徳ちゃん便り

カテゴリ:石鎚山お山開き関連( 43 )




石鉄山笹ヶ峰お山開き柴燈大護摩供…2016/7/16

笹ヶ峰お山開き 恒例の柴燈大護摩供は真言宗御室派石鉄山正法寺で あった!

f0231709_8161314.jpg

親戚Tさん取材提供と、コメント、※編集追加です
※笹ヶ峰を「石鎚山」として奉ずる往生院正法寺(新居浜市大生院)
柴燈大護摩供養  無病息災、家内安全祈願

f0231709_818956.jpg


f0231709_8183075.jpg


石鉄山笹ヶ峰お山開き開始前に本堂にて出陣の儀終了。

f0231709_8224538.gif


"ひゃゃ~こりゃまいった"の お兄さん 松山 くんだりから 足の裏焼けばたしに来たんかいなもし?

f0231709_8244926.jpg


山門前にて記念撮影。
18:36分
f0231709_8254494.jpg


その後 仏事開始!

f0231709_8291585.gif


f0231709_8293322.gif

般若心経 奉唱
f0231709_8294915.gif


南無石鉄金剛蔵王大権現はん御出座
18:54分~18:58分
f0231709_8322113.gif


f0231709_8323619.gif


f0231709_13361747.jpg


f0231709_8325516.gif


f0231709_13365591.jpg


石鉄金剛蔵王大権現像三体の御出座で護摩壇ご動座完了。
19:00分
f0231709_834313.jpg


今年も黒森太鼓の お姉ちゃん(従兄弟のご令嬢)も参列しちょりました。父上は単身 東北復興工事に出向しちょるそふな!

f0231709_8345555.jpg


権現像が護摩壇へ動座後。山伏はん護摩壇 入場の為の口頭尋問で合格 入場
※結界内(縄より内)に入っている行者が外側の行者に向かって柴燈護摩の意味などについて問い、外から来る行者がその答えに正しく答えることができると内に入れてもらえます。)
19:05分
f0231709_8383855.gif


遥か平安の昔から受け継がれてきた作法に則って時事進行!

※(弓矢によって四方の穢れを祓う儀式)
19:10分
f0231709_8394514.gif


"ひゃゃ~こりゃまいった"のお兄さん も 意外にも初めての来場。
石鉄山笹ヶ峰お山開きに関してアップしてる人なんて 徳ちゃん便り 位しかなくて いつ開催されるか 今一把握出来ずに 寺に電話で尋ねて来たそふな!
ひゃゃ~こりゃまいったのお兄さんに「石鎚山が どうこう 言うより お祭りが好きなんですか?」と ズバリ指摘されたけん「ほうよほうよ お祭りのばか騒ぎは好きなんよ!」と応えときましたんどす。

f0231709_842035.jpg

19:14分
f0231709_8443073.jpg


※斧によって護摩の薪を清める儀式

f0231709_13293348.gif

19:16分
f0231709_1331621.jpg


※水によって全てを清淨にする儀式

f0231709_8492552.gif


浄めの水をよぉ~け振りかけちょったァ~!こりゃ よぉ~ふすぼろぞい!
19:21分
f0231709_8502071.jpg


※本尊様をはじめ諸尊へのお供え物を清淨にする儀式
19:23分
f0231709_8511255.jpg


作法に乗っ取り点火!
19:27分
f0231709_852298.jpg


f0231709_8543161.gif


※ 皆様の願い事が書かれた添え護摩を入れてお願いをする柴燈大護摩供の開始。
17:34分
f0231709_8585683.gif


まぁ~~よぉ~ふすぼる! けぶたい けぶたい!
19:36分
f0231709_8594728.jpg


柴燈大護摩供の午後7時40分頃には、あたりは暗くなり火は立ち上る。
19:36分~19:43分
f0231709_943210.gif


f0231709_945789.gif


f0231709_935468.jpg

19:43分
※護摩式が始まりましたら行者様の指示に従って、皆様にも結界内に入って頂き皆様にお受け頂いた小さな添護摩木を行者様と一緒に願いを込めて護摩の炉の中に供養して頂きます。

f0231709_9335360.jpg


柴燈護摩の修行が行われ、同時に国家安泰等、諸々祈願を行いました。
19:52分
f0231709_974468.jpg


f0231709_9103989.gif


火の いっきょい は弱まったとこで護摩を崩しにかかったんじゃ!

※ 壇をこわします。行者さんが飛び口を持って壇木を左右に振り分け火渡りの為の準備を整えます。
その間に黒森太鼓奉納 今年も 新居浜けんくゎ太鼓は演奏されんかったァ~!

※火渡りを行う前に、行者さんが火を鎮める為の作法を行います。※行者さんが火渡りを行います。

f0231709_913461.gif


手には剣を構え火の中を渡りきります。
20:08分
f0231709_9133973.jpg


※一般の方には火がおさまってからになります。
20:9分~20:15分
f0231709_9173174.gif


火渡り済んだ はたから 石鉄金剛蔵王大権現はんの拝戴!

f0231709_921611.jpg


※火渡り修行をして頂いた後、行者さんに権現様を背中にあててお加持をしてもらってご利益を頂く。

20:18分
f0231709_9214314.jpg

20:20分
f0231709_922317.jpg


※毎年七月には山伏さん達によって笹ヶ峰へ入峰する前に柴燈護摩の修行が行われ、同時に国家安泰等、諸々祈願が行わています。

20:29分
f0231709_924711.jpg


今年も無事終わりようやく帰路についたんどす。
翌日は一泊二日で笹ヶ峰詣でが挙行で おじゃりますが同行は遠慮させてもらいます。

f0231709_9245949.jpg


※笹ヶ峰は大生院の西南に聳え立つ1860mの高山です。石鎚山、瓶ヶ森、笹ヶ峰は伊予三名山とされている。それぞれ異なる景観を 楽しめる。石鎚山(1,982m)瓶ケ森(1,896m)は、笹ヶ峰(1,860m )とともに愛媛を代表する山。

※翌日に笹ヶ峰に入り修験道の本尊である権現様を正法寺より頂上までお連れして山開きが行われております。

石鉄山 正法寺 HP内- 詳しく出ています。

こちら★


※…編集で追加。

関連で貼ります。

石鉄山笹ヶ峰お山開き柴燈大護摩2014

http://manryouy.exblog.jp/22574618/






by manryouy | 2016-07-17 09:26 | 石鎚山お山開き関連 | Comments(0)

石鎚山お山開き大祭終了・前神寺と石鎚神社・完結編…2016/7/11

ロープウェイ山頂の奥前神寺から前神寺への お下りご一行(歩き)と7/11に成就社を出御の石鎚大神をロープウェイ下までお迎えトラックがちょうど出会いました。
7:35分
f0231709_22495.jpg


f0231709_2194096.gif


道中は突撃太鼓の暴れ打ち で・・・・

f0231709_2224754.gif


古長河内神社に突入

f0231709_2262745.gif


太鼓のリズムに載せて般若心経を唱えて柏手パンパン!

f0231709_2275821.gif


お接待で暫し休憩し休憩後 次の接待処 極楽寺むけ出立

f0231709_2293418.gif


極楽寺 接待処向け進行中   極楽寺向け千野々橋前通過
極楽寺に近づいた途端 突撃太鼓に変調 極楽寺に突入
読経の後 西瓜の接待
一応歩きじゃけんど バスや自家用車は ず~っとついてまわりよったァ~!

f0231709_2482343.gif


石鎚山真言宗総本山 極楽寺 武田和尚法螺吹鳴
 
f0231709_2494654.jpg



接待タイム終了で 極楽寺出立

f0231709_14515721.jpg


f0231709_254018.gif


夏山開き大祭の終わりと共に石鉄山の短い夏も終わり秋の花が咲き始めちょりました。

f0231709_259589.gif


道中は.長い歩きだが黒瀬峠弌之鳥居向け柳谷進行中・・・

f0231709_14493067.jpg


f0231709_2573178.gif


怪我人か病人は出たんか知らん救急車はサイレン鳴らして下りて行たァ~!

f0231709_303421.gif


f0231709_14502746.jpg


ようやっと黒瀬峠手前までモンタァ~!

f0231709_14573918.gif


黒瀬峠までモンタァ~!

f0231709_318467.jpg


弌之鳥居手前から突撃!

f0231709_3193544.jpg


般若心経読経

f0231709_322385.jpg


その最中も容赦せず大型の車は通過!

f0231709_3233238.gif


お遍路 はん か知らん姫路の一行も神戸のバスも上がりよったァ~!

f0231709_324147.jpg


読経が終わり 暫し接待タイム。

f0231709_3262452.gif


f0231709_3264774.gif


前神寺の南無石鉄蔵王大権現はんを ここで見送って・石鎚神社の仁 智 勇 の大神はんご一行様を迎えに行た!

仁 智 勇 のご一行様 河口今宮口に到着したとこだった!

10:25分
f0231709_3334962.jpg

10:28分
f0231709_336434.gif


智 の御輿担きの おっちゃんが三角さんみつけたけんちゅふて関門旅館に一升瓶 取りに来たけん 野次馬でついて行て見物。

f0231709_3385233.gif


流石は山の人間!  ちゃっちゃと一升瓶に押し込んで一丁上がり!

f0231709_3391223.gif


私目の記憶が正しければ確か昨年も同じ場所で智の おっちゃんが三角さん ひっちゃかまえて 皮ひんむいてスーパーのレジ袋に入れて 持っていんにょった思うんじゃけんど…三角さんの巣やらわからん!?

f0231709_3404013.jpg


神事開始
10:33分
f0231709_3533481.jpg


神事の後 関門旅館で うどんの接待

f0231709_3555147.gif


今日も加茂川ブル~が よいよけっこな!

f0231709_3572786.jpg


こっから上は面河やか目じゃないけっこな!

f0231709_357518.jpg


紅葉の時期は なおのさらじゃ!と御輿担きはんは申しちょりました。

f0231709_3583682.jpg


傾斜90度程度の緩やかな岩壁に鬼百合の花が よぉ~け咲いちょります。

f0231709_3595499.jpg


接待タイム終了で千野々大元神社向けて出立 天井岩をくぐります。

f0231709_442518.gif


f0231709_445658.gif


文明の利器を駆使して あっちゅふ間に千野々大元神社到着 神事!

f0231709_464599.gif


接待宴会タイム

f0231709_4121643.gif


接待タイム終了で出立じゃけんど先頭の旗持ちの おっちゃんに呼び止められて「あんた去年も来とったけんど毎年来よんで?」ちゅふ もんじゃけん「雨は降ってなかったら来るぐらいで いい加減なもんじゃ」ちゅふて返事したら石鎚神社の交通安全の 御守りくれた! 一宮神社の交通安全守りは なにがなんでも辞退するとこじゃけんど石鎚神社じゃけん大丈夫だろぞい?!

f0231709_4133574.jpg


文明の利器を駆使して あっちゅふ間に 極楽寺到着

f0231709_4145825.gif


極楽寺でや神主の祝詞は無しで接待!

f0231709_4242337.gif


最終 宴会所 極楽寺出立!

f0231709_4261326.jpg


目指すは一路・・・・西田口の石鎚神社本社へ!
黒瀬峠弌之鳥居通過 氷見商店街通過.
本社口の宮 参道でや 南無石鉄蔵王大権現はんは通過した とこだった!
ピアノの先生も法螺貝吹いて迎えちょります。

f0231709_4364939.gif


大祭中は ずぅ~っと成就社に泊まり込んじょった上之原の 公一はん は大分偉いはんか知らん宮司の すぐ後を進みます。
ピアノのO先生も吹奏楽には興味無かったのに法螺貝の音色にはまってしもたそふな!とFMラジオ放送で申しちょりました。

まとめ:
①石鎚神社本社へ着御還宮祭
6/30 石鎚神社 神輿渡御 (PM2:00 ロープウェイ下谷駅)
石鎚神社本社より御神体が出御座され、尾土居・一之鳥居・極楽寺・大元神社・河口をへてロープウェイ下谷駅着・この後成就社へ向かわれました。
7/1~7/10の間山頂へ奉られ、お山開き大祭が斎行されました。
7/11に成就社を出御され、石鎚神社本社へ着御還宮祭が行われました。

f0231709_451016.gif


f0231709_513627.gif


三本締めにて2016年も石鎚山のお山開き大祭の行事が無事に終わりました。

f0231709_531433.gif


f0231709_584759.gif


帰路で振り返ると、前神はんからは前神寺御着座、結願柴灯護摩厳修
ごま のはいかぐら は立ち込めちょりました。

f0231709_562834.jpg


まとめ:
②前神寺御着座、結願柴灯護摩厳修が挙行
前神寺にて開白柴灯護摩修行され、唐櫃三体が御出座しました。
ロープウェイ下谷駅着安全祈願護摩厳修の後、ロープウェイ山頂の奥前神寺に向かわれました。
お山開き祭典が、7/1~7/10の間行われ7/11に下られ、前神寺御着座、結願柴灯護摩厳修が挙行されました。

親戚Tさん提供です。  

2016年の石鎚山のお山開き大祭の取材を、色々と多方面から送っていただき、ありがとうございました。
7/12日は朝からアブラ蝉が賑やかに鳴いています。、早朝の5:15分には日暮も鳴いて早いな^^^とびっくりしています。
もうすぐに夏本番のようです。004.gif
編集manryouy
004.gif064.gif064.gif



by manryouy | 2016-07-12 05:12 | 石鎚山お山開き関連 | Comments(0)

お山開き期間中の石鎚山と登山道の山野の花…2016/7/7

さっさと初穂料500円払て石鎚山詣でを開始 !
7:31分
f0231709_11443953.jpg


f0231709_1145143.gif


いつもの場所の笹百合も花数は増えちょった!

f0231709_11513433.jpg


※山地の草原や明るい森林に生育する 。地下に白い鱗茎(いわゆるユリ根)がある。小さなものは根生葉のみであるが、大きく 育ったものは花茎をのばし、6月から7月にかけて美しい花を咲かせる。 茎先に2、3輪 の淡い紅色の花をつける。

f0231709_11531246.jpg

7;46分
f0231709_11581968.jpg


深山苦苺(ミヤマニガイチゴ)

土小屋登山道沿いにゃ深山苦苺の白い花も咲いちょりました。

f0231709_11571761.jpg


深山苦苺(ミヤマニガイチゴ)はバラ科キイチゴ属(ルブス属)の落葉低木。葉の脇から柄を 伸ばし、花径20ミリから25ミリくらいの白い5弁花を1輪から3輪つける。

f0231709_11574075.jpg


ヒヨドリバナ(鵯花)

ひよどり花も蕾は膨らんで かざを嗅ぎ付けたんか知らん渡り蝶々も まいまい しちょりました。

f0231709_1225453.gif


ひよどり花も蕾は膨らんじょりましたんどす。

f0231709_1254894.jpg


※ヒヨドリバナ(鵯花)は、キク目キク科フジバカマ属の多年草です。 淡紫色または白色の 小さな筒状花が多数集まって、散房状に咲かせます。

日本赤十字の ご一行様も石鉄詣で この上ない青空が広がっちょりました。

f0231709_6495177.jpg


8:14分から8:53分までの6枚の登山コースで見える石鎚山です。

f0231709_14474130.gif


この上ない青空が広がっちょりました。

f0231709_14475726.gif


たまがわほととぎす(玉川杜鵑草)

たまがわほととぎす(玉川杜鵑草) の花も咲き始めちょりました。

f0231709_1511953.jpg


※ユリ科 ホトトギス属 花期は7〜9月。
タマガワホトトギスは、山地の谷沿いや湿った林内に生え、高さ40〜80cm。

f0231709_152251.jpg


葉は広楕円形で長さ8〜18cm、基部は茎を抱く。茎頂や上部葉腋に散房花序を出し、黄色い花をつける。
 
f0231709_153337.jpg


花被片は6個あり、斜めに開き、黄色で内面に紫褐色の斑点がある。
和名はヤマブキの名所、京都府出井の玉川に名を借りたもので、多摩川ではない。

f0231709_1533628.jpg


ミソガワソウ(味噌川草)

みそがわそう の花数も 大分増えちょった!

※ミソガワソウ(味噌川草)はシソ科の花。赤紫の花で葉脇に花をぐるりとつける。

花の長さ3cm程度で葉は2枚 対生する。深山の草地に生える花は華やかで 草丈1m以下。
花名は木曽川の支流の名前 から.

f0231709_15111396.jpg


伊予風露(イヨフウロ)

いよふうろ の花も咲き始めちょりました。

f0231709_1516475.jpg


※伊予風露(イヨフウロ)はフウロソウ科フウロソウ属の多年草。
山地の草地に生える。和名の由来は伊予の国(愛媛県)で多く見られることから。

f0231709_15171298.jpg


おおばのよつばむぐら(大葉の四葉葎)

オオバヨツバムグラの花も咲いちょりました。

f0231709_15232415.jpg


※夏 の高山に登る途中、亜高山帯の針葉樹林の下でよくみられる多年草です。
花期は、7月 ~8月ですので、ちょうど夏山シーズン中に咲いています。

f0231709_15242423.jpg


輪生した4枚の葉が2段程度付き、葉の大きさ3-4cm、3本の脈が目立ち、細かな毛も 目に付く。

花期は6-7月、茎先端や葉脇から花穂を出し、径3-5mmの白い4弁の花 を疎らに咲かせる。

f0231709_15244022.jpg


山アジサイは見頃を迎えちょりました。

f0231709_2133597.jpg


※ヤマアジサイはアジサイに比べ、花や葉が小さく繊細な印象です. アジサイに比べ、野趣 があり小さく仕立てやすいので人気があります。 各地に自生しているため、品種はとても 豊富です。

f0231709_20431912.jpg


弐の鎖元 成就分岐の鳥居までキタァ~!こっから上がらずに成就向いて下るんじゃ!

f0231709_1530127.gif


成就までの長い道程 足への一極集中負担を軽減すべく全ての鎖場を活用。

f0231709_15312242.jpg


先ずは弌之鎖を下ったんじゃてや!信徒ご一行様も それらしい格好で石鉄詣でしよったんじゃてや!

ビデオカメラ回しもて信徒のご一行様に付いて下りよったら 信徒のお姉さんが尻餅付いて 恥ずかしそうに「撮したん?」言うて笑いよりました。

夜明かし峠を過ぎて石鉄山のハ~ト前社が森までキタァ~!
9:55分
f0231709_19541063.gif

試しの鎖を通過
f0231709_19552636.gif

前社が森あたりから山頂に雲は見えでたァ~!
10:00分
f0231709_19561332.jpg

余力を残して八丁の坂を上ったんじゃ!
f0231709_1958617.gif

成就社はすぐ近くにきた!
f0231709_19593537.jpg


成就社神門までキタァ~!通行リボン回収場所です。
土小屋に いぬけん リボンは戻さんと通過。

f0231709_200498.jpg


早朝には、南無石土蔵王大権現山(瓶が森の男山)で御来光拝んで土小屋から よぉ~やっと南無石鉄蔵王大権現山(石鎚の成就石鎚神社までたどり着いた!

f0231709_207746.gif


成就社でや 持参の茶を一口二口のんで、遥拝殿で石鎚山を拝んだ。
10:51分
f0231709_2082523.jpg


f0231709_20355672.jpg


これから石鎚山の頂上へいくんじゃ!~~と徳ちゃんと徳ちゃん末妹にメ~ル入れた。
11:00分
f0231709_20131422.jpg


f0231709_20365181.jpg


雲が様子が怪しいので 足早に頂上向けて出立することに。

f0231709_20372698.jpg


石鎚山の頂上の方は大分、雲は 分厚なってきたけんど夕方ぐらいまでは降りゃあ せんかろ!?ちゅふ事で成就を出立。
11:02分
f0231709_20142466.jpg


神門を出た とこで警察部隊も登頂する ちゅふけん 引っ付いちょったら落ちたら引っ張り上げてくれろぞい思ふて しばらく引っ付いて歩きよった。

f0231709_15524530.jpg


ほんじゃけんど あんまり歩みは遅ふて日は暮れそふなかったけんとふとふ追い越してしもたんじゃ!

f0231709_15562511.gif


どこもかしかも山アジサイは けっこな!

f0231709_15572273.jpg


外国人のご一行様も よぉ~け上がりよった。

f0231709_1558780.jpg


前社が森頂上から見たら 大分雲行きは 怪しなっちょったけんど まだ 事なかろぞい!?

f0231709_15591849.gif


岩ギボシ
試しの鎖のへりまわりの岩ギボシの蕾も膨らんじょりました。
f0231709_1664351.jpg


ギボウシの本来の生息地は森 の中らしい。

f0231709_16112484.jpg


夜明かし峠からの眺めも午前中とは えらい違いでおじゃりました。

f0231709_16122278.jpg


弌之鎖を繰って弐の鎖元鳥居までキタァ~!
12:44分
f0231709_2118401.jpg


鳥居の足元にゃ伯方の塩を よぉけ振りかけちょりました。

f0231709_16154252.gif


弐之鎖を上がって参之鎖へ!

f0231709_16172356.gif


参之鎖を繰ってよぉ~やっと弥山頂までキタァ~!
13:24分
f0231709_21161074.jpg

13:28分
f0231709_21165683.jpg

f0231709_16174476.gif


弥山頂にゃ大勢の 外国人の皆さんが休憩中で先に進めん!

f0231709_16191157.jpg

13:30分
f0231709_2057158.jpg


四国一華の花は1日から あんまりかわらんと咲いちょった!
f0231709_16202867.gif


※夏山のお花畑を彩る代表的な高山植物 ... イチゲは「一華 」または「一花」で、1本の花茎に1つの花を付けるということ。

ホシガラス(星鴉)

f0231709_16223815.jpg


弥山から天狗嶽に行きよったら星烏はんは 枯木の 上 にとまっちょった!

f0231709_16252354.jpg


※星烏とは、スズメ目カラス科の鳥。全長約35センチメートル。全身黒褐色で,背・胸・腹 に小白斑が散在する。日本では高山の針葉樹林にすむ。

f0231709_16263273.jpg


午前中とは 全く違う光景でおじゃります。

f0231709_1628928.gif


天狗岳(1982m)と背後は・南尖峰です。

f0231709_1629101.jpg


石鎚神社山頂社のある弥山(みせん、標高1,974m)天狗岳(1982m)と 南尖峰(なんせんぽう、標高1,982m) の一連の総体山を石鎚山と呼びます。

f0231709_190348.jpg


紅葉の はしり?

f0231709_20215841.jpg


今回も南尖峰迄行たんじゃ!えらい立ち枯れは よぉ~目立つのは気のせいで おじゃりませふか?
14:29分
f0231709_16312360.gif


南尖峰から さっさと もんて さっさと鎖繰って下山開始!

f0231709_16322729.gif


参之鎖 弐之鎖 を繰って分岐鳥居まで もんた!

f0231709_1634827.gif


分岐鳥居元でや 道案内の おいはん は案内しよった!
15:33分
f0231709_16342425.gif


山中は 石鎚山の上の方で ゴロゴロ 言ょったけん 降りだしたら いかんけん とっとと 下山

16:52分
f0231709_1637614.jpg

16:53分
f0231709_16373357.jpg

16:55分
f0231709_16382593.jpg


帰路につきましたんどす。

2017年7/1のお山開き初日を関連で下に貼ります。

石鎚山お山開き初日の道中記NO1…2016/7/1

http://manryouy.exblog.jp/25397964/

石鎚山お山開き初日の1~3の鎖NO2…2016/7/1

http://manryouy.exblog.jp/25398258/

石鎚山お山開き3の鎖と頂上社弥山、天狗岳NO3…2016/7/1

http://manryouy.exblog.jp/25398519/


親戚Tさん提供です。


003.gif
石鎚に咲く花をたくさん取材していただきありがとうございます。
花の説明は調べて追加しました。
午前中はこの上ない青空が広がり、午後からは天気急変する石鎚山頂の山容でしたね。

072.gif日付がかわっての・満天の星空は七夕の日で編集もできました。

7/7日のお日の出の四国山地の夜明も素晴らしい景観を見ることが出来ました。
060.gif編集manryouyより
060.gif






by manryouy | 2016-07-09 12:06 | 石鎚山お山開き関連 | Comments(0)

石鎚山お山開き3の鎖と頂上社弥山、天狗岳NO3…2016/7/1


※毎年7月1日から10日間斎行される石鎚神社の夏季大祭。10日間の大祭の幕が切って落とされる.
成就社本殿に御仮泊、7月1日午前7時、信徒の背により3体の御神像を「仁」、「智」、「勇」の順に先達が背負い石鎚山頂を目指し勇壮に駆け登る。

弥山頂上
巻き道を弥山頂上に着いたら2番隊が騒ぎよりましたんどす。
9:55分
f0231709_13173445.jpg

f0231709_13181237.jpg


※弥山から見た最高峰・天狗岳です。約200m離れた天狗岳まで、細く痩せた尾根を歩きます。
左側は200mの絶壁、右側も急斜面。

9:56分
f0231709_13184074.jpg


頂上には石の社と鳥居が 出来ちょりました。
f0231709_13191863.jpg


f0231709_13194993.jpg


弥山頂上から参之鎖を上がる3番隊を見物じゃけんど既に取材陣で一杯だったけんど三浦先生指定席の後ろから どぉ~ばりこぉ~ばり見物

f0231709_13221964.gif

f0231709_19404535.jpg

f0231709_19411674.jpg

f0231709_19414828.jpg


10:06分
立派な鳥居が建立されていました。

f0231709_2111232.jpg

f0231709_19432244.jpg

f0231709_19435474.jpg


10:13分
f0231709_1325343.jpg


※一番の難所ともいえる「三之鎖」の急斜面をみんなで心をひとつにして御神体を運ぶ。
10:13分
f0231709_1326639.jpg

参之鎖から新社に突入
10:14分
f0231709_13262438.jpg


最終 御神像も無事着御
f0231709_1946288.jpg


f0231709_19462867.jpg

f0231709_19465583.jpg


※日本七霊山の一つである石鎚山で行われる神事とあって、全国各地から集まる数多くの信者や登拝者で賑わいを見せる。
10:15分
f0231709_13282328.jpg

10:17分
f0231709_132842100.jpg

f0231709_1948069.jpg

f0231709_19484773.jpg


f0231709_13291368.jpg


天狗岳1982m

f0231709_13294964.jpg


f0231709_13301076.jpg


"ひやや~こりゃまいった 石鎚山は今日も素晴らしい"を豪語される お兄さんに 毎年来られてるんですね 言われたけん 根性無しじゃけん去年は 雨降ったけん来んかったんじゃ!と申しましたのに 徳ちゃん までもが 毎年行きよるかの様な錯覚に陥る程の強烈な印象を与へた お山開き初日祭で おじゃりました。

f0231709_2145333.jpg


弥山~天狗岳
頂上でやテレビ局のインタビュ~の雨霰
f0231709_13362141.gif

ちょこっと天狗岳方面に行たんじゃ!

岩苦菜みたいな花が よぉ~け咲いちょったァ~!
※タカネニガナ(高嶺苦菜)

f0231709_13373269.gif


七竃の花も けっこに咲いちょったァ~!

※ナナカマド(七竈)は5月から7月に咲くバラ科の花。
山地、街路樹、公園樹、庭木に生息 する樹木。枝先に白い小さな5弁花が群がって咲く。

f0231709_13381324.jpg


天狗嶽北の 大変緩やかな岩肌にゃ よぉ~け ハ~ネスは ぶち込まれたままで 中にゃ ザイルまで 付けっぱなしで景観を損ねて よいよアカン!

f0231709_13393675.gif


姫空木みたいな花も咲いちょりました。

※山地の岩の上などに生えるが、・空木によく似ていて、 花のサイズが少し小さいところから姫空木。

f0231709_13403123.jpg


舞鶴草の花は終盤

※ユリ科の多年草。ブナ帯・亜高山に分布。高さ20センチメートル 内外

f0231709_13405289.jpg


紅満天星は咲き捲っちょりました。

f0231709_13411591.jpg


弥山~天狗岳
1982mの西日本最高峰は切り立った尾根を更に進んだ先にある天狗岳です。

10:33分
f0231709_1345308.jpg


岩笠の花も咲いちょりました。
※こぼれるようなコデマリのよう 岩笠(イワガサ)

f0231709_13464964.gif

10:35分
f0231709_13531761.jpg

10:37分
f0231709_13541686.jpg


米躑躅の花も ちくちく咲いちょりました。
※花径1cmほどの豆粒のような小さな白い花がしっかり、 ツツジの形
10:40分
f0231709_13545340.jpg


f0231709_1412676.gif


天狗岳近くの 大変緩やかな北面の下の方に、しゃくなん の花は見えちょりました。

※しゃくなん の花(標高1500m)以上の山地に点生するのみ

f0231709_1435162.jpg


※石鎚山の最高地点とされる天狗岳は、2、3人でいっぱいになる。

頂上の狭い岩の上には小さな祠が祀られています。
赤石の岩峰に迫る峻険さを誇っちょります。
f0231709_14402234.jpg


f0231709_14414824.gif


小衝羽根空木?黄花衝羽根空木?の花も咲いちょりました。
f0231709_14441648.gif


小衝羽根空木や米躑躅
10:48分
f0231709_14492561.gif


※天狗岳の向こうには、天狗岳と同じ標高の南尖峰がそびえています。
f0231709_15245491.jpg


天狗岳から南尖峰へ向かう途中 石鎚防風の花は ぼつぼつ咲いちょりました。
10:51分
f0231709_15501342.jpg

天狗嶽から南尖峰に行たんじゃ。
11:02分
f0231709_1511928.jpg


11:03分
f0231709_1565071.jpg


※その下に墓場尾根、大砲岩などの奇岩群が控えている。、
11:05分
f0231709_1573062.jpg


こっちの紅満天星の花は色は鮮やかな!南に行く程 紅満天星の色は濃いなった!
f0231709_1582891.gif


赤升麻の花も咲き捲っちょりました。
f0231709_15394413.gif


岩金梅の花も咲いちょりました。
f0231709_1541334.jpg


※山地の岩場などに生え、高さは10~30センチになります。
根生葉は3~5個の硬い小葉からなり、裏面は粉白色を帯びて伏毛が密生します。
6月から7月ごろ、細い茎の先に集散花序をつけ、黄色い5弁花を咲かせます。

f0231709_15415285.jpg


ぽつぽつ天狗岳から南尖峰向いて来る人も おったァ~!

f0231709_15422850.jpg


石鎚防風の花も こっちの方は けっこに咲いちょりました。
f0231709_15453575.gif


※実は、石鎚山は西日本最高峰の名峰です。

“石鎚山”は、頂上社や頂上山荘がある弥山、最高地点の天狗岳、天狗岳とほぼ同じ標高の南尖峰など、複数のピークを持つ山体の総称です。石鎚国定公園、日本七霊山、日本百名山。

この南尖峰の とん先は赤石の峰々を彷彿させる峻険さで おじゃります。
f0231709_212730100.jpg


最高地点と想われる場所にゃ 木の お札は ありましたんどす。

f0231709_1551163.jpg


南尖峰の 緩やかな北面に四国一華みたいな白い花が咲いちょりました。

f0231709_15523728.jpg


南尖峰で 昼下をいただき の~んびり天狗岳まで もんた。
天狗岳北面にも石鎚防風は咲いちょりました。

※石鎚防風の開花:7~8月. 石鎚 山系の岩礫地に生える高さ20~80cmの多年草。
枝先に散形花序を出し小さな白い花をつける。愛媛県:絶滅危惧Ⅱ類

f0231709_1601716.jpg


深山大根草の花も咲き捲っちょりました。絶壁に黄色い花が咲いていました。

※高山帯の風当たりの強い岩場に生え、高さは10~30センチになります。
根生葉はほぼ円形で茎を抱きます。7月から8月ごろ、黄色い花を咲かせます。
花弁の先はへこみ、オレンジ色の斑が印象的です。

f0231709_1613177.gif


天狗嶽から弥山上がり口まで もんた とこの 南面に 四国一華の白い花は 辛うじて咲いちょりました。
f0231709_1633422.jpg


極 限られた場所で四国一華の花が咲いちょりました。
※四国一華はキンポウゲ科 イチリンソウ属の多年草。
日本各地に近縁種や変種があり、 東北地方以北にはエゾノハクサンイチゲ、四国の高山にはシコクイチゲが分布する。

f0231709_1643051.gif


近くの四国一華は まだ蕾だったァ~! 今日明日の内にゃ咲く事でしゃふ!?
f0231709_1661465.gif


弥山まで もんて 降りだしたらいかんけん さっさと下山開始
f0231709_1613766.gif


参之鎖巻き道の ゆきわり草は 終盤
弐之鎖途中にゃホソバシュロソウ(細葉棕櫚草)の花が咲いちょりました。

糊空木の花も咲き出しちょりました。 深山唐松草も花盛り 山紫陽花は まだ咲き始め
土小屋近くの笹の中に今年も笹百合の花が咲き始めちょりました。

帰路途中の花まとめる
f0231709_16364915.gif


f0231709_16374585.jpg


土小屋登山口にゃ 手回し よぉ~に 消防車と救急車は待機しちょりました。
f0231709_16385640.gif


ふぅ~ら ふら よぉ~やっと土小屋遥拝殿までもんてキタァ~ ここからは車で帰路に着きました。
15:29分
f0231709_16393210.jpg


親戚Tさん取材提供です。

好天に恵まれて、近年にない多方面からの写真や鎖場の様子を詳しく取材していただき
お忙しく動いていただき本当にありがとうございます。
石鎚山に咲く高山植物の貴重な花もたくさん編集できました。山の天気は変わりやすいものですが
7/1日を編集して今年は梅雨の晴れ間で多くの石鎚の花が見れてよかったです。・・manryouyより







by manryouy | 2016-07-02 13:57 | 石鎚山お山開き関連 | Comments(5)

