「中秋の名月」その別名は?木曜日のクイズひめ天…2019/9/12


久しぶりに木曜日のクイズひめ天、参加する。


今日9/12日のクイズひめ天! 


 問題



あすは「中秋の名月」その別名は?

f0231709_21023713.jpg


芋名月を選びました。


中秋の名月といえば芋を煮て食べたようで、このために中秋の名月は

「芋名月(いもめいげつ)」とも呼ばれます。


この日に食べられた芋はもっぱら里芋です。 現在でも中秋の名月に煮た

里芋を供える風習は、あちこちに残っています。


f0231709_21033439.jpg


昔から八月十五日の月を「中秋の名月」と呼んできました。


http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0710.htm



秋は収穫の時期でもありましたのでその年の収穫物を月に供える

風習が各地に残っています。「芋名月」などの呼び名はここから

生まれたものだと考えられます。


現在、月見団子を供えるのも、芋を供えた風習の変形だと考えられています

(団子は芋の代わり)



豆名月 


 中秋の名月を「芋名月というのに対し、九月十三夜の月を

豆名月あるいは栗名月といいます。


作物の収穫時期が芋より豆・栗の方が遅いと言うこと。


http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0711.htm


f0231709_21040972.jpg

十三夜の月見 


 中秋の名月は中国で行われていた行事ですが、

こちら十三夜の月見は日本独特の風習だそうです。


醍醐天皇の時代(延喜十九年:西暦919年)に開かれた
観月の宴が風習化したものとも言われています。

一般に十五夜に月見をしたら、
必ず十三夜にも月見をするものともされていました。

これは十五夜だけでは、「片月見」といって嫌われていたからです。

十五夜は里芋等を供える事が多い為に「芋名月」と呼ばれ、
十三夜は「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれています。

これはお供えとして栗や豆を、神棚等に供えるからだそうです。

f0231709_21045061.jpg


9月5日木曜日のクイズ・ひめ天はこちらでした。

台風15号が
関東地方に近づいていました。

f0231709_21082871.jpg

「バケツをひっくり返したような雨」
気象庁の予報用語ではどれ?


f0231709_21183418.jpg

正解は  激しい雨

f0231709_21114277.jpg





f0231709_21123254.jpg




トラックバックURL : https://manryouy.exblog.jp/tb/30782622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by manryouy | 2019-09-12 21:18 | クイズ・ひめ天やひめポンの関連 | Trackback | Comments(0)

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
カレンダー