カテゴリ:料理の関連( 131 )

「万能つゆの作り方」講習・・・美味しいです

S公民館で『万能の麺つゆ作り講習会』がありました。
麺つゆ作り講習は,
S公民館で人気の行事です。

f0231709_16314753.jpg

  1升瓶(1人分)

  (この分量が大切です)

  醤油   1本
  砂糖   500g
  削り節  200g(2袋)
  みりん  200cc(1カップ)

1. すべての材料を鍋に入れ、
  よく混ぜて火にかける。
f0231709_163254100.jpg

2. 沸騰したら中火にして20分煮る。
f0231709_16333619.jpg

3. 火を止めて冷やし、ふきんでこし、
  ビン等に入れて保存する。(1番だし汁)、

4. 出来上がりの1升瓶分は5倍濃縮なので、5~6倍で薄めて食する事。
5.そうめんつゆ・そば・天つゆ又は煮物にも
  使えます。

f0231709_16343166.jpg

f0231709_16444196.jpg


6. 1升瓶の1番だしは常温で長期保存でき、
  夏でもカビが生えません。
7.  1番だしから、とりだして絞った鰹節に
  1人分(5カップ)の水を入れ、
  5~10分煮たてて2番だしをとる。
8.  2番だしは、薄めないでそのままの麺つゆになる。
f0231709_16355178.jpg

9.(応用)
※ だしをとった鰹節は、適量の砂糖を入れ混ぜ、
   中華ナベ等でさっといため、白ゴマを入れると、
   美味しいふりかけが出来ます。

10. 「2番だし」も小分けしてペットボトルで750cc持ち帰る。
11. こちらは冷蔵庫で保存して早めに利用する事。
f0231709_16372570.jpg

  炊き込みご飯と ソーメン+『2番だし』+漬物で試食する。
f0231709_1905476.jpg

f0231709_16351074.jpg

   そーめんのつゆ(2番だしでもコクがあり美味しい。
   その後、ちょうど,よく冷ました(1番だし)を
   1升瓶に分配してお持ち帰りです。

   自宅で応用できて簡単にできて、
   とてもまろやかな「万能つゆ」です。







平成23年6月11日(土)

by manryouy | 2011-06-11 16:48 | 料理の関連 | Comments(2)

モミジバフウの若葉と木の芽あえ

こんにちは!
新緑の木々の若葉と爽やかな風のが吹き渡る季節を満喫しています。

昨日は、近くの公園を散歩しました。

モミジバフウの若葉が青空に映えていました。
f0231709_105957.jpg
f0231709_1059339.jpg


我が家の庭の木の芽も花芽のあとに青い実がついてきました。
f0231709_112250.jpg

木の芽の先の柔らかい葉っぱを採り、木の芽の辛子酢味噌和えをつくりました。
材料は イカ・タケノコ・白みそ・木の芽他の調味料です。
f0231709_1182762.jpg


今年は,ふき も最後として炊きました。
旬の香りで元気をいただきました。

by manryouy | 2011-05-19 11:13 | 料理の関連 | Comments(3)

金柑の甘露煮を作りました

こんにちは!

昨日Mさん宅から金柑をいただく。
今日はひさしぶりで、金柑の甘露煮を作りました。


金柑は風邪予防によいとききます。
シロップ煮とにていますが・・・・レシピを記してみます。
f0231709_1672586.jpg

今日は、金柑を横半分に切って、種を取り除く
f0231709_1685161.jpg

冬の光の成分を含んだ、あまずっぱいこの小さな果実。
簡単ですから購入されたら作ってみませんか!
f0231709_16121623.jpg

正味・・・ 金柑・・・・600グラム
      白砂糖…300グラム
      みりん・・・80CC
      蜂蜜・・・・60グラム

鍋に入れて焦げないように
あくをとりながら煮含める
f0231709_16432745.jpg


f0231709_16173467.jpg


とろ火で約30分で火を止めさまし、容器にいれて保管すれば
約1年間保存できるそうです
f0231709_1619546.jpg



f0231709_16201953.jpg


健康でいつまでも笑顔で過ごしたいものです。
f0231709_16294053.jpg

by manryouy | 2011-02-23 16:32 | 料理の関連 | Comments(8)

カレイの特徴と今日の海の幸

こんにちは!

