<   2015年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧

今年も道路沿いや河原でコスモスに似た黄色の花が咲き始めました。
大金鶏菊(おおき んけいぎく)です。

オオキンケイギク  (キク科 ハルシャギク属)
開花時期は、 5/20頃~ 8/10頃です。

f0231709_2114185.jpg


オオキンケイギクは北アメリカ原産の帰化植物であり、栽培されていたものが野化した。
河川の土手や河原を中心に広がっていたが、帰化植物ではあっても花が美しいので、移植されたり刈り残された。

f0231709_21262.jpg

 
荒地に強いことから、河原で繁茂し、在来の植物に対して大きな影響を与えるからであり、カワラナデシコなどの生育する河原にオオキンケイギクが侵入すると、カワラナデシコは負けてしまう。

f0231709_2124248.jpg

この花は2006年、特定外来生物に指定され、栽培・譲渡・販売・輸出 入などが禁止されています。 栽培しなくても勝手に生える花。

f0231709_221036.jpg


今は逸出したものが広く野生化しており、各地で在来の生態系に関わる被害が指摘されている。

f0231709_2213739.jpg


そのため外来生物法(2005)により「特定外来生物」に指定され、一般の栽培は禁止、必要な場合は防除、とされている .

f0231709_2222386.jpg

by manryouy | 2015-05-31 22:03 | 夏の花 | Comments(0)

「モリシマ・アカシア」の花が満開です。
6-20mほどの高木で、草原や河原などに生育する。葉は二回羽状複葉で、棘はない。

f0231709_21254369.jpg


種子生産量の多さと種子の生存期間の長さにより、繁殖力は非常に高い。
南アフリカなどでは本種が林冠を拡げることで日光を遮ってしまい、在来種の植物の生育を妨げている。

f0231709_2126221.jpg


世界の侵略的外来種ワースト100に選定されていおり、日本では野生化していないものの、外来生物法により要注意外来生物に指定されています。

f0231709_21274138.jpg


モリシマアカシアの花と実…2013・6・7に詳しく載せたので再掲します。


滝の宮カントリークラブ脇の尾根を走行中モリシマアカシアの花が咲いてました。

f0231709_14355217.jpg


モリシマアカシア は、マメ科ネムノキ亜科に分類される常緑高木の一種。
「モリシマ」とは、学名の「mollissima」(軟らかい、軟毛のある)のこと

f0231709_143917.jpg


開花時期は、 5/10 ~ 6/10頃。
房アカシアより花の色がうすい。

f0231709_1438498.jpg


 開花時期も遅い。花は甘ったるい香り。
6-20mほどの高木で、草原や河原などに生育する。

f0231709_14394798.jpg


葉は二回羽状複葉で、棘はない。
種子生産量の多さと種子の生存期間の長さにより、繁殖力は非常に高い。

f0231709_1443459.jpg


オーストラリア南東部、タスマニアを原産地とする。アフリカ南部に外来種として帰化している。

すでに、果実もたくさんぶら下がっていました。

f0231709_14434953.jpg


南アフリカなどでは本種が林冠を拡げることで日光を遮ってしまい、在来種の植物の生育を妨げて、世界の侵略的外来種ワースト100に選定されている。

f0231709_1444401.jpg


日本では野生化していないものの、外来生物法により要注意外来生物に指定されている。




by manryouy | 2015-05-31 21:29 | 夏の花 | Comments(0)

しもつけ の花も西条市の市民の森で咲き始めました。
開花時期は、 5月下旬 ~ 8月初め頃。

f0231709_3171148.jpg


シモツケ(下野) とは、 バラ目バラ科シモツケ属の耐寒性落葉低木.
小さな五弁花が散房花序に多数集まり半球状となった花を咲かせます.

f0231709_3174662.jpg


葉は卵型で互生し,花色は濃紅色~白色までの濃淡がありますが、 通常はピンクの花が多くみられ 和風の趣を持った花です。

f0231709_3182772.jpg


下野国(栃木県)で最初に発見されたことから 「下野」と名づけられた.
同じシモツケ属の仲間にはコデマリ、ユキヤナギがある。

f0231709_3194185.jpg


成木の樹高は1mほどであり、初夏に桃色または白色の集合花を咲かせ、秋には紅葉する。
古くから庭木として親しまれてきた。

f0231709_3214346.jpg


西条の市民の森で下野の撮影中 篠笛で「石鎚」の曲が聴こえて来たので行てみると 「これからレッスンに行くんじゃけんど、ちいと練習しょんじゃ!ハチャメチャな吹き方じゃのに よぉ~わかったねえ!」と申しましたけん「ハチャメチャでも出だしで安部さんの石鎚の曲目と判った!まあ よう おきばりやす!」と申しときました!

f0231709_3223586.gif


5/28日撮影、親戚Tさん提供。

by manryouy | 2015-05-31 03:25 | 夏の花 | Comments(0)

蛍の乱舞の軌道…2015/5/30

ホタルのいる場所は、 1.山のふもとです。
f0231709_19311673.jpg


f0231709_2125377.gif


2.初夏とは思えないほど寒く、. 3.あたりに明かりがない漆黒の闇で、. 4.不気味なほどの静けさのある、. 5.きれいな水の流れている深い谷川にいます。

f0231709_22561782.gif


f0231709_19332615.jpg


f0231709_2102338.gif


予測不可能のホタルの飛行軌道。偶然待ちのシャッターチャンス!?です。

f0231709_193447100.jpg


f0231709_207045.gif


夜には大勢の人・ひと・人で、蛍の乱舞を楽しみに集まりそうです。

ほたるの乱舞の一部です。シャッター1分~2分開けっ放しで撮影!

なんぼに携帯に取り込めんのんでポンピータの再生画面を撮影!

昨夜の5月29日西条市で撮影

f0231709_19353522.jpg


f0231709_2132551.gif



今回も蛍の乱舞の動画もTさんが送ってくださいました。



by manryouy | 2015-05-30 19:36 | 季節の風物詩 | Comments(0)

新居浜市の磯浦郵便局の向かいの立葵の花も ずいぶんと開き本格的に開花していました。

f0231709_5244527.jpg


タチアオイの花姿は周りを明るくさせていました。

f0231709_526472.jpg


新居浜磯浦自治会が大切に育てている立葵の花が咲くと梅雨入りも近いですね。

f0231709_5273761.jpg


日本には、古くから薬用として渡来したといわれている。
原産地:  中国、小アジア
草丈:100~200cm    開花期:5~8月

f0231709_5282183.jpg


ちょうど梅雨入りの頃に咲き始め、梅雨明けと共に花期が終わる(花茎の頭頂部まで開花が進む)ことになぞらえて、「ツユアオイ(梅雨葵)」という別名も冠されている。

f0231709_5285873.jpg


花は一重や八重のもあり、色は赤、ピンク、白、紫、黄色など多彩である。

f0231709_5294531.jpg


タチアオイは春撒き1年草と秋撒き一年草と二年草とあります。

f0231709_5302682.jpg


春撒き(春に撒いてその年の夏に咲く)
秋撒き(秋に撒いて翌年の夏に咲く)
二年草(春に撒いて翌年の夏に咲く)

f0231709_533448.jpg


環境が合えば、タチアオイは宿根草となります。
ただし、株の寿命が短く、二年ほど咲かせると弱ってきます。
地上部が枯れてもこぼれダネで翌年も咲くことがあります。

f0231709_5334986.jpg


花の直径は品種によるが大きなものでは10cmくらいである。
本来は宿根性の多年草であるが、品種によっては一年草でもある。

f0231709_5343926.jpg


花がきれいなので、園芸用に様々な品種改良がなされた。
草丈は1~3mで茎は直立する。

f0231709_5354526.jpg


花は垂直に伸びた花茎の下から上に咲き上っていく。梅雨時に彩を楽しんでいます。

写真は親戚Tさん提供。


by manryouy | 2015-05-29 05:39 | 夏の花 | Comments(0)

新居浜市船木の池田池菖蒲園の花菖蒲が大分咲いていました。

f0231709_2321972.jpg


f0231709_233682.jpg


2015年は6月7日(日)に第16回池田池菖蒲祭りが開かれます。

f0231709_2335023.jpg


f0231709_235175.jpg


6月初旬頃には、見ごろになるでしょう。

f0231709_2355874.jpg


f0231709_2364944.jpg


親戚Tさん提供。

by manryouy | 2015-05-28 02:38 | 夏の花 | Comments(0)

大島からの帰りに、今治市に寄港中の港に ちょこっと寄って、日本丸と来島3連橋のライトアップとのコラボを見ました。親戚Tさん提供。

f0231709_5301959.jpg


f0231709_9425121.jpg


 停泊中は日没から午後10時までライトアップされています。

f0231709_9434131.jpg


愛媛県今治市内を会場にした国際海事展「バリシップ2015」に合わせて、世界最大級の帆船「日本丸」が21日、今治市天保山町5丁目の今治港蔵敷埠頭(ふとう)に寄港しました。

f0231709_16292579.gif


f0231709_531972.jpg


25日まで停泊、世界の海を航行してきた雄姿が楽しめています。

f0231709_9465735.jpg


manryouy24日取材の写真より
 日本丸は航海訓練所(横浜市)の練習帆船で全長110メートル、船底から最も高いメーンマストまでは約55メートル。帆を広げた美しい姿から「太平洋の白鳥」と呼ばれている。

f0231709_9485456.jpg


23日は船内の一般公開とジャズライブ、24日には全ての帆を広げる「セイルドリル」が行われました。

f0231709_9515058.jpg


25日は、午前10時頃からに出港予定。所用があって日本丸の今治市を出港の際には、練習帆船最高の儀礼である「登檣礼(とうしょうれい)を見に行けないので
2013年バリシップ、日本丸出航のmanryouyの取材を貼りました。


今治市を出港の際には、練習帆船最高の儀礼である「登檣礼(とうしょうれい)」が行われました。

登檣礼を撮影するため再度今治の倉敷埠頭を訪れました。

帆船「日本丸」登檣礼(とうしょうれい)の案内看板が会場の近くにありました。

f0231709_164876.jpg


帆船が出航する時には実習生が全ての帆げた( ヤード)に登り、見送ってくれた皆さんに「ごきげんよう」と一斉に呼びかける伝統的な 儀式があります。

登檣礼(とうしょうれい、Manning the yards)とは、独立行政法人航海訓練所が所有す帆船 「日本丸」が訓練航海の為に出航する際に訓練生による見送りに来た来客に対する登檣礼と、昨日アナウンスで聞きました

f0231709_16565465.jpg


登檣礼を撮影するため 再度大勢の人が来られていました。

f0231709_17463875.jpg


1時40分までには、保育園児、小学校生徒。訓練学校の生徒さんたちも大型バスで到着。

f0231709_16575753.jpg


f0231709_1658202.jpg


岸壁で、別れを惜しんで賑やかに旗を振って見送ります。

f0231709_2042642.jpg


f0231709_204582.jpg


予定より早く、午後1時45分頃からマストに上がり始めました。

f0231709_206235.jpg


f0231709_208235.jpg


f0231709_1702786.jpg


昨日の 5月26日には華麗な帆船の姿を私達に見せてくれた日本丸です。の総帆展帆訓練・セイルドリルでは、めったに見ることの出来ない事とあって多くの観光客が訪れました。

ていねいな解説があり私達の目を楽しませてくれました。

出港前に 練習生全員がマストに登り、舳先(へさき)のバウスピリットに立ったリーダーの合図でヘルメットを 取って号令に合わせて3回「ごきげんよう」と挨拶しま した。

f0231709_1715576.jpg

13:50分
「登檣 礼」とは帆船が立ち寄った港を出発する時に行う、最高の別れの挨拶、実習生の大きな声が聞こえました。

f0231709_2093866.jpg


f0231709_1754377.jpg


日本丸には補助エンジンがあり、最高で13ノット(時速24キロ)で走れます。

f0231709_1754686.jpg


マストから降りた実習生の皆さんは、陸側のデッキに一列になり帽子を振って別れを告げています。

f0231709_15282839.jpg


14:01分
f0231709_2010937.jpg


14:03分頃ですが、タグボートから離れ自力で航海が始まりました

f0231709_20105421.jpg

14:05分
f0231709_1762499.jpg

14:10分
日本丸は静かに静かに湾内を出て走り、やがて私達の視界から消えていきました。

そして、ゆっくりと海事都市日本一の今治を離れていきました。



by manryouy | 2015-05-25 09:53 | バリシップ、2013と2015 | Comments(0)

f0231709_925329.jpg


社交ダンス

f0231709_94116.jpg


f0231709_903875.jpg


その後は ふらダンス。

f0231709_953843.jpg


ステージ締めくくりは 賑々しく よさこい2度目の演舞 中でも新居浜浜っ鼓☆弾☆DAN

f0231709_965951.jpg


いまはる空山商店葉月 松山よさこい風舞人(かぶと)は地方色豊かに ちょうさ節や木山音頭や獅子舞い野球拳など随所にアレンジされた よさこいダンシングパフォーマンスでした。

