カテゴリ:皆既月食( 5 )


「スーパーブルーブラッドムーン」の皆既月食…2018/1/31



31日(水)夜は、日本で皆既月食が見られます!


満月がいつもよりも一回り大きく見える現象を

スーパームーンと呼びますが、その珍しさを遥かに上回る

天体現象で「スーパーブルーブラッドムーン」が見れました。



<月食タイムスケジュール>
 部分食の始め  20時48分
 皆既食の始め  21時51分
 食の最大    22時30分
 皆既食の終わり 23時08分
 部分食の終わり 24時11分
※国立天文台のホームページより



食の最大時間



f0231709_22384055.gif


NHKテレビの中継や、ウェザーニュースのLIVE中継で編集です。


f0231709_22073328.jpg

日本全国で部分食の始めから終わりまでを見ることのできる、

たいへん条件のよい皆既月食です。


u 満月が最も大きくなる「スーパームーン」

u ひと月で二度、満月になる「ブルームーン」

u 月食の際、月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン」


2018131日  皆既皆既は約1時間17分継続


f0231709_22081226.jpg


1. 要するに赤い月が大迫力の大きさで見える。


2. 観測のピークは22時半で方角は東~南。


3. NASAは通常の月よりも14%明るく観測できると予想している。


まん丸い月が突然欠け始め、やがて赤黒く輝く。


地球のまわりには大気がありますが、太陽光が大気の中を通過する際、

波長の短い青い光は空気の分子によって散乱され、大気をほとんど

通過することができません。一方、波長の長い赤い光は散乱されにくく、

大気中を通過していくので月まで届きます。


地球の大気をかすめる太陽の光が、月を赤くほのかに照らすため、

赤く見えるのです。


f0231709_22084430.jpg


 皆既食の終わり 23時08分

f0231709_23435916.gif

そして再び光が射し月は丸い姿に戻っていく。


一夜のうちにこのような変化を見ることができる、とても興味深い現象の「皆既月食」。


2018131日の夜にこの皆既月食が起こりました。


今回はたいへん条件がよく、日本全国で始まりから

終わりまでを見ることができます。


月は2048分に 欠け始め、2151分には完全に欠けて

皆既食となりました。


次のブルームーンxブラッドムーンは2037年だそうです。


皆既食が1時間17分続いた 後、238分には輝きが戻り始め、

真夜中を過ぎた012分に元の丸い形となります。


f0231709_23345232.jpg

23:32分

f0231709_23383980.gif


多くの方にとって比較的観察しやすい時刻に起こる月食です。



皆既月食(2018131日) | 国立天文台(NAOJ)

https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201801-lunar-eclipse/





北海道知床・ハワイのLIVE中継もありました。



今回はなんと1時間17分ものあいだ楽しむことができました。
世田谷のメル友Rさんから、皆既月食見えましたと送ってくれました。
ありがとうございました。追加します。

f0231709_21365278.gif
愛媛新聞の電子版で2/1日の記事をキャプチャ―します。
f0231709_11123642.gif
f0231709_11135765.gif


※愛媛県西条市は、20:30分の夜空にスーパームーンが見えていました。
デジカメ撮影。それ以降は雲に覆われたので中継でみました。

f0231709_23090709.gif
f0231709_23124487.gif

※関連を貼ります

ハワイ皆既月食LiVEでSOLiVE24…2014・4・15


by manryouy | 2018-01-31 06:34 | 皆既月食 | Trackback | Comments(2)

スーパームーンとスーパームーンの皆既月食・・・2015/9/28

9月28日・雲間から昇ってきたスーパームーンです。

特大の月という意味になりますが、その通り、通常よりも大きく光り輝く月です。

2015年のスーパームーン豆知識PRESS

こちらです☆彡

来島海峡3連大橋の景観と中秋の名月昇る…2014/9/8

http://manryouy.exblog.jp/22890013/




19:13分撮影
f0231709_2012354.jpg


西条市中山川の芋炊き会場の灯かりとスーパームーン

f0231709_20134482.jpg


次に日本でスーパームーンが見られるのは2016年11月14日になります。

f0231709_20143582.jpg


日本時間9月28日は、月と地球の距離が36万km未満の満月となり、いつもより月が大きく見えるスーパームーンでした!

