カテゴリ:冬至・24節気( 6 )


2017年の冬至(とうじ)で「ゆず湯」…2017/12/22

2017年12月22日は冬至(とうじ)です。
二十四節気の月日は年毎に 微妙に変化します。

日本の冬至の日を年代別に列記。
青い年がうるう年

2016年 12月21日
2017年 12月22日
2018年 12月22日
2019年 12月 22日

2020年12月21日

冬至を中心として前後1か月、内宮宇治橋の大鳥居から昇る美しい日の出を
望むことができるそうです。伊勢の地では古くから太陽を崇める太陽信仰がありました。

それを示すように、夏至には伊勢神宮近くにある二見浦の夫婦岩の真ん中から
締め縄を潜って朝日が昇り、冬至には伊勢神宮・内宮にある宇治橋の
鳥居の真正面から朝日が昇ると言われています。

http://kando.jtb.co.jp/detail.html?pcd=101

二十四節気の一つ「冬至」。

1年で最も
日の出から日没までの時間が短く、夜が長くなる。
昔は冬至が一年の始まりとされていた。


f0231709_09185740.gif


1年で1番太陽の力が弱い日は、「これ以上、陰が極まる日はない=これからは陽に転じる」という中国の易経から「一陽来福(悪いことが去り、良い方向に転じる)

また、日本では、カボチャを食べたりゆず湯に
入ったりする風習があります。

冬至に何故かぼちゃを食べるの?

冬至は、一年でもっとも太陽の力が弱まる日ですが、以後は再び太陽の力が強くなる事から「一陽来復」と言って、この日を境に運が上向くとされていました。

そして、さらに運がよくなるようにと「ん」がつく物を食べていたのです。


f0231709_11232143.gif


これを「運盛り」と言うのですが、特に運盛りに食べられていたものは、

れんこん、だいこん、にんじん、ぎんなん、きんかん、かんてん、うんどん(うどん)です。

これらは「ん」が2つ入る物として好んで食べられていたとされています。

では、かぼちゃはどうなのでしょう?

冬至と言えばかぼちゃを食べるというのが当たり前のように言われていますが、
かぼちゃには「ん」が付いていません。
これは、かぼちゃは漢字で書くと「南瓜」となります。

すなわち、なんきん、で「ん」が2つ付いているのです。

冬至の22日、各地の銭湯で風邪の予防になるとされる「ゆず湯」が振る舞われるという。

f0231709_09145247.gif


柚子湯の作り方は、お風呂にゆずをそのまま浮かべるだけです。

愛媛県公衆浴場業生活衛生同業組合

多くの人々に入浴の機会を提供し、保健衛生水準の維持向上に努め、地域のふれあいの場

としても重要な役割を担う愛媛県下の
公衆浴場
(銭湯)が所属する団体です。


http://1010ehime.com/index.php#about_block_wrap

愛媛新聞電子版より

f0231709_10281063.gif
寒い時期に体を温めたりビタミン補給したりするという健康管理にかなっていますね。

f0231709_09343171.gif

f0231709_12423475.gif

 「冬至とは何か」と聞かれれば、多くの人が「夜が長くて昼が最も短い日」と

すぐに答えられるかと思います。一方、このことから「日の出が最も遅くて、

日の入りが最も早い」と思っている方もいるかもしれませんが、各地とも日の入りが

早くなるピークが、日の出が遅くなるピークよりも先となっているそうです。

調べると、昼間時間が最も長い「夏至」の日と比べて、 冬至は約4時間30分位も、
昼の長さとの差が違うことが分かります。
f0231709_11244877.gif


冬至の日には「日の出はもう少し遅くなるけれど、夕方は徐々に明るくなり始めた」

という時期。冬至冬中冬はじめ
f0231709_11253026.gif


寒さ これからが 本番

f0231709_11270350.gif


冬至を境に昼間が長くなっていくので太陽が復活する日

【一陽来復】とも言われる意味がよく分かりました。





by manryouy | 2017-12-22 09:38 | 冬至・24節気 | Trackback | Comments(0)