f0231709_974439.jpg


f0231709_981384.jpg


f0231709_984157.jpg


ステージ最終は 愛媛よさこい6チームによる総踊り。

f0231709_991494.jpg


f0231709_995195.jpg


f0231709_9101723.jpg


若いって素晴らしい。。。。。
f0231709_9104893.jpg

大変賑わったステージイベントでした。
f0231709_9111624.jpg


最後のよしうみバラ会場の春バラをもう一度。
f0231709_9114354.jpg


f0231709_91292.jpg


f0231709_91232100.jpg


f0231709_9125858.jpg


ばら祭り会場の熱気が伝わります。さようなら~~~~~
15:52分
f0231709_914178.jpg


親戚Tさん提供。

by manryouy | 2015-05-25 09:17 | 日々の話題 | Comments(0)

本日は何の迷いもなく吉海バラ祭りへ直行!

f0231709_23591446.jpg


歳とったからか無機質な人工物より多少なりとも自然の景観が感じられる吉海バラ公園祭りにまいりました。

f0231709_00588.jpg


公園一寸手前の海上で 何やら言う このごろの遊び道具で宙を舞い々しよりました。

f0231709_005125.gif


まあ、大島の道路は渋滞したりする事は あったんじゃのもし!

f0231709_015118.jpg


渋滞知らずの単車でよしうみバラ公園に横付け!
バラの花はピークを過ぎた様でした。このごろは 咲くのも早いけんど散るのも早い様な感じです。

f0231709_023870.gif


よしうみバラ公園は四国最大のスケール、400種・3500株のバラが、5月中旬から12 月末まで咲き続く。

f0231709_033455.jpg


見頃は5月中旬~6月上旬、10月中旬~11月上旬で、毎年5月中旬 にバラ祭りを開催する。

f0231709_04243.jpg


まあ、どこから寄って来るんか知らんが お祭り程の人混みです。

f0231709_05932.jpg


野間馬の乗馬体験コーナーも ありました。

f0231709_012681.gif


踊りで参加の子どもさんが楽しそうに乗っていました。

f0231709_0185696.jpg


餅つき体験コーナーも ありました。

f0231709_016135.jpg


鳴子より重たい物を持った事が ないんか知らん杵が非常に重たそうでした。

f0231709_0164486.jpg


ステージ イベントはラジオバリバリ生放送中でした。

f0231709_0221062.jpg


ステージでは1回目の よさこいダンシングパフォーマンス

f0231709_0225667.jpg


にいはま・今治・ 松山 から6チームが寄って 賑々しく跳ね踊ります。

f0231709_0234233.jpg


f0231709_027090.jpg


みきゃん と愛媛国体の踊り

f0231709_0285531.jpg


f0231709_0302935.jpg


初夏の青空が広がって出店も賑わっていました。

f0231709_0313264.jpg


親戚Tさん提供。

by manryouy | 2015-05-25 00:37 | 日々の話題 | Comments(0)

バリシップ2015日本丸のセイルドリル…今治市
陸上から帆を張った「太平洋の白鳥」の姿を見ることができる唯一の機会です。
午後2時23分撮影。
f0231709_20295156.jpg

バリシップ2015で5月21日~25日まで日本丸が今治市に寄港しています。
13:11分
f0231709_20305649.jpg

午後1時から、将来の船舶職員を養成する独立行政法人航海訓練所の練習帆船「日本丸2世」がセイルドリルを開催中なので、フジグランに駐車して急いでに見に行きました。
f0231709_20322488.jpg


● まず最初の展帆はインタージブ、船首の三角のセールのロープをほどいていました。

f0231709_20324475.jpg

現在の日本丸について詳しい解説や、セイルドリル中の要所での詳しい説明もよくわかりました。

f0231709_20332088.jpg


岸壁に設置してある日本丸の前の放送塔からよく聞こえ、訓練の様子もこの解説でわかりました。

総帆展帆とは、全ての帆をひろげることをいいます(普段はたたんでいます)。現在の日本丸の帆(セイル)は自動で帆をひろげたり、たたんだりしていると思っている方もいるかもしれませんが、すべて手作業でひろげています。

f0231709_20342314.jpg


(テントの中にしばらくいたので途中で少ししか撮れていません)

