<   2014年 01月 ( 61 )   > この月の画像一覧

「シナ満作」が一気に満開…2014・1・31

松山道の飯岡法面の支那満作が 1月31日の陽気で一気に開花しました。

f0231709_14543767.gif


旧正月の本日31日も好天に恵まれ春の陽気です。

先日来から気にしていた満作の花が開ききっている。

f0231709_14554092.jpg


満作も種類はいくつかありますがこれは(シナ万作)と言われている。

その特徴は枯れた葉が付いたまま花が咲くことです。

f0231709_14561961.jpg


「満作」には、日本固有種の「満作」や中国原産の「シナ満作」が良く知られています。

f0231709_1456397.jpg


「シナ満作」は早春に花を咲かせる。

by manryouy | 2014-01-31 14:59 | 春の花 | Comments(0)

旧正月のニュースと恵方巻の語源由来辞典…2013・1・31

今日は1月最終日で、旧正月ですね。
花の少ない1月でした。サザンカも終盤ですが載せています。

f0231709_14103226.jpg

今朝のNHKニュースを見ました。
31日に旧正月(春節)を迎えた中国の大都市では、大量の爆竹による大気汚染が懸念されていた。
f0231709_14122040.jpg


「重度大気汚染の警報が発令中は、花火や爆竹を燃やさないようにして大気汚染を抑制し、ともに美しい北京をつくろう」と協力を呼びかけた。

f0231709_14111032.jpg

31日、大みそかにあたる30日に爆竹の使用量が減ったことに対する「感謝状」を地元紙・北京日報に掲載したと報じていました。

f0231709_1411375.jpg


恵方巻の語源由来辞典

http://gogen-allguide.com/e/ehoumaki.html

コメリーパワーは、初めてで少し買い物をしました。

f0231709_17125375.jpg


昼食でスシローに立寄り、その後いつもの美味しい名水を汲んで帰りました。

f0231709_14131889.jpg


スシロー恵方巻き 2014は価格は平均だな~~~と思い撮りました。

f0231709_14135065.jpg


f0231709_1415342.gif

by manryouy | 2014-01-31 14:15 | 日々の話題 | Comments(0)

真民詩「二度とない人生だから」・・・2014・1・30

1月30日、松山である講演会がありました。
2時間程、道後界隈を散策し、開場の1時に講演会場に行きました、

道後から電車どうりには、クロガネモチの木に赤い実がまだついていました、

f0231709_23522861.jpg


f0231709_2353263.jpg


会場に入ると、真民の額装が目に留まりました。

ガラス越しで後方の光が入っています。

詩「二度とない人生だから」でした。

f0231709_23535144.jpg


詳しく調べました。

坂村真民(さかむら しんみん)、1909年1月6日 - 2006年12月11日)は、日本の仏教詩人。
一遍の生き方に共感し、癒しの詩人と言われる。

愛媛県砥部町に「たんぽぽ堂」と称する居を構え、毎朝1時に起床し、近くの重信川で未明の中祈りをささげるのが日課であった。

1970年 「念ずれば花ひらく」第1号碑が、京都市鷹峯常照寺に建つ。
1974年 新田高等学校退職。詩作に専念。
1980年 文部省中学校教育課『道徳指導要領三』に、詩「二度とない人生だから」が採録され、多くの教科書に掲載されるようになる。

2006年 12月11日、97歳で永眠。

講演が終わって、生花を撮りました。

f0231709_23552537.jpg


詩は解りやすい物が多く、小学生から財界人にまで愛された。
特に「念ずれば花ひらく」は多くの人に共感を呼び、その詩碑は全国、さらに外国にまで建てられているそうです。

講演会後に、再度、坂村真民詩を下側から撮りました。

f0231709_23571973.jpg


【坂村真民詩集より】 ユーチューブ貼りました。

http://www.youtube.com/watch?v=9xPI4AwXRzM

Ⅰ本の道を 花 ・悟り
二度とない人生だから 念ずれば花ひらく

坂村真民記念館・・・砥部町HPにのっていました。

車は便乗させてもらって、松山に来て、雨上がりで、道後の散策もできました。

感動的な講演会で有意義な1日でした。

f0231709_00998.jpg


Oさん、便乗させていただきありがとうございました。

by manryouy | 2014-01-31 00:00 | 日々の話題 | Comments(0)

松山市の道後温泉街を散策…2014・1・30

松山市の道後温泉街を散策しました。

商店街のアーケードからみた道後温泉本館

f0231709_20164417.jpg


道後温泉本館は、愛媛県松山市の道後温泉の中心にある温泉共同浴場。別名・愛称は坊っちゃん湯。
戦前に建築された歴史ある建物(近代和風建築)で、街のシンボル的存在。

f0231709_20171983.gif


道後温泉街はその中央にある道後温泉本館を中心としている。本館自体が観光施設であるが、その横には「道後麦酒館」という地ビールを飲める店がある。道後温泉周辺は人力車での移動も可能なため、本館前には人力車の駐車スペースがある。

f0231709_20185744.jpg


f0231709_20182575.jpg


1階に「神の湯」、2階に「霊の湯(たまのゆ)」がある。神の湯男性浴室のみ2か所浴室があるが、女性客の増加に伴い神の湯女性浴室にも2つ目の浴室が設けられる予定

いよ観ネッ ト道後温泉本館公式サイト

http://www.dogo.or.jp/pc/honkan/index.htm

神の湯と霊の湯の違いは使っている石の程度だが、霊の湯の方が人が少ないためゆったり入れる。また、霊の湯には石鹸が備え付けられている。

f0231709_20221580.jpg


1994年に国の重要文化財(文化施設)として指定された。
共同浴場番付において、東の湯田中温泉大湯と並び西の横綱に番付けされているほか、2009年3月、ミシュランガイド(観光地)日本編において2つ星に選定された。
2009年、経済産業省の「近代化産業遺産」に認定。

f0231709_2030775.jpg


市内電車の道後温泉駅まで、L字型に道後温泉商店街を歩きました。

f0231709_2023223.gif


市営のもう一つの外湯である「椿の湯」

f0231709_20243383.jpg


f0231709_20264844.jpg


L字の角のところに、椿の湯がある。こちらも共同浴場であるが、料金も本館より安く、地元の人の利用が多い。

f0231709_20272479.jpg


温泉本館前から、市内電車の道後温泉駅まで、L字型に道後温泉商店街があり、土産物店や飲食店などが軒を連ねている。

f0231709_20394869.jpg


f0231709_20345832.jpg


f0231709_20404077.jpg


市内電車の道後温泉駅前には、放生園という小公園があり、坊っちゃんからくり時計、足湯、湯釜などがある。
f0231709_20421498.jpg


f0231709_20282932.jpg


近年、道後温泉本館前の道路を迂回させ完全に歩道化することにより、モダンな周辺環境を整備し、徒歩で安全に商店街と本館をつなぐことに成功し、商店街とより密接な関係を形成した。

f0231709_2029141.jpg


f0231709_20292673.jpg


駅前広場には夜間は坊っちゃん列車の機関車と客車が留め置かれ、ライトアップされている。また、坊っちゃん、マドンナ、巡査の衣装をまとった観光ボランティアガイドも出て、からくり時計の動く時間には観光人力車も集まり、とりわけ夜8時前後は賑やかになる。

従来は道後温泉街には昼間の楽しみが少ないと指摘されていたが、放生園に足湯ができて、楽しみが増えた。

f0231709_20311579.jpg


足湯は湯釜を取り囲む形でベンチが作られ、腰を下ろして足を温泉に浸け、歩き疲れを取ることができる。

なお、放生園の隣、商店街の入り口には(財)松山観光コンベンション協会の観光案内所(年中無休:TEL089-921-3708)と道後温泉旅館協同組合(TEL089-943-8342)の事務所がある。

f0231709_2240670.jpg


周辺にも、坊っちゃん記念碑、道後公園、湯築城跡、湯神社、伊佐爾波神社、宝厳寺、にきたつの道、セキ美術館、松山市立子規記念博物館などの見所が多数あり、一帯が観光名所を形成している。

f0231709_2047386.jpg


f0231709_22412665.jpg


f0231709_20491835.jpg


by manryouy | 2014-01-30 20:49 | 日々の話題 | Comments(0)

