2018年 01月 28日 ( 1 )


大相撲初場所 栃ノ心が初優勝…2018/1/28


大相撲初場所は、平幕の栃ノ心が27日(14日目)の取組に勝って
1敗を守り、28日の千秋楽を待たずに初めての優勝を果たしました。

平幕力士の優勝は平成24年夏場所の旭天鵬以来6年ぶりです。


f0231709_20391046.gif

入門から12年、ジョージア出身の西前頭3枚目
栃ノ心(30)が初場所で初優勝を飾った。

f0231709_21013193.gif
遠く離れた母国から来日し、日本の“心”を持ち合わせた二枚目力士は
膝の大けがを乗り越えて、ついに歓喜の瞬間を迎えた。

f0231709_06075960.gif

f0231709_20402472.gif

大相撲初場所は27日、14日目が行われ、西前頭三枚目の栃ノ心が初優勝。
平幕力士の優勝は、旭天鵬以来、6年ぶりのことになる。

f0231709_21205820.gif

栃ノ心の故郷・ジョージアでは、家族たちが
インターネット中継で観戦し、優勝を喜んだ。

f0231709_20432370.gif

デビューから負け越し知らずのまま所要13場所で新入幕。

暗転したのは25年名古屋場所だった。

右膝の靱帯(じんたい)を断裂し、三役経験者が4場所連続休場して
幕下55枚目まで落ちた。

頭には“引退”がよぎる。

「2つしかない。頑張るか、辞めるか」。選んだのはつらく険しい道。

相撲への熱い思いが厳しいリハビリの日々を支え、関取復帰した場所から
2場所連続十両優勝で再入幕。

それから3年かけて念願の初優勝へたどり着いた。

f0231709_20410236.gif

栃ノ心の出身地、黒海に面した国、ジョージアのムツヘタでは、
家族や近所の人たちなどおよそ15人が栃ノ心の
実家に集まり、取組の様子を見守りました。

栃ノ心が寄り切りで勝って優勝が決まると、集まった人たちは拍手をしたり
抱き合ったりして喜びを分かち合っていました。

f0231709_20480002.gif



<千秋楽の様子>優勝パレード、栃ノ心。旗手は碧山。

f0231709_20483903.gif
日本相撲 一月場所情報 > 各段の優勝力士・三賞力士

愛媛新聞選り電子版をキャプチャーして貼ります。


f0231709_20510071.gif
f0231709_20512480.gif
f0231709_20515636.gif





by manryouy | 2018-01-28 20:53 | 大相撲関連 | Trackback | Comments(0)
line

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
line
カレンダー