暖かな「冬至」…2016/12/21

きょうは二十四節気の一つ、冬至です。冬至の今日は、この時期としてはかなり気温が上がっています。西日本や東日本は広い範囲で15度を超えて、日差しの出ている所ではポカポカ陽気でした。

f0231709_18591232.png
冬/至は一年で昼間の時間が一番短い日です。ただ、冬至を境に昼間の時間はわずかに長くなることから、太陽が勢いを取り戻すという意味で「一陽来復」ともいわれます。

f0231709_190521.png










この日は新年のお金の融通が良くなるようにとユズ湯に浸かったり、健康で過ごせるようにとカボチャを食べたりします。古くはこの日を年の始点と考えられた。冬至南瓜や柚湯の慣習が残る日。


f0231709_2129583.png坊ちゃんかぼちゃは果重500g前後の手のひらサイズのカボチャです。上部を薄く切り取り、中の種をスプーンなどでくり抜いて器として使うことも多いです。詰め物をする場合は、あらかじめ器にするかぼちゃを電子レンジにかけるか蒸すなどして火を通して置く方が良いです。

例で、クックパットに材料や、分量。調理方法が出ていました。

坊ちゃんかぼちゃのグラタン


その他、「ん」が重なるものを食べると新年の運がつくとされ、ニンジン、レンコン、キンカン、ギンナン、うどんなどがそれにあたります。



中学 理科(天体の基礎知識/中3/天体)  検索する。

https://www.youtube.com/watch?v=woeOsvrEd-U

f0231709_1925316.png


春分、夏至、秋分、冬至の授業をうけているように分かりやすく楽しめました。



f0231709_1931692.png




暖かい冬至と異常天候の件・・・2015/12/22

http://manryouy.exblog.jp/24791009/

f0231709_1955297.png


柚子湯と南瓜(なんきん)・朔旦冬至(さくたんとうじ)・地軸の傾き・・2014/12/22

http://manryouy.exblog.jp/23464395/

f0231709_1961482.png




by manryouy | 2016-12-21 19:06 | 冬至・24節気 | Trackback | Comments(0)

暖かい冬至と異常天候の件・・・2015/12/22

2015年12月22日. はや冬至。「冬至の日、ゆず湯に入ると風邪をひかない」とも言われますが、ゆず湯は血行が良くなるだけでなく、香りで疲れた体をリラックスさせてくれます。

f0231709_819833.gif

クリスマスや「天皇誕生日」の祝日の前にやってくるのが、22日の「冬至」です。

「1年で最も昼が短く、夜が長い日」今年は短い昼でも、広い範囲で日差しが降り注ぎそうです。
「冬至」といえば、暦の上では冬の真ん中で、これから寒さが本格的になる頃ですが、今年は、なかなか冬らしくなりません。ただ、この時期は、1年の終わりで、何かと忙しいもの。

http://www.tenki.jp/

f0231709_8204824.gif


「高温に関する異常天候早期警戒情報」

気象庁は、12月21日「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表しました。

「高温に関する異常天候早期警戒情報」とは、7日間平均気温が「かなり高い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表されます。
今回の対象期間は、12月26日~1月4日です。

近畿や四国、九州北部、九州南部、奄美地方では、12月29日頃から
気温が「かなりの高温」になる確率が30%以上となっています。

年末年始で、帰省やお出かけなど予定される方は、tenki.jpで、最新の予報や日ごとの詳しい気温を確認してください。
(2015年12月21日 22時19分)


柚子湯と南瓜(なんきん)・地軸の傾き・・2014/12/22

http://manryouy.exblog.jp/23464395/

by manryouy | 2015-12-22 08:23 | 冬至・24節気 | Trackback | Comments(0)

柚子湯と南瓜(なんきん)・朔旦冬至(さくたんとうじ)・地軸の傾き・・2014/12/22


柚子湯(ゆずゆ)とは、柚子を浮かべた風呂。
日本では、江戸時代頃より冬至に柚子を浮かべた湯舟に入浴する習慣がある。
「ゆず湯に入れば風邪を引かない」と言われて、冬至の日において、柚子湯を用意する銭湯もある。

f0231709_21323945.jpg


血液の流れを良くする血行促進効果があり、風邪の予防だけではなく、冷え性や神経痛、腰痛などを和らげる効果があるとされている。
日本では、カボチャを食べたりゆず湯に入ったりする風習があります。
寒い時期に体を温めたりビタミン補給したりするという健康管理にかなっていますね。

f0231709_17152588.gif


1年間で昼の時間が最も短くなる冬至の22日朝、日本一の超高層ビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区、高さ300メートル)の西側に長い影ができたそうです。22日は、二十四節気の一つ冬至と、新月が重なる19年に一度の「朔 旦(さくたん)冬至」でした。

f0231709_1764743.gif


1年で最も日が短いということは、翌日から日が長くなっていくということ。そこで、 冬至 を太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各地で 冬至 の祝祭が盛大に行われていました。太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では冬至が暦を計算する上での起点です。

f0231709_21341944.jpg


冬至とは北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなります。

f0231709_10582843.jpg
太陽の位置が1年で最も高くなる夏至(6月21日ごろ)と日照時間を比べると、北海道の根室で約6時間半、東京で約4時間40分もの差がある。地軸の傾きが地域に季節を作る。23.4度傾いたまま地球が公転するため北軸が太陽に向かって傾いてる時期は強く炙られる北半球が夏となり地球が半年公転すると北軸が太陽と反対に傾く位置に来て北半球が冬になる。

もし地軸が真っ直ぐだったら常に一番炙られるのは赤道直下となり他は緯度が増すほど太陽の傾きは増すが、土地ごとの傾き加減は年間一定。つまり季節の移り変わりは無くなる。

f0231709_10482252.jpg


冬至 には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)。かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的です。本来かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くことから、冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあるのです

にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」のつくものを運盛り といって縁起をかついでいた。

ニュースによると 冬至の日、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮宇治橋前で冬至祭が行われ、市民や観光客が大鳥居の真ん中から昇る朝日を拝んだそうです。

冬至の日は、内宮宇治橋大鳥居中央から朝日が昇り、神秘的な光景を見ることが出来ます。
朝日の遥拝後「冬至ぜんざい」や「柚子」の振る舞いが行われました。

開催場所: 内宮宇治橋前
開催時間: 日の出の頃(例年7:20頃)

大鳥居正面からの日の出は1年で冬至と、その前後の数日だけしか見られないらしい。 宇治橋前の駐車場では、伊勢市観光協会がカボチャぜんざいを振る舞い、訪れた人たちは冷えた体を温めたそうです。

冬至の日には、各地の銭湯で風邪の予防になるとされる「ゆず湯」が振る舞われたというニュースもたくさんネットラジオでも聞きました。

f0231709_1753172.gif


1年で1番太陽の力が弱い日は、「これ以上、陰が極まる日はない=これからは陽に転じる」という中国の易経から「一陽来福(悪いことが去り、良い方向に転じる)」という言葉と結びつけられている。

「冬至とは何か」と聞かれれば、多くの人が「夜が長くて昼が最も短い日」とすぐに答えられるかと思います。

一方、このことから「日の出が最も遅くて、日の入りが最も早い」と思っている方もいるかもしれませんが、各地とも日の入りが早くなるピークが、日の出が遅くなるピークよりも先となっているそうです。

f0231709_178982.gif


冬至の日には「日の出はもう少し遅くなるけれど、夕方は徐々に明るくなり始めた」という時期。

冬至を境に昼間が長くなっていくので太陽が復活する日【一陽来復】とも言われる意味がよく分かりました。
なるほど、冬至のニュースは、疑問点の、まだこれからも夜明けの日の出が遅くなることが理解できました。


by manryouy | 2014-12-22 21:41 | 冬至・24節気 | Trackback | Comments(0)

冬至の日のニュースから・・・2012・12・21

12月21日は二十四節気の「冬至」です。

ニュースによると 冬至の21日、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮宇治橋前で冬至祭が行われ、午前7時45分に市民や観光客が大鳥居の真ん中から昇る朝日を拝んだそうです。

 大鳥居正面からの日の出は1年で冬至と、その前後の数日だけしか見られないらしい。 宇治橋前の駐車場では、伊勢市観光協会がカボチャぜんざいを振る舞い、訪れた人たちは冷えた体を温めたそうです。


