カテゴリ:夏~秋の花( 153 )

manryouy宅にもニラはたくさんあります。切っても切ってもまた生えてくるユリ科の多年草。
葉の間から30 - 40cmほどの花茎を伸ばし、てっぺんのところに白い花がたくさん咲き始めました。

f0231709_1448629.jpg


開花時期は、 8/初旬頃~10/下旬頃。強いにおいがうまみのもとで、中国料理に欠かせないスタミナ野菜。 ねぎの一種で、ビタミンAとカロチンを多く含み、 消化を助け、風邪の予防効果もある。

f0231709_14484234.jpg


我が家では、ニラの花はこれからのようですが丈夫でつくりやすいです。

f0231709_1581035.gif


刈り取った後の株から再び新葉が伸びて、あちこち畑に広がっています。花が咲きだすと、ニラの葉は固くなって食べれませんが、早春からは葉を刈りながら、又伸びるのでに数回の収穫が可能で重宝しています。

f0231709_10202031.gif



下は、以前の記事の再編です


韮(ニラ)の花が咲きました。

f0231709_18383223.jpg


東南アジア地方原産。

わが国のにら栽培の歴史は古く、9~10世紀ころからといわれています。
北海道や東北などの寒い地方では、体が温まり精力がつく野菜として、古くから重宝がられていました。

f0231709_18391274.jpg


丈夫でつくりやすく、刈り取った後の株から再び新葉が伸びて、年数回の収穫が可能。
戦前は家庭菜園での栽培が主で、あまり八百屋さんの店頭には並びませんでした。

f0231709_18394932.jpg


現在では、強いにおいもあまりきらわれなくなって消費が伸びています。北海道から沖縄まで全国的に栽培されるようになりました。てっぺんのところに白い花がたくさん咲き始めました。

f0231709_18402960.jpg


【にらの旬は冬から春】
冬から春にかけてのものは葉肉が厚く柔らかです。ちぎるとニラ独特の匂い・・・・

出回っているものの大半は、葉幅が広く色も濃い”グリーンベルト”。

夏には暑さに強い細葉種も出回り、一年中手に入ります。
主な産地は栃木、高知などで、全国の出荷量の約6割をこの両県で占めています。

f0231709_18405267.jpg


根元のところから生えてる葉っぱが食べられる。
 ビタミンAとカロチンを多く含み、消化を助け、風邪の予防効果もある。

関連です。

韮 (にら)の花・・・2012/8/3

http://manryouy.exblog.jp/17828618/

ニラの花にセグロアシナガバチ…2015/8/20

http://manryouy.exblog.jp/24385068/


by manryouy | 2016-09-11 14:53 | 夏~秋の花 | Comments(0)
小錦草 (こにしきそう)- 1895年に牧野富太郎博士が 東京と横浜で発見した北アメリカ原産の帰化植物で,現在では日本全国の畑地や路傍 にごく普通にみられるトウダイグサ科の小型の一年草です。

f0231709_16473132.jpg


葉は対生し倒卵楕円形で長さ0.7~1cmで鈍い鋸歯があります。

互生する長さ1cm弱の小さな葉の中央に,暗赤色の斑があるのが特徴で裏面は毛があります。

f0231709_16503313.jpg


傷つけると白い乳液を出す。

根は細くて茎は地を這って広がり長さ10~25cmになります。

f0231709_16481851.jpg



花期は7~10月ころ。花は赤褐色で,一つの花のように見えるが,雄花数個と雌花1個からなる小さな杯状花序をつける。

f0231709_16485189.jpg


種子は水を吸うと粘り,靴などに付着して運ばれる。

f0231709_16492230.jpg

by manryouy | 2016-08-28 16:55 | 夏~秋の花 | Comments(0)


4種の花のまとめです。説明は以前の記事に説明していますのでを貼ります。
写真は、 すべて親戚Tさん提供です。


牡丹蔓の花


牡丹蔓の花もほうぼに咲いチョッタァ~!

f0231709_912626.jpg


f0231709_934634.gif


ボタンヅル【牡丹蔓】の花・・2015/7/26

http://manryouy.exblog.jp/24290267/


仙人草の花

仙人草の花も よぉ~け咲いチョッタんどす。

f0231709_96088.jpg


f0231709_97129.gif


詳しくは→こちらからです。


草紫陽花


草紫陽花の花も まだ咲いちょったんどす。

f0231709_9114156.jpg


f0231709_912417.gif


クサアジサイ (草紫陽花)

http://manryouy.exblog.jp/24290446/


もみじがさ (紅葉傘)


山地の林内に生え、高さは90センチほどになります。葉は「モミジ」のように掌状に裂け、長い葉柄があります。
f0231709_10183897.jpg


8月から9月ごろ、細い円錐花序に白い頭花を咲かせます。若芽は「しどけ」と呼ばれ、食用にされます。

f0231709_10194417.gif


下に貼りますが、たくさん山野の花が咲いています。

四国霊場の横峰寺季節の花・デジブック…2015/9/2

http://manryouy.exblog.jp/24427084/


by manryouy | 2016-08-26 09:13 | 夏~秋の花 | Comments(0)
午後に3時間ほど咲くユニークな小花、サンジソウ(三時草)

f0231709_23505470.jpg


この花もまた、観賞用として日本に来た帰化植物です。
 南アメリカ原産

f0231709_23512371.jpg


スベリヒユ科ハゼラン属  10月3日の誕生花。

別名のハゼラン(爆蘭)は、丸くふくらんだつぼみが爆ぜるように開き、小さな花がきれいなことから蘭にたとえたといわれています。

f0231709_23515581.jpg


夏の夕方に午後 3時頃以降に花を開いています。
花の名は、午後3時頃になると開花することから名づけられました。

f0231709_23533141.jpg
 

夏から秋に、まばらに枝分かれした長い花茎の先に小さなつぼみをつけ、ピンク色の五弁花が午後3時頃に咲き、夜になると閉じてつぼみになります。

f0231709_23534994.jpg



爆蘭(はぜらん)・花火草…2015/7/16

http://manryouy.exblog.jp/24254066/


by manryouy | 2016-07-19 23:54 | 夏~秋の花 | Comments(0)
お米の花が早くも咲いていました!
花が咲くのは、7月下旬から8月中旬の間です。

f0231709_17382742.jpg


お米はイネ科の植物で、花が咲きます。
お米が花を咲かせることを、お米の業界では"出穂(しゅっすい)"といいます。

f0231709_17385883.jpg


イネの穂となる部分に見える白い点々としたものが、お米の花です。
お米の花は、イネの穂となる部分が"パカッ"と割れ、そこから白い花が咲きます

f0231709_17393811.jpg


咲いている期間は、ひとつの花で、たったの2時間程度でなんとも希少なお花です。

f0231709_17395991.jpg


お米の種類(品種)によって、花が咲く時期は様々ですが、どのお米も、白い花を咲かせるといいます。

f0231709_17401480.jpg


お米が主食

日本において、水稲稲作は多大な面積を占めていますし、田園風景は田舎の雰囲気をつくる大きな要素となっています。

日本の気候にはお米が良く育ち、せまい土地でも肥料など 栽培のしかたや品種改良などの工夫次第で 収穫量を多くすることができるという優れた特長を持っています。 

f0231709_17422728.jpg


収穫後のお米は、 乾燥させることで長い間保存ができて、収穫が少ない時でも、保存しておいたもので食べることができる。お米にはエネルギー源となる、炭水化物がたくさんふくまれています。

そしてなにより、お米はおいしく、日本人の味の好みによく合った食べ物であることも、大きな理由のひとつにあげられると思います。

f0231709_17431116.jpg



お米の花 ・・・2013/8/10

http://manryouy.exblog.jp/20182958/




by manryouy | 2016-07-16 17:44 | 夏~秋の花 | Comments(0)
木槿(ムクゲ)の真白な花です。

★「木槿(ムクゲ)」の樹形=真っ直ぐ上に伸びる枝。

f0231709_891154.jpg


ムクゲは早朝に花を開き、夕方にはしぼんでしまうことから、人の世の短い栄華(はかないこと)のたとえで「槿花(きんか)一朝の夢」と表現されます。

f0231709_89557.jpg


「白の単衣の木槿は、夏の最高の茶花です」お茶の 先生に教えていただいたことを思い出します。

f0231709_8104014.jpg


素朴な白を今は台所に飾りたいものです。蕾もたくさんついていますね。

f0231709_8114882.jpg


むくげの花の特徴 はハイビスカスや芙蓉(フヨウ)の仲間で一日花だが、夏の間ずっと咲き続ける。

f0231709_8122479.jpg


ムクゲについて調べてみる。

韓国では「無窮花(ムグンファ)」といい、 国の繁栄を意味する花として国花になっている。

強い木で、枝を切って地面に刺しておくと いつの間にか根づくらしい。

・8月28日の誕生花(木槿)

・花言葉は「信念」
花の色は白、ピンク、赤などで、花径6~10センチくらいの5弁花。

・「道のべの 木槿は馬に 食はれけり」
松尾芭蕉(野ざらし紀行)

「それがしも 其(そ)の日暮らしぞ
花木槿」 小林一茶

f0231709_814563.jpg



ムクゲは7/16日・早朝5:20分ごろ・ご近所でmanryouy撮影。

2016年の、ご近所の竹林は、スズメのお宿になるのが早いです。
朝6時前に、飛び立ち、夕方帰ってきています。

参考に、貼ります。
雀のお宿の竹林は、今朝も賑やかです。雀の集団行動・竹藪がねぐら→こちら☆彡

f0231709_8283794.jpg


ツバメもおしゃべり、空の雲・アサヒは5:31分昇る。

f0231709_8291026.gif




by manryouy | 2016-07-16 08:31 | 夏~秋の花 | Comments(0)
ニチニチソウ(日々草)は、キョウチクトウ科ニチニチソウ 属の一年草。

f0231709_1513184.gif


ニチニチソウは熱帯地方のマダガスカル、スンダ列島原産で日本では春まき一年草として扱われます。

初夏から秋まで休み無く毎日咲くために「日々草」と呼ばれるようになりました。花は白やピンクなどで、涼しげな鮮やかさがあります。

f0231709_1531062.jpg


可愛らしい花姿のわりに性質は強健で、残暑が厳しくてほかの花が萎えているときでも元気に生育します。

f0231709_152326.jpg


日の当たる場所に植えて、水を与えればみやすく日々草は毎日花を咲かせるかわいい草花になります。

f0231709_1523518.jpg


そして2~3日で萎んで咲き終わると自然に落下するので常にきれいな状態を保ったまま花を咲かせ続けます。
日々草は、一年草になりますので買った年で花は終わります。


by manryouy | 2016-07-10 15:06 | 夏~秋の花 | Comments(0)
コスモス(園芸品種)

今年もコスモス(園芸品種)が咲いていました。
園芸品種には一定の気温があれば日長に関係なく開花する早咲き系があります。

f0231709_19254183.jpg


早咲き系は春早めにまくと初夏には開花します。ちなみに、主力で広く普及しているのは早咲き系の品種です。

f0231709_19261690.jpg


野生種は草丈2~3mになりますが、園芸品種は矮性種で40cm、高性種で1.5mほどです。
葉は細かく枝分かれして羽状になります。花径は大輪種で10cmを超します。

f0231709_1927622.jpg


色は白、ピンク、赤、黄色などがあります。
白地に紅色の縁取りが入るピコティ咲きなど可愛らしいものもあります。

f0231709_1927445.jpg


一重のほか、花びらの付け根に小さな花びらが付くコラレット咲きや花びらが筒状になるユニークな品種もあります。

にわうるし (庭漆)


庭漆の花も咲いていたァ~!
葉が大きくて対生しているのが特徴です。漆の仲間では ありません。
ウルシに似た庭植えできる木という意味で、この名前が付いたらしいです。

f0231709_19283243.jpg


別名で「シンジュ(神樹)」、樹皮は殺虫剤に利用されます。中国が原産で、わが国へは明治時代の初めに渡来しました。
「ウルシ」とは異なりかぶれないので、公園樹や街路樹に植栽されます。

f0231709_19285728.jpg


高さは25メートルほどになり、大きな奇数羽状複葉が互生します。
小葉は長卵形で6~16対、先端が細く尖り葉柄があります。

f0231709_19292911.jpg


雌雄異株で、6月ごろに円錐花序をだし、緑白色の小さな花を咲かせます。

f0231709_19301875.jpg


果実は翼果です。

大三島にて親戚Tさん提供です。

by manryouy | 2016-06-10 19:31 | 夏~秋の花 | Comments(1)
昼顔の花が とぉ~ぉ~ぉ~から咲き捲っちょります。

f0231709_19456100.jpg



原産地は日本。

f0231709_19463457.jpg


花径5~6センチくらいの淡い紅色をした漏斗形の花を咲かせ、名前は昼間に花が開くことからきています。

f0231709_19452893.jpg


場所によっては朝のうちから開花していることはありますが、夕方にはしぼんでしまう一日花です。

f0231709_19455889.jpg


万葉集にも容花(かほばな)の名で登場するほど、遠い昔の日本に存在していた花です。

f0231709_19465544.jpg


詳しくは

こちらで調べる


f0231709_1948791.jpg



ヒルガオ(昼顔)・・・2015/8/10

http://manryouy.exblog.jp/24349337/


親戚Tさん提供です。

by manryouy | 2016-06-08 19:48 | 夏~秋の花 | Comments(0)
ガザニアはキク科の草花で、南アフリカを中心に約40種が分布しています。一般に親しまれているのは野生種を元にヨーロッパで改良された園芸品種です。
科名:キク科
属名:クンショウギク属
別名:クンショウギク
原産地:南アフリカ

f0231709_964040.jpg


日本には大正時代の末に持ち込まれたようで、花びらが重なり合い丸くなるその形からクンショウギクの別名があります。

鮮やかで光沢のある花弁は日光に当たるとキラキラと輝きます。
花の姿形は一重咲きが普通で、色合いは黄色を中心に赤、白、ピンク、オレンジと数多くあります。

f0231709_9728.jpg


・鉢植えの場合は屋外やベランダの日なたが適しています。
花壇植えの場合は降雨のみで水やりは必要ありません。

f0231709_974342.jpg


10日に1回、液体肥料。育成期には次々と花が咲いてきて肥料を必要とするので、肥料を切らさないようにしてください。肥料が切れると花付きが悪くなります。

f0231709_98138.jpg


天気が良いので、玄関をしばらく開けています。
先日来たツバメの子供が入ってきます。

f0231709_1110220.gif


少し大きくなって翼も伸びています。

f0231709_9101173.jpg


f0231709_1122154.gif

ツバメの子供が玄関内に来る…2016/5/5

http://manryouy.exblog.jp/25193765/

個性的な彼らの生活や行動に注目してもっと詳しくツバメの能力を観察してみよう。

http://www.tubame-jump.com/index031.html


小さな体にびっくりするほどの能力を備えたツバメ。

f0231709_11145813.gif
f0231709_9255173.gif




5/14日追加
・ツバメが玄関に何度も出入りする。成長著しくこのようにホバリングして一度も、止まりません。

f0231709_9513873.jpg



5/19日木曜日、午前10:40分追加


※ツバメが2羽が玄関に何度も出入りする。なんだか、立派に成長中で嬉しくなる。
ホバリングしてすぐに外へで一度も、止まりません。速いので1羽しか写りません。

f0231709_1054084.gif




by manryouy | 2016-05-12 09:11 | 夏~秋の花 | Comments(0)

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy