<   2014年 04月 ( 88 )   > この月の画像一覧

小手鞠の花が咲き誇っていました。

f0231709_1621756.jpg

こちらは、一重の花(普通種)です。八重もあるそうです。
f0231709_162265.jpg


枝は弓状に垂れ下がり、生け花の材料や 茶花として利用されている。

f0231709_16263439.jpg


開花時期は、 4/20 ~ 5/15頃。

コデマリ(小手毬)とは、バラ科シモツケ属の落葉低木。

f0231709_1622466.jpg


別名、スズカケ。中国(中南部)原産で、日本では帰化植物。

小さな花が丸く集まり、手毬のように咲くことから「小さな手毬」で「小手毬」になった。

f0231709_1624944.jpg


4月2日の誕生花で花言葉は「友情」





by manryouy | 2014-04-30 16:24 | 春の花 | Comments(2)

高尾神社春祭り御神幸祭に行きました。
厳重に雨対策を施しながらも井上だんじり(個人所有)小松の岡村だんじりが高尾神社に集結です。

f0231709_8184260.gif


上之川だんじりと合流し宮だしを待ちます。

f0231709_8192753.jpg


神社へ到着後一同で参拝。
いよいよ神社を出立 各地区を巡幸です。
f0231709_8214517.jpg


上之川子供だんじりを先頭に、お神輿や、 続いて上之川だんじりです

f0231709_8235068.jpg


f0231709_8245841.jpg


f0231709_8252220.jpg


井上 だんじり、岡村だんじり と続いています。

f0231709_8263628.jpg


f0231709_8271641.jpg


切川入りまで見物して7:50分で所用で離れる。

雨が止んでいます。
所用を済ませ再び御神幸祭へ…10:20分ごろ、だんじりは久保地区を除車運行中でした。

f0231709_8312215.jpg


f0231709_8323184.jpg


老人介護施設も訪れました。

f0231709_8332416.jpg


f0231709_8334745.jpg


みなさんが、だんじりが来るのを楽しみにしていました。

f0231709_834108.jpg


そろそろ皆さんの12:00です。

f0231709_836397.jpg


昼食休憩の時間になりました。

f0231709_8355811.jpg


西条市高尾神社の春祭り御神幸祭は、午後も運行表に従って続きます。

産業文化フェスティバルから再び氷見へ だんじり行列は尾土居へと進行中でした。

f0231709_15465238.gif


神輿は尾土居から長谷へ向かいましたが みちが狭く急なので神輿が戻るまでだんじりは尾土居で待機宴会タイムです。
f0231709_15565743.jpg


f0231709_15491686.jpg


神輿が戻り宮入に向けて出立し神社に戻ってきました。

f0231709_15511860.jpg


宮入後子供らにより子供だんじりの担き上げ大人だんじりも差し上げます。

f0231709_15531936.gif


宮入も終わりそれぞれの だんじり も帰路につきました。

f0231709_1642269.jpg


高尾神社の春祭り御神幸祭り道中の取材はこれまで、・・・これにて帰路につきました。

4月29日の取材提供は親戚Tさんでした。

by manryouy | 2014-04-30 08:40 | 日々の話題 | Comments(0)

第14回 産業文化フェスティバル
日時 : 4月29日(火曜日) 9時~15時
場所 : 西条商店街・市道古川玉津橋線・西条市総合福祉センター・鉄道歴史パーク

昼食休憩の間に産業文化フェスティバルをちょっと覗いてみました。

f0231709_22423987.gif


f0231709_22431031.gif


f0231709_2243338.gif


所用の途中なので、さっさと会場をあとにしました。

来年には、予定が取れたらmanryouy もゆっくりシャトルバスで、各会場をで回りたいです。

ポスターを貼りました。
f0231709_22473516.jpg

by manryouy | 2014-04-29 22:48 | 日々の話題 | Comments(0)

西条市の氷見の高尾神社は、氷見上之川部落にあり、明治の初期には牛頭(ごず)天王社と土地の人は呼んでいたので、現在も天王さんと呼び親しまれている。

氷見石岡神社の末社で、氷見上之川井口(ひみかみのかわいぐち)に 鎮座する。

f0231709_1472360.jpg


高尾神社近くにある土蔵の妻壁の鏝絵(こてえ)が豪華でした。

f0231709_1485158.jpg


f0231709_1494937.jpg


境内の南端は目もくらむような切り立った断崖となっており、下に切川が流れ、猪狩川に合流する。
切川の名もここからきているといわれている。

f0231709_2201867.jpg


f0231709_253459.jpg


拡大できます、どの写真でもクリックしてください。

f0231709_151346.jpg


祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)と櫛名田比売命(くしなだひめのみこと)。

f0231709_1523043.jpg


4月28日の初日の本殿祭を覗いてみました。

f0231709_1525727.jpg


例祭は4月28日、29日に行っている。

f0231709_1532193.jpg


4月の伊勢参り済ませたばかりの地元 上之川だんじりも組み立てられ明日の出番を待ってます。

f0231709_1535834.jpg


尺八による雅楽の音に乗せ厳かに神事が遂行されました。

f0231709_155843.jpg


巫女の浦安の舞いに続き琴の献曲。

f0231709_1565126.jpg


箏曲の後は尺八奉納演奏

f0231709_1573831.jpg


f0231709_20408.jpg


境内では おでんや 焼きそば ビール等が振る舞われてました。

f0231709_238364.jpg


f0231709_225936.jpg


尺八演奏が終わると菓子や餅が バラまかれました。餅まき後はカラオケ大会ですが この辺で退散しました。

f0231709_234983.jpg


f0231709_2313688.jpg


明日は 小松のだんじりも加わっての御幸祭が行われます。

f0231709_263456.jpg


親戚Tさんの提供。


by manryouy | 2014-04-29 02:08 | 春祭り | Comments(0)

オオデマリ(大手鞠は、5~6月に球状に密集した花を咲かせます。
花は咲き始めが黄緑色で、開くと白色になります。

f0231709_119424.jpg


この花は雄しべと雌しべの退化した「装飾花(飾り花)」でタネは付けません。ある程度樹高低くで収まるので、庭木のほか鉢植えにも適しています。

f0231709_1203399.jpg


花のかたまりは直径10cmを超し、まさしくオオデマリ(大手鞠)の名がぴったりです。

花の咲き方や雰囲気がどことなくアジサイに似ています。

葉は丸に近い卵形で縁にギザギザがあります。葉脈の部分がへこんで、表面にくっきりとした凹凸が出来ます。

f0231709_121281.jpg


我が家の近所に咲いている大手毬の花です。真っ白で見ごろでした。

f0231709_11443676.gif


秋に紅葉して冬は落葉します。

by manryouy | 2014-04-29 01:22 | 春の花 | Comments(2)

今年もゴールデンウィークがきました
ウィーンの市内観光でシェーンブルン宮殿でバスを下りると、並木道にいっぱい咲いているそうです。
マロニエは「栃の木」の種類なんだそうです。

f0231709_124746.jpg


赤い花は 葉が少しだけ縮れ、実の殻には刺がありません。

マロニエは暑い夏になると大きく葉を広げ、その下に涼しい木陰をつくりますが、冬には全部葉を落して 暖かい陽光を通し、木の向こうまで透けて見えるようになる落葉樹です。

f0231709_135448.jpg


2013年の新居浜市慈眼寺庭園に咲くマロニエの花を再掲します

f0231709_12482837.jpg


西洋トチノキのこと。初夏、白色に赤色を帯びた花が咲く

f0231709_1249463.jpg


「マロニエ」と呼べばパリの街路樹など、 都会的な 感じがする・・・・・。

f0231709_8493055.jpg


セイヨウトチノキ (別名:マロニエ) とは

http://www.flowers-beauty.com/007_flowers/marronnier/marronnier_10.htm

by manryouy | 2014-04-29 01:08 | 春の花 | Comments(1)

滝の宮公園 は金子山を中心とした新居浜市の管理する風致公園です。金子山の山頂には「展望台」が有り、南東側に公園の中心部の「滝の宮大池」、北側に「トリム広場」が有る

新居浜市の滝の宮大池の鯉が飛んだり跳ねたりしていました。

f0231709_1971871.jpg


池の縁の浅瀬の草村に鯉が背鰭はおろか同体までも乗り上げる凄まじさで産卵してる様でまるで鮭の遡上の様でした。

f0231709_1993390.jpg


鯉はどんな環境でも育つそうなので落ち葉やゴミなどをこまめに取り除いて、鯉が棲みやすいようにしっかり管理しているのでしょう。

f0231709_1982288.jpg


春は産卵の時期なんですねそこで調べました。、
鯉の産卵期は5~6月頃で、水温が20℃前後になった時期が一番よく産むとされています。

f0231709_1910681.jpg


f0231709_19112294.jpg

卵は産み付け、そこにオスが精子をかけて受精卵になります。水草などに
受精卵は4~5日経つと孵化し、可愛い魚が生まれてきます。

f0231709_19121476.jpg

孵化した直後はお腹に「卵黄のう」という栄養が詰まった袋のようなものを持っているため、10日ぐらいは餌がなくても生きていられます。10日過ぎると自分で餌を食べるようになりますので、ショップで稚魚用の餌を購入し与えるようにしましょう。1ヵ月ぐらい過ぎると体長が3cm程度にまで成長し、稚魚となります。

f0231709_19125954.jpg


池の回りには、梅、桜、さつき、つつじ、菖蒲、紫陽花、紅葉、椿など、季節の花々が鑑賞できる。

池の浅せにメダカくらいの大きさの柄がいろいろついた鯉の稚魚群れを見つけれたらいいですね。

by manryouy | 2014-04-28 19:13 | 日々の話題 | Comments(0)

