<   2013年 10月 ( 74 )   > この月の画像一覧

今治市大角鼻のツワブキの花と ノジギク・「千間磯」釣ポイント

大角鼻は今治で3位の自然・景勝地です。
高さ27m、愛媛県陸地部の最北端に位置しキャンプ場もある海浜公園となっています。

f0231709_1211775.jpg


ツワブキの花が大分咲いていました。野路ギクは咲き始めでまだ ちらほらでした。

f0231709_12122325.jpg


しまなみを背景にツワブキの花と ノジギクが風情を醸し出す風景が素敵です。

f0231709_12161553.jpg


潮が引いていたので鼻先に行ってみました。

f0231709_1217485.jpg


磯には立派な富士壺が ついてます。松葉貝や亀の手も ついてます。

f0231709_12133632.jpg


大角鼻。愛媛県の最北端。 大角鼻は絶好の釣ポイントです。

アオサギ
背が灰色した、最も大きなサギ全長:93cm
f0231709_21915100.jpg


f0231709_12151671.jpg


瀬戸内海に突き出ている為に展望は良く海は流れが速く、沖合には暗礁もあるようで波立っている。

近くに案内看板があり、それによると「千間磯」というものらしい。
伝説では、約千軒の家があったが夜のうちに嵐にあい流れてしまった。赤い灯台が あるのが「千間磯」 横に長い暗礁それで千間磯といわれているとか、磯の長さが千間あるのでそう呼ぶとも言われている。海の難所であり魚釣りの名所でもあるらしい。

f0231709_12183599.jpg


しおだまり には磯巾着の姿が見えます。

f0231709_12203710.jpg


鼻先から大角公園を見る。

f0231709_12225556.jpg


愛媛県陸地部の最北端に位置しキャンプ場もある海浜公園となっています。

f0231709_1225798.jpg


f0231709_12254870.jpg


f0231709_12274681.jpg


爽やかな秋晴れで、空気が澄んで気持ちがいいですよ~~~!(^^)!ヤッホ~~

f0231709_12281515.jpg


f0231709_1228422.jpg


瀬戸内の吊りポイントの雄大な絶景です。船が近いです。

f0231709_12313326.jpg


浜撫子も返り咲いてます。

f0231709_12263539.jpg


現存する物としては珍しい鋳鉄製(ちゅうてつせい)で造られた船のスクリューや、マンボウやカレイなどの魚の形を模して作られたモニュメントが設置されている。
f0231709_12435276.jpg

大角海浜公園にある来島大角鼻潮流信号
f0231709_221228.jpg

錨のオブジェ
f0231709_12441836.jpg


白砂の海岸・・・大角海浜公園にて 愛媛県今治市波方町
f0231709_12444369.jpg


ワシントンヤシの枝伐ち跡の模様。

f0231709_12323737.jpg


f0231709_1233161.jpg


11月半ば頃には野路ギクも咲き揃い、ツワブキはそろそろと終盤となりそうです。

f0231709_12352364.jpg


f0231709_1236120.jpg


最後は烏山椒の実です。

冬になるとカラスザンショウの実をいろいろな鳥たちが食べに来ます。落葉高木で高さ15mほどになります。雌雄異株です。ただカラス ザンショウは先駆樹種なので伐採跡地などにいち早く侵入するので、まだ小さい実生木 もよくみかけます。 幹や枝の周囲に長さ1cm前後の鋭いトゲが多くつきます。

f0231709_12415417.jpg


来島海峡の潮流 は大角鼻から約4.6km
今治と大島のせまい海峡の島や岩礁の間を,時速18km落差2mの潮流が大渦を巻いて流れるさまは壮観。

f0231709_12395761.jpg


来島海峡 は大角鼻から約4.5km
伊予水軍が根拠地としたところで風景が美しい。日本三大急流のひとつで、潮流が速く、最高時には各所に大渦がみられる。この海峡をまたいで来島海峡大橋が架かっている。「絵の如し」と詠まれた来島海峡の自然景観を生かしてつくられた、世界初の三連吊橋で、愛媛県今治市にあります。

f0231709_12471427.jpg


現地から実況取材は親戚Tさん。
編集はmanryouyでした。

by manryouy | 2013-10-31 12:48 | 景観・風景 | Comments(0)

西条市のはりきり網漁…2013.10・30

西条市 広江川 河口で, はりきり網漁をしていました。

f0231709_0464571.jpg

10:17分
川幅いっぱいに“ はりきって”使うため、“はりきり網”と呼んでいます。

f0231709_047465.jpg

10:21分
f0231709_0472340.jpg

11:29分
地図で9の場所が西条市 広江川 河口
f0231709_0481299.jpg


満潮時に川下に川幅いっぱいに立ち網をはり干潮にかけて下る魚を穫る漁です。

f0231709_0504670.jpg

12:29分
干潮近くなると上流から舟で竹竿で水面を叩いて下流の網まで魚を追い込みながら下って いよいよ網上げです。
f0231709_0514251.jpg

12:39分
網より上流には ざっと数えて100匹近くの黒鯛や鱸の姿が見えてました。
f0231709_0524191.jpg

12:41分
f0231709_052166.jpg

12:41分
黒鯛はチヌ(茅渟)という別名もよく用いられる。スズキ(鱸)とともに海岸近くや河川に生息する大型の魚で、食用や釣りの対象魚として人気 がある。スズキは成長につれて呼び名が変わる出世魚です。
f0231709_0571448.jpg

12:46分
まともにかかれば手に負えない大漁かと思いましたが魚も命がけで上流へ逃げました。
f0231709_058778.jpg

12:57分
“はりきり網” かかるのは ゴミと牡蠣(カキ)殻が殆どです。
f0231709_059545.jpg

13:02分
西条の おじさん が元気な頃は親戚Tもよく舟で同行させていただきました。
f0231709_111317.jpg

13:13分
本日の漁獲の全てです。「昼間は獲れん」と漁師の方が申していました。
f0231709_115335.jpg

13:16分
f0231709_121779.jpg

by manryouy | 2013-10-31 01:03 | 日々の話題 | Comments(0)

収穫期の綿と長く咲いたオシロイバナ

収穫期の綿
先日、親戚のMさん宅の畑で収穫期の綿が見れました。触るとふわふわしていました。

f0231709_1647861.jpg


綿の種子は硬い蒴果のなかにあり成熟するにつれ、はじけて綿花が現れる。ワタとはアオイ科ワタ属の多年草の総称で、木綿は種子の周りに付いている。

f0231709_1650943.jpg


蒴果の内部は隔壁によって数室に分かれ、各室に数個の種子があり、それに綿毛が密生している。この綿毛は外皮細胞が変形したもので、綿の種類によって長短に分かる。


f0231709_16522226.jpg


長く咲いたオシロイバナ

オシロイバナ(白粉花)とはオシロイバナ科の多年草または一年 草です。
初夏~秋まで長く咲きますがもう終盤でした。
花が美しいので観賞用に栽培されるほか、広く野生化もしている。

f0231709_16532643.jpg


下は、2013年6月中旬にUPしましたが、再掲します。
おしろい(白粉花)は、午後四時ごろから咲きはじめました。夜通し咲きつづけ、朝まで咲いて いる。

f0231709_21382667.jpg


オシロイバナ(白粉花)とはオシロイバナ科の多年草または一年草。花が美しいので観賞用に栽培されるほか、広く野生化もしている。
南アメリカ原産で江戸時代始め頃に渡来し、一部は帰化している。

f0231709_2139455.jpg


オシロイバナ(白粉花)は、初夏~秋の夕方4時(英名のフォー・オクロック )頃から、小振りな花を枝一杯に開花させ、翌朝9時頃に閉じる。白粉のような芳香(白粉花、夕化粧の名の由来)を漂わせることから命名されました。

f0231709_21394685.jpg


花後には、萼中に黒くて丸いコロコロした種子が置かれたように載り、熟すと地面に落ちて、そこからどんどん繁殖します。
丈夫で、放っておいても育ちやすい花で、全国津々浦々の道端で見られます。

f0231709_21401154.jpg


一株で色違いの花が咲く品種もあります。花筒が長いので口吻の長い大型の夜行性鱗翅目でなければ吸蜜は困難である。日本のオシロイバナでは主にスズメガが吸蜜する。

f0231709_21404469.jpg

by manryouy | 2013-10-30 16:53 | 夏~秋の花 | Comments(0)

ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)

ひよどりじょうご の花が大きく外に反り返って咲いていました。

f0231709_15445525.jpg


ヒヨドリジョウゴは多年生のツル植物です。
ツル植物としてはややおとなしい植物で、覆い尽くほどには繁茂しない。

f0231709_154526100.jpg


花冠は白色で1cmほどで晩夏~10月に大きく外に反り返った五枚の白または紫色の花弁を持つ。
5個の花弁はそり返るので、合わさった葯が良く見えて、花筒の入り口には緑色の斑紋がある。雄しべは花柱を取り巻く。

f0231709_1546616.jpg


全草に柔らかな毛を持ち、葉はアサガオに似た三裂したものから、卵状のものまで部位によって大きく変形。下部の葉は深い切れ込みがあり、葉は変化が大きく分裂しないものから3裂、5裂するものなどがある。

f0231709_15463982.jpg


果実は秋に1cm程度の球形の実を付け、赤く熟すものが多いが、黄色になるのもある。
果実は緑色から11月に入るとから朱紅色に熟し、小さなほうずきのイメージがある。

f0231709_15481249.jpg


ヒヨドリジョウゴの名は、ヒヨドリがこの実を好んで食べることから名付けられたとされるが、実際にはとくに好んで食べるわけではなく、冬になっても残っていることが多い。
鮮やかな赤色の実は、生け花展で見ることがあります。


9月24日にUPはMOREに入れました。

 こちらです ↓

by manryouy | 2013-10-30 15:52 | 秋の花 | Comments(0)

ブログパーツ利用と気温の傾向・地震の備え


10月も下旬になって、最近は朝晩は冷え込んでいますが、これは、南天の葉の紅葉です。

f0231709_14464355.jpg


先日、11月からの3カ月の気温と天候の傾向が発表されました。

f0231709_14472563.jpg


豊かに暮らそうと思うあまり、人間は長期的に環境や気象を変えてしまっています。

天気が昔と変わってきたという声はよく聞きますが、その原因は地球に住む私達にあるという事をもっと考えなければいけない時代になったような気がします

 気象衛星(日本広域)と天気図のブログパーツを貼りました。

f0231709_14483672.jpg


お天気ブログパーツって何?
お天気ブログパーツとは、ブログのサイドバーなどに、小さなコンテンツを簡単に設置することができるツールです。
tenki.jpでは、リアルタイムで更新する天気のブログパーツを公開しております。



全国の雨雲の動きは画面をwくりっくして大きな画面に切り替わるのでを見ています。

検索をクリックしてリアルタイムで更新する天気のブログパーツの公開を色々リンクできます。



ブログパーツ利用してみると気象予報士の記事に出ていました。

「そしていつもご利用いただいております「tenki.jp」のiPhoneアプリがバージョンアップ致しました。「これから天気はどうなるの?」「天気を詳しく知りたい!」こんな声にお答えして、今までの便利機能はそのままに、掲載情報や機能がさらに充実しました!是非ご覧下さい。」


f0231709_0424261.jpg


西条市の11月号の広報に震災の時の注意点の印刷の紙が入っていました。
見える位置に貼りました。

f0231709_14523636.jpg


日本列島は、これからも地震との付き合いは続けなければなりません。

台風であれば事前にある程度の予測は可能ですが、地震は突然襲ってきます。
そのことも、地震の怖さをより増長させる原因になっています。

f0231709_14552441.jpg


常に日頃から対策をとることで、もしもの時に、少しでも冷静に対応できるようにすることが大切だと思います。

by manryouy | 2013-10-29 14:59 | Comments(2)

西条市の諏訪山古墳と今治市朝倉の牛神古墳

所用で西条市船屋に来たので ちょっと諏訪神社に上がってみました。

 西条市舟屋、諏訪神社境内にある古墳です。
丘陵西側に突き出た尾根が道路で切断されて独立丘陵のようになっています。

西側にある舟屋集落の中の細い道を抜けて南側の鳥居前まで来るのが道を尋ねて来れました。

f0231709_1250308.jpg


鳥居の手前に入り口を示す標柱があり、山道のすぐ先に「市史跡指定」の標柱と案内板が立てられていて、その上の小高いところに古墳がある。

写真を Wクリック拡大します。
f0231709_1253551.jpg


鳥居から登っていくと右手に古墳が見えてきます。社殿の脇に諏訪山古墳がありました。

この諏訪神社の境内地には、市内でよく知られる諏訪山古墳があるとは意外でした。

f0231709_12523584.jpg


海岸に近く船業との関わりが深いこちらの神社では、航海や風波の守護神として厚く信奉されてきたのかもしれない。
古墳は諏訪山丘陵の南端に造られた石積みの10メートルほどの円墳で、南南東に開口している。

