの花を“狂い咲き”と言います。
フライングで咲いてしまったのですから、しょうがないですね。

f0231709_993095.png


でも、花が綺麗だから良いが花が咲けば種ができる、春には咲く花が少ないとなるようです。

f0231709_910486.jpg


オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリも咲いていました。

f0231709_911329.jpg


日差しが届くとぽかぽか陽気になる日中が多いです。

f0231709_912386.png


f0231709_9155855.jpg


関東地方の記事より

ぽかぽか陽気に誘われて… 河津桜が季節外れの花
伊豆新聞 12/6(火) 12:30配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000002-izu-l22

by manryouy | 2016-12-08 09:17 | 春の花 | Comments(0)

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy