ツバメ「2度目の育雛中、巣からヒナが落下」無事に飛び立つ…2017/7/29


野鳥なので放っておきましょう。

なんとか助けようと親鳥は餌を運び続けます。

巣から落ちるのも、ケガをするのもそれが自然だから。


f0231709_22154223.png


今回の件は、7/29日に、私が聞いたお話によると以下の様子です。



2回目のツバメの育雛は、4ひな生まれたらしいがf0231709_05092421.png



早くの落下で1ひなは、やがて死亡。



f0231709_05061795.png

一度ヒナたちが生まれたら親鳥は簡単に

諦めたりしないから頑張って!!。



ところが、残りの3ヒナが動いて2週間前に、


高いところの巣から下に落ちたそうで、


まだ巣立ちはできない。


短い毛で覆われているヒナドリを、御主人が、


容器に入れて低い台の上のせていたら、

f0231709_05145284.png


親鳥が頻繁に餌を運んで、2羽は、何とか先日、

元気に巣立って飛んで行ったという。110.png162.png


今日、ガソリンスタンドで聞くと、

この若つばめの羽ばたきが少し違和感があるようだ。141.png


f0231709_05205381.png



親つばめが私の目の前で、目にもとまらぬ速さで


サッと口移しに餌を与えてとんでいった。

巣立ちしてないヒナに一生懸命エサを運ぶ親ツバメが


来るときは気配でわかるようです。


落下の時にケガをしたのだろうか!?

怪我でもしているかのように、羽を不器用にばたつかせて


いたがすぐに翼をたたんで歩いて鳴いている。142.png161.png 


f0231709_23093548.png



「頑張れ!」と応援したくなりますね。

8/6日に、ガソリンスタンドによって、お聞きすると、


数日で元気になって飛んで行ったそうです。

2つのつばめの巣は、縁起がいいと言われているので


そのままにしておくそうです。




f0231709_12034721.png


巣立った子つばめも、外で生きていくには幼すぎるので

親鳥が外でエサ取りなど訓練し教えて見守っている。



f0231709_23271800.png




f0231709_05251426.png



ツバメは寿命が1年半ほどですし、鳥類の中では

小型であるため、渡り鳥は天敵に襲われてしまう

可能性も高く、生き残るために必死なのでしょう。


関連で貼ります。下の写真をクリックしてください。




トラックバックURL : https://manryouy.exblog.jp/tb/28010882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by manryouy | 2017-07-29 23:35 | つばめの関連 | Trackback | Comments(0)

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
カレンダー