木香薔薇(モッコウバラ)と大手鞠(オオデマリ)の花…2019/4/24

八重の黄モッコウ


モッコウバラ木香薔薇〕とは.早咲き性のつるバラで、

小さな花を沢山咲かせる。


性質は強健で、病気も普通のバラと比べると少ない。


成長も早く、けっこう大きくなるので地植えにはそれなりのスペースが必要とされる。


枝には棘がないため扱いやすいのが人気の理由。


f0231709_10545042.jpg


モッコウバラは中国原産の常緑つる性低木のバラ


一般的にモッコウバラといった場合には、黄色の八重咲を指す。


f0231709_11231020.jpg

八重の黄モッコウは、秋篠宮家の眞子内親王のお印だそうです。


モッコウバラの花色は白と黄の2色があり、

黄モッコウ、白モッコウ、とも呼ばれます


八重の白モッコウ


多くは薄い黄色。は良い香りが僅かにする。


花数は黄モッコウよりも少なめですが、それゆえに

グリーンの葉の美しさが映える


草丈, 50cm~7m. 日当たり, 日当たりを好むが、

明るい半日影でも一応咲く。


f0231709_10555855.jpg


大手鞠(オオデマリ)


小さな花が集まった様子が、手毬に似ていることから

名付けられたオオデマリ。


f0231709_11014002.jpg


オオデマリは初夏にアジサイによく似たボール状の花を咲かせる花木。


オオデマリは自然樹形で育てることができ、ほとんど剪定しなくても

姿が整うのでガーデニング初心者にもおすすめの庭木


f0231709_11022456.jpg


また、冬には紅葉を楽しむこともできます。



オオデマリの関連記事





トラックバックURL : https://manryouy.exblog.jp/tb/30559485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by manryouy | 2019-04-24 10:30 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
カレンダー