西条市実報寺の一樹桜…2018/3/26


旧東予市方面から北上し、周越トンネルの坂にさしかかる手前を

左折した突き当たりの新四国曼荼羅霊場・実報寺境内です。


f0231709_17203016.jpg

実報寺の一樹桜 エドヒガン

市指定天然記念物


f0231709_17221824.jpg

小林一茶がこの地を訪れ「寛政紀行」

の中に「遠山と見しは是也花一木」の句を残している。


ウバヒガンは、別名「エドヒガン」といわれます。


ウバヒガンの名の由来は、この桜は葉がないうちに

咲くので、姥(ウバ)に歯が無いこと、即ち、

葉と歯の言葉遊びで名付けられたものです。


f0231709_17224924.jpg

これが名前の由来となり

「一樹桜(ひときさくら)」と呼ばれている。


エドヒガン桜&ウバヒガン

市指定天然記念物(愛媛県西条市実報寺)


f0231709_17232181.jpg

エドヒガンとかウバヒガンといわれるこの種類は、染井吉野に

先がけて咲きその純白の花は実に見事である。


f0231709_17244618.jpg

そこに咲くエドヒガン桜としては大型で、白に近い淡紅色をしている。


        (西条市実報寺)


   撮影日 2018326日(6分咲き)


f0231709_17240216.jpg


大型の花が枝先に毬(まり)のような塊となって咲きます。


f0231709_17255046.jpg

全体を覆う姿は下のほうまで広がって咲き小山のようで豪華です。


f0231709_17272638.jpg

真実報いのある寺というので、実報寺といい、聖なる帝(信仰深い天王)

勅願による寺というので山号を聖帝山という。


f0231709_17285459.jpg

この寺は、道後温泉に湯治に来られていた

舒明天皇の勅願により、紀元640年建立された。


f0231709_17293943.jpg

※関連リンクを一つ貼ります。





トラックバックURL : https://manryouy.exblog.jp/tb/29677456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by manryouy | 2018-03-26 17:46 | 桜・さくら巡り | Trackback | Comments(0)

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy