根深ネギ(長ネギ、白ネギ)が出来るまで…2015/1/22

根深ネギ(長ネギ、白ネギとも呼ぶ)生育期間がとっても長い白ネギ(根深ネギ)です。
f0231709_17495675.jpg

白ねぎとは主に白い部分を食べる根深ねぎのことで、長ネギなどとも呼ばれ、根元に土寄せして白い部分が長くなるように育てたものです。

鍋物、すき焼きなどに大活躍の白ネギをマイブログより再編集しました。


Published by デジブック


5月にねぶか(白ネギ)苗の植え付けをします。植え付け
水はけの良い圃場に、うね幅1mに鍬で幅15cm、深さ20cmほどの溝を作り、元肥、間土を入れ5cm間隔でネギの苗を植えつけます。植えつけたら苗の白い部分が隠れるまで土を入れて覆土します。

f0231709_20511955.jpg


f0231709_20513454.jpg


f0231709_17525814.jpg白ネギ (根深ネギ)と青ネギを合わせても、栽培面積、収穫量ともに野菜の十指に入る地位を維持し 、食生活上なくてはならないものとなっています。
定植後、ねぎの成長にともない土寄せ をくり返す深植え栽培が根深葱作りの特徴です。

f0231709_20532712.jpg


f0231709_2054022.jpg


f0231709_20561055.jpg


肥料は全面全層ではなく、畦づくりと植え付けの途中で行います。

f0231709_20574395.jpg


f0231709_20293461.jpg


f0231709_2125754.jpg


長ネギの旬は、立冬から早春にかけての寒さがいっそう厳しくなる時期です。

f0231709_20584836.jpg


by manryouy | 2015-01-22 17:57 | 白ネギの畑から出荷まで | Comments(0)

愛媛県西条市の長ネギ(根ぶかねぎ)の収穫の畑…2012・12・1

西条市の橘地区、加茂川左岸にある、打ち抜き自噴水の場所の脇に長ネギの畑があります。

f0231709_1815403.jpg


その長ネギ畑でちょうど、収穫の作業中でした。

f0231709_18164612.jpg


一定長さに葉先を鎌で刈り揃えてから、一本ずつ引き抜き白い部分の大きさをそろえて束にします。

それから袋に入れて、畝の上に袋ごとで並べていました。

f0231709_18174792.jpg


その後、向こうに止めてある軽トラックまで一輪車で運んでいました。

f0231709_18182890.jpg


このようにして、作業場に運んで、最後の出荷の準備をすることがよく分かりました。

これから、冬の鍋物、すき焼きなどにしてもとても美味しい長ネギですね。

生産者の丹精込めた、この野菜作付から出荷までの工程を知ることが出来てうれしいです。

f0231709_18191710.jpg


畑には、菜の花もチラホラと咲いています。

長ネギ(根深ネギ)についてmanryouyも調べました。

長ネギは、愛媛県の地域によっては”白ネギ”や”太ネギ”と呼ばれることもあります。一般的には茎の太いネギの根元近くを土で覆って白くする土寄せと呼ばれる栽培法で育てたものを白ネギと言っています。

f0231709_18464010.jpg


長ネギは、今では一年中いつでも買い求めることができますが、本来長ネギのいちばんおいしい時期、つまり長ネギの旬は、秋から冬にかけての寒さがいっそう厳しくなる時期です。

f0231709_18471180.jpg


長ネギの白い部分に多く含まれている甘み成分フルクタンは、単においしいだけでなく、肥満予防や改善、糖尿病の予防にも効果があると言われています。


Tさん12月1日の午前9時過ぎ撮影提供。

by manryouy | 2012-12-01 18:24 | 白ネギの畑から出荷まで | Comments(2)

根深ネギの最終・施肥 中耕 土寄せ…2012・11・21

根深ネギ四度目となる施肥中耕土寄せ作業中でした。
f0231709_1653389.jpg


これで植え付けから根深ネギの最終・施肥 中耕 土寄せまでの
一連の作業は終了と なりました。

f0231709_16555369.jpg


来月の後半から来年の2月いっぱいにかけての取り入れ仕分け出荷と なる様です。

f0231709_16563819.jpg


寒い時期は需要も増えるので価格上昇が見込めるでしょう!

f0231709_16573817.jpg


根深ネギの生産農家も多くなったので、 はたまた供給の過多で値崩れするのでしょうか…!?

f0231709_16582165.jpg



今年は、Tさんが、取材を続けて下さったので、カテゴリ設定を『白ネギの畑から出荷まで』としました。

11月21日午前9時20分頃の撮影です。

根深ネギの生産過程がよく分かりましたので、本当にありがとうございました。

カテゴリ設定の『白ネギの畑から出荷まで』を開いて、根深ネギの生産過程を
manryouyも、時々見たいと思います。

by manryouy | 2012-11-21 17:02 | 白ネギの畑から出荷まで | Comments(0)