石鎚山お山開き初日の1~3の鎖NO2…2016/7/1


※西日本の百名山のなかでは最難関と云われる石鎚山。
試しの鎖、一の鎖、二の鎖、三の鎖と続く総延長238Mの鎖は長く切り立つ急勾配が続きます。。

f0231709_116519.jpg


※まさしく難関の連続だ。すべての鎖を登りきると石鎚神社山頂・弥山。
3体の御神像を「仁」、「智」、「勇」の順に先達が背負い石鎚山頂を目指し勇壮に駆け登る。

一の鎖
f0231709_1121811.gif

8:54分…一気に引き上げられ駆け上がりました
f0231709_1132513.jpg


f0231709_1151647.jpg


f0231709_1153564.jpg


一の鎖あがって二の鎖の場所に移動
f0231709_11183412.gif

後続も連なっちょります
f0231709_11193098.jpg

f0231709_11201346.gif

二の鎖のある、よぉ~やっと土小屋分岐の鳥居です。
9:03分
f0231709_1122473.gif

f0231709_112415100.gif

鎖やか なかっても上がれそふな岩場を さも おとろしげえに上がるところに妙味を見いだしちょります。二の鎖のへり で取材陣。
f0231709_1125229.jpg


f0231709_11291524.gif

9:08分
f0231709_11323145.jpg


二の鎖のへり で取材陣が見物する中 お上り開始
9:08分
f0231709_11325779.jpg


神像持ちは 振られて 当たるやらわからんけん気つけて ちゅう もんじゃけん 撥ね飛ばす位 跳ねもて上がってくれたらけっこなこっちゃ!

9:10分
f0231709_11401726.jpg


f0231709_11412513.jpg


言うたけんど なかなか跳び跳ねるほどの いっきょい は無さそふでおじゃります。
9:11分
f0231709_114150100.jpg

f0231709_11421671.jpg


1番隊 弐之鎖を上がったけん ここで 下りて弐之鎖参之鎖場に連なった白帯を見ろてて・・・
9:18分
f0231709_11433799.jpg


f0231709_11443145.jpg


・待機3番隊も日陰で見物しちょりました。

f0231709_1154161.gif

f0231709_21351363.jpg


2番隊は弐之鎖を上がりでたけん3番隊も弐之鎖向けて出立!

f0231709_21354697.jpg


※信者たちは先頭から最後尾まで一本のロープを手に頂上を目指す。
f0231709_2136967.jpg

二の鎖、三の鎖と続く、
あんまり大群じゃないけん けっこな白帯にゃあならんと 切れ切れの点々で見えちょりました。
f0231709_11555335.jpg


遠景も見たけん参之鎖向けて上がり直し!
9:25分
f0231709_11594552.jpg


弐之鎖もとの天狗はんも上機嫌!
9:30分
f0231709_1203141.jpg


3年にいっぺんほどの お日和で 石鎚山も よぉ~見えちょります!
9:40分
f0231709_1212682.jpg


参之鎖もとまで巻き道を上がります。

f0231709_1225662.gif


2番隊参之鎖上がる準備中!

f0231709_1235384.jpg


9:46分
f0231709_1242153.jpg


2番隊参之鎖上がり始めましたんどす。
9:46分
f0231709_1294875.jpg

9:50分
f0231709_12102476.jpg


続きます。





by manryouy | 2016-07-02 12:13 | 石鎚山お山開き関連 | Comments(0)

石鎚山お山開き初日の道中記NO1…2016/7/1

日は替わったら出発予定は 寝すぎて2時半新居浜市を出発!
親戚Tさんの写真とコメントで編集です。
f0231709_9282545.gif

UFOライン経由で土小屋へ
4:37分頃
f0231709_9274044.gif


5:06分の霊峰。石鎚山
f0231709_9293743.jpg


5:07分
f0231709_929625.jpg

5:23分四国山地からのお日の出
f0231709_9314645.jpg


途中 食料を仕入れてUFOライン経由で土小屋に行ったんじゃ!
もう車は 一杯だったんじゃ!
5:24分
f0231709_9331530.gif


f0231709_9333548.gif


土小屋登山道にゃ しゃらの花ゃ水木の花 よぉ~け咲いちょりました。棘薊の花も よぉ~け咲いちょりました。

f0231709_9363064.gif


f0231709_936523.gif


f0231709_9445145.jpg


お日和は なんとか持ってほしいもんでおじゃります。
5:59分
f0231709_9391517.jpg

6:08分
f0231709_941878.jpg

6:18分
f0231709_9414591.jpg


ポンピ~タ画面で涼々と眺める画像と ちごて 現地は むせかやして ぶと はわんわん群がってくるけん 蚊帳をかぶっちょる人の姿も わっりゃい よぉ~け見えたんどす。
6:28分
f0231709_9432373.gif

鳥兜の群落の中に ショウマ の類の花が咲き捲っちょりました。
6:35分頃
f0231709_9471031.gif

石鎚山北の なだらかな斜面下迄キタァ~!
6:38分
f0231709_949263.gif


なんにゃらレンゲ?言う 万年草の類の きないこんまい花は よぉ~け咲いちょりました。
f0231709_9511377.gif


秋口に咲くみそがわそう 薄紫色の花も ちくちく咲いちょりました。
f0231709_9531261.gif


ひめれんげ らしい花も咲いちょりました。
f0231709_9543954.gif


枝の付け根に薄桃色の花?みたいな物を付けちょる草も あったんじゃてや!
f0231709_9554376.gif


西条市丹原の方は雲の下でおじゃります。
f0231709_9575175.jpg


5年にいっぺん?しかない上天気じゃ!と 信徒の皆さん口々に申しちょりました。
f0231709_9595874.gif


5年に いっぺん は ちと きょうはんな!3年に いっぺん 位のまずまず日和で おじゃります。
7:00分
f0231709_101435.jpg


f0231709_1033642.gif


鳥居から頂上に行てから 下りたら えんじゃけんど帰りは えらい事になるけん 頂上に行かんと ご神像の ご一行様方と かち合うところまで下がりよったら 上がってくる人に「あんた帰る道 間違えとんじゃないんで?
こっちは成就に行く道じゃけん土小屋には帰れんよ!」言われたけん 「ご神体とかち合うとこまで行て また 上がって来るんじゃ!」と反論したら「ほうかな」と申しちょりました。

f0231709_106091.gif


たまに道 間違う人も おる様な!
7:15分
f0231709_1064925.jpg

7:17分
f0231709_1085091.gif


よあかし峠まで下りた
銅山なかもち♀の半分の重量を背負って しゃげ込みもて 荷役は上がりよったァ~!「あんた 女の人でも30kg負いよったんぞな」と いっぽと言うたろか思たけんど いらん事は言いまへんでした。

7:24分
f0231709_10101248.jpg

7:27分
f0231709_10184713.gif


前社森 金剛の力水まできたけん緩やかな石鉄山の鎖場では まあまあ直下っちょろか?想う試しの鎖を上がってみたんじゃ!