1月29日の愛媛の四国中央市から見た 日の入り

1月29日の愛媛の日の入りです

f0231709_2237853.jpg

17:20分

f0231709_19485177.jpg

以下の5枚は17:22分~17:26分でした。
f0231709_19493852.jpg


四国中央市の川之江城沖から見たの日の入り高縄半島に沈みました。

f0231709_19495059.jpg


f0231709_19501822.jpg


f0231709_19502925.jpg


参考で、本日の方角と時間を調べました。

f0231709_22522246.jpg


冬至と夏至の方向追加。地軸の傾きが日常生活に最も関連するのは季節の移り変わりです。

地軸が傾いていることから、日本国など北半球では,夏季には日が高く昇り、昼の時間が長く、冬季には日が低く、昼が短い。

単位面積当たりの太陽エネルギーの照射量と日照時間とが変化することで、季節が生じる。

f0231709_19564530.jpg


北極圏では、夏至に太陽が沈まず(白夜)、冬至に日が昇らない。

一方,南半球では,暦と季節との対応が180度ずれる(6月-:冬,12月ー:夏)。

入日の写真は親戚Tさんの提供。

by manryouy | 2014-01-29 19:59 | 日々の話題 | Comments(2)

西条の市民の森…梅の開花は…2014・1・29

春のような暖かさ  
市民の森…梅の開花は進んでいるかしらと見にいきました。
f0231709_1746636.jpg


まだ蕾のようにしか見えません。
f0231709_1747263.jpg


夜イノシシがでるので、赤いテープが張ってあり、様子は分かりません。

f0231709_1748119.jpg


そこで考古歴史館の事務所でお聞きしました。

f0231709_17484132.jpg


ちょうど、パンフレットが今日届いたと、1枚くださいました。

3月2日に向けて梅の、開花も進むので、きちんと整地や準備も間に合うと言う事で安心しました。
毎年恒例の行事で、周辺の皆さんの楽しみになっています。

f0231709_17515117.jpg


今日、Kさんが、メールで行事の予定を送ってくれました。
すぐに、付箋にコピーしてデスクトップに・・・

f0231709_17521847.jpg

3月1日は椿まつり
3月2日は梅まつりと記念講演会、
f0231709_17584398.jpg


どれも、今から楽しみにしています。

春はまだ先、来週は今季最強寒波襲来とか・・・・・

金曜日までの3日間の天気は「晴れ」→「雨」→「晴れ」と、春の近づきを感じられる移り変わりです。

気温も西・東日本では月曜日にかけて平年並みか高めの予想ですが、
このまま本格的な春の暖かさとはならず、来週の火曜日ごろからは
今季最強クラスの寒波が襲来して真冬の寒さが戻る予報でした。


by manryouy | 2014-01-29 18:00 | 日々の話題 | Comments(2)

梅林と鶯谷(オウタニ) …鶯谷地区の一角に建つ石碑。

「地名の由来」大谷部落の入り口に「鶯谷咲いたか梅の花 こく葉で炊いたか大根めし」と自然石に彫られた碑があります。

f0231709_2144326.jpg


これは昔から言い伝えられた歌のようです。

戦前この地区は殆ど松林であったので、大谷に行くには、真昼でも薄暗い松林の中を通り、
子供の頃の恐ろしい思いをした記憶がある人の話。
その当時こく葉が沢山あったので、こく葉を荷車につんで売りに行っていたという。

f0231709_21443716.jpg


昔は梅林があり早春には鶯が鳴いていたので鶯谷(オウタニ)と書かれていた。

f0231709_2145352.jpg


飯積神社祭礼・現在は、渦井川原かきくらべでの大谷太鼓台(鶯谷太鼓台)があります。

f0231709_16134031.jpg


f0231709_16141542.jpg

by manryouy | 2014-01-28 21:47 | 日々の話題 | Comments(2)

春の足音、梅の花、福寿草、菜の花です


Published by デジブック

春の足音、梅の花、福寿草、菜の花です.

f0231709_1621695.jpg


f0231709_1624044.jpg


f0231709_163953.jpg


西条市の鶯谷の鶯橋付近 の梅並木

f0231709_1634767.jpg


西条の鶯谷の木の根元で福寿草の花が咲き始めていました。

f0231709_164346.jpg


f0231709_1684966.jpg


西赤石山が見えてます。

f0231709_16533.jpg


ビデオカメラにはGPS機能がついているので、WINDOWS LIVE フォトギャラリーを使うと
撮影場所の地図が見られます。

f0231709_1611746.jpg


Googleマップのストリートビューで、鶯橋たもとの梅林が少し映っていました。
(葉っぱだけですが)

f0231709_16112858.jpg


鶯橋を挟んだ渦井川沿いの梅並木まだ若木ですが咲き始めました。

f0231709_1655010.jpg


f0231709_1661730.jpg


f0231709_1664651.jpg


隣接の河川敷広場では満開の菜の花の咲く近くで、ゲートボールの練習中の元気な高齢者の声が聞こえてきました。

f0231709_1674075.jpg


f0231709_168539.jpg


鶯やメジロ・・・野鳥の声が聞こえる春は、もうちかいのでしようかね!!

梅の写真で絵ハガキのような誕生日かーどをつくってみました。
プレゼントに添えてもいいでしょうかしらね。
f0231709_19225643.jpg


f0231709_19263933.gif

by manryouy | 2014-01-28 16:14 | デジブックに発表 | Comments(2)

大霜と初氷の朝…2014・1・28

今朝は畑は大霜でした。

f0231709_1461120.jpg


f0231709_1475730.jpg


太陽が昇って、きらめいて、すぐに溶けていきました。

f0231709_14171065.jpg


f0231709_1483571.jpg


f0231709_1410468.jpg


バケツに初氷が出来ていたので、青空にかざしてみました。

f0231709_1413542.jpg


日中は全国的に気温はグングン上がっています。

f0231709_14134699.jpg


朝は真冬、昼間は春 の陽気で、3月並みの気温になっているようです。

by manryouy | 2014-01-28 14:20 | 日々の話題 | Comments(0)

ハコベの仲間たち…2014.1.27

名前は よくわかりませんが はこべ の仲間だと思われる花が沢山咲いてました。
調べましたが・・・さて、どれでしょうか???

f0231709_11204644.jpg


ハコベの仲間は花弁が5枚で深く2裂するのが特徴。

ハコベの仲間はハコベ/コハコベ/ウシハコベ/ノミノフスマ/イヌハコベ/ミヤマハコベ/ などがあります。

f0231709_11212348.jpg


これらの区別は、 花弁の方が萼片よりもはるかに長いのがノミノフスマとミヤマハコベです。この2つの区別は葉で決まります。

葉の付け根に毛があるのがノミノフスマで毛がないのがミヤマハコベです。

f0231709_11222243.jpg


また、花弁の方が萼片とほぼ同じなのが ハコベ/コハコベ/ウシハコベです。

そして花柱が5本あるのがウシハコベで3本なのがコハコベとハコベで区別ができます。

f0231709_1123034.jpg


2つの区別は茎の色で決まります。

暗紫色してるのがコハコベで緑色がハコベです。

f0231709_11232583.jpg


詳しく写真付きで解説されていました。

http://matsue-hana.com/yasou/kubetu/hakobe.html

by manryouy | 2014-01-27 11:24 | 春の花 | Comments(0)