<   2012年 03月 ( 38 )   > この月の画像一覧

姫だるまと姫手まり ひめひめ展示祭りを見に行きました。

f0231709_20472962.jpg


明日の3月31日迄、姫だるまと姫手まりを数多く展示しています。

開催日 :2012年03月23日 ~ 2012年03月31日

開催時間 :9時~17時

開催場所 :西条市丹原町田野上方
西条市丹原文化会館 小ホール入場無料


f0231709_2048137.jpg


姫だるまの制作過程がわかるパネルなども展示があって詳しく
工程がよく分かり見に来てよかったと思いました。

かわいらしい姫だるまや姫手まりの物販もしています。

f0231709_20492397.jpg


f0231709_20494139.jpg


f0231709_2050148.jpg


なお丹原文化会館では3月31日(土)に姫だるまの制作体験教室を行う予定でした。

体験教室は参加費一人1500円で 午前の部10:00からと 午後の部13:30の二回となっています。

事前予約者が優先ですが、当日飛び込みも材料が余っていたら可能のようでした。

伝統工芸士が丁寧に指導してくれる姫だるまの
制作体験教室に都合がつけば参加できるといいのですが・・・。

f0231709_20514273.jpg


姫だるま
f0231709_2052713.jpg
f0231709_20523296.jpg


姫だるまは福を招く縁起物として広まり、結婚や出産、新築などのお祝いの贈り物として重宝されたようです。
ピーク時の昭和30~40年代は松山市内に約40の工房があり、全国に出荷されたという。

我が家にも、40年代にいただいて、ケース内に飾っています。

f0231709_20535431.jpg


f0231709_2055593.jpg
f0231709_20553583.jpg


以前には、どこの家庭にも玄関や居間に飾られていた姫だるまを、最近は見ることが少なくなっただけでなく、工房が数えるほどに減り、地元の伝統工芸品であることを知らない人が増えているそうです。
f0231709_20561525.jpg


伝統的な金襴(きん・らん)を着た高さ30センチを超す姫だるまをはじめ、手のひらに収まるサイズやアンティークの着物地のものなど多彩な作品が並び、愛らしい表情でとても和みました。

f0231709_211164.jpg



f0231709_20581379.jpg


姫手まり
f0231709_20583287.jpg

by manryouy | 2012-03-30 21:04 | 日々の話題 | Comments(4)

ヒキガエルの産卵「カエル合戦」・・・

ヒキガエルは春(3月から5月初め頃)、生息場所近くの池(ちょっとした水たまりの場合もある)に集まって産卵を行う。これがいわゆる「カエル合戦」。ヒキガエルは、オスの個体数がメスの個体数を大きく上回り、産卵場所に集まったヒキガエルたちの オスが、数の少ない メス のヒキガエルを奪い合って、その奪い合いに勝った オス がめでたく メス を抱接し産卵が行われる。

f0231709_094780.jpg


新居浜市の別子ゆらぎの森炭工房脇の池

産卵中のカップルもいるようです。大きいのは メス、小さい方は オスなのです。オス は メスを見つけると、背中に乗り、しっかりとつかまえてはなしません。
 

この2枚は午前10:20分撮影

f0231709_0113029.jpg



ひものようなカンテン状のものは細いのですが、しばらくすると水分を吸ってかなりの太さになります。ヒキガエルはこの時期だけ冬眠から目覚めて、産卵をするという不思議な行動をします。

メスのおしりの部分から、ひも状のものが出てきました。
 ヒキガエルの卵は、トコロテンのようなカンテン状の中に連なっています。

下の2枚は、10:51分の撮影

f0231709_0214256.jpg


ヒキガエルのたまごです。ひとつのペアが、一度に1500個から8000個のたまごを産みます。ひもの中にある黒いつぶ、そのひとつひとつがやがてオタマジャクシになります。

f0231709_0143441.jpg


生存競争は厳しく、多くが食べられたり、死滅するので、最終的には、1ペアーの卵でオタマジャクシまでになれるのは250個の卵らしいです。

オ~タマジャクシはかえるのこ~~  ♪~♪~φφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφφ

by manryouy | 2012-03-30 00:26 | Comments(2)

春爛漫の春の花・ビオラ・パンジー。あせびの花も満開です。


今日29日は全国的に晴れで、暖かい春の空気に包まれました。

午後3時までの最高気温は、関東以西は、ほとんどのところで15度を超えて、福岡は22.7℃迄上がったそうです。


札幌は11度と今年初めての10度以上で、北海道も春の訪れを感じられる陽気となっています。あすは南風が気温を押し上げ、更に暖かくなるで予報でした。中国・四国から東北南部でも、20度以上の所があったそうです。 