日本丸1世は現在は横浜市の日本丸メモリアルパークにて展示公開されている。
日本丸II世   船首像「藍青」

日本丸の後継として、1984年(昭和59年)に日本丸II世が就航した。日本丸II世は帆装艤装設計から製作まで、すべて日本国内で行われた初の大型帆船である。住友重機械工業浦賀工場で建造された。
13:16分
f0231709_2035999.jpg


先代の日本丸に比べて帆走性能が大幅に向上しており、世界でも有数の高速帆船として名をつらねている。その年で最速の帆船に贈られる「ボストン・ティーポットトロフィー」を1986年(昭和61年)、1989年(平成元年)、1993年(平成5年)と三回受賞している。
なお、日本丸II世と姉妹船の海王丸II世(1989年(平成元年)就航)を見分けるための大きな違いは、舳先にある船首像である。

● まず最初の展帆はインタージブ、船首の三角のセール
ロープをほどいた後は訓練生が全員おりました。ここからは甲板での帆を張る訓練です。
13:40分
f0231709_2036818.jpg


日本丸II世の船首像は手を合わせて祈る女性の姿をしており、「藍青(らんじょう)」と名付けられている。
海王丸II世の船首像は横笛を吹く女性で、「紺青(こんじょう)」と名付けられている。

訓練スケジュール
 
13時頃~ 展帆開始  ゆっくりとした的確な解説者の先生。
13:42分
f0231709_20371431.jpg


● 次に下から2番目の帆を下すロワートップ。これは上からセールを降ろすので意外と早く張れました!
f0231709_20405953.jpg


● その次は下から3番目のセール。アッパートップです。これが大変です。
13:58分
f0231709_20414044.jpg


大きなセールですしこれは、下からセールを持ち上げて張っていくのです。

ぎりぎりぎりと音が聞こえてきそうです。下から3番目のアッパートップは全員が船上でロープを長く引っ張って動きがあって見ていても大変そうでした。
14:07分
f0231709_20424382.jpg


● 次は、下から4番目の帆でロワートップゲルン。
これは上からで、しかもセールも小さくなって簡単に張れました。と、見ている分にはそう思うのですが実際は、どうか・・・・・・?
14:15分
f0231709_20441630.jpg


● あとは一番上と上から2番目のセールです。下におろすので時間も短かったように思います。
14:15分
f0231709_20451444.jpg

 今度は、張った帆の間から練習生の皆さんが忙しく駆け上がるのが見えます。

● 最終前の展帆にかかりました。マストの間の三角のセールを張ってしまいます。

この作業は海の上で、波に揺れながら行われるのですね。
船底からのメインマスト55.02m高さは訓練生にはどのように見えるのか説明があり、それを観客も実践しました。

「立って、右足を少し前に出す。その靴のつま先が下の日本丸の船首・かかとが日本丸の後尾の部分に見えるとお考えください。」このアナウンスは的確で帆の高さがよく理解できました


● ラストが一番大きな一番下の3枚。コースというセールです。
14:16分
f0231709_20464189.jpg

これで【帆(セイル)】  総帆数 36枚(横帆18枚,縦帆18枚)

14:17分頃~ 総帆展帆(セイルを張っている状態)
14:22分
f0231709_2049559.jpg


14時30分頃~ 畳帆開始。15時30分頃~ 総帆畳帆終了はみませんでした。

最大搭載人員 190 名 ...総帆展帆本当に見事です!

f0231709_20501496.jpg


もっと眺めていたいと思っていましたが、孫たちと一緒なので、昼食に・・・美しい姿を披露してくださって感謝・感動しました。

f0231709_20511236.jpg


セールをたたむことは絞帆というそうです。

5月25日(月)午前10時の今治市を出港の際には、練習帆船最高の儀礼である「登檣礼(とうしょうれい)」が行われます。

天候が良ければ実施しますので、皆様お時間の許す方はぜひいらしてください。
つたない説明で、お聞きずらかったでしょうがこれで解説を終わらせていただきます。
訓練生の、きびきびとした実習と、解説をしてくださった教官の適切な説明に大拍手が起きていました。

f0231709_20574916.gif

manryouyには「太平洋の白鳥」と呼ばれる全長110メートルの世界最大級の帆船「日本丸」が今治港に入港2度目のセイルドリル見学会でした。

5月の青空に映える帆船に感動し、何度も振り返り撮影しました。ありがとうございました。

2013年の日本丸セイルドリルのデジブックを貼りました。


Published by デジブック

by manryouy | 2015-05-24 20:59 | バリシップ、2013と2015 | Comments(0)