冬至の21日、各地の銭湯で風邪の予防になるとされる「ゆず湯」が振る舞われたというニュースも見ました。

f0231709_1753172.gif


 1年で1番太陽の力が弱い日は、「これ以上、陰が極まる日はない=これからは陽に転じる」という中国の易経から「一陽来福(悪いことが去り、良い方向に転じる)」という言葉と結びつけられている。

また、日本では、カボチャを食べたりゆず湯に入ったりする風習があります。

f0231709_17152588.gif


寒い時期に体を温めたりビタミン補給したりするという健康管理にかなっていますね。

f0231709_1764743.gif


 「冬至とは何か」と聞かれれば、多くの人が「夜が長くて昼が最も短い日」とすぐに答えられるかと思います。

一方、このことから「日の出が最も遅くて、日の入りが最も早い」と思っている方もいるかもしれませんが、各地とも日の入りが早くなるピークが、日の出が遅くなるピークよりも先となっているそうです。

冬至の日には「日の出はもう少し遅くなるけれど、夕方は徐々に明るくなり始めた」という時期。

冬至を境に昼間が長くなっていくので太陽が復活する日【一陽来復】とも言われる意味がよく分かりました。

f0231709_178982.gif


なるほど、冬至のニュースは、疑問点の、まだこれからも夜明けの日の出が遅くなることが理解できました。

2012年はクリスマスイブをピークに「真冬としても非常に強い」寒気が流れ込むと予想されていて、3連休や連休明けの交通機関が雪や風で乱れる恐れもありそうです。

愛媛県は、午後4時頃から、また雨になっています。この雨が日本列島を通過した後クリスマス寒波が予想されています。
f0231709_17584992.gif
f0231709_1759547.gif


by manryouy | 2012-12-21 17:45 | 冬至・24節気 | Trackback | Comments(0)

今日は冬至です。柚子の効能等調べました。

冬至は二十四節気の一つで新暦の十二月二十二~三日頃です。

今年は、今日22日が冬至です。この日、北半球では太陽の高さが一年中で最も低くなります。そのため昼が一年中で一番短く、夜が長くなります。

この日を境に、一陽来復、日脚は徐々にのびていきます。

◎ 私は以前に興味があって、
冬至の日に我が家の前にある公民館の駐車場で正午に太陽を背にして影の長さを測りました。
とにかくのっぽで足が長い3倍以上??の身長になりました。
曇っていると測れませんよ。

又、夏至の日に測ると影は短くて、身長の4分の一になりました。

さて、冬至のこの日は冬至かぼちゃを食べて金運を祈り、
冬至風呂(柚子湯)に入って無病息災を祈る行事を各家庭でするそうです。

我が家の柚子で今朝台所で撮ったものです。
今年の収穫は近年では最も少ないです。
f0231709_711196.gif

f0231709_714435.gif

何度か漬物に使用したので、もう金網のこれだけになりました。

f0231709_658349.jpg

◇…ゆず湯・・・詳しく知りたくて調べました。

◎ ゆず湯に入ると肌がスベスベになる美肌効果があったり、
冷え性やリュウマチにも効くし、体が温まってカゼをひかないとも言われています。

これらの効能は、ゆずに含まれている芳香成分・・・精油の働きによるもの。
ゆずの精油にはピネン、シトラール、リモネンなどの物質があって、
これらは新陳代謝を活発にして血管を拡張させて血行を促進。

ノミリンなどには鎮痛・殺菌作用があるので、体が温まり、カゼも治るのです。
 また、ゆずにも含まれているビタミンCが肌にいいことは広く知られており、
リモネンは皮膚に膜を作って、肌の水分を逃がさないようになっています。

みかんの汁が目に染(し)みた!という経験が誰にも少なからずあるだろうけど、
実はこのリモネンが原因です。

 ◎ 香りのいいゆず湯はアロマテラピーのリラックス効果も期待できます。

◎ 何故、冬至に風呂なのでしょうか。

 この答えは「とうじ」という言葉にあるのです。

◎ 冬至の読みは「とうじ」。というわけで、湯につかって病を治す
「湯治(とうじ)」にかけています。

更に「柚(ゆず)」も「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」
という願いが込められているそうです。


by manryouy | 2011-12-22 07:13 | 冬至・24節気 | Trackback | Comments(2)
line

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
line
カレンダー