天皇陛下御在位三十年記念式典インターネット…2019/2/24


天皇陛下在位30年記念式典


f0231709_00054589.png


天皇陛下の在位30を祝う政府主催の記念式典が、24日午後、

天皇皇后両陛下も出席されて、東京 千代田区の

国立劇場で行われました。




f0231709_00062775.png


f0231709_00065610.png

f0231709_21163704.png


式典では沖縄県出身の歌手・三浦大知さんが、

両陛下の作られた「歌声の響」を独唱しました。


天皇陛下がご作詞、皇后陛下がご作曲された。


曲は「歌声の響」。沖縄に伝わる「八・八・八・六」の定型詩である琉歌で、

1975年に初めて両陛下が沖縄を訪問した際、読まれた。

両陛下はこの時、国のハンセン病療養所「沖縄愛楽園」を訪問。入所者と交流した帰り際、沖縄民謡の船出唄

「だんじよかれよし」(「誠にめでたい」の意味)の合唱が起きたという。

その歌声と笑顔が「懐かしく心に残っている」として読まれたのが、この琉歌。

《だんじよかれよしの歌声の響 見送る笑顔目にど残る》

歌はその後、愛楽園に贈られた。朝日新聞(2015929日)によると、入所者から
「特別な曲があれば」との声が上がり、皇后陛下が友人である

山本直純さんの協力を得て作曲した。のちに天皇陛下は、「ユウナ(オオハマボウ)の咲く島が今も懐かしく心に残っている」との想いを込めて、2番の歌詞を新たに著された。

《だんじよかれよしの歌や湧上がたん ゆうな咲きゆる島肝に残て》


f0231709_21164730.png


 天皇陛下御在位三十年記念式典御在位を記念した式典については

今回が最後となる貴重な機会です。


天皇陛下御在位三十年記念式典(全編版)【字幕あり】


https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg18631.html?t=101&a=1



天皇陛下御即位30年祝賀行事一覧


http://www.kunaicho.go.jp/30years/gyoji/gyoji-h310224.html


愛媛新聞電子版
f0231709_10044643.png

f0231709_10045630.png

f0231709_10050889.png

追加します。

即位30年 両陛下主催
宮中でお礼の茶会が皇居・宮殿で開かれました。
f0231709_17511667.png
f0231709_17473267.png

f0231709_13553088.png

f0231709_13552146.png





トラックバックURL : https://manryouy.exblog.jp/tb/30432496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by manryouy | 2019-02-25 00:19 | 政府インターネットテレビ | Trackback | Comments(0)

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy