カテゴリ:姫路城関連( 9 )   

二十四節気「大暑」と姫路でホッキョクグマに氷・・・2017/7/23   

2017年 07月 24日

2017723日は二十四節気で最も暑い頃とされている『大暑(たいしょ)』です。


f0231709_10510968.jpg


太陽黄径120度。小暑から数えて15日目頃。「だいしょ」ともいいます。

f0231709_10535731.png


二十四節気「大暑」。酷暑極まる夏土用、三伏の候

http://www.tenki.jp/suppl/yasukogoto/2017/07/23/24481.html



大暑の頃は日本では多くの地域で梅雨が明け、安定した夏空が広がるようになる時期で、これから8月上旬が暑さの本番です。
汗が噴出してきそうな!


f0231709_11552501.gif

f0231709_17571066.gif

最も暑い頃という意味ですが、実際の暑さのピークはこれから10日ぐらいでしょうかね。
猛暑も気になります。



f0231709_10554091.gif


そして、蝉も数日前から、にぎやかに鳴きだしましたよ。


f0231709_11013344.gif

ホッキョクグマに氷をプレゼント!姫路市立動物園

http://www.city.himeji.lg.jp/s60/dobutuen/_22602/_24349/_24871.html


平成29723日(日曜日) 1100分~

動物園内ホッキョクグマ舎・市内の製氷会社より寄贈を受け、1973年から続けている恒例行事で、今年で45回目です。

f0231709_10591485.png


打ち水などのイベントは、この大暑の日に合わせていることが多いようです。

先日夕方、我が家から800mの散歩コース。西条市丹原文化会館の付近の用水路にも、水草(オオカナダモ)に白い花が咲いているのを見ました。

※関連で貼ります。写真をクリックしてください。

オオカナダモの花とアメンボ



by manryouy | 2017-07-24 11:03 | 姫路城関連 | Comments(0)

姫路城西御屋敷跡庭園「好古園」…2015/11/25   

2015年 11月 27日

姫路城を見学して、好古園にも駆け足で少し見に行きました。
f0231709_11555056.jpg


11月13日(金)~11月30日(月)の、金・土・日・祝日はライトアップし、午後8時まで開園しています。(入園は午後7時30分まで)


好古園の紅葉は一部見頃となっております。園内の場所により、紅葉の色づきに差があります。
例年の見頃は11月中旬~下旬になります。

f0231709_1136559.jpg


12月1月(火)~12月14日(月)
江戸・明治・大正・昭和の古布で作ったパッチワークの作品を展示します。

f0231709_1138393.jpg


f0231709_12141533.gif

姫路城西御屋敷跡庭園「好古園」は、市制百周年を記念して建造された約1万坪の日本庭園で文化財の保全と活用を兼ねた新しい文化の場として平成4年4月29日に開園しました。

f0231709_17281229.jpg


姫路城西御屋敷跡庭園「好古園」

http://www.himeji-machishin.jp/ryokka/kokoen/


姫路城西御屋敷跡庭園好古園とお茶室等…2012/11/9
3年前には、ゆっくりと取材もできました。

http://manryouy.exblog.jp/18160200/


f0231709_11394062.jpg


西御屋敷跡に位置する本園最大の池泉回遊式庭園.

f0231709_12272945.jpg


好古園は姫路城を借景にした、武家屋敷の家並みを彷彿とさせる

f0231709_1221012.jpg


f0231709_17302374.jpg


f0231709_12222618.jpg


土壁や白壁、重厚な屋根瓦が連なる築地塀などセットでは表現できない質感と存在感を醸しています。

f0231709_17313335.jpg


f0231709_1732294.jpg


映画やドラマのロケーションが行われています。
f0231709_17325598.jpg


f0231709_12364515.jpg


ロケ地マップも調べると地図で示してありました.

f0231709_17414731.gif


好古園は姫路城を借景にした、武家屋敷の家並みを彷彿とさせる土壁や白壁、重厚な屋根瓦が連なる築地塀などがあります。 .

f0231709_12391916.jpg


大急ぎで観光バス駐車場に向かい10分前に到着できました。

f0231709_17465621.jpg


姫路市内在住の孫と娘が見送りに来てくれていました。

f0231709_17493874.jpg


by manryouy | 2015-11-27 11:40 | 姫路城関連 | Comments(0)

世界文化遺産 国宝 姫路城に登閣・・・2015/11/25   

2015年 11月 26日

5年半に及ぶ平成の保存修理を経て真っ白で美しい姿が蘇った姫路城。

f0231709_865884.jpg


築城以来400年間一度も戦火に見舞われることなく、当時の姿が今に残り、姫路城は法隆寺とともに1993年12月、日本で初めてユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界文化遺産に登録され、日本に現存する城の中でも世界的に高い評価を受けています。

f0231709_20571678.jpg


f0231709_9124873.jpg


天守の北側にある腰曲輪(こしくるわ)には、油塀(あぶらべい)と呼ばれる塀がある。
白漆喰で塗られた土塀ではなく、真壁造りの築地塀で製法については油、もしくはもち米の煮汁を壁材に練りこんだと考えられている。昔が偲ばれますと ・・・バスガイドさんの説明でした。

f0231709_9135877.jpg


姥が石

f0231709_8235124.jpg


石垣を形成するだけの大きさを有している石を集めるとなれば数十万単位にも及ぶ膨大すぎる量の石を集めなければならない。
f0231709_1083838.jpg


天守を下から見上げる中で、石垣の中に1つ金網に覆われた半円の形をした石がそこにはある。その石は『姥が石』といわれる。

困った秀吉を助けるために何とか非力な自分でも手助け出来ればと、石臼を提供した老婆の献身さに秀吉の心は打たれたというべきか、石臼の欠片をそのまま石垣の1つとして積み上げていくことになった。が、今の時代と違って豊臣秀吉のような存在は神にも等しい存在だったのかもしれない。老婆の起こした行動からこの話を聞いて人々がこぞって石集めを手伝ったという心温まるエピソードというか、どこか昔懐かしい話。

f0231709_14395536.gif


ここまでがバスガイドさん同行の説明でした。

中に入れた事の喜びが強く、次に行く時は、晴天の姫路城を見たいと思います。

白鷺城と呼ばれるゆえんである真っ白で美しい大天守閣群をはじめ、数多くの建造物が築城当時のままの姿を残しています。

f0231709_21141619.jpg


f0231709_88263.jpg


念願の姫路城だというのに、でも平日(水曜日)で、曇り~小雨のお陰もあり、覚悟していた行列に当たる事なくスムーズにお城の中を登る事ができました。

f0231709_21193761.gif


f0231709_9102863.jpg


最上階から下りながらゆっくりと各階層の建築を堪能したほうが効率的。

f0231709_8131116.gif


とにかく、これほど大規模な城郭が現存しているのは奇跡。

f0231709_8112079.jpg


黒光りする柱や壁・床板、地階の暗さなどをじっくりと堪能し、往時の人々と同じ空間を共有できました。

f0231709_21201513.gif


けっこうきつく手すりをもって狭い階段を6階の大天守まで登りました.
大天守閣の窓枠より見えるこれが白い漆喰・・・左回り順路で撮りました。

f0231709_21213261.jpg


f0231709_21221641.jpg


漆喰で化粧された白壁の大天守が君臨するようにそびえている。標高45.6mの姫山の頂に建つ5層6階、地下1階の大天守は石垣を含めると高さ46.3mだ。そして渡り櫓で3つの小天守を従えた複雑な構造と様式の美しさは近代城郭建築の最高傑作といわれている。8棟が国宝、74棟が国の重要文化財。そして今日では世界の遺産でもある。

f0231709_21224981.jpg


f0231709_21234398.jpg


連休ですと整理券が配られて、大天守への登閣入場制限までされる盛況だそうです。

f0231709_8192383.jpg


f0231709_820330.jpg


f0231709_8204051.jpg

f0231709_815201.jpg


平成 の大修復で屋根や壁面が白く蘇った姫路城の大天守(兵庫県姫路市)から見える市街でした。
小雨で水曜日だったので待ち時間なく、大天守に登閣が出来て階段の上り下りもスムーズでよかったです。

f0231709_8212585.jpg


f0231709_21444267.jpg


世界文化遺産に登録その理由は、連立式天守をはじめとする独特の建築構造と白鷺城とも呼ばれる美しい形容、要塞として精巧な意匠と工夫の凝らされた巧みな機能、そして城全体がよく保存され、内曲輪の城郭建築がほぼ完全に当時の様式を伝えるところにあります。

f0231709_21335474.jpg


f0231709_21342441.jpg


今、私たちが目にしている姫路城の大天守は、慶長14(1609)年に建築されたもの。400年以上が経過した現在でも、その美しい姿を残しています。

詳しくは、姫路城公式HPに出ています。

http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/

ライトアップも幻想的でしょうね。

f0231709_21372277.gif


曇っていて写真が撮れてなかったので

パンフレットより

f0231709_1415848.jpg


漆喰で化粧された白壁の大天守が君臨するようにそびえている。標高45.6mの姫山の頂に建つ5層6階、地下1階の大天守は石垣を含めると高さ46.3mだ。そして渡り櫓で3つの小天守を従えた複雑な構造と様式の美しさは近代城郭建築の最高傑作といわれている。8棟が国宝、74棟が国の重要文化財。そして今日では世界の遺産でもある。

f0231709_22183031.gif


多数の来城者により城内の大混雑が予想される連休には、城内の混雑緩和対策、待ち時間の短縮、文化財の保護を図るため、大天守への登閣を希望される方に「大天守登閣整理券」を配付し、登閣人数を制限となっていました。

f0231709_9272577.jpg


f0231709_928652.jpg


大きな石を全国から運んでこの扇の勾配・・・石垣の美しさに感心します。

f0231709_2149639.jpg


f0231709_2140727.jpg


f0231709_9224464.jpg


入場門の前の入り口では、姫路城ボランティアガイドが、団体様に狭間について説明をしていました。

利用する武器で分類した場合は、矢狭間・鉄砲狭間・大砲狭間などと呼ばれ、弓矢ならば縦長の長方形、鉄砲ならば円形・三角形・正方形というようでした。

f0231709_10512493.jpg


出口には、ユニークな鎧兜のかかしの里・人形さんがお見送りしていました。

f0231709_1102089.jpg


好古園にはバス発車にまでには、まだ30分あるので、駆け足です。

追加…11/25日の昼食は淡路島ハイウェイオアシスで、昼食と休憩をして、姫路城に向かいました。

f0231709_14371451.gif

by manryouy | 2015-11-26 21:40 | 姫路城関連 | Comments(2)

姫路城西御屋敷跡庭園好古園とお茶室等…2012/11/9   

2012年 11月 12日

姫路城西御屋敷跡庭園好古園
f0231709_1905187.jpg


好古園内で結婚写真の前撮りをする、カップルにであいました。
好古園のホームページを見ると(指定管理者は:財団法人姫路市まちづくり振興機構)でした。

f0231709_2053330.jpg


入場口でもらったパンフレットを撮影


「好古園」とは、江戸時代に現在の庭園入口付近に存在した藩校「好古堂」に因むものであるそうです。運営管理は姫路市。

f0231709_1991158.jpg


好古園(こうこえん)は兵庫県姫路市の姫路公園(姫路城)内にある日本庭園。
正式名は姫路城西御屋敷跡庭園好古園。

f0231709_19101553.jpg


開園は姫路市制100周年にあたる1992年の緑の日(4月29日)。
古地図『姫路侍屋敷図』を基に特別史跡地の姫路城西御屋敷跡で発掘調査で確認された西御屋敷(1618年造営)
f0231709_1918317.jpg


武家屋敷等の遺構をそのまま生かして作庭された総御屋敷の庭。

面積3.5ヘクタールの庭園群である。9つの日本庭園で構成されています

f0231709_20241326.jpg


f0231709_20362218.jpg


御屋敷の庭 - 西御屋敷跡に位置する本園最大の池泉回遊式庭園。

f0231709_2071916.jpg


活水軒 - 庭園に面するレストランで昼食をとりました。

f0231709_20384926.jpg


播磨灘でとれるアナゴの昼食が有名です。

f0231709_19423881.jpg


御屋敷の庭を眺めながら軽食喫茶が味わえます。

南側の大滝は深山幽谷の流れの趣にあふれ姫山原生林を借景とする。

f0231709_2055791.jpg


瀬戸内海の風景をイメージした大池には250匹の錦鯉が彩りを添えている。

f0231709_19165039.jpg



f0231709_20222073.jpg


御屋敷の庭の潮音斉は、名月を愛でるのに最高の方向に向けて建ててあります。

f0231709_2023795.jpg


姫山原生林を借景にした雄滝と大池の眺めは壮観です。

f0231709_20372996.jpg


f0231709_2032135.jpg


苗の庭

f0231709_20143287.jpg


お手入れ中で、お忙しい様子でした。
庭園の苗の整備作業、本当にご苦労様です。

茶の庭 - 茶庭
f0231709_20112995.jpg


f0231709_1922627.jpg


茶室「双樹庵」 - 裏千家家元千宗室設計・監修により京都の数寄屋大工が技術の粋を傾けた本格的茶室。

f0231709_1922564.jpg


f0231709_2053567.jpg


姫路城天守閣に向かって建てられた茶室では抹茶がいただけます。

f0231709_2055661.jpg


f0231709_19292278.jpg


お茶席のある双樹庵

f0231709_19295312.jpg


f0231709_19273415.jpg


流れの平庭 - 姫路城連立天守を借景とする。

f0231709_20421138.jpg


f0231709_20424461.jpg



四阿「流翠亭」・夏木の庭・松の庭・も急ぎ足で通過しました。

f0231709_20472250.jpg


f0231709_1845454.jpg
f0231709_18462250.jpg
f0231709_18464371.jpg


各庭園入口には長屋門・屋敷門、園内には渡り廊下など江戸時代の建築が再現されていることなどから、時代劇や大河ドラマの撮影地にもなっている。
●暴れん坊将軍●水戸黄門他・・・・

両側が庭園群を区切る築地塀

f0231709_2045237.jpg


屋敷割遺構どおりに築地塀等で仕切られていることを特徴とする。

開園時間 - 9:00~17:00

(入園は16:30まで、季節により時間延長あり)
休園日 - 12月29日・12月30日


姫路城西御屋敷跡庭園「好古園」世界遺産・姫路城を借景にした本格的な日本庭園でした。

江戸情緒あふれる庭園群を楽しみました。

by manryouy | 2012-11-12 20:19 | 姫路城関連 | Comments(0)

姫路城菊花展 <姫路城三の丸広場>.…2012・11・8   

2012年 11月 12日

姫路城菊花展 <姫路城三の丸広場>.…2012・11・8

世界文化遺産に登録されて いる姫路城では毎年菊花展が開催されていました。
姫路城では毎年菊花展が開催されておりちょうど展示中で見ることが出来ました。
f0231709_15304291.jpg
f0231709_15311192.jpg


公園内 は無料区域なので観覧は無料です。大懸崖菊や大菊の作品コーナーです。
f0231709_15322958.jpg
f0231709_15325479.jpg
f0231709_15333155.jpg

f0231709_15371273.jpg
f0231709_15373779.jpg
f0231709_15375257.jpg
f0231709_15381517.jpg

姫路城菊花展 <姫路城三の丸広場>から菊の展示会場の様子です。
f0231709_15411151.jpg
f0231709_1541369.jpg

広場に立って、正面に姫路城。右側も盆栽菊がたくさん展示されていました。
f0231709_1542575.jpg

盆栽菊などの作品が展示されているコーナーもゆっくりと様々な種類の菊花を展示みて、デジカメに収めました。
f0231709_15464019.jpg
f0231709_1547773.jpg
f0231709_15473331.jpg
f0231709_1548788.jpg
f0231709_15483421.jpg

姫路城周辺.の 姫路菊花会員や愛好家たちが心 を込めて育てた総合花壇や大菊、盆栽菊など108席、約800点が 展示 ...堪能できます。

f0231709_15503394.jpg


そして、姫路菊花会員や菊愛好家たちによる丹精 込められた総合花壇です。

f0231709_1551578.jpg
f0231709_15512950.jpg


姫路城 物語』とは、姫路城内での参加型イベントで案内板をみると、
2012年11月に次々と各種あるようでした 。
f0231709_15533199.jpg
f0231709_15543390.jpg
f0231709_15551475.jpg
f0231709_15555014.jpg

by manryouy | 2012-11-12 15:58 | 姫路城関連 | Comments(0)

「国宝姫路城大天守保存修理工事中」…2012・11・8   

2012年 11月 12日

「国宝姫路城大天守保存修理工事中」…2012・11・8

f0231709_12532146.jpg


「昭和の大修理」により「50年は保つ」といわれていたが、大修理から45年が経過し漆喰や木材の劣化が進んだため、大天守の白漆喰の塗り替え・瓦の葺き替え・耐震補強を重点とした補修工事が進められています。
f0231709_12545525.jpg


漆喰はカビが原因で黒ずみが発生するため防カビ強化剤が塗布されてるそうです。

①素屋根工事 - 大天守を覆う工事作業用の8階建物の建設と解体工事。資材搬入や作業用足場、見学部屋などを設置している。

f0231709_12564686.jpg


f0231709_12575094.jpg


②屋根修理 - 瓦の全面葺き直し。瓦は検査をした上で使える物は再利用し、再利用ができない分は新しい瓦に取り替える。釘・銅線で瓦留めをして目地漆喰を塗り直す。

f0231709_12584273.jpg


③壁面修理 - 1-3層は、表面の漆喰を塗り直し、軒揚・破風・懸魚は傷み具合によって上塗りまたは下地から修理。4-5層は下地の土壁から塗り直す全面修理。
④構造補強 - 柱・床に最小限度の耐震補強工事。

f0231709_1304711.jpg


f0231709_1313468.jpg


素屋根建物の南面と東面には大天守実物大の線画が描かれている。
8階建てだが一般利用者が入館できるのは1階・7階・8階となっている

f0231709_1322027.jpg


2010年(平成22年)春頃までは大天守の外観を見る事ができたが、2011年(平成23年)春頃からは大天守からの展望や外観の展望が完全に望めなくなっている。

f0231709_13104166.jpg


詳しくは「天空の白鷺」公式ホームページをご覧ください。
HPアドレス (http://himejijo-syuri.jp/

天空の白鷺の内部見学はしましたがブログUPは控えます、、、、、

by manryouy | 2012-11-12 13:13 | 姫路城関連 | Comments(0)

修理工事の姫路城を外堀から見ました   

2010年 09月 09日

こんばんは!
今日は、所用で姫路市に出かけました。
朝から青空が広がり暑い日中でした。

台風9号が通過したあとは、大陸から秋の空気を引き込んで
雲にも変化が見られました。

f0231709_2341797.jpg


姫路市内で用事の後、大天守の様子を見に行きました。
酷暑の中、予定どおり進捗し,
素屋根6階までの鉄骨が完了でしょうか!

お店の人の話では、外装取り付け工事などが始まっているそうです。
f0231709_2372038.jpg

お城は、現在、修理工事のため大天守内部の公開を中断しており建物内部が
見学できるのは西の丸のみとか・・・
f0231709_23144137.jpg

f0231709_2316279.jpg
f0231709_2317034.jpg

お土産店の・・・いの屋敷・ろの屋敷・はの屋敷の建物を広場側から撮りました
f0231709_23191516.jpg

龍野西サービスで姫路の名物饅頭などのお土産を買う。
f0231709_2322128.jpg


本州の福山西サービスの建物が目についたのでパチリ・・・・です。
f0231709_2325417.jpg

行きは瀬戸大橋経由・・・帰りはしまなみ海道を渡りました。
すっかり日が暮れて瀬戸の海も穏やかです。
かろうじて多々羅大橋を車の中から撮影。
f0231709_23455582.jpg

今日は、海ものどか・・・秋の空は天高く・・・・
少し疲れましたがお天気が良くて、
たのしい一日でした。

by manryouy | 2010-09-09 23:56 | 姫路城関連 | Comments(4)

姫路城の見納め旅日記・・・パート2   

2010年 03月 31日

きょうも元気におはようございます。
毎朝7時ごろウグイスが近くの竹薮にきて鳴いてくれます。
爽やかな美声・・・ホーホケキョウ~・・・

明日から4月で新年度になります。
気持ちもしっかりとしてブログも頑張ろうと思います。

さて、先日の姫路城のデジカメ撮りのパート2をどうぞ!

私が姫路城に登閣の後、大急ぎでバス駐車場に戻る時の大手門です。
正午前でもうこの様に観光客の最後尾が門外でしたよ。

f0231709_8211913.jpg


大天守内も待ち規制があり、3階へ上がる階段です。

f0231709_855267.jpg


天守閣の四方の窓の外枠の向こうに手をのばし大いそぎでシャッター。
混み合ってますので、指示どうり回りながら・3倍ズームも交えながら・・・

f0231709_830328.jpg


f0231709_8312437.jpg


f0231709_8315649.jpg


f0231709_8323764.jpg


大きなカメラは外枠が狭いのでこの技はできません(笑い)。

素晴らしいプロの写真は、HPでどうぞ。

f0231709_8474746.jpg

by manryouy | 2010-03-31 09:31 | 姫路城関連 | Comments(5)

姫路城の見納め旅日記   

2010年 03月 29日

はじめまして。こんにちわ・・・・ブログはじめました。
未熟ですが、がんばります。どうぞよろしく!

3月27日(土)に世界文化遺産・国宝の姫路城に行ってきました。
正午少し前の帰りに見ると、もう大手門まで長蛇の列になっていました。
f0231709_15194769.jpg

f0231709_12315060.jpg


見納め客の多さにびっくり!早く入城することが一番のおすすめです。
4月12日から5年間は、大天守閣の修理保存工事に入るため、
登閣できないそうです。

f0231709_12171130.jpg


ネットを見ると、なるべく午前中の入城をと呼び掛けていました。
桜も4月はじめ頃には満開になるでしょうね。

f0231709_12291999.jpg


すでに山桜等は満開でした。世界文化遺産の姫路城の5年後に又来たいです。
あと2週間ですから、みなさんもお花見かねていかがでしょうか!

f0231709_1235543.jpg



by manryouy | 2010-03-29 12:36 | 姫路城関連 | Comments(2)