昨日は全国的に晴れて穏やかでしたが
今日は西から雨のエリアが拡大中ですね。

愛媛県も夕方から段々と本降りになり
北東に進む雨雲が通過してますが
少し気温もさがってきていますね~。

今日は、8キロ先のH鮮魚卸店に買い出しに行く。
f0231709_13534954.jpg


これはカレイですね。2つのお目目がぷくっとしてキョロ、キョロと見ています。

活きが良くてトロ箱の中ででピンピンと跳ねています。いただこうっと・・・・
f0231709_1359956.jpg


ブログにのせていいですか?と相談・・・・はい!・・・うれしくて・撮影・・パチッ。

早速、自宅でカレイを調べてみました。

俗にいわれている見分け方は手前に腹がくるように置くと,
目が【左ヒラメに右カレイ】にとなりますね。

カレイは沿岸の砂泥地を好み、身を潜め頭だけ出していて夜活動する。

潜めないときは体の色を海底と同じ色にして、その海底にすむ
小魚・貝類・ゴカイ類をたべるそうですね。


f0231709_15493023.jpg



自宅で昼にカレイ料理にしようにも、口はパクパク・・・・頭も尾っぽも
パシッパシッと動かしてどうにもなりません。

少し弱ってから、ナイロン袋に1匹づつ小分けして冷凍。
美味しくするためこうして・・・ごめんね・カレイ・・・
f0231709_14172331.jpg



そこで昼食には鮮魚店で親切に調理してくれた
ウマズラハギ3匹を煮付けました
f0231709_1418026.jpg


小分けの盛り網カゴで買ったので、マルハギやコチの小1匹も入っており
H鮮魚卸店ではハギは皮を剥いで、内臓とエラをのけてくれたので
自宅での調理の手間が省けて有難いです。
f0231709_1420812.jpg


そして活きのいい小エビも追加して、これくらいを購入する。
f0231709_14365021.jpg


これから下は、今の旬の参考に
おススメのアサリとアブラツボも撮らせてもらった。
f0231709_14584852.jpg
f0231709_1458152.jpg


また、コンショウカレイはこの大きさで1週間寒風で干す。
f0231709_1515413.jpg
f0231709_1521310.jpg


このように出来たデビラ干しは、金槌でたたいて遠火で焼くと
身が離れて瀬戸内海の味覚として好まれるそうです。
f0231709_1523321.jpg

by manryouy | 2011-02-17 15:12 | 料理の関連 | Comments(2)

瀬戸内産の海の幸・・・・レンチョとエビ


こんにちは!

今日も穏やかな晴天でした。

「今が美味しい時期ですよ~~~
ムニエルもいいけど煮漬けが一番で美味しいよ」
鮮魚を買いに行ったら店長さんが笑顔で
おススメを教えてくれた。

今治産のレンチョが肉厚で大きいので、
6匹入りのトロ箱で購入する。
f0231709_16383459.jpg




大きいのを平皿にのせて寸法を見ると、
32センチでこれは立派で美味しそうです。
f0231709_16204850.jpg
f0231709_16221195.jpg


早速調理して、今夜は1匹を煮漬けて2人分とする
とても美味しく海の幸を頂きました。
f0231709_17531673.jpg



後は、小分けして一先ず冷凍保存です。

くせのない白身魚は塩焼きにしてもよいが、
煮漬けやムニエル等にして
順次食べようかしら・・・・と思います。

エビもピチピチと元気に跳ねるので、
少しおいてから刺身と煮漬けにしましょう。
f0231709_16292242.jpg

by manryouy | 2011-02-05 16:42 | 料理の関連 | Comments(6)

鏡開き・・・・大根料理等

こんにちは!
今日は、鏡開きですね。
鏡開きってなに?と聞かれると・・・

興味があって調べる。
お正月に年神様にお供えした鏡餅を割って
雑煮やぜんざいに入れ食べる日本の伝統行事。

今日は小豆を炊きました。
f0231709_11364456.jpg


お餅は正月セットで鏡餅の形の中の小さい餅を焼く。
f0231709_11393150.jpg

自家製の鏡餅なら、手や木槌で割るそう
(刃物で切るのは切腹を連想)

ちなみに、鏡開きの「鏡」という言葉は
円満を意味するそうです。
「開き」は末広がりという縁起の良い意味とか・・・
f0231709_11464258.jpg

さて、大根は色々に料理して、冬の定番です
柚子大根の漬物は何度も作りました。
f0231709_114834.jpg

干し大根はこれだけしかとれないよ・・・
綺麗に乾燥は難しいわ~♪

f0231709_1150270.jpg

ぶりのアラで炊いた「ブリ大根」は,美味しかったです(笑)

寒いので外出は控え、
もっぱら冷蔵庫の材料の整理で料理してます。

風邪を寄せ付けないように
楽しく食べることが1番ですよね。

by manryouy | 2011-01-11 12:01 | 料理の関連 | Comments(12)

養殖ぶり・・・・正月の準備

こんにちは!
30日の午後ですが、今の雨から夜には
四国の山間部でも大雪の恐れあり・・・・・

年越し寒波の影響で各地冬の嵐に。
瀬戸内の平地も明日は雪の予報がでました。

さて、きのうは保存の出来る料理が完成しました。
芋栗羊羹・田作り・カブラ漬け・昆布巻きです。  
f0231709_13431137.jpg

f0231709_13461692.jpg

f0231709_13472732.jpg

昆布巻きの中は、サバの切り身・・楊枝で刺して炊く。
f0231709_13494268.jpg
f0231709_1350119.jpg

今日は、M様から立派な養殖ぶりが届く。
明日には解体します。
f0231709_13544538.jpg

お飾り等の準備で気持ちも改まってきました。
仏前・神前・玄関飾り・各軒下と順次・・・・
f0231709_1421070.jpg

大晦日はゆっくりと紅白歌合戦や
ゆく年くる年を見ようかしら(笑)

by manryouy | 2010-12-30 14:10 | 料理の関連 | Comments(4)

お正月料理・・・・作っています。

こんにちは!