長ネギ(白ネギ)畑の土寄せ最終段階:::2012・10・22

【白ネギ】畑では、

品種によって白い部分が大きくなりやすいもの・・・・成長も最終段階。
ある程度まで生長すると土寄せし、白い部分が長くなるように育てます。

f0231709_17481584.jpg


これを軟白栽培といいます。

f0231709_1749367.jpg


収穫まで時間がかかるものの、太くしっかりしたネギが収穫でき、煮ることで甘い味を楽しむことができます。

f0231709_17494829.jpg


収穫の1ヶ月ほど前に追肥と土寄せを行います。

f0231709_1750532.jpg


目安としては、収穫の40日前・11月上旬ごろまでのようです。
こちらの長ネギ畑では三度目の中耕土寄せ作業中でした。

f0231709_17512854.jpg


直径4~5センチも有ろうかと思われる茎部分が地上部から約5センチ程度出ていました。

Tさん、取材ありがとうございます。

by manryouy | 2012-10-22 17:52 | 白ネギの畑から出荷まで | Comments(0)

白ネギ(根深ネギ)の土寄せ

白ネギ(根深ネギ)の土寄せ
 長くて白い軟白部(葉鞘部)を賞味する白ネギは、主に関東で作られていましたが、
近年、西日本や東北、北海道へと産地が広がっているようです。

f0231709_1118912.jpg


Manryouyのブログにいつもご協力くださっているTさん、写真を送ってくれました。

撮影は9月29日:午後4時頃の5枚です。

「こちらの長ネギ畑では、最近、土寄せが行われた様です。
ここで畝と谷が逆転一般的な形になりました。」 ・・・Tさんのコメントです。

今日は、土寄せについてネットで調べました。

下にサイトから引用を貼り、Tさん提供の写真を全体に挿入して編集しました。


f0231709_11201098.jpg


葉ネギが西日本から全国に広がったと同様に、全国的に消費されるようになり、
家庭菜園で取り組む方たちも増えてきました。
そんな方のために、今後の土寄せについてご説明します。

 夏の暑いさなかに苗を植え付けたネギは、10月~11月の、
まさに伸び盛りの時期に入ってきました。

ここで十分に肥料を効かせて生長を促すとともに、長さを増してくる葉鞘部を
全部軟白にして、長い軟白部に仕上がるように、土寄せを適切に行うことが大切です。

f0231709_11222535.jpg


図に示したように、今までの第1~2回の土寄せは、
植え溝をしだいに埋めてきたことでしょうが、これからの第3回~最終回の土寄せは、
通路の土を掘りながら、伸びたネギに土を寄せ上げていくような要領で行います。

f0231709_11234160.jpg


この場合に注意すべきことは、一度にたくさん寄せ過ぎないことです。
寄せすぎると伸長、生長を抑えてしまうので、
ほし葉身の付け根の位置以下にとどめておくようにします。

f0231709_1124233.jpg



f0231709_1125051.jpg


長ネギ畑では先日の残りの中耕 土寄せ作業中です。

10月3日 午後2時40分撮影写真を追加します。

f0231709_1631167.jpg


☆☆☆ 最後の土寄せは、葉身が少し埋まるぐらい十分の量を、
葉の間にできるだけ隙間ができないように丁寧に作業します。

その時期は、冬の低温期の軟白所要日数は約40日であることを考えて、
収穫目標日の約40日前とします。

あまり早く、最終土寄せをしてしまうと、軟白部の長さが短く、収量も減ります。

収穫を何回かに分けて行う場合には、
最終の土寄せ日も分けるようにすると良いでしょう。

by manryouy | 2012-10-01 11:26 | 白ネギの畑から出荷まで | Comments(0)

西条市の半田古墳塚南側の彼岸花と長ネギ畑

西条市の半田古墳塚南側の彼岸花と長ネギ畑

f0231709_16324027.jpg


半田古墳塚は上半田にあり、松山自動車道いよ西条ICより車で約5分。

f0231709_16124498.jpg


地区の人は「石ぐろ」と呼んでいる。同じような大きさのものが二つ並んでいる。昭和の初め頃までは、それぞれの古墳に出入りすることができ、子どもたちの格好の遊び場となっていたといわれる。今は傷みが激しく、どのような形状であったかわからなくなりつつある。
さらに200mほど西にも、“大だきさん”とか“おんざきさん”とか呼ばれた「石ぐろ」があったが、
今は壊され整地されている。
しかし、古墳は権力の象徴であり、この地方には古くから強い勢力を持った豪族が存在した、開けた地域であったことがうかがえる。

f0231709_16133950.jpg


経営の多角化を目的に導入した白ネギの栽培は、年々面積が増加しているそうです。

f0231709_16295610.jpg


これほどの彼岸花を見ると、以前は稲田の畦に植えて!?あったのでしょうかね。!(^^)!

f0231709_1634379.gif


f0231709_16252425.jpg


飯岡半田古墳塚南側の彼岸花と長ネギ畑の風景です。

f0231709_16283626.jpg

by manryouy | 2012-09-27 16:34 | 白ネギの畑から出荷まで | Comments(0)

長ネぎ(白ネギ)畑で農薬散布…2012・9・23

長ネぎ(白ネギ)畑で農薬散布…2012・9・23

f0231709_20593727.jpg

17:25分頃撮影

9月下旬以降に1回目の土寄せで5~7cmに、
最終的には15~20cmになるように葉の分岐点の所まで土を寄せる。

このようにお聞きしたので7月29日のブログに書きましたが、
その畑で長ネギに病虫害防除の農薬散布してました。

f0231709_212154.jpg


f0231709_2114452.jpg


12月からの出荷品ともなれば綺麗に仕上げなければ ならない様ですね~!

