新居浜市の一宮神社の茅の輪(ちのわくぐり)とは・・・・

おはようございます!

カレンダを1枚めくり、今日は8月(葉月)になりました。
『夏』も終盤で暦の上ではすでに晩夏。
f0231709_9205555.jpg

各地で様々な夏祭りが行われてるようです。
f0231709_919966.gif


西日本も雲が優勢の朝ですが、
今日も又、蒸し暑い日中と報じていました。

我が家でも蝉の鳴き始める時間が早くなり
朝5時過ぎには鳴いています。

6時からはひっきりなして大変賑やかです。
f0231709_9172163.jpg

朝夕はひぐらしの声・…カナカナカナカナと聞こえます。

さて、各地の神社では様々な行事がありますね。
一宮神社 - 新居浜太鼓祭り『一宮の杜ミュージアム』の
サイトを見ました。
写真はTさんの提供です。
f0231709_7464893.jpg

新居浜市の中央に位する唯一の緑樹地帯天然記念物樟樹群に囲まれ旧新居浜町及金子村 金子一円の総鎮守にして当社の社地往古は東西 ... 月次祭, 毎月10日, 元旦祭, 1月1日. 年賀厄除祭, 2月1日, 春季大祭, 5月3日(大祭). 献茶祭, 5月上旬, 夏越祭, 7月30日 ...とあります。

f0231709_744498.jpg

夏越祭, 7月30日 に終わりました。(ちのわくぐり)に興味があり調べて、貼り付けました。

夏越の祓では多くの神社で「茅の輪潜り」(ちのわくぐり)
が行われる。

これは、氏子が茅草で作られた輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って穢れを祓うものである。『釈日本紀』(卜部兼方 鎌倉時代中期)に引用された『備後国風土記』逸文にある「蘇民将来」神話では茅の輪を腰につけて災厄から免れたとされ、茅の旺盛な生命力が神秘的な除災の力を有すると考えられてきた。また、茅の輪の左右に設置する笹竹に願い事を書いた短冊を振下げ、七夕に河川に流すといった俗信仰は、書初めをどんどん焼きで焚くと筆が上達するといった行事と対応している。


f0231709_7451939.jpg

# by manryouy | 2011-08-01 08:22 | Comments(2)

・向日葵・・・ひまわり畑で整列し並んで咲く。

おはようございます!
またまたTさん提供。
西条市の飯岡小学校北約300メートルで発見!!

f0231709_1142456.jpg
今朝のヒマワリの畑の様子です。虫たちが蜜を求めてきていますね。
f0231709_10504255.jpg
f0231709_1051924.jpg
f0231709_10513067.jpg

ヒマワリを検索して「特徴部分を」はりつけました。

特徴 [編集]原産地は北アメリカ。高さ3mくらいまで生長し、夏にかなり大きな黄色の花を咲かせる。

大きな1つの花のように見えるが頭状花序と呼ばれ、多数の花が集まって1つの花の形を作っている。これは、キク科の植物に見られる特徴である。外輪に黄色い花びらをつけた花を舌状花、内側の花びらがない花を筒状花と区別して呼ぶ場合がある。
f0231709_1151117.gif

和名の由来は、太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回るといわれたことから。ただしこの動きは生長に伴うものであるため、実際に太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけである。若いヒマワリの茎の上部の葉は太陽に正対になるように動き、朝には東を向いていたのが夕方には西を向く。
f0231709_1171598.gif
日没後はまもなく起きあがり、夜明け前にはふたたび東に向く。この運動はつぼみを付ける頃まで続くが、つぼみが大きくなり花が開く頃には生長が止まるため動かなくなる。その過程で日中の西への動きがだんだん小さくなるにもかかわらず夜間に東へ戻る動きは変わらないため、完全に開いた花は基本的に東を向いたままほとんど動かない。なお、これは茎頂に一つだけ花をつける品種が遮るもののない日光を受けた場合のことであり、多数の花をつけるものや日光を遮るものがある場所では必ずしもこうはならない。北海道の標準播種期は5月上旬であり、霜や氷点下の気温にも耐性はある[1]。
f0231709_118752.gif


f0231709_10564425.jpg
f0231709_1057543.jpg


ヒマワリの後姿も堂々として、さすがに「夏の花の王様」ですよ。
f0231709_1059882.jpg
f0231709_10592488.jpg

# by manryouy | 2011-07-31 11:00 | 夏の花 | Comments(4)

水軍レースと亀老山から瀬戸の夕暮れ

こんばんは!
新居浜在住のTさんから瀬戸内海の大島
(今治市宮窪)の水軍レースを
を見てメールで送ってくれました。

新居浜のS太鼓台の若者衆も
水軍レースに参加したそうです。

f0231709_2035727.jpg



7月30日(土) 第19回水軍レース大会【今治市宮窪町】
今治市宮窪町能島沖(村上水軍博物館前特設会場)


 「水軍レース」は村上水軍の共通の歴史的遺産として、
宮窪、吉海、伯方の三町共催で開催されます。
レースの合間には伝統芸能も披露される。

 水軍レースは 能島村上が約半世紀前まで伝統行事として行なわれていた
「押し船競争」を 水軍が使用していたと言われる
「小早船」を復元し復活されたレースです。

平成3年8月11日に15チームで始まった水軍レースは、
現在、80チームを超える参加者があり、大変にぎわっている。
(しまなみ海道沿線・夏のイベントのサイトより引用)

立ち寄った大島の亀老山展望台からの瀬戸の夕陽
と暮れゆく瀬戸の海も
送ってくれたのでUPします。
f0231709_6445148.jpg

晴れていると亀老山展望台からの多島美と
中・四国が一望できて最高のポイントです。
平山郁夫画伯も平成11年に描かれています。

f0231709_20422194.jpg

f0231709_20342370.jpg

穏やかな瀬戸の夕暮れがとても綺麗ですね。

f0231709_20344043.jpg
f0231709_20345850.jpg

# by manryouy | 2011-07-30 20:38 | Comments(0)

朝6時から物凄い勢いで、アチコチから蝉時ぐれです

おはようございます!

今朝は蝉の鳴き声がものすごいです。
まるで耳をつんざくとはこのこと、思わずデジカメで撮る。

近づくと、人を見てか、4~5匹がサッと飛び立ちます。
f0231709_875919.jpg


金木犀の木でも割れんばかりに鳴いてます。
f0231709_89882.jpg

紅葉の木でも盛んにクマ蝉が鳴くよ。アラもう数匹飛び立ちました。
f0231709_8111171.jpg

やっと柿の枝でクマゼミの姿を撮れました。
f0231709_8123858.jpg

3mの高さの柿の葉に空蝉が・・・・どんなにして登ったのか不思議です。

とにかく凄いクマゼミのパワーにビックリしています。
f0231709_816855.jpg

もうひとつ高いと言えば屋根の近くにも空蝉です。

元気な蝉の大合唱に今朝はげんきを貰っています。

# by manryouy | 2011-07-30 08:21 | 季節の風物詩 | Comments(4)

今朝の夏空と夏の花が元気に咲いています

おはようございます!

早朝からの蝉の大合唱でまさに「わが世の夏」とばかり
いろんな蝉の声が聞こえています。

今日まで西日本は夏の高気圧に覆われて暑いそうです。

明日は、パワーダウンで日本列島中央に横たわっている
前線が上下に動き各地で急な雨・雷に注意をと
テレビで報じていました。
関東、北陸、甲信地方は不安定な梅雨末期のような
天候が続いているようですね。

一番夏らしい天気になってもらいたい
夏休みなのに予定変更等は困りますね。

f0231709_7433312.jpg

今朝の西の空と元気な夏の花の様子をUPします。
朝日がまぶしいので西の空を撮りました。
f0231709_7444925.jpg

陽射しに向かって開くアメリカフヨウ・・・・
真夏の暑さにめげず堂々とした花をつける。
いかにも北米大陸生まれらしい、ダイナミックな花姿です。
しかし、花の寿命は1日で終わります。
蕾は沢山つきますので、次々と長く楽しめます。
f0231709_749115.jpg

傍に咲く百日草に「おはよう」と語りかけているようです。
f0231709_7505568.jpg


百日草も畑では、長く咲いています。
f0231709_759214.jpg


バーベナ・・・サクラのような花が固まって咲くことから
ビジョサクラの通称で親しまれています。
花期がながく夏に強い花ですね。


# by manryouy | 2011-07-29 08:14 | 夏の花 | Comments(4)

あぶら・とクマ蝉が大合唱・・・黒スイカ切りました

こんばんは!