新年まであと3日ですね。
今日は、穏やかですが、最高気温8℃・・・・
冬の空気がいったりきたり・・・

年末年始は、大雪・厳寒の予報ですね。
さて、今日は午前中は黒豆を4時間で炊きました。

【来年もまめに元気で過ごせますようにと】
粗熱がとれたら、タッパーで保存します

f0231709_1513436.jpg

数の子も一晩だけ、1,5%の塩水で塩抜きした。
【数の子は親のニシンから多くの子がうまれる
子孫繁栄の願いがこめられて・・・】
浸け汁にいれ2日後には美しい黄金色と歯ごたえを楽しみます。
f0231709_15212959.jpg

芋栗羊羹も作ります。サツマイモが出来たので
調味して、粉寒天でかためで上に甘栗を置きます。
f0231709_15232822.jpg

田作りや魚をいれた昆布巻き等が今日の予定です。
f0231709_15281958.jpg
f0231709_15283589.jpg


みなさんも、よい新年をお迎えくださいませ!

by manryouy | 2010-12-29 15:33 | 料理の関連 | Comments(2)

今年最後の日曜日・・お正月準備に切り替えて

こんばんは!
冬将軍は一時撤退したそうですが愛媛は
最高気温6℃で寒い一日です。

Xmasが終わると、
商店街は一気にお正月モードですね!
年賀状も昨日は投函したので、大掃除にかかる。
f0231709_1714366.jpg

敷きマットは、お風呂で洗う
f0231709_1725430.jpg

柚子大根漬けが出来ました。我が家の
柚子の絞り汁だけで酢をとりました。
瓶にいれて親戚の2軒におすそ分けです。
f0231709_1921740.jpg

今日は,カブラの粗漬けをしました
f0231709_1935144.jpg

寒い一日なので、外に出ないでありものでおでん
・・・・おでんは
こんにゃくや大根が美味しいですね
f0231709_1910643.jpg

海の幸をいただいたので
今夜は、海水を汲んできました。

それは、明日UPします。
おやすみなさい!」

by manryouy | 2010-12-26 19:16 | 料理の関連 | Comments(2)

山里で山菜・川魚料理を楽しむ

こんにちは!
昨日は、午後3時半~奥石手の山里にいきました。
竹山荘の送迎マイクロバスに乗って約45分・・・・
静かな湯の里は大自然のふところにありました。

この民宿に一泊した私達8名は大満足して、今日の午前中に自宅に帰宅しました。

その様子をすこし紹介します。
石手川ダムのさらに奥の山里に位置する、
ココは松山市の川の郷。

お食事処「竹山荘」の敷地内にある釣り堀では、マスを釣ることができるそうです。
f0231709_1543741.jpg

f0231709_15265486.jpg
f0231709_15273970.jpg

f0231709_1530959.jpg

f0231709_15303412.jpg

清流が育てた川魚やとれたての山菜。旬の料理を堪能できる味覚の古里でした。
●山菜煮物盛り合わせ(ワラビ・ハチク・ごうさ)●山芋と鶉
●和え物●ニジマスの刺身●ニジマスのバター焼き
●あげナスの田楽●アメのご飯●お吸い物●お漬物●フルーツ

f0231709_1546428.jpg

f0231709_1546242.jpg

f0231709_1721262.jpg

f0231709_15465324.jpg


夕食のときに梅雨の大雨が降りだし蛍狩りが出来るかと
心配しました。
運よく19:30分に雨がやみ大急ぎで他の宿泊客の人も一緒にマイクロバスに乗る。

民宿より少し下った川原に案内されゆっくりと
3メートル以上も高く飛ぶ蛍の幻想的な光が広い範囲で見れました。

この時刻は,近くの外灯や民家も
電気をけして、協力してくれているときき、
とても嬉しく思いました。
撮影禁止。

今朝の朝食後送迎マイクロバス時間まで、剥製についての話を女将さんからききました。

イヌワシ・てん・アオショウビン・たぬき・雉のオス・おしどりのオス・・・・・等の剥製がありました。
質問してみるとすべて、こちらでご主人様が捕獲したもので
剥製は専門家に依頼するといわれていました。

わたしは、イノシシの親と、うりボウについて尋ねました。
うりぼうは、赤ちゃんから育て、庭を可愛く走りまわり首輪に鈴をつけていたので
気付いたお客さまにも可愛がられて慣れていたそうです。
この太郎と花子はテレビでも紹介されたそうです。
f0231709_15564922.jpg

f0231709_1557459.jpg

f0231709_1557319.jpg

宿泊やお献立については、ホームページに詳しく
でていますから是非見てくださいとおっしゃっていました。

by manryouy | 2010-06-29 16:19 | 料理の関連 | Comments(4)