愛媛の西条市でも最高気温が初めて17℃、最低気温9℃、と春爛漫になりました。

f0231709_1832941.jpg


昨日、いつもお世話になっている公民館では、パンジーやビオラ、あせびの花がたくさん咲いていました。

f0231709_1810880.jpg

f0231709_1864228.jpg


あせびを漢字に変換すると馬酔木となって、おもしろいな~~~と興味が出たので調べました。
f0231709_2240138.gif

馬酔木の花(あせびの花)

開花時期は、 3/ 5頃~ 4/15頃。

・「あしび」とも呼ぶ。
・壷形の花をいっぱい咲かせる。
・色は、うす紅色のものと白のものがある。
・かすかに香る。



f0231709_1873730.jpg


・枝葉に「アセボチン」という有毒成分を 含んでいる。馬が食べると酔って足がなえることから「足癈(あしじひ)」と呼ばれ、しだいに 変化して「あしび」そして「あせび」となった。 漢字の「馬酔木」もその由来による。

また、このことから、葉を煎じたものは 殺虫剤としても使われているそうです。

by manryouy | 2012-03-29 18:10 | 日々の話題 | Comments(2)

愛媛県男女共同参画センターに行って思う事

先日所用で出かけて、気付いたのですが「愛媛県女性総合センター」は、平成23年4月1日から愛媛県男女共同参画センターに名称が変わっていました。
f0231709_1241883.jpg


f0231709_1145591.jpg


各種の学習・研修や、相談、施設提供(貸館)、情報提供(図書貸出等)等のほか、配偶者暴力相談支援センターとして、被害者に関する各般の問題についての相談、必要な指導及び情報の提供女性の仕事・起業・心とからだの健康支援・DV相談・セクハラなど性差別の申出・ パソコン講座、子育て支援等の事業、その他の援助を行っているようです。

f0231709_1162583.jpg


正面の玄関ロビーには、弥生3月ですから雛壇が飾られていました。

学習の場として、出会いや交流の場として、相談の場や図書の愛読の場として、そのほかにも様々な利用スタイルがあるでしょう。気軽に利用できるようです。

ネットで調べても、各都道府県に男女共同参画センターはあるようです。

f0231709_1193050.jpg

by manryouy | 2012-03-29 18:10 | 日々の話題 | Comments(0)

「土筆(ツクシ)」とりは最終で、小分けして冷凍保存しました

「土筆(ツクシ)」は、シダ類トクサ科の「スギナ」の胞子茎です。 トクサは今から約5億年もさかのぼった古生代から、すでに地上に繁茂していたそうで、その親戚のツクシ(スギナ)は、言わば生きた化石かもと思いますがどうでしょうか!?。

28日午後から、また土筆を採りに行きました。
ほとんど、終わっていますが、その中でも地中から遅く次々出ているのを、90分あまり採りました。
f0231709_247834.gif


多くの人がこの場所で毎年土筆を採るそうですが、今日は女性の方と話が出来ました。

つくしの佃煮や、土筆の干菓子も好評だそうです。
天ぷらも美味しいね等と言われていました。私は、今年が初めてのこの場所ですが、
多くの人が数年も前から、来ているそうで、その女性も冷凍保存して長く楽しんでいるとか…。

ヘ(゚∀゚*)ノ*:.。..。.:*ヽ(*゚∀゚)ノ*:.。..。.:*ヘ(゚∀゚*)ノ

f0231709_2483429.jpg


さて、私は土筆を左手の指で回転させるようにして、鞘(ハカマ)を右手の親指の爪で少しずつむいていきます。した準備が終わったら大きな深い鍋に8分目位のお湯を沸かし、笊(ざる)で水切りしたツクシを中に入れ、沸騰してから約5分間、時々長い箸(はし)で 上と下と混ぜてます。 熱湯にはツクシの胞子が溶け込み、きれいな緑色に変わります。笊に採り冷水で冷まします。

f0231709_2505729.jpg


 ◎ この茹(ゆ)でたツクシの状態で、「玉子とじ」「茶碗蒸し」「お吸い物」など、一般の野菜と同じ素材として調理できますが、「天ぷら」だけは、茹でる前の水洗いした状態で、よく水を切ってから衣を付けて油で揚げて下さい。 また、茹でた状態で、ナイロン袋に小分けして冷凍保存も可能です。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪



f0231709_2523974.gif

by manryouy | 2012-03-29 02:54 | 料理の関連 | Comments(2)

ヒマラヤユキノシタ と スノーフレークが咲いています。

ヒマラヤユキノシタ

新居浜市別子ライン立川にて撮影

f0231709_20363743.jpg

ヒマラヤユキノシタとは

ヒマラヤ山脈(アフガニスタン、パキスタン~ネパール~チベット)に分布する、毎年花を咲かせる多年草です。きわめて耐寒性が強くて育てやすく、日本でも広く普及しています。
f0231709_2037628.jpg


f0231709_2037335.jpg


地面を横に這うように伸びる太い根茎から、うちわやしゃもじのように見える光沢のある大きな葉を出します。春になると花茎を長く伸ばして、その先に淡いピンクや白の花をまとめて咲かせます。

f0231709_20383095.jpg


何時の間にやら庭に咲いていました。

スノーフレークとは

〔関西平地 3月〕

オーストリア、ハンガリーなどに分布する球根植物です。日本の気候では4月~5月に開花し、秋植え球根として扱いますが、原産地では主に夏に開花します。

花がスズラン、葉っぱがスイセンに似ているところから、スズランズイセンとも呼ばれます。
f0231709_20403031.jpg


f0231709_2041222.jpg


地際から花茎を1~数本伸ばして、その先端に数輪の花を咲かせます。径1.5cmほどで釣り鐘状、白色で花びらは6枚、それぞれの花びらの先端には緑色の斑点が入ります。
f0231709_20421174.jpg


葉は幅約1.5cm、長さ約45cmのひも状で地際から4~5枚ほど伸ばします。初夏には葉っぱが枯れて、秋まで休眠に入ります。球根の大きさは径3cm~5cmです。

f0231709_2154413.jpg

by manryouy | 2012-03-27 19:30

世田谷区桜新町の駅周辺に25日、サザエさん一家7人の銅像がお目見え

桜新町は原作者の長谷川さんが福岡から移り、亡くなるまで暮らした「サザエさんの街」。地元には「サザエさん通り」と名付けられた通りもある 漫画「サザエさん」の作者・長谷川町子さん(1920~92年)ゆかりの地、東京都世田谷区の東急田園都市線・桜新町駅周辺に3月25日、サザエさん一家の銅像が登場し訪れた地元の人が早速、記念撮影を楽でしんでいたそうです。

f0231709_10461593.jpg

銅像は、自筆イラストをもとに12体。駅西口に一家7体が置かれ、北口など3か所にも設置された。駅近くには、長谷川さんの旧宅の跡地に建てられた「長谷川町子美術館」がある。駅前から延びる商店街には、漫画に登場する魚屋のモデルになった店もあるそうです。
f0231709_10501956.jpg


漫画「サザエさん」の原作者、故長谷川町子さんが晩年を過ごした東京都世田谷区の桜新町に25日、サザエさん一家の銅像は、1946年の新聞連載開始から65周年を迎えた昨年、「商店街がさらに活気づくように」との声が地元で高まり制作されたそうです。
f0231709_1051256.jpg


銅像が建てられたのは、東急田園都市線・桜新町駅周辺の4カ所。

駅西口にはマスオや波平、フネら一家7人がそろう。

北口はカツオとワカメ、南口はサザエさんとタラちゃんが並ぶ。長谷川町子美術館近くの桜新町交番前にも、笑顔のサザエさんがいるそう。

f0231709_10525211.jpg


 東急田園都市線桜新町駅西口で行われた除幕式には住民ら約200人が詰め掛け、波平さんやサザエさん、タラちゃんら磯野家とフグ田家の7人の銅像が披露されると、一斉に拍手が湧いた。

地元商店街などによると、銅像は長谷川さん自筆の原画を元に、鳥取県境港市の業者が型枠を作り、富山県高岡市の業者が鋳造した。最も大きなマスオさんが約150センチ、タラちゃんは約60センチ。桜新町駅を中心とした4カ所に計12体が設置されたと記事にも出ていました。


銅像は「サザエさんの街」の新名所として今後人気を呼びそうですね。

Rさんのコメントの一部です。

《 3月25日の午後から、桜新町駅のまわりにできたサザエさん一家の銅像の除幕式があったので行きました。サザエさん美術館の館長さん、世田谷区長さん、水前寺清子さんなどの挨拶のあと、除幕式でした。黒山の人だかりで、肝心の銅像はほとんど見えませんでした。除幕の模様はNHKの7時のニュースで放送されていました。》

写真提供・・・桜新町に居住の親戚Rさんです。

by manryouy | 2012-03-27 11:04 | 日々の話題 | Comments(2)

