新居浜市の明正寺桜、明正寺では「ねはん桜」…2014/3/9

涅槃会に合わせ涅槃桜も咲き始めました。

f0231709_21275151.gif


新居浜市の明正寺桜

f0231709_21291651.jpg


新居浜市の明正寺桜はブログに詳しく記しています

http://manryouy.exblog.jp/18739789/

下に再掲します。
新居浜では他の桜に先がけて3月中旬に咲き始める、単弁白色の明正寺桜があります。

f0231709_021455.jpg


昭和40年(1965)3月20日、愛媛県文化財保護委員・八木繁一氏が発見し、学名をミョウショウジザクラと命名したそうです。単弁白色の美花で葉の芽立ちより早いので、これを明正寺では「ねはん桜」と呼んでいました。

f0231709_033274.jpg


 早咲きで香りの強い「ミョウショウジザクラ」という品種。

f0231709_041086.jpg


近年、涅槃会参拝を兼ね、桜を見に来る人も増えているようです。涅槃桜と言えば慈眼寺の涅槃会は あの東日本大震災の日(3.11)に今年は開催されます。

f0231709_054585.jpg


f0231709_061452.jpg


早咲きで香りの強い「ミョウショウジザクラ」という品種は、1973年に愛媛県新居浜市の明正寺から、香川県善通寺市の総本山善通寺に弘法大師空海の生誕1200年記念を祝して贈られた。


親戚Tさんの提供。


by manryouy | 2014-03-09 21:36 | 桜・さくら巡り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://manryouy.exblog.jp/tb/21535512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
line
カレンダー