4月26日(土)、西条市喜多台にある藤森荒魂神社の藤棚を見に行きました。

f0231709_1785218.jpg


2年ぶりの訪問でした。

西条市喜多台の、藤森神社の藤棚です。

f0231709_17233472.gif



畳70畳分の藤棚。花の長さ約1m。

f0231709_17253764.jpg



f0231709_17265015.jpg



樹齢300年

f0231709_17261827.jpg



f0231709_19152341.jpg


西条市観光協会によると
「右京之進は村の鎮守の神として、藤森荒魂(あらみたま)神社を勧進した。
そこに樹齢約300年といわれる藤の木がある。1.5mを超える花房をつけ、ゴールデンウィークには市内外から多くの藤見客が訪れる。地元の老人クラブが手塩にかけて世話をし、この藤の花をもっとアピールしようと、オリジナル曲「藤森の歌」を制作した。(作詞:佐伯秀雄さん、作曲:佐伯格さん)開花期間中には歌謡祭も開催され、地域住民の交流の場ともなっている。」と書かれていました。

f0231709_17333330.jpg

開花時期:4月中旬~5月中旬で、本当に長く垂れ下がり長寿の藤は見事です。

f0231709_1728744.jpg


f0231709_17284219.jpg



f0231709_17293952.jpg




by manryouy | 2014-04-28 17:29 | 春の花 | Comments(4)

西条市の橘地域の一面の麦畑の麦にも花が咲いている様でした。

f0231709_1619891.jpg


この時期、麦畑の緑はいいですね。風まで緑色の風のようで気持ちがよいです。
緑のそよ風(みどりのそよかぜ)は、
作詞清水かつら、作曲草川信の童謡歌曲。
春の 光景を描いたのどかな歌詞と、明るく朗らかな旋律が特徴。
1948年(昭和23年)1月に NHKラジオで発表された。

1~5番まであります
1.
みどりのそよ風 いい日だね
蝶蝶(ちょうちょ)も ひらひら 豆の花
七色畑(なないろばたけ)に 妹の
つまみ菜(な) つむ手が 可愛いな

「緑のそよ風」で検索すると、ユーチューブがたくさんありました。

f0231709_16194043.jpg


自然の息吹を分けてもらってリフレッシュでき、麦の花も見れました。

f0231709_1620109.jpg


麦の穂は いつ見ても 本当にきれいで、麦の畑もそよ風に揺れていました。

f0231709_16221311.jpg


西条市の橘地域の一面に広がるキャベツの花畑です。

f0231709_16224039.jpg


キャベツも白菜も、アブラナ科です。

適期栽培しなければ結球(葉っぱ が巻いて玉になること)せず、春になればトウが立ち花が咲きます。

f0231709_16231087.jpg


キャベツの花…ユーチューブがありました

http://www.youtube.com/watch?v=tEJRKI5v4-A

by manryouy | 2014-04-28 16:31 | 春の花 | Comments(2)

気象予報士記事より
「西から傘の出番となります。また、これまでのような初夏の暑さとはなりません。日差しがなく、最高気温は20度前後と日中も薄着では少し寒いくらいです。明日のお出かけは傘と上着をお持ち下さい。
雨の原因は本州付近を進む低気圧や前線。この動きが遅いため、関東では雨が木曜日まで残ります。天気が回復するのは、大陸の高気圧が覆ってくる金曜日から。日差しに誘われ、気温もアップ。ゴールデンウィークの後半は半袖陽気になりそうです」

f0231709_1039740.png


f0231709_10344070.png


全国の雨雲の動き(実況)のブログパーツ。
雨雲の動きは画面をwくりっくして大きな画面に切り替えて、
▼をクリックすれば、その時間の2時間前からの雨雲の動きがわかります。



東京都 近隣の雨雲の動き(予報)も見ることができます。また、

予報の雨雲レーダーは6時間先まで移動で見えました。

f0231709_10422767.jpg

by manryouy | 2014-04-28 10:39 | Comments(0)