7:29分
f0231709_10211193.gif


前社森頂でや田中邦衛はんは お出迎え!
明け方の冷え込みで冬眠しよる様なかったけんど つついたら じわァ~っと動きよりました。

7:32分
f0231709_10231790.gif


前社森頂から下りる。
f0231709_10281520.gif


そしたら ご一行様方の笛と掛け声は近づいてきたけん よあかし峠まで 行て待ったんじゃ!
8:11分
f0231709_10295550.jpg


8:15分
f0231709_10315111.jpg


瓶ヶ森の上にゃ いなげな雲はかかっちょりました。雲は膨れて降り出さにゃええが…
8:16分
f0231709_10332837.gif


ご一行様方の笛と掛け声は近づいてきた
8:22分
f0231709_10353155.jpg

8:25分
f0231709_1036254.jpg


一の鎖、二の鎖、三の鎖と続く総延長238Mの鎖は長く切り立つ急勾配。

石鎚登山ロープウェイさんの地図をお借りします。
f0231709_10451342.gif


石鎚神社・霊峰石鎚山の総本宮




一の鎖へと続きます。
manryouy編集




by manryouy | 2016-07-02 10:37 | 石鎚山お山開き関連 | Comments(0)

お山開き大祭石鎚神社出御祭…2016/6/30

西条市の石鎚神社本社での6/30日は出御祭です。
午前7時30分から御神像 本社出御祭を しちょりましたんどす。
7:37分
f0231709_2140476.jpg


ひやや~こりゃまいった のお兄さんも神妙な面持ちで直立しちょりましたんどす。NHKから取材の大役を仰せ付かった写真家の三浦先生 動画は あんまり撮影したこと無い と不安げに申しちょりました。朝日新聞社記者さんと世間話の様どす。
なばえたつきち はんはお神酒をついでまわっちょりました。乾杯の後 時の声で出御。

f0231709_21532478.gif


「7月4日の18時からNHKロ~カルで放送されるけん見て下さい」申しちょりました。

f0231709_21545714.gif


石鎚神社は日本七霊山の一つ霊峰石鎚山を神体山(神しずまります山)とする御社にて、山頂に頂上社、中腹に成就社と土小屋遥拝殿、そしてJRや国道近くの本社と、四社をあわせて石鎚神社といいます。

8:04~8:07分
f0231709_21581793.gif

8:07分~8:09分
f0231709_21585487.gif

8:10分
f0231709_2204785.jpg


小松駅前通り~尾土居
文明の利器を駆使して電光石火の如くお旅所巡行 小松駅前通りで宴会の後氷見尾土居へ向かう。

9:59分~10:02分
f0231709_2243299.gif


尾土居
文明の利器を駆使して氷見尾土居で宴会

f0231709_226189.gif


尾土居~黒瀬峠弌之鳥居
ええあんばいにお神酒は回った頃に弌之鳥居に来るけん 酔い覚まし恒例の水の接待

10:58分頃
f0231709_22134852.gif

f0231709_22143213.jpg

弌之鳥居
f0231709_2217426.jpg


ここでも呑めや喰らへやの大宴会
11:17分頃
f0231709_22192041.gif


宴もたけなわ じゃけんど時間厳守で極楽寺向けて出立

f0231709_22214958.gif

11:32分
f0231709_22344121.jpg

極楽寺
f0231709_22383554.gif

ご一行様極楽寺到着
f0231709_22385619.jpg

親子二代の玉ぐし奉典
お旅所祭の後は呑めや喰らへやの大宴会後時間厳守で千野乃大元神社向け出立

f0231709_22404477.gif

極楽寺~千野乃大元神社
f0231709_22421163.gif


大分雨は降りでたァ~!わやじゃ!
お旅所祭の後 ここでや ちいと遠慮気味の宴会で さっさと切り上げて河口今宮口向けて出立

f0231709_22431752.gif


猪射ち谷の水もちいとこば増えちょった!
12:35分
f0231709_22435020.jpg


河口今宮口
よいよの本降りになって神主はんにだけ傘差しかけてもろてお旅所祭
f0231709_22454774.gif


関門旅館でひるげの接待
f0231709_2246935.gif


河口~西之川
あんまり よぉ~け降るけん 先に 西之川の京屋旅館に行て 肉うろん喰らふて腹ごしらへ して済んだとこに グッドタイミングで 神輿到着で おじゃります。

京屋でや小休止で 直ぐ下谷駅向いて出立

f0231709_2315537.gif


下谷駅でお旅所祭終了 さっさと ロープウェイ乗り場にあがって いしづち号で 成就社向けて出立したんじゃてや!
f0231709_232499.jpg

f0231709_2331823.jpg


14:28分
f0231709_2334715.jpg

f0231709_234874.jpg


6月30日午後3時30分御神像三体 成就社著御

詳しくはお山開き大祭 | 石鎚神社

http://ishizuchisan.jp/event/event04/

石鎚神社 お山開き大祭の出御祭と神輿の渡御・・・2012/6/30

http://manryouy.exblog.jp/17711546/

親戚Tさんの取材提供です。





by manryouy | 2016-06-30 22:06 | 石鎚山お山開き関連 | Comments(0)

石鎚山お山開き・前神寺お上り開白柴灯大護摩…2016/6/30

西条市洲之内にある前神寺で行われる石鉄山お山開き(石鉄山は石鎚山の古称) お上り開白での開白柴灯護摩厳修の6/30日の早朝です。
6:52分
f0231709_2105010.jpg


南無石鉄蔵王大権現山お上り開白柴灯大護摩(かいびゃくさいとうごま)厳修たら いうものを前神寺でしよりましたんどす。

f0231709_212217.gif


ひやや~こりゃまいった のお兄さんも神妙な面持ちで直立しちょりましたんどす。

f0231709_2125355.jpg


7:23分
f0231709_2155917.jpg


護摩の後 ご一行様 バスで一目散に石鉄登山ロープウェイ下谷に向かい下谷駅で護摩焚きの後 まえがみ のゴンドラで奥前神寺向け出立したそふな!


親戚Tさんの取材提供です。

関連で下に貼ります。

西条市の石鎚神社 出御祭,と前神寺の出立 ・・・2014/6/30


http://manryouy.exblog.jp/22440052/






by manryouy | 2016-06-30 21:13 | 石鎚山お山開き関連 | Comments(0)

四国・霊峰石鎚山の夏山開き大祭還宮祭…NO2・・・2015/7/11

前神寺からお出迎えが来てまもなく西方から三体の権現はんが戻ってきました。

f0231709_1111125.jpg


石鎚大神はんは微妙な時間差でまだ戻ってなく衝突は皆無です。

f0231709_10531794.jpg


f0231709_1145792.gif


何事もなく平穏無事石鎚神社参道を通過前神寺へ戻って行きました。

f0231709_1172728.jpg


ここからは石鎚大神三体の帰りを待ちます。
12:14分
f0231709_858476.jpg


前神寺ご一行様が通りすぎてしばらくして石鎚神社の御神像が戻り石鎚山駅から宮入開始
12:27分
f0231709_905984.jpg


f0231709_11112848.gif


f0231709_11152159.gif

12:38分
f0231709_1312462.jpg


f0231709_11174370.jpg


週末 言う事もあるんだろけんど えらい よぉ~けの信徒の方たちが座り込んで拝殿までつらなっちょります。

f0231709_11214787.gif


f0231709_11225939.jpg


f0231709_11232566.jpg


f0231709_11244653.jpg


f0231709_11235456.jpg


ここからは調べてmanryouyが追加します。

およそ60年に1度の本殿の改修などが行われている。

石鎚神社では、御神像はお山開きの期間中の10日まで頂上にまつられるという 事で、期間中に山頂を訪れる。

f0231709_11452340.jpg


愛媛県西条(さいじょう)市西田甲に鎮座。石土 古神(いしづちひこのかみ)を祀(まつ)る。石土 古神は四国第一の高峰石鎚山の霊神である。創建年代不詳。平安初期に成立した『日本霊異記(にほんりょういき)』に石鎚神のことが記されているが、『延喜式(えんぎしき)』にはみられない。

f0231709_1146821.jpg


社伝では役行者(えんのぎょうじゃ)が修験道(しゅげんどう)の道場として開いたといい、古くから石土蔵王権現(いしづちざおうごんげん)と称され、その別当寺に横峰寺(よこみねじ)、前神寺(まえがみじ)があり、古代、中世に栄えた。

f0231709_11465059.jpg


明治維新後、神仏分離して現社号とし、山上に頂上社、中腹に成就社(じょうじゅしゃ)、山裾(やますそ)に本社を設けており、毎年夏に登拝祈願する者が多い。

f0231709_11475971.jpg


なお、本社を本部神社として、宗教法人石鎚本教が設置されている。

f0231709_13162048.jpg



石鎚本教は教会数88、布教所数82、教師数2265、信者数9万3966(『宗教年鑑』平成14年版)。
[鎌田純一]
13:07分
f0231709_11485147.jpg


『石鎚神社奉賛会編・刊『石鎚神社一千三百年史』(1967)』

f0231709_11492370.jpg


2015年の四国・霊峰石鎚山の夏山開き大祭還宮も無事完結しました。

f0231709_11594648.jpg

13:12分
f0231709_120954.jpg


•石鎚山お山開き大祭の還宮祭no1…2014/7/11

•石鎚山お山開き大祭の還宮祭NO2…2014/7/11

親戚Tさん提供、編集manryouyでした。ご覧いただき本当にありがとうございました。



by manryouy | 2015-07-13 11:29 | 石鎚山お山開き関連 | Comments(0)

四国・霊峰石鎚山の夏山開き大祭還宮祭,寺…NO1・・・2015/7/11

7月10日、成就社に下向された御神像は7月11日、石鎚神社本社へ還宮されました。
午前7時   御神像 成就社出御祭

成就社を出御された「仁」「智」「勇」の順に御神体は神輿に御動座されて無事石鎚ロープウェイ下谷駅に到着しました。

1・石鎚山夏山開き大祭還宮,寺祭の様子を ちょっと見物

f0231709_9581713.jpg


f0231709_1004149.jpg


前神寺の行列のご一行様が今宮登山口で念仏を唱えちょりました。

f0231709_9592669.gif


2・関門旅館で接待サービスのあとご一行様は天井岩をくぐり里へと下がります。

f0231709_1011580.jpg


3・河口 今宮登山口を出発した前神寺ご一行様は 中奥の古長河内神社に入り念仏を唱え柏手で締めくくり。
f0231709_1052936.jpg


宮入の際には太鼓のリズムが新居浜で言うところの突撃のリズムで全速力で権現像の入った箱を担いで走り込んでました。
f0231709_1065491.jpg


4・古長河内神社を出立したご一行様は極楽寺へ 突撃のリズムで走り込みます。

f0231709_10122090.gif


f0231709_10133280.jpg


5・極楽寺で念仏を唱えた後は西瓜の接待サービス

f0231709_10155826.jpg


f0231709_10145491.gif


6・極楽寺を出立したご一行様は一路黒瀬峠弌之鳥居目指し歩みを進めます。

f0231709_10174632.gif


f0231709_1023713.gif


f0231709_10235788.jpg


f0231709_10253435.jpg


7・黒瀬峠でも念仏のあと接待サービス

f0231709_102717.gif


f0231709_10274383.jpg


8・黒瀬峠で十二分に接待をいただいたご一行様は西泉(にしずみ)の だんじり倉のある のだ藤で有名な阿弥陀寺むけ出立

f0231709_10303585.jpg


f0231709_10353666.jpg


f0231709_10361524.jpg


9・こちらでも念仏のあと接待サービス

f0231709_10374527.gif


10・阿弥陀寺で なんと権現像の入った箱の担き棒を継ぎ足して長くしてたので これは 石鎚大神と石鉄大権現の衝突が あるのか?と新居浜人ならではの不純な期待が脳裏を よぎりました。

f0231709_10403389.jpg


暫くする内に里前神寺からお出迎えの一行様が石鎚神社参道を越えて迎えに行きました。

f0231709_1041740.jpg


石鎚神社参道を突き抜く様に大勢の人が路上に座して権現はんの帰りを待ってます。

f0231709_10414146.jpg


続きます




by manryouy | 2015-07-13 10:46 | 石鎚山お山開き関連 | Comments(0)

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。
by manryouy
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

パソコンの関連
日々の話題
料理の関連
展示場 関連記事
景観・風景
旅の思い出
季節の風物詩
趣味等
講演会、勉強会等
夏の花
バリシップイベントブログ
秋の花
冬の花
春の花
夏~秋の花
春と秋の花
秋の実
秋~冬の花
秋~冬の実
夏の実
演奏会・公開録音
天体に関する話題
秋祭り
白ネギの畑から出荷まで
秋の石鎚山便り
バリィさん
デジブックに発表
Rさん写真
イルミネーション
初孫の成長等
春祭り
石鎚山お山開き関連
黒いスイカ
大三島の伝統行事
夏まつり
お菓子教室
冬~春の花
花火大会情報
夏期巡回ラジオ体操
伊予水軍レース・大島
冬の石鎚山
バリシップ、2013と2015
蝉の記事
天気とくらす
姫路城関連
大神輿総練
観月会
NHKミクロワールド番組
二百名山一筆書き
ゆるキャラ関連
NECの情報
デジブック広場
大相撲関連
連続テレビ小説
西条市丹原文化会館
氷結の滝めぐり高瀑ほか・
脱水症状
読みドクター
あかがねミュージアム
西条市の公民館イベント
うたネット
NHKネットクラブ事務局
書家・金沢翔子展
桜・さくら巡り
愛車の情報
日本気象協会の天気
胡蝶蘭
頭すこやか体操
えひめ国体2017関連
菖蒲祭り
ナツメの花とナツメ酒
百人一首の関連
リオ、日本選手メダル
西条の名水・自噴
政府インターネットテレビ
タオル美術館
新居浜太鼓台お披露目
西条市の屋台お披露目
サイクリングしまなみのイベント
とべ動物園ピース他
便利カレンダー
漢字辞典
西条市の広報
伊予西条駅・四国の駅
道の駅
バリシップイベントのブログ
各地のアジサイ祭り
霧の森お茶まつり関連

ブログジャンル