カテゴリ:大三島の伝統行事( 17 )

しまなみ海道の伯方島と大三島で瀬戸内の風景や桜を見る…2019/4/4


しまなみ海道の伯方島


近くの島々との海峡は潮流も急で、特に大島との間の船折瀬戸


f0231709_21510294.jpg

f0231709_21582767.jpg

大三島との間の鼻栗瀬戸は急潮で知られる。


f0231709_21512142.jpg

f0231709_21521329.jpg

船折瀬戸は、