日没後に金星・月・木星の競演・・・3月26日・19:00頃

日没後に西の空に金星・月・木星の競演・
(月と惑星で盛り上がる夜空)
3月26日・19:00頃

ここ数日の、春の嵐が過ぎ去って、夕暮れは見事に晴れていました。
f0231709_011084.jpg


f0231709_0174154.jpg

夕暮れが迫ると・上に金星・その下に細い月 そして木星が
見えてきました。

西の空に明るく輝くー4.3等の金星とー2.1等の木星に月が加わって、
夜空が一段と賑わっていました。

月が2つの惑星に最接近ですが、明日は月が金星の左上に移動していますよ。
f0231709_043133.jpg

今夜は東日本以西は移動性の高気圧がきて、満天の星空です。
南西の方向には、冬の星座のオリオン座や明るい星が輝いていました。

19:00頃の西の空の競演の様子は、星空のシュミレーションサイトからです。
f0231709_011021.png


運よく観れて本当にラッキーでした。

今夜の星空と、西の空に金星・月・木星の競演に
しばらく見惚れていました。

水曜日は高気圧はなかなか動かずまだ西日本に停滞・木曜日には東日本まで移動して
日本列島は北海道まで快晴の予報が出ていました。

春爛漫! 桜も蕾が膨らみ開花がすすむ日差しボカボカ、
春の陽気になりそうと報じていました。

by manryouy | 2012-03-27 00:14 | 天体に関する話題 | Comments(0)

三又の花2種とサンシュユの花・・・2012/3/26

マイントピア別子に有る三又の花です。
赤花も咲いています。

ミツマタは、その枝が必ず三叉、すなわち三つに分岐する特徴があるため、この名があるという。
春の訪れを、待ちかねたように咲く花の一つがミツマタですね。春を告げるように一足先に、淡い黄色の花を一斉に開く。
f0231709_1721294.jpg


園芸種では、オレンジ色から朱色の花を付けるものもあり、赤花三椏(あかばなみつまた)と称するとか。
現代の手漉き和紙では、コウゾに次ぐ主要な原料。
現代の手漉き鳥の子和紙ふすま紙は、ミツマタを主原料としているそうです。

f0231709_1733720.jpg


f0231709_1751248.jpg
マイントピア別子のサンシュユの花です。
別名:ハルコガネバナ(春黄金花)

 花期:春

 早春の庭園を散歩しているとまだ芽吹いていない木の枝に黄色い花がいっぱい咲いているのを見ます。その内の一つがサンシュユです。近づいてよく見ると,一つひとつの花はおもしろい形をしています。

f0231709_1763721.jpg


 サンシュユの黄色い花が目立つ季節になって、3月には木一面に黄色い花を付け、秋には、赤い実が鈴なりになる。紅葉も綺麗です。近づいて花を観察すると、小さな花が放射状に集まっていて、4個の雄しべが可愛らしく突き出しています。

f0231709_1773487.jpg


宮崎県は「ひえつき節」の里である。「ひえつき節」は稗(ひえ)を搗(つ)きながら唄う民謡である。歌詞は「庭のさんしゅうの木 鳴る鈴かけて」に始まります。

「Tさんの提供写真でまとめました」

by manryouy | 2012-03-26 17:10 | 日々の話題 | Comments(0)

シクラメンの原種と福寿草。山葵(わさび)の花・ゆらぎの森 続きです

シクラメンの原種と福寿草。ゆらぎの森 続きです。
Tさん提供いつもありがとうございます。

Tさんの写真で紹介します。

f0231709_1145765.jpg

原種シクラメン  【山野草】 赤系 シクラメンコーム 
冬の間ずっと、地面に寝そべっていたつぼみがやっと立ち上がってきました。

無造作にまとめたウェーブに 味があります。
短い花びらを、キュッと摘まんだように咲きました。

葉に美しい柄が有ります。
f0231709_11431421.jpg


シクラメンの原種だそうです。午前9時半過ぎで

ゆらぎの森作楽工房脇の林内に咲いていました。

f0231709_11455131.jpg


f0231709_15332172.jpg


f0231709_1147910.jpg


雪化粧した福寿草の花も見られました。ゆらぎの森にて。

f0231709_1149297.jpg


f0231709_1150214.jpg


f0231709_15294188.jpg

ゆらぎの森 炭工房脇の清流沿いには、山葵(わさび)の花が咲いていました。

午前10時半すぎて・・・


f0231709_12141470.jpg
f0231709_12153526.jpg


朝方から風が強く天気も変わりやすい空模様でした。

f0231709_1216795.jpg


午後1時半すぎて吹雪になりました
f0231709_2040239.jpg


f0231709_15403245.jpg


f0231709_12285056.jpg

by manryouy | 2012-03-26 12:29 | 日々の話題 | Comments(2)