f0231709_20163566.gif


日本では残念ながら見られないこの貴重な瞬間を皆さんと楽しむために、SOLiVE24ではNYとパリから皆既月食の様子を完全生中継でした。

f0231709_20174087.gif


33年ぶりに、スーパームーンの皆既月食がヨーロッパやアメリカで見られました。

f0231709_20175948.gif


f0231709_20183270.gif


f0231709_20204198.gif


f0231709_20191381.gif


ニューヨークの皆既月食の瞬間  感動的な赤銅色のお月様!

f0231709_20353853.gif


f0231709_20355664.gif


ウェザーニュース スーパームーン特設サイト

こちらです☆彡

毎年ネットを中心に世界中で盛り上がっているスーパームーンですが、今年欧米では同時に皆既月食も起こります。スーパームーンと皆既月食の共演は実に33年ぶり!SOLiVE24では、この超レア現象をLiVEする特別番組を実施!

【特別番組の日時】※日本時間

9月28日(月) 10:00~13:00

▼YouTubeで見る

https://youtu.be/_rLJAEzEeF8

国立天文台の専門家:平松氏の特別解説と一緒に感動的な赤銅色のお月様をお届けでした。

f0231709_614539.gif


f0231709_62178.gif



by manryouy | 2015-09-28 20:26 | 皆既月食 | Trackback | Comments(0)

「「今世紀最短」の皆既月食を特設サイトで見る・・・2015/4/4

愛媛県は皆既月食は雨で見えませんでした。
以下のメールが届きパソコンで見ました。画面をキャプチャーして入れます。

21:07分
f0231709_152472.gif


-----------------
+;:*・゜☆ソラマド通信☆・゜:;*+
-----------------

こんにちは、ウェザーニュースです。
今夜はビッグな天体イベント「皆既月食」があります♪
これを逃したら、次に見られるのは3年後です。
普段見慣れた月が赤銅食に染まる感動的な瞬間を、みんなで楽しみましょう!

f0231709_121521.gif


‥…━━★゜+.・‥…━━★゜+.
国立天文台×ウェザーニュース
4月4日(土) 19:00~23:00
皆既月食を生放送でお届け!

21:16分
f0231709_15253254.gif


‥…━━★゜+.・‥…━━★゜+.
f0231709_1214633.gif

●中継場所
秋田県・秋田大学天文台
沖縄県・カナンスローファーム

f0231709_1224027.gif


皆既時間は約12分となる「今世紀最短」の皆既月食を
「国立天文台の専門家:内藤氏」の解説と共にお届けします!

f0231709_123179.gif


今日は日本の広いエリアで曇りや雨となり、皆既月食を見るのが難しい天気に…。
残念ながら観測が難しそうな方は、ぜひ月食中継をお楽しみください!

●ウェザーニュース 皆既月食特設サイト

http://weathernews.jp/s/eclipse2015/

次に日本で皆既月食が見られるのは2018年1月31日です。
この機会を逃さず、みんなで皆既月食を楽しみましょう!

ウェザーニュース 皆既月食特設サイト内をキャプチャー

f0231709_15312680.gif


6日に追加します。
ライブのユーチューブを貼ります。URLをドラッグして右クリックしてりんくしてください。

国立天文台×ウェザーニュース 皆既月食2015

https://www.youtube.com/watch?v=T7ptIfvkysg&feature=youtu.be

2014皆既月食(赤黒い色)…2014/10/8に、皆既月食を詳しく載せました。
moreに入れました。




More  こちら☆彡です

by manryouy | 2015-04-05 12:09 | 皆既月食 | Trackback | Comments(0)

皆既月食2014は10月8日夜です…2014/10/7

今朝の10月7日は北海道の旭川で初霜の便りが届くなど肌寒くなりましたが、
本州付近は高気圧に覆われて日中は過ごしやすい陽気、空気も乾き、秋らしさを満喫でき、広く秋晴れになっています。

