前線が活発化、大雨に厳重な警戒が必要日本列島…2018/7/4


台風が運んだ暖かく湿った空気で、前線が活発化。次第に本州まで南下し、災害レベルの大雨に厳重な警戒が必要なパターンです。特に、九州から東海を中心に、数日間同じような場所で大雨が続く恐れがあります。


f0231709_19551147.jpg


https://tenki.jp/forecaster/takahitoishikake/2018/07/04/1173.html


f0231709_20055230.gif


f0231709_19581930.jpg



地方の抜粋


【九州〜東海】5日の朝から週末にかけて、梅雨時期にしても雨の量がかなり多くなる見込みです。太平洋側を中心に断続的に活発な雨雲がかかり続け、めったにないような雨量になる所もありそうです。


5日〜6日までの2日間の雨量は多い所で500ミリを超え、

8日にかけてさらに増える見込みです。

f0231709_19560797.jpg
f0231709_19571919.jpg




【東海・近畿・四国・九州】6()をピークに5()から8()にかけて活発な雨雲がかかるでしょう。広く大雨となる恐れがあります。


紀伊半島を中心に総雨量が1000ミリくらいと、平年の梅雨時に降る雨(6月と7月の総雨量)が一気に降る可能性もあり、警戒が必要です。



f0231709_19594430.jpg


四国地方のてんき

https://tenki.jp/forecast/8/


f0231709_20081561.jpg






by manryouy | 2018-07-04 20:08 | Tenki.jp.jp日本気象協会の関連 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://manryouy.exblog.jp/tb/29914069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31