秋のお彼岸と秋の風物詩の彼岸花…2013・9・20

秋のお彼岸の入りの日に思うこと

春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝しする事で遙か彼方の極楽浄土に到達する事が出来ると信仰されてきました。現在もこの春分と秋分の日を中日とし前後7日間がお彼岸の日となっています。一般的な家庭では仏壇や仏具の掃除、お墓参りをしてお墓の掃除やお供えをします。

f0231709_15434760.jpg

お彼岸 いつ?春と秋の年二回のお彼岸は、それぞれ春分の日と秋分日を中日としています。お彼岸はいつ?と云えば中日を挟んで前後3日の7日間となります。お墓まいりが中心での先祖供養です。


f0231709_15443290.jpg
2013年の秋分の日は9月23日なので
・9月20日彼岸入り ・9月23日秋分の日、中日 ・9月26日彼岸明け
毎年2回訪れるお彼岸はその年の春分の日、秋分の日を調べればお彼岸の日にちも分かります。迷った時は春分の日、秋分の日を調べると分かります。

先程商品搬入も終わり9時開店に向け行列ができていました。
f0231709_15445728.jpg


お彼岸の風習は日本固有のもので、お彼岸は仏教の浄土思想に由来するものです。

仏教の浄土思想では、極楽浄土(西方浄土・阿弥陀如来が治める浄土の一種)が西方の億々万年劫の遙か彼方にあると信じられています。

f0231709_15454261.jpg


一年の季節の区切りである春分の日と秋分の日は、天上の太陽は真東から上がり、真西に沈んでいきます。

f0231709_1558834.jpg


この、黄金の柔らかい陽光を放ち西方に沈むいく太陽に、遙か彼方の西方浄土を想い夕日に合掌した礼拝が彼岸の始まりであると云われます。

f0231709_15462361.jpg

彼岸花は曼珠沙華とも呼ばれ、秋の風物詩として、詩歌や絵画などにも盛んにとりあげられる野生植物です。
遠い昔に中国大陸から渡ってきたといわれますが、日本各地の路ぼう、あぜ道、土手などに自生していて、時期がくればあたり一面を真っ赤に彩ります。

f0231709_16281727.jpg


「彼岸花」の名前の由来は、秋の彼岸のころには毎年決まって花が咲くことからきたものでしょう。春と秋の彼岸に、年に2回咲くから「彼岸花」ではないのか、という人もありますが、残念ながら春の彼岸には葉は茂っていても花は咲いてくれません。

f0231709_16402024.jpg


f0231709_16285539.jpg


「彼岸」は、仏教では悟りの境地を意味するのだそうです。
曼珠沙華は種子ができないので、自分の力で生育地を大きく移動させることはできません。しかし、人間の力によって一旦移動がおこなわれると、暑さ寒さや乾燥にもかなりの程度までは耐えられる強じんな性質と、分球による旺盛な繁殖力とを持ち合わせています。

f0231709_16293830.jpg


たった1球からでも、時間をかけると大きな群生をつくることができます。

f0231709_1621192.jpg


by manryouy | 2013-09-20 16:03 | 季節の風物詩 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://manryouy.exblog.jp/tb/20427607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31