そらまどを開きデスクトップで見ています。まどで報告を見ると素晴らしい晴天。

f0231709_96431.gif


天気jpも各地で晴れていて、素晴らしい秋晴れです。

f0231709_9181169.gif


さて、皆既月食・10月8日夜の天気は、西日本を中心に高気圧に覆われて晴れる見込み。

f0231709_982762.gif



北日本や東日本の日本海側では上空の寒気の影響で局地的に雨や雷雨の可能性があるという。

ウェザーニューズは全国各地で観測できる皆既月食をより一層楽しんでもらおうと、
10月8日(水)18時より日本とオーストラリアから同時にライブ中継を行う。

8日夜の天気は、西日本を中心に高気圧に覆われて晴れる見込み。
皆既月食は、月が地球の影に完全に隠れる現象で、赤銅色の満月を観察することができる。

f0231709_910795.gif


今回は、10月8日(水)18時14分ごろから欠け始め、1時間ほど皆既月食を観察できる見込みという。

f0231709_9104870.gif


「2014年10月8日 皆既月食」特集サイトもオススメです。

http://www.astroarts.co.jp/special/20141008lunar_eclipse/eclipse-j.shtml


「SOLiVE24」-

http://weathernews.jp/solive24/

それは24時間、空をLiVEするインターネット気象情報番組です。



by manryouy | 2014-10-07 09:15 | 皆既月食 | Trackback | Comments(0)

今夜は、皆既月食のフルコースですね・・・2011・12・10

おはようございます!
昨夜は、お月様が見え隠れ、今朝5:30分に西の空で
月の明かりはわかりましたが
黒い雲の中に入ったところでした。

4:00頃から、弱い雨が降って路上が濡れています。

さて、今夜は、待ちに待った皆既月食が見られそうです。

ウェザーの天気コーナーにも今季一番の寒気流入の中、
「(10日)は地球の影に月が隠れる皆既月食。
日本全国で月食を終始観測できるのは、
2000年7月16日以来です」
と書かれていました。

そこで、サイトで詳しく調べました。

【10日の夜は皆既月食】

皆既月食とは、
太陽・地球・月が一直線に並んで、
月が地球の裏側にすっぽり隠れる現象のこと。
月食の始めから終わりまで全部見られるのは
2000年7月16日以来のことらしい。

時間も書いてある。


皆既月食の時間

10日21時45分 から 11日1時18分
そのうち、月が地球の影にすっぽり隠れてしまう。

皆既時間は→ 10日23時6分から23時58分

今回の皆既月食では、始まりから終わりまでの全過程を日本全国で見ることができます。
全国的に月食中の地平高度は高く、最高の条件で見られます。

月食の進行時刻
(国立天文台)
半影食の始まり10日 20時31.8分
部分食の始まり10日 21時45.4分
皆既食の始まり10日 23時05.7分
皆既食の最大10日 23時31.8分
皆既食の終わり10日 23時58.0分
部分食の終わり11日 01時18.3分
半影食の終わり11日 02時31.7分

f0231709_6254421.jpg

《 皆既月食の色を観察して、みんなで報告しようまん丸い月が、突然欠け始め、やがて赤黒く輝く。そして再び月は丸い姿に戻っていく。一夜のうちにこのような変化が見られる、とても不思議な現象が「皆既月食」です。
皆既月食は、地球の影の中に月がすっぽりと入ることで起こる現象です。12月10日の夜には、日本全国で、この皆既月食を始まりから終わりまで見ることができます。このように条件よく観察できる皆既月食は2000年7月16日以来のことです。
皆既月食中の月は、一般に真っ黒にはならず、多くはよく「赤銅色」と表現される赤黒い色で観察されます。しかしこの色は、皆既月食ごとに変化することが知られています。

国立天文台では、より多くの方にこの皆既月食という現象を観察していただけるよう、「皆既月食を観察しよう」キャンペーンを行います。月食中の月がいったいどのように見えるのか?ぜひ観察して報告して下さい。
報告内容は、観察時刻、月の見え方、月にかかる影の色、観察方法、観察地、年齢などです。
今回は、月食の経過全体を11の時間帯に分けて、各時間帯に1回、月や月の色がどのように見えたかをまとめて報告していただく予定です。各時間帯の「観察結果を記録する用紙」を用意しましたので、事前に印刷してご利用ください。
携帯電話からでも参加できますので、お気軽にご参加ください。
「曇ってしまった」「月が見つからなかった」なども立派な観察結果ですので、是非報告してください。》

国立天文台HPより引用




家族や友人らと天体ショーを観に行く計画を立てている方も
いらっしゃることでしょう。

日本海側では皆既月食が見える可能性は低いですが、
太平洋側では皆既月食を楽しめる所が多くなりそうです。
今夜も冷え込みますので、
天体観測は寒さ対策を万全にして行ってくださいね。

by manryouy | 2011-12-10 06:07 | 皆既月食 | Trackback | Comments(2)
line

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
line
カレンダー