2018年の土用の丑の日…2018/7/16


f0231709_10515954.gif夏本番になると、スーパーやうなぎ屋さんの店先で見かけるのが『土用の丑の日』!


夏の「土用の丑の日」には、夏バテ解消のために鰻を食べる風習がありますが、この風習、実は江戸時代に始まったものです。


一説には平賀源内(エレキテルとか発明した人)が考案したとのこと。



土用の丑の日が記載されたカレンダーも少ないので、今年(2018年)の土用の丑の日の正確な日付は直前になるまで知らない。スーパーやコンビニでも美味しそうな鰻の蒲焼きやうな重が売られて、丑の日って『この日!』毎年変わっています。



一般的には夏の土用(立秋の直前)のうち十二支が丑の日を「土用の丑の日」と呼んでいます。 干支の「丑年」が12年周期で回ってくるのと同様、「丑の日」も12日ごとにある。



2018年の土用の丑の日は、「720日(一の丑)」と「81日(二の丑)」です。


f0231709_10524023.gif



最近は、ウナギの稚魚が採れなくなっているとかで、天然うなぎだけでなく、養殖うなぎも含めて年々値段が高くなっているのが気になります。





夏の『土用丑の日』2017年は2回ありました。通称二の丑です。


2017年の日にちは、 725日(火)と86日(日)


現在うなぎを食べる習慣があるのは、『夏の土用丑の日』だけです。


最近ではスーパーや通販で気軽に購入できるようになりました。


※関連を貼ります。クリックしてご覧ください。



今治市桜井のうなぎやさん、と お中元…2017/7/22


うな重(土用の丑の日)四国地方梅雨明け・・・2015/7/24





二十四節気「大暑」と暑中ハガキ・平賀源内と鰻と墓所…2015/7/23









by manryouy | 2018-07-16 11:17 | 日々の話題 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://manryouy.exblog.jp/tb/29935963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31