<   2012年 10月 ( 96 )   > この月の画像一覧

初夏に咲くオンツツジ(雄躑躅)が満開…2012・10・31

「新居浜横水の あるお宅の庭でオンツツジ(雄躑躅)が満開でした。
こちらもなかなかの のっぽさんです。」Tさんがコメントと写真を送ってくれました。

10月31日:12:30分頃撮影の5枚です。

f0231709_1845884.jpg


オンツツジ(雄躑躅)で調べました。

f0231709_18464553.jpg


花期…4月~6月ですが、こちらもなぜか2012・10月末から咲いています。
花にとっては、異常気象でしょうか????

四国、九州に自生するツツジらしい。

f0231709_184734100.jpg


落葉広葉低木で樹高2㍍~4㍍にもなり、幹は株立ちに生える。

花冠は5中裂し上部花弁の内側には濃紅色の斑点が入ります。
雄シベ10本と雌シベ1本がつく。

f0231709_18493440.jpg


葉の展開と同時に枝先に花をつけ、1個の花芽から1個~3個の花を開く。

f0231709_18481328.jpg


花は直径4㌢~5㌢の朱色の漏斗形、下の花弁2枚が他より大きく拡がります。

by manryouy | 2012-10-31 18:53 | 日々の話題 | Comments(0)

染井吉野桜と日本水仙も咲き季節外れ???…2012・10・31

西条市の加茂川の堤では染井吉野桜も咲く。

f0231709_1832829.jpg


f0231709_184339.jpg


10月31日:午後3時55分に撮影。・・・チラホラと染井ヨシノ桜が咲いてます。

f0231709_1861550.jpg


f0231709_1820094.jpg


西条市内の上神拝地区では日本水仙も咲く。

f0231709_188209.jpg


f0231709_18205274.jpg


花弁が白、副花冠が黄色の日本水仙が咲き春爛漫???

日本水仙は、31日の午後4時過ぎに撮影

f0231709_1892538.jpg


f0231709_10131838.jpg


これから、冬がやってくると言うのに、どうしたことでしょう。????

写真はTさん提供。

by manryouy | 2012-10-31 18:15 | 日々の話題 | Comments(0)

皇帝(コウテイ)ダリア が咲く…2012・10・31

[西条飯岡の あるお宅の庭では皇帝ダリアが見頃となっていました。なかなかの のっぽさんです。西条市民の森の皇帝ダリアも咲き始めているのでは?と立ち寄ったところ皇帝ダリアはまだ蕾がかたく咲いてませんでした]・・・「Tさんの撮影とコメント」です。

10月31日午後1時頃の5枚撮影で

f0231709_14275599.jpg


皇帝(コウテイ)ダリア

(別名:コダチダリア/帝王ダリア)
成長すると3~4mにもなる事から皇帝と名付けられました。

f0231709_14295750.jpg


丈が3~4メートルにもなります。

花はピンク色で直径約20センチメートルの大輪の花が茎の頂上につけます。

晩秋の頃、空にそびえて立つ姿は圧巻です。

f0231709_14303522.jpg


霜に弱いですから、気温が3度以下では弱ります。

f0231709_14313547.jpg


昼間の時間が短くなると花芽を持ちます。

10月下中~11月中旬までにお宅の庭先でも丈が高いので、よく見えます。

f0231709_14323160.jpg


また、夜、庭先の街灯の下ではつぼみが付きません。

by manryouy | 2012-10-31 14:32 | Comments(4)

秋植えの野菜畑・・・Mさんの畑・今治市の朝倉南・

秋植えの野菜畑・・・親戚のMさん宅の畑です。

たくさんの種類の野菜が育っていました。

特に、菜っ葉類は、選別でで取り除く菜(ワキ菜)がたくさん取れます。

f0231709_10431531.jpg


大根は「秋の舞」で美味しいそうです。たくさんわいて小さい大根を葉と一緒に抜いています

f0231709_1910390.jpg


右側の黒いビニールのシートには間隔をあけて、丸い穴の処にソラマメを植えているそうです。

f0231709_10482520.jpg


その「わいた菜っ葉」はお漬物や煮物に重宝します。

f0231709_10454647.jpg


こちらは、水菜です。鍋物にも入れますが、無農薬栽培なので、
生野菜でサラダにしても美味しいそうです。これもとってくれました。

f0231709_110994.jpg


こちらの長い畑に植えているものを教えてもらいました。
「白菜・人参・カブ・水菜・ごぼう・アスパラ菜・高菜・ホーレンソウ・春菊・ブロッコリー・」

f0231709_112416.jpg

アスパラ菜は、お浸しや炊いても美味しいのだそうで頂きました。

調べると出ていました。

味の特徴は
 アスパラ菜(オータムポエム)は見た目が菜の花に似てはいますが、菜の花のような苦味は無く、花芽を食べるというより、花芽が付いた若い茎を食べると言った感じで、クセも無くほんのりと甘みがあり、味、食感ともアスパラに似た感じがします

f0231709_1154232.jpg


黒大豆の枝豆「若さや」もたくさんまた頂きました。
湯がくと中の豆の皮が黒くなってきました。

皮を除けて食しますがビールのおつまみに最適でコクがあって美味しいです。

f0231709_11123890.jpg

f0231709_11123926.jpg


f0231709_11142477.jpg


ラッキョウ・にんにく・春菊・の若いものです。

f0231709_11174641.jpg


f0231709_11181713.jpg


分葱(ワケギ)と・高菜・も育っていました。

たくさんの野菜は冬の食卓で重宝します。

取材をさせて貰ったので1週間遅くなりましたが編集して載せました。
Mさん、野菜をありがとうございました。

by manryouy | 2012-10-31 11:24 | 日々の話題 | Comments(0)

野菊(ノコンギク)の群生

野菊(ノコンギク)が群生しています。

f0231709_17464742.jpg


野菊が清楚に群落を成して咲き誇ってました。

f0231709_1746446.jpg


野菊としては最もそれらしいノコンギク:ごくありふれた野菊の1つで、道ばたでもよく見かける植物である。

f0231709_17472250.jpg


地下茎が横に這い、あちこちから枝を出すので、まとまった群落を作りやすい。

f0231709_17484611.jpg


山間の沢から人里まで広く分布するごく普通の野菊で、花は薄紫で
茎は立ち上がって枝を出しています。

f0231709_17484124.jpg


高さは50-100cmに達するが、草刈りをされた場合など、はるかに小さい姿でも花をつけている。

by manryouy | 2012-10-30 17:49 | 秋の花 | Comments(0)

「ひゅうがめし御膳」と漬物の食事処と卯之町の町並み…2012・10・29

西予市立美術館 ギャラリーしろかわ の「かまぼこ板の展覧会」
の会場場所から40分で西予市宇和町卯の町につきました。

f0231709_15205534.jpg


古き良き文化の息づく町で、
    温かさと癒しを感じる宿・築205年の松屋旅館がお昼食処でした。

f0231709_1705396.jpg


旧街道で江戸のころより続く、胡麻をたっぷりとその風味を酒などで味付けし
生きた鯛を漬け込んで、ご飯にかけて頂きます。
お漬物8種類もセットではいってる「ひゅうがめし御膳」でした。

f0231709_15215599.jpg


松屋旅館は、旧街道で、お客様には、代々伝わる中之町の家庭料理「ひゅうがめし」で、
昼食はおもてなし致しているそうです。

胡麻をたっぷりとその風味を酒で味付けし、そのだしに、日向灘でとれた生鯛の切り身を加え、
身を〆て、昔ながらの松屋旅館の味に整えている・・・と説明がありました。

ご飯のお変わりをして頂きました。
お漬け物が8種類もあって、とても美味しいです。

食事の途中で松屋旅館6代目女将 大気様から話がありました。

糠床を大切に、いたわりながら、楽しいお漬物の付け方も話題になり
次々と質問をして丁寧にコツなどを教わりました。

食後には、松屋旅館・8代目のご長男の方が、文化の里の各所をボランティア解説をしながら
1時間余り文化の里を案内してくださいました。


重要伝統的建造物群保存地区 
卯之町の町並み のマップです。

f0231709_16581835.jpg


 江戸時代、西予市宇和町は宇和島藩随一の米どころとして有名でした。宇和町の中心地であった卯之町は、大洲と宇和島を結ぶ宇和島街道の宿場町でした。

f0231709_17204744.jpg


①文化の里休憩所・・・月曜日で閉まっています。

卯之町の町並みにある古い民家を復元した休憩所。観光客らにお茶の接待もあり、誰もが気軽に立ち寄れ、心休まる場所として人気を集めている。冬にはカゴノキの大火鉢がやわらかな暖かさを提供してくれる。

②鳥居門

天保5年(1834)、庄屋鳥居半兵衛が建てたもので、ケヤキをおしげもなくつかっている。門扉には鉄鋲を打ち、そりのある屋根には高々とした大きな鬼瓦があるいかめしい門。庄屋には身分不相応な造りとし、宇和島藩からおとがめがあったというエピソードもある。高野長英が逃亡中に二宮敬作を頼って卯之町へきたとき、この大門脇にある隠れ部屋で身を潜めたともいわれている。

江戸中期から昭和初期の商家が立ち並ぶ。白壁、うだつ、半蔀(はじとみ)、出格子など伝統的な建築様式が残る町並み。幕藩時代には宇和島藩の在郷町として栄えた。二宮敬作、楠本イネらも往来した通りとして、訪れる観光客は絶えないそうです。

③高野長英の隠れ家

脱獄逃亡中の長英が、二宮敬作を頼って卯之町を訪れた際に身を隠した家。従来は2階建ての建物だったが、現在2階部分だけが保存されており、県の史跡に指定されている。

④「開明学校」 国の重要文化財に指定…昨日は月曜で休館日でした。

f0231709_1649378.jpg


明治15年(1882年)に建築された小学校。日本の伝統的木造建築の中に洋風のアーチ型の窓を取り入れた擬洋風のモダンな建物で、当時は舶来のガラスが使用されていた。

長野県松本市にある重要文化財「旧開智学校」と昭和62年に姉妹館提携し、平成9年5月には国の重要文化財に指定されました。

 現在は、明治時代を中心とした教科書を展示する教育資料館として利用されています。


NHKのど自慢の開催場所:西予市宇和文化会館(西予市宇和町卯之町)も見えました。

出演:(ゲスト)秋川雅史さん 水樹奈々さん
日時:平成24年11月4日(日)の生中継放送です。

by manryouy | 2012-10-30 17:12 | 料理の関連

第18回全国「かまぼこ板の絵」展覧会見学…2012・10・29


第18回全国「かまぼこ板の絵」展覧会

西予市立美術館 ギャラリーしろかわ
電話:0894-82-1111

期間:平成24年7月21日(土)~12月2日(日)【火曜日休館】
時間:9:00~17:00

f0231709_1151866.jpg


昨年に続き、貸し切りバスで21名で見に行きました。

入賞作品、招待作品はもとより、 世界、全国各都道府県から応募された「かまぼこ板の絵」11,708点の作品を全てディスプレイして展示中でした。

f0231709_11522189.jpg

今年の第18回のポスターの花部分を拡大撮影しました。

館長さんがご丁寧に館内の展示テーマの、
こちらのポスターの説明をしてくださいました。

「よりそって ひとつ 花になる」のポスターの説明受けました。[皆の気持ちをギュッと抱きしめると・・・丸い日の丸が白い花になりました。そして花の中の白いかまぼこ板にはすべてにみなさんの一人一人の笑顔が描かれています。一つとして同じ笑顔はありませんよ」

f0231709_11534256.jpg


次に、特別展示室で特に今年の大賞1名と
優秀賞作品10名を詳しく説明をしてくださいました。

館長さんの言葉が耳の残っています。

「毎年かまぼこ板展示の出品をしているか、再チャレンジで継続している方が多いそうです。

優秀賞を狙ってやろう等と、肩ひじ張って描いた作品は選者に伝わらないのでダメですよ。

テーマや題材は自分で決めるもの。そして、年齢も関係ありません。

『かまぼこ板1枚の絵から、そのテーマが伝わってくること、そして、人に訴える作品』 が
選者のポイントです。」


f0231709_11552380.jpg

大賞(最優秀賞)「英語の勉強ABC・・・・・・」

身近な蜘蛛と蜘蛛の糸を描いていますが、蜘蛛の糸がABC・・・・。
クモの網目にアルファベットを配し、単なる写実でない。また、どこにでもある題材です。
背景の 色 も「薄萌葱(うすもえぎ)色が上品さをかもし出しています。