近畿地方でも蝉が鳴きだしたそうです。
京都のめる友から連絡いただきました。

我が家の枇杷の木ではアブラ蝉とクマ蝉が
賑やかに鳴いていました。

f0231709_23441873.jpg

 左側にアブラ蝉・・・右側・クマ蝉 がいます。
f0231709_23455569.jpg
f0231709_23461657.jpg


ズームでも撮ってトリミングしてみました。

f0231709_011818.jpg
f0231709_01351.jpg

今夜もクマ蝉の幼虫が上っていますが、
夜半までには脱皮したでしょうね、そっとしておきます。

さて、今年は黒いスイカのできがよくありません。
近年にはなかったほどの不作ですよ。(泣)
小さいですが、収穫時期が来たので切ってみました。
f0231709_0123245.jpg

f0231709_2354689.jpg

冷やすと甘くてコクがあり、美味しかったです。

# by manryouy | 2011-07-28 00:09 | 季節の風物詩 | Comments(6)

節電モードですが工夫して快適に夏をすごしたい

ドライブをして広く道前平野が見渡せる高台から
青田原の風景を撮る。
f0231709_22251539.jpg


今日は、ドライブ中にもあちらこちらから、蝉が賑やかに鳴く
様子が聞こえてきてホットしました。
f0231709_22375068.gif
f0231709_22382366.gif

f0231709_22343995.gif
f0231709_22271081.jpg

所用の帰りに、高く咲くヒマワリも撮る。

バックに、今治市にあるタオル美術館が見える。

f0231709_2365456.jpg

ヒマワリは、元気を貰える。


f0231709_22521294.jpg


買い物で立ち寄ったスーパーの園芸コーナー。
節電モードで観葉植物が多いように感じます。
f0231709_23145380.jpg


f0231709_22523744.jpg


工夫をして、少しでも快適に、この暑さを乗り切りたいです。

# by manryouy | 2011-07-26 22:56 | 日々の話題 | Comments(0)

クマ蝉の羽化・観察日記(幼虫~羽化する1時間半)

こんばんは!
庭の木々を懐中電灯で照らして、動いている幼虫はいるかとさがしてみた。

見つからないので、家の周りを注意して探すと午後8時半ごろに、家の杉板壁をゆっくりと上っている幼虫をみつけたので観察が楽しみです。

午後9時に定位置を決めたようで、土の中から出て、この位置までの長い道のりは幼虫には、本当にお疲れ様。

準備をしているのか30分はじっとして動かない。9:30分頃、幼虫の背の上の部分が大きく膨らみ緑に見える。

f0231709_041299.jpg


遅くなって午後10時から、殻の中では上から下に全体に動きがありこれから羽化が始まる気配。

10:10分に殻の上半分が開いて中の蝉の頭部がせりあがって出る。

f0231709_047245.jpg


その10分後には徐々に直角にそった感じになる。

f0231709_0513967.jpg


このまま休止して10分・・・少しして、ほとんど出たのでイナバウアーのような見事なそりかえりですね。

f0231709_101487.jpg


この状態で、後ろ脚が横に開き、5分おきに中の足そして前の足が動いて起きてきた。

腹弁がついているので♂ですね。

f0231709_0555594.jpg



あと少しだ、よく頑張ったねと、声をかけて励ましていたわ。

起き上がると6本の足が殻をつかむ。すぐにするりとお尻のほうがでた。

f0231709_6261674.jpg


ここまでで約55分です。脱皮してしばらくは動かない。

ゆっくり羽を開きながら乾かすようです。

f0231709_15768.jpg


ここで、私も家に入り一休み。デジカメ写真をパソコンに送り画像編集。

11時30分に照らしてみるとまだ羽が開いている。

f0231709_111222.jpg


f0231709_1113564.jpg


すると、羽も乾いたのか目の前で屋根型にたたんでくれた。

f0231709_1171559.jpg


羽化がおわったようですから今夜はこれで、ゆっくりとおやすみなさい。朝には飛んでいるかしら~♪

幼虫もこのようにして、成虫となり、1週間ほどの短い命を雄(♂)だけが鳴くそうです。

2年振りの観察ですが、出会えて今年も感動しました。

朝6:00に見ると抜け殻の上の蝉はいません。
6:30分頃から蝉しぐれとなりました。
f0231709_713035.gif


「クマセミの羽化の観察を室内で」…2012・7・28も貼りました。

我が家の定例行事とは言っても今年で3回目・「クマセミの羽化の観察」の季節がやってきました。
昨夜、午後6:50分時頃玄関外をゆっくり歩く、幼虫を見つけました。

f0231709_905720.jpg


今回は、室内のカーテンにそっと持っていくと。留まってくれました。網戸に留まらせて羽化の観察会もいいですが・・・・

さて今年も、7月28日(土)のクマゼミの羽化の様子の観察日記は時間も入れながら、連続写真で編集します。

 時間の系列で写真が多くになりますが、ご欄になって下さい。

f0231709_925814.jpg


室内のカーテンに止まらせると上に向かって動いてる。

f0231709_9615100.jpg


19;21分…羽化の始まり、背の部分が緑に見えて膨らんできました。

f0231709_973536.jpg


体をゆっくりと出してきますが、プルプル震えながらカラを割って出てくる姿は、なんどみても感動があります。

f0231709_8435774.jpg


f0231709_8441831.jpg


エビぞりしながらゆっくり確実に足を抜く姿も何とも言えないです。 家族の目もこの辺りは釘付けです。本当に良く足が抜けますね。

f0231709_846749.jpg


このエビぞりの最後には、何故か後ろ足を上の写真のように大股開きし足を乾かすのですが、どことなくユーモラスで不思議。

f0231709_8463096.jpg


さて「エビぞり」の最終段階で上の写真のように羽が垂れ下がってきたら、最後には後ろ足で殻に捕まると、起き上がりがジワジワとはじまります。

f0231709_8473032.jpg


少し角度を変えた写真で、このタイミングを写すとこんな感じです

f0231709_8485886.jpg
 

f0231709_8492193.jpg


 腹部の先端のみでカラとつながっている状態から、思いっきり体を起こして

後ろ足~中・前足と足でカラを掴みお尻を抜く。

f0231709_8503222.jpg


f0231709_8511780.jpg
 

このイベントもなかなかもので、あっと言う間に終わってしまうこともあって見逃してしまうのですが、そんな場合は悔しくて眠れません。

ここまでで約1時間でした。

f0231709_852426.jpg


f0231709_9111920.jpg


f0231709_9122359.jpg


殻に捕まって徐々に緑の羽を広げ、そのあと1時間余ると普通の透明な羽になっていました。

f0231709_9162672.jpg


f0231709_9164333.jpg


昨夜は 電気を消して、真っ暗にし室内を出ました。おやすみなさい~~~!!

早朝AM:5:05分に透明なクマゼミの羽になって、カーテンの上部に動いて飛べるように、こんな色になっていました。

f0231709_9174165.jpg


捕まえると元気に足を動かすので、網戸の外側に止まらせようとしたら、私の手から飛んでいきました。

今回の羽化はクマゼミの♀でしたが、オスだと胸の部分で一目でわかります。

ゆっくり観察するには、室内がお薦めだと思いました。

大人が見ても十分楽しめますし、意外と簡単に見られますので、子どもと一緒に夏休みの感動体験などいかがでしょうかね!?

クマゼミの羽化は7月20日~10日間前後で終わってしまい、こちらではその後アブラゼミが始まりますが、地域によって同時期に羽化もあるようです。

f0231709_9323022.gif


セミの成虫の寿命は1週間とか言われていますが、羽化のタイミングとは成虫が木で鳴いている時の夕方頃、周辺の土の穴からでてきます。

動く幼虫を見つけると是非とも観察して、感動をあじわって下さいませ。
これで、つたない観察日記を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。
# by manryouy | 2011-07-26 01:42 | 蝉の記事 | Comments(8)

蝉の抜け殻と、ピーマンやウリの成長中記録

おはようございます!

今日は曇っているので畑の草引きをボチボチしています。

今年は、我が家の畑では例年に比べると
蝉の抜け殻が少ない様子です。

今年の環境の変化で,少し土からの,
お出ましが遅れているのでしょうかね(笑)

全国的にはどうなっているのかしら!
皆さんの近くで蝉の鳴く様子はいかがですか?

f0231709_11143351.jpg

サザンカの葉にも抜け殻があります。
f0231709_11152972.jpg

万両の花と、クマゼミの抜け殻です。
ちょうど横に蝉がいたのですが、飛び立ちました。
今夜は、10時頃に脱皮中が見れるか、
懐中電灯で照らして観察したいと思っています。
f0231709_11165555.jpg
f0231709_11172172.jpg

うりの成長の過程を2枚撮る。
f0231709_11183517.jpg
f0231709_11185597.jpg

ピーマンの花とその数日後のピーマンの成長過程
f0231709_1120483.jpg

タイミングよろしくアゲハ蝶も遊びに来てくれました。

# by manryouy | 2011-07-25 11:25 | 日々の話題 | Comments(4)

西条市の、山間部の千町の棚田

おはようございます!
7月10日頃、Tさんがメールで送ってくれた写真です。
千町の棚田は約2年前に、数名で見に行きました。

棚田を見た後、メールにまとめた保存が無いので
しばらくどうしようかと思案中でしたが、西条市の広報の
ふるさと探訪が詳しかったのを思い出して探すとありました。

今でも、急斜面に積まれた石積みと先人の苦労がしのばれる
棚田の光景が浮かんできます。
昼夜の温度差が大きいので美味しいお米になるそうです。

f0231709_1185418.jpg

千町( せんじょう) の石積棚田・・・ふるさと探訪シリーズ
「広報さいじょう」2009.10より引用させていただく。

 千町集落は西条地区の山間部にある緑豊かな集落です。
 今から40年ぐらい前には、
千枚を超える石積棚田が山の斜面に広がり、
非常に美しい山村の風景を形成していました。
 
しかし、生産者の高齢化とともに耕作放棄地が増加し、
先人が辛苦とともに造り上げた棚田の景色が、
自然消滅の危機を迎えていました。

 こうした状況のなか、棚田の保全管理や景観の保持、
さらには地域の活性化に取り組む活動が始まっています。
 
西条農業高等学校では、生徒・教諭にボランティアも加わり、
借り受けた棚田での除草や石積みの修復作業、
水稲や雑穀・コスモス栽培などに取り組んでいます。

また、JA西条でも、田植えから刈り取りまで、
一般消費者に棚田での米作りを
体験してもらう事業を行っています。

 こうした取り組みにより、
集落の人たちとの交流の輪が広がるとともに、
千町の美観が次代に引き継がれることが
大きく期待されています。
f0231709_1194518.jpg
f0231709_1201249.jpg
f0231709_121688.jpg
f0231709_1213189.jpg

# by manryouy | 2011-07-23 01:46 | 景観・風景 | Comments(4)


愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ブログパーツ

カテゴリ

全体
パソコンの関連
日々の話題
料理の関連
展示場 関連記事
景観・風景
旅の思い出
季節の風物詩
趣味等
講演会、勉強会等
秋の花
夏の花
つばめの関連
冬の花
春の花
夏~秋の花
春と秋の花
秋の実
秋~冬の花
秋~冬の実
夏の実
演奏会・公開録音
天体に関する話題
秋祭り
白ネギの畑から出荷まで
秋の石鎚山便り
バリィさん
デジブックに発表
Rさん写真
イルミネーション
初孫の成長等
春祭り
石鎚山お山開き関連
黒いスイカ
大三島の伝統行事
夏まつり
お菓子教室
冬~春の花
花火大会情報
夏期巡回ラジオ体操
伊予水軍レース・大島
冬の石鎚山
バリシップ、2013と2015
蝉の記事
天気とくらす
姫路城関連
大神輿総練
観月会
NHKミクロワールド番組
二百名山一筆書き
ゆるキャラ関連
NECの情報
デジブック広場
大相撲関連
連続テレビ小説
西条市丹原文化会館
氷結の滝めぐり高瀑ほか・
脱水症状
読みドクター
あかがねミュージアム
西条市の公民館イベント
うたネット
NHKネットクラブ事務局
書家・金沢翔子展
桜・さくら巡り
愛車の情報
日本気象協会の天気
胡蝶蘭
頭すこやか体操
えひめ国体2017関連
菖蒲祭り
ナツメの花とナツメ酒
百人一首の関連
リオ、日本選手メダル
西条の名水・自噴
政府インターネットテレビ
タオル美術館
新居浜太鼓台お披露目
西条市の屋台お披露目
サイクリングしまなみのイベント
とべ動物園ピース他
便利カレンダー
漢字辞典
西条市の広報
伊予西条駅・四国の駅
道の駅
バリシップ2017
各地のアジサイ祭り
霧の森お茶まつり関連
ハッピードリームサーカス
ジャズライブの関連
サッカーの関連
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
家庭菜園

お気に入りブログ

さいたま日記
おじょもの山のぼり ...
T/Hの野鳥写真-Ⅰ
ふわり写真館
国安じいさんのたわごと
蘭のお気に入り
マイカントリーライフ
かたえくぼ
石鎚の夢
ブロ友パソコン相談室
小ちゃん便り
花鳥撮三昧
まかな瑠音の「音の雫の紡...
kimiちゃんの生活日記
☆ひだまりパソコン教室☆彡
☆★☆ひだまりパソコン「...
のんびり映画雑記帳
私のうっとりTime
パソボラネット西条
ようこのひまわり便り
リリBABA日誌
浜っ子あき の気まぐれ便り
楽しむ生活
元気ばばの青春日記 気持...
麗ちゃん日記
行け行けGOGO
敏ちゃんの徒然なるままに
tukkoの心旅
ぶぅぶぅ ぽわりん 
襖の張替バーゲン中
ときめき
新川日記
苺みるくのつぶやき
毎日の便り
ゆったり時間
バラの木便り
ほのかな喜び
らんちゃんのパソコンライフ
洋画を楽しむ
ヨウコの時間

外部リンク

画像一覧