24節気の寒露、稲刈りも最盛期、秋の雲…2018/10/8


f0231709_23103583.gif


10/8日は24節気の寒露。
108日頃(2018年は108日)
秋分から数えて15日目ごろ。


および霜降までの期間。


寒露とは、晩夏から初秋にかけて

野草に宿る冷たい露のこと。 


昼が短くなり夜が長くなるのを感じる頃。

f0231709_21194960.gif


深まる秋に備えて、冬物の衣類などの準備し始める目安にしています。


秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まりになります。

f0231709_23193562.gif


この頃になると五穀の収穫もたけなわで、農家では繁忙を極めます。

f0231709_23195221.gif


一年の中でも風が穏やかで気候も安定している季節です。


夏が過ぎて湿気が少なくなり、空気中の水蒸気の量も減って

乾燥するので、空気が澄んで、巻積雲や高積雲など、

6000m以上の高さにある上層雲がよく見えるようになります。


f0231709_23264977.gif



高いところにできる巻積雲(けんせきうん)巻層雲が見えました。


f0231709_23272173.gif




高さや性質による分類では、
  上層雲は、「巻雲」と「巻積雲」と「巻層雲」
  中層雲は、「高積雲」と「高層雲」と「乱層雲」
  下層雲は、「層積雲」と「層雲」
  対流雲は、「積雲」と「積乱雲」 のように、分類されています。



以下のブログで10種類の雲について詳しく書いています。








by manryouy | 2018-10-08 23:29 | 日々の話題 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://manryouy.exblog.jp/tb/30094009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
line
カレンダー