● 館長さんの説明を聞いて、大賞に選ばれたわけを納得しました。

今年の大賞と優秀賞作品も、「かまぼこ板の絵」の実物の色合いを見ると
作品一つひとつから応募者の想いが伝わってきました。

今年もギャラリー訪問の記念に、大賞1名・優秀賞作品10名の作品の
ポストカードセットを購入しました。

館内は撮影禁止です。

第18回「全国かまぼこ板の絵」展覧会の今回の「受賞作品10選の絵ハガキ」を購入し、
その中から大賞と優秀賞の数枚を自宅でデジカメで写真を撮ってトリミングして載せました。

館長さんの説明も、下に添えて書きました。

f0231709_12535036.jpg

優秀賞・「アイウケイレマシテ」

大震災のがれきが青い鳥の巣になりました。
多くの皆さんの愛情が日本を再生させてくれます。

そして卵は丸い地球の中の日本で、青い鳥が愛情を注いで育てます。
幸せの四葉のクローバーをくちばしではさんでいます。

f0231709_13093.jpg


優秀賞・「ガレキヨサウルス」

大震災復興のお手伝い・強い味方のガレキヨサウルスが
早く片付けて・・・復興・復旧のお手伝いをしています。

f0231709_1344190.jpg

優秀賞:「しあわせ」

大震災では大切なものや、家等すべてを失いました。皆さんの思いやりと
温かい支援援助でご飯が食べれる幸せを描きました。
描いた人から、笑顔をもらいます。1枚のかまぼこ板の絵が大切な事を教えてくれます。
大震災の事は、いつまでも忘れてはいけません。明日は我が身のことかも・・・・

f0231709_1310296.jpg

優秀賞:「爪切り」

カニのつめが爪切りだったらいいのに・・・・との思いが伝わるね。
皆さんも、どうぞ感じた事や伝えたい思いを絵に描いて送ってください。

f0231709_13191973.jpg


優秀賞:「灸憩タイム」
これは、レンズを使ってお灸をしています。
タイトルのキュウケイタイムも面白くエコを実践しています。
皆さんは、どんなエコをしていますか。資源は無限ではありませんから・・・・

f0231709_13224048.jpg

優秀賞:「喜びの詩」

今治市の赤灯台・・・たくさんの鳥が「喜びの詩」
をうたいながら赤灯台の周りを飛んでいます。夜の灯りは人生の目印です。
海の航海では灯台の灯りを頼りにしています。

「虹の橋」アーチをくぐって幸せな気持ちで、
全作品を展示している左側の展示室に入ってみました。

花のテーマ・辰年の左隅の辰さんに向かって泳いでいるように・等と
展示にも毎年工夫をしています。

10月29日(月)は、秋の青空が広がり、爽やかな風が吹いていました。

素敵な思い出に残る、『西予市立美術館 ギャラリーしろかわ』 訪問になりました。


昨年の第17回「全国かまぼこ板の絵」展覧会訪問
moreに入れました。☆↓

More  こちらです☆彡↓

by manryouy | 2012-10-30 13:31 | 展示場 関連記事 | Comments(0)

不思議な形の菱角(水栗)はナッツでした。

「水栗が無数に水面に漂っていました。」…送っていただいた」Tさんの写真とコメントです。

f0231709_20332571.jpg


Manryouyは、初めて見た珍しい食べ物なので、詳しく調べました。

ネットで検索すると、水生植物「菱」の実だった。

中秋のごろに出回るもの・・・・怪しげな食べ物らしい。

f0231709_20474174.jpg


実物はもっと黒々としていて、まるで、蝙蝠(コウモリ)
のような悪魔の食べ物のように見えます。

秋の野菜売り場で日本でも見かけるようです。

「これは菱角(リンジャオ)です、5分くらい茹でてから中身を食べます」って。
「菱角」というナッツでした。

f0231709_7394912.jpg


この不思議な植物は20世紀以前、中国では重要な主要産物であったらしいです。
ジャガイモと似た共通点があります。


皮をむくと、中は白い。
大部分がデンプン質です。
f0231709_7415875.jpg


又の名を水栗というように、栗のように殻がとても固いので、
茹でてから半分に切って皮をむいて食べるようです。

f0231709_8134017.jpg


特にクセがない食べ物なので、栗やジャガイモを食べる感じでお料理するようですが、
一番簡単な食べ方は、ただ茹でて皮をむいて、おやつ代わりに食べるそうです。

by manryouy | 2012-10-30 08:17 | 秋の実 | Comments(0)

