カテゴリ:今治野間馬ハイランド( 3 )


野間馬ハイランドの遅咲き河津桜と梅の花と園内散策…2017/2/22

今治市で所用の後、野間馬ハイランドに行きました。

f0231709_18552824.jpg


f0231709_18563230.png


f0231709_18555684.jpg


遅くれて咲いた河津桜は蕾と咲き始めもありました。

f0231709_1920522.jpg


f0231709_1933193.png


正月に咲いていた河津桜は、終盤でほとんど散っています。

f0231709_1943296.jpg


梅の花も咲いて香りがありました。

f0231709_1952360.png


曇っていますが、雨雲はまだのようで、ぐるっとメロディが流れる園内をゆっくりと散策できました。

f0231709_19243554.png


野間馬も、のんびりと放牧場にいました。

f0231709_198763.png


f0231709_19162980.jpg


野間馬 の乗馬体験の日時と体重は30k以下の3歳から小学6年の掲示あり

f0231709_19271780.jpg


ヒイラギ南天の黄色い花も咲いていました。

f0231709_19281431.jpg


ヒイラギナンテンは、華やかさには欠けるものの「黄色い花」とヒイラギに似た「独特の葉 」と「紫黒色の実」が魅力の低木。 樹高は1m~2mほどで、どこでも育つ丈夫な木で 栽培がやさしいことから公園や庭木などによく植えられている。

f0231709_1935574.jpg


f0231709_19284652.jpg


駐車場側の河津桜です。

f0231709_19482621.jpg


天気予報をみると、西から天気は下り坂。
今夜から明日にかけて、全国的に風が強く吹きます。
さらに西日本や東日本では太平洋側を中心に雨雲が発達します。

f0231709_1943748.gif


今治市の野間馬ハイランドと河津桜…2017/1/8
moreに貼ります。

More  ☆彡こちら↓クリックです

by manryouy | 2017-02-22 19:30 | 今治野間馬ハイランド | Trackback | Comments(0)

野間馬ハイランドの花数種と在来種の展示資料…2014・5・6



ハンカチの木の花の記事が 気になったので再び のまうまハイランドを訪れました。

f0231709_155155.jpg


花をつけるまでには10~15年くらいかかるそうです。

f0231709_192085.jpg


だから花をつけたハンカチの木は なかなかないそうです。

f0231709_163856.jpg


ハンカチノキ:“花”が見ごろの今治・野間馬ハイランドでした。

f0231709_171083.jpg


白い部分は「苞( ほう)」といい、花びらではなく葉の変形したもの。その形がハンカチに似ていることから 名付けられた。

f0231709_110269.jpg


中国西南部、標高2000メートル前後の山地が原産。

f0231709_173746.jpg


栃の木の花

f0231709_1155534.jpg


梅の若い実

梅の実に傷がなく、みずみずしく、はりのあるものが良品です。梅酒や梅ジュースには 若い青梅を。
梅干用には熟して果皮がほんのりと黄ばんだものを使います。
鮮度が大切 なので、手に入れたらできるだけ早く加工しましょう。

梅の木が栃の木の横にありました。

f0231709_1175916.jpg


アメリカ石楠花

f0231709_1182479.jpg


星条旗の様なアメリカ石楠花の花も咲いていました。

f0231709_1184986.jpg


リラの花も まだ咲いてiました。

f0231709_1193164.jpg


お馬さんは お食事中でした。

f0231709_1202012.jpg


連休中と言う事もあり多くの家族連れでにぎわってました。

f0231709_1301382.jpg


野間馬乗馬体験の家族連れで賑わっていました。

f0231709_121668.jpg


f0231709_1274878.jpg


動物ふれあいでモルモットを実際に 抱いて触って楽しいふれあいコーナー

f0231709_1213911.jpg


f0231709_122383.jpg


赤岩の化け物伝説

f0231709_1224024.jpg


昔、「銀さん」という人がいました。ある朝、となり村の親戚の建て前に、
お祝いの品(米・酒・鯛)を持っていこうと、この赤岩のあたりを通っていると、
急に眠気がしてきました。そして、目の前に何か正体のはっきりしない化け物が現れました。
銀さんは、もう親戚の家の近くまで来ているはずなのに、
いつまでたっても赤岩のあたりの山の中をうろうろするばかりで、
とうとう夕方になってしまい、結局いつの間にか自分の家に帰って来てしまいました。
今でこそ、明るくなっていますが、昔は木がうっそうと茂り、狸や狐が大入道や娘さんに化けて出るなど、人を化かすには格好の地であったようです。
この赤岩が見方によっては人間の横顔のように見えることから、このような伝説ができあがったのではないのでしょうか。
f0231709_123570.jpg


行楽日和に恵まれGW最終日で、盛況の、野間馬ハイランドでした。

f0231709_1291481.jpg


野間馬について以前のブログに詳しく載せました
MOREに貼ります。


More野間馬はこちらです。☆彡↓

by manryouy | 2014-05-07 01:16 | 今治野間馬ハイランド | Trackback | Comments(0)

のまうまハイランド・日本最小の在来馬…2014/3/31



日本最小の在来馬の野間馬に出会える。桜も咲いたでしょう。
 
3月30日に今治市に行き所用の後、のまうまハイランドに行きました。

f0231709_13543662.jpg


野間馬ハイランドは、13年前に、今治のウォーキングのイベントで寄って以来でした。

駐車場から階段上あたりに桜が咲いて5分、~ほぼ満開できれいです。

f0231709_13551742.jpg


2階に上がり展示資料(無料)も見て、在来種の事もよくわかりました。

f0231709_13554593.jpg


f0231709_1356674.jpg


随所に説明の写真看板がありました。

f0231709_13563149.jpg


ゆっくり見たいので写しました。

f0231709_13571894.jpg


f0231709_13592096.jpg


野間馬は古来より生息する未改良の在来馬で、体高は120cm以下と小さい。

f0231709_13581121.jpg


ここでは70頭あまりを飼育。

f0231709_14301260.jpg


放牧場や乗馬施設のほか、小動物ふれあい広場などを整備している。

f0231709_13585017.jpg


入場料 無料
乗馬(1周、4~12歳、体重50kg以下) 200円

f0231709_14102372.jpg


乗馬は  13:00~15:00
土・日曜、祝日は10:00~12:00、13:00~15:00、
時期により異なる

f0231709_1434970.jpg


f0231709_140136.jpg


駐車場から階段上あたりに桜が咲いて5分、~ほぼ満開できれいです。

f0231709_14125923.jpg



by manryouy | 2014-03-31 14:13 | 今治野間馬ハイランド | Trackback | Comments(2)
line

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
line
カレンダー