消費者の目に触れる店頭に並ぶまでには、こうした生産者の努力がある事を
忘れないようにしたいと思います。

これからひと月余りで軟白部まで土を寄せてから、
そのあと長ネぎ(白ネギ)に仕上がるまでに30~40日かかるとか・・・・・・。

f0231709_213175.jpg


f0231709_212475.jpg


長ネぎ(白ネギ)は、冬の鍋物やすき焼きが美味しいですね。

by manryouy | 2012-09-23 21:05 | 白ネギの畑から出荷まで | Comments(0)

白ネギ(長ネギ)の中耕・土寄せ…・2012年」7月29日

29日の夕方から長ネギの土寄せ作業していました。

8月に入って約1ヶ月は高温障害がでるので あまり土は いじれないそうです
7月末までに、湿害防止と土中への酸素補給の為、除草を兼ねて中耕を行う。

ネギ作りにおいて土寄せ作業は大きなポイントであるそうです。

生産者にお聞きすると一度に寄せる土は葉の分岐点までと言う事で むやみに土を被せれば良いわけではない様です。

f0231709_19282922.jpg


大体竹の目盛りの上から二段目位まで土をかけられれば仕上がりの様です。

この作業が終わればしばし休憩又9月頃から作業再開の様です。長ネギも連作障害が出るので
3年、間隔位の栽培になるとか・・・・。

f0231709_19291174.jpg


一度に多くの土を寄せるのではなく、2~3回に分けて寄せる。
生育のすすんでいない夏から初秋にかけて多量の土寄せを行ってしまうと軟白部の肥大をたいへん防げる。

また11月まで土寄せを行わないでいると、葉のしまりが悪くなり、品質が低下する。

f0231709_193183.jpg


したがって9月下旬以降に1回目の土寄せで5~7cmに、最終的には15~20cmになるように葉の分岐点の所まで土を寄せる。

軟白部が土を寄せてから仕上がるまでに30~40日かかる。

f0231709_19321393.jpg


つまり、収穫以前の最後の土寄せは、収穫予定日から数えて30~40日前までに終わらせるようにしなければならない。収穫は降霜にあった後、11月から12月にかけての頃が適期らしいです。

f0231709_19333343.jpg

by manryouy | 2012-07-29 19:33 | 白ネギの畑から出荷まで | Comments(0)

白ネギの病虫害防除の農薬散布して2日後に土寄せでした

白ネギの病虫害防除の農薬散布していました。

f0231709_2311916.jpg


f0231709_232338.jpg


f0231709_2322771.jpg


土寄せも しなければいけませんが雨で土が湿っている時は出来ないそうです。

f0231709_233462.jpg


白い部分が35センチ以上なければ検査に通らないので、
竹にメモリを付けて被せる土の目安と しているそうです。

f0231709_2335334.jpg


3日ほど晴れたので10日に土寄せした様でした。
2日後に下に写真を追加しました。
f0231709_20332891.jpg
f0231709_2034431.jpg
f0231709_20342825.jpg

by manryouy | 2012-07-08 23:05 | 白ネギの畑から出荷まで | Comments(0)

根深ネギ(白いネギ)の畑の時差栽培・・・・西条市

上にのびていくに従い土を根元にかぶせる。
土寄せして軟白させるので土の中の白い部分が長い。
上に出ている葉肉は堅い。根深ねぎ(長ねぎ、白ねぎ)の時差栽培の畑です。

f0231709_11365082.jpg


f0231709_11372814.jpg


西条市の、この畑では時差栽培されてる様なので、比べると
成長の過程がわかりやすいですね~!

f0231709_17155078.jpg


上にのびていくに従い土を根元にかぶせる。
土寄せして軟白させるので白い部分が長くなっています。

定植期により、収穫期の季節が違ってくるので、年中の周年栽培もしていました。.

f0231709_17181796.jpg


日本に早く土着し、日本人の食生活になじみの深い古い野菜のひとつである葱るいです。
深ネギと青ネギを合わせても、栽培面積、収穫量ともに野菜の十指に入る地位を維持し、食生活上なくてはならないものとなっています。

f0231709_17194720.jpg


定植後、ねぎの成長にともない土寄せをくり返す深植え栽培が根深葱作りの特徴です。

by manryouy | 2012-06-01 17:21 | 白ネギの畑から出荷まで | Comments(0)