ムベの実・・・2012・10・29

ムベ(郁子、野木瓜)は、アケビ科ムベ属の常緑つる性木本植物。
別名、トキワアケビ(常葉通草)。

f0231709_19545834.jpg

10月29日:午後3時半ごろに撮影の5枚です「

口の開かないアケビを一回り大きくした様な実が下がっていました。
10月に5~7cmの果実が赤紫に熟します。

f0231709_19565013.jpg


この果実は同じ科のアケビに似ているが、果皮はアケビに比べると薄く柔らかく、
心皮の縫合線に沿って裂けることはない。
果皮の内側には、乳白色の非常に固い層がある。

f0231709_19583379.jpg


その内側に、胎座に由来する半透明の果肉をまとった小さな黒い種子が多数あり、
その間には甘い果汁が満たされている。

f0231709_19593893.jpg


果肉も甘いが種にしっかり着いており、種子をより分けて食べるのは難しい。

f0231709_19594824.jpg


自然状態ではニホンザルが好んで食べ、種子散布に寄与しているようです。

by manryouy | 2012-10-29 20:01 | 秋の実 | Comments(0)

延喜獅子舞保存会・三継獅子競演 ・・・ .第7回西条獅子舞フェスティバルにて

第7回西条獅子舞フェスティバル - 西条市(2012・10・27)

 獅子舞という地域芸能の伝承を通じて、世代間の交流や自治会活動などの主体となるコミュニティを強化し、それを地域防災につなげることを目的に「第7回西条獅子舞フェスティバル」が開催されました。

f0231709_2020714.jpg


f0231709_0511733.jpg


日時: 10月28日(日曜日)12時~15時
場所: 石鎚山ハイウェイオアシス イベント広場内特設会場

manryouyが会場に到着したのは、午後2時で最後のゲストの団体披露の時間でした。

少しでも見る事が出来て、本当にうれしく思いました。

獅子は霊獣と呼ばれ霊験あらたかで・・・・・ その威力で災いを払うとい われています。

f0231709_20205158.jpg

プログラムをもらってみました。

「特別出演」市内芸能2団体・市外芸能2団体・しない獅子舞8団体となっていました。

f0231709_20211390.jpg

f0231709_20215345.jpg


市内の獅子舞をはじめ、今治市の「継ぎ獅子」など
市外からもゲストを招き、多数の獅子舞を披露していました。

f0231709_223132.jpg


なぶりこの子どもさんも1年生~5年生ぐらいで卒業のようで、司会の方が紹介されていました。

将来は、又地元などのお祭り保存会に戻ってきて、伝統芸能を継承している若者が多いそうです。

f0231709_2028017.jpg


西条獅子舞披露の8団体の最後の周布本郷獅子舞保存会の最後の場面です。

f0231709_20284154.jpg


香川の獅子は10年くらい前に見に行ったことがありますが、スケールが違います。
香川県の獅子舞も午後1時過ぎにゲスト出演があったようです。



パンフレットを参考にしてゲスト招待でフェスティバルでは最後の
「特別出演」市外芸能団体で披露の今治市延喜獅子舞保存会を紹介します。

f0231709_20311466.jpg


延喜獅子舞は、江戸時代中期に伊勢神楽から伝承し、氏神様に日頃の感謝と子孫繁栄を祈願して毎年、春の祭りには奉納する。

f0231709_20343188.jpg


f0231709_20345875.jpg


三継獅子を演技の順番に写真に収めました。

下の力強い体の男性のバランスが、重要でしょうが、
まわりに居る男性が支えることはしていません。

f0231709_20352193.jpg


野間神社、延喜天満宮の春の大祭にて奉納しており、愛媛県指定の無形民俗文化財になっています。

f0231709_2045174.jpg


f0231709_20454360.jpg


f0231709_2048832.jpg


こちらの、三継獅子は、手に汗握る場面も多く、観衆の皆さんも拍手を送り健闘を讃えていました。

f0231709_20493361.jpg


f0231709_2050271.jpg


f0231709_2051567.jpg


本当に他に見る事のできない子どもさんの堂々とした芸と下の2人の男性の
がんばりと訓練された、バランス感覚には驚きました。

f0231709_20533465.jpg


三継獅子は、本当によく練習や訓練をされていて、見ていると落ち着いていますが、
観客の拍手が、心強い支えとなって伝わり頑張っている姿にたいへん感動しました。

f0231709_21573920.jpg

by manryouy | 2012-10-28 21:26 | 日々の話題 | Comments(0)