横穴式石室の奥行全長は6メートル、玄室は幅が1.8メートルと高さが2メートルほどらしい。

f0231709_12533999.jpg


覆土はなく、玄室(げんしつ)は残っているが、羨道(せんどう)部分はほとんど崩落し、入り口付近は天井石だけが1枚残っている。

f0231709_12543755.jpg


西条市には天神台古墳群、岩岡古墳群、諏訪山古墳群、半田古墳塚、 稲積古墳、永見経塚古墳、永見祭ヶ岡古墳、などが在るそうです。

f0231709_12552598.jpg


2013年10月に、今治市に行くときいつも朝倉の山手の牛神古墳の前の道路を走行して休憩で寄りました。
f0231709_1101911.jpg


f0231709_110393.jpg


f0231709_111688.jpg


f0231709_1113035.jpg


Wクリックで画像が拡大します。

f0231709_1115769.jpg


f0231709_1122222.jpg


f0231709_1145695.jpg


昨年春、今治市の朝倉の、古墳を尋ねました。

以前にUPしましたが、説明を書いているので下に入れます。

f0231709_10193068.jpg


f0231709_1020414.jpg


牛神古墳は、直径13メートル、高さ4メートルの円墳で、横穴式石室となっており、6世紀後半の後期古墳でした。

須恵器・管玉・ガラス玉・耳環など多数出土しています。

ボタンを押すと音声でガイド説明が聞こえました。

感心するのは、石室内部には照明が施され、さらに須恵器などのミニ展示施設があるところです。

f0231709_10223792.jpg


駐車場もトイレも自動販売機もあるし。文化財を大切にする朝倉地区の伝統に感動します。

f0231709_10214538.jpg


今は、人口も少なくなってきた今治市の朝倉地区ですが、朝倉ふるさと美術古墳館は、古墳や遺跡が多数見つかっていて遺跡の宝庫でもあります。



by manryouy | 2013-10-28 12:58 | 日々の話題 | Comments(0)

ラッキョウの花と利用…2013・10・28

ラッキョウの花
 ラッキョウはユリ科(またはネギ科)の多年草です。
中国、ヒマラヤ地方が原産で日本には仏教伝来とともに、万葉の時代に渡来したと言われており、当初は薬用に供されたようです。

f0231709_11272731.jpg


10月28日はこの秋一番の冷え込みで、放射冷却で朝露の中でラッキョウ の花が咲きました。

薄紫色(ピンク)のかわいい釣鐘状の花で、10月下旬から11月上旬にかけて咲きますよ。

f0231709_1128359.jpg


ラッキョウは種ができないため、もっぱら地下の球でふえます。
白色または紫色を帯びた白色の鱗茎を食用とします。

f0231709_1130337.jpg
 

その独特の匂いはニンニクやニラと同じに含まれる硫黄化合物によるものです。
 
f0231709_11292011.jpg


男は度胸で女は愛嬌…さて、漬け物は…主に塩漬け、甘酢漬け(Pickled onion)、醤油漬けで食べる。

我が家のラッキョウ漬けです。一つの瓶は食して減っています。

f0231709_1133124.jpg


カレーライスのつけあわせ(薬味)として、福神漬とならんでポピュラーな存在です。

f0231709_11362330.png

by manryouy | 2013-10-28 11:36 | 秋の花 | Comments(0)

香川県宇多津の宇夫階神社秋祭り…2013・10・27

my autumn carnival最終を飾り香川の讃州宇多津太鼓台祭りを見学しました。

古式ゆかしい正統派の神事でした。

f0231709_0451030.jpg


f0231709_9162797.jpg


f0231709_0295951.jpg


検索で調べて追加します。

開催期間: 2013年10月26日 〜 2013年10月27日

◆香川県 宇多津町

◆会場:宇夫階神社   香川県綾歌郡宇多津町1597

f0231709_031629.jpg


毎年10月第4週の土日に開催される宇多津の秋祭りは、宇夫階神社例大祭と塩釜神社例大祭を併せたお祭りです。

f0231709_0465461.jpg


伝統を守り、昔ながらの形式を残す神輿行列に続いて、太鼓台14台が参列します。

f0231709_0324441.jpg


土曜日14:30~神輿渡御

日曜日15:00~神輿渡御

f0231709_0414942.jpg


前日の金曜日、土曜日の夜には、宇夫階神社で宵宮祭が行われます。

f0231709_0351825.jpg


見どころ

太鼓台の多い香川県ですが、宇多津の自慢は狭い町家をぬって練り歩く勇壮な姿です。

f0231709_0391376.jpg


また、太鼓台を地面に叩き付けて担ぎあげる独特の担ぎ方も見ものです。

家のひさしすれすれに太鼓台の白い房が舞い、掛け声が町なかに響くと祭り気分は最高潮に達します。

f0231709_044770.jpg


宇多津方面でも ご婦人部隊パワー炸裂です。

f0231709_0353415.jpg


お下がりを見学して帰路に つきました。

f0231709_038499.jpg


帰りに見た讃岐富士は 今日も ほぼシンメトリーでした。

シンメトリー(Symmetry)とは「対称性」。主に左右 対称(鏡像対称)を意味する。

親戚Tさんの取材提供。

宇夫階神社秋祭り(香川県 宇多津町)
…2012・10・27はmoreに貼りました。


More  こちらです☆彡↓

by manryouy | 2013-10-28 00:48 | 秋祭り | Comments(4)

西条市総合防災訓練と晩秋の畑の風景…2013・10・27

10月 27日(日)朝、西条市総合防災訓練と言う事で、地域の自治会ごとに朝の8時前の放送を聞いて指定の場所に集合しました。
1世帯の人数の確認後、全員で南海トラフの地震が起こったら、……自治会の説明を聞く。

●どのように身の安全を守るのか…市の配布の資料で・・・
●火の元、戸締り、防災グッズをもって、速やかにまず今日の場所に集合。
●人数の確認・諸注意を受けたら、指示された、避難場所に移動する。

回覧板でもよく確認してください。!!
早朝から集合していただきご苦労様でした。以上で、解散でした。

今朝は冷え込みましたが、快晴の1日のようです。

f0231709_9541610.jpg


西条市丹原地域は柿の産地ですがたわわに色づいていました。

f0231709_10455638.jpg


こちらは彼岸花の終わった後の葉が群生で出ていました。

f0231709_9573499.jpg


f0231709_958157.jpg


普段は歩かない別の道を通って、秋の風景をとりながら帰りました。

f0231709_1011835.jpg


ピーナッツ畑は掘り出していましたのでこれから収穫するようです。

f0231709_9592245.jpg


f0231709_1003595.jpg


数日前に皮のままで湯がいて食べて美味しかったです。

f0231709_1032318.jpg


シュウメイギクとホトトギスも終盤です。

f0231709_1041639.jpg


f0231709_105967.jpg


さざんかも咲いていました。蕾がたくさんですからまだしばらく楽しめそうです。

f0231709_10121641.jpg


f0231709_10125396.jpg


柚子もだんだんと大きくなって色もついてきました。

f0231709_10481523.jpg


f0231709_10485033.jpg


皇帝ダリアの木も大きく成長中でした。11月になれば,頭頂に紫の大きな花が咲きます。

f0231709_106043.jpg


晩秋の風景を楽しみながら歩くと、秋の深まりを実感できました。

西高東低の冬型の気圧配置になってしばらくは日本列島も秋晴れが続くと報じていました。

by manryouy | 2013-10-27 10:07 | 日々の話題 | Comments(0)

丹原地域総合文化祭…2013・10・26

平成25年度の丹原地域総合文化祭を午前中に見に行きました。

f0231709_22154590.jpg


丹原地域総合文化祭は、初めて見に行きましたが、丹原・中川・田野の3公民館の利用者の出品でした。

f0231709_22164055.jpg


小ホールは芸術の秋ですね。

美術部門に知っている人が出品しているので、ゆっくりと見せていただきました。

f0231709_2349698.jpg


洋画、日本画、水墨画、俳句、書道、読書「枕草子の旅」

f0231709_2350173.jpg


f0231709_235042100.jpg


皆さんの、素晴らしい作品展示に感動しました。

2階に、華道部門も展示があると聞き見に行きました。

f0231709_2351321.jpg


f0231709_23521220.jpg


ちょうど友人に会って、お花の先生に説明もしていただき秋の風景が浮かぶ楽しいひと時でした。

f0231709_2353514.jpg


f0231709_23534918.jpg


f0231709_23542498.jpg


池坊と嵯峨御流の先生と生徒さんの作品とのことでした。

f0231709_23551174.jpg


f0231709_2355447.jpg


f0231709_23564711.jpg


f0231709_02547.jpg


ちぎり絵もmanryouyも以前はしていましたが、今は時間がなくで、・・・・・

f0231709_034093.jpg


f0231709_041675.jpg


大ホールでは。歌謡祭もしているようなので、少し聞いて帰りました。

f0231709_0522.jpg


f0231709_0122545.jpg


明日も大ホールでは、公民館活動の芸能祭があるそうです。

明日は所用で外出なので、ゆっくりと今日は文化祭に来れて、皆さんの充実した時間と
有意義な生きいきとした人生を楽しんでおられる様子がうかがえてよかったです。


by manryouy | 2013-10-26 22:33 | 展示場 関連記事 | Comments(0)