今治市民の森の6月中旬の花…2017/6/17

睡蓮の花

睡蓮の特徴の一つは日が昇ると花を開き、

夕方になると花を閉じることです。


f0231709_22361002.jpg

この特徴によって、『睡』眠をする『蓮』で睡蓮と

和名がつけられました。


日本では白色の花のイメージが強いですが、

他にも少しピンク色が咲いていました。

f0231709_22374188.jpg


紫陽花の花


ガクアジサイから品種改良されたもっとも一般的な

あじさいと言われています。


この西洋アジサイのことをハイドランジアと言います。


f0231709_22404415.jpg

ハイドランジアは日本原産のガクアジサイを原種としており、

ヨーロッパで品種改良されて日本に逆輸入されてきた品種で、

ガクが毬形になっている手まり咲きというあじさいです。


f0231709_22424058.jpg

ガクアジサイ


日本に自生しているあじさいの原種がガクアジサイ。


ガクが花の回りを縁取るように咲いている様子から

ガクアジサイと呼ばれています。


f0231709_22433454.jpg

ガクアジサイの特徴は土壌の酸性やアルカリ性の

度合いによりガクの色が左右されやすい。


f0231709_22444815.png

夾竹桃


キョウチクトウは、18世紀に中国から日本へ伝わってきた、

常緑低木(小高木)です。

f0231709_22453769.jpg

本来は熱帯性ですが、いったん根付くと寒さに強く、
東北の南部でも戸外で越冬できる庭木に育ちます。

葉が竹に、花が桃に似ていることから、「キョウチクトウ」
と呼ばれるようになりました。

f0231709_22463096.jpg

キョウチクトウの樹高は45mで、

夏になると白や赤の花を咲かせます。


花びらは5枚でフリル状で少しひねった

扇風機の羽のような形をしています。


f0231709_22473775.jpg

葉は光沢があり、長楕円形で先が尖っているのが特徴で、

薄く堅い葉を1030cmまで生長させます。


品種改良が進んだ現在では、一重咲きや八重咲き、

ピンクや赤色、覆輪の花びらを楽しめるようになりました。


f0231709_22483326.jpg

要注意
花や葉、枝、根や果実などのすべての部分に加え、
周辺の土にも毒性があります。

キョウチクトウの枝を箸や串の代わりに使って食事を
するだけでも死に至るといわれています。

身近な所に植えられているだけに、
触らないように気をつけてください。

アメリカデイゴの花


アメリカデイゴは全体的にオレンジがかった赤のつぼみが

ぷっくりと連なっている。


f0231709_22503465.jpg

春に芽吹いて伸びた新しい枝に、鮮紅色の蝶形の花が大きな房になって咲き、
次々と新しい枝を伸ばして花を咲かせます。

f0231709_22510767.jpg

アメリカデイゴは 南米原産のマメ科の花木です。


f0231709_22514543.jpg

木が大きくなり、真っ赤な花が枝いっぱいに咲くので人目を引きます。

f0231709_22521322.jpg



いまばり花だより 市制50年記念公園 市民の森

http://www.city.imabari.ehime.jp/kouen/imabari/


今治市民の森の6月の花…2016/6/11



トラックバックURL : https://manryouy.exblog.jp/tb/27902860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by manryouy | 2017-06-17 22:53 | 今治の市民の森の四季の花関連 | Trackback | Comments(0)

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
カレンダー