アーティチョークの花は、鑑賞用らしい

新居浜市宇高はちまん神社東隣の畑に少し小ぶりのアーティチョークらしき花が咲いていました。
…親戚Tさん提供

f0231709_21185476.jpg


初めて見た花なので調べました。

アーティチョークは、キク科チョウセンアザミ属の多年草。
和名はチョウセンアザミ(朝鮮薊)。

f0231709_2119631.jpg


若いつぼみを食用とする(花菜類)。地中海沿岸原産。
 日本には江戸時代末期にオランダから渡来した。
薊(あざみ)を全体的に大きくした感じで葉っぱはギザギザでとげがあります。

f0231709_21195340.jpg


開花直前の多肉質のつぼみ部分をゆでると食用になる。
古くから野菜としてヨーロッパやアメリカでは 栽培されて広く食用とされている。

f0231709_21204588.jpg


インドでも二日酔いの防止のために飲酒の後に茶に混ぜて飲まれている。
夏に咲く花は紫色でとてもきれい。庭園樹や切り花としてよく使われる。

f0231709_2122544.jpg


日本では栽培条件が合わないこともあって野菜としてはあまり普及していない(観賞用が多い)。


by manryouy | 2013-06-29 21:23 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://manryouy.exblog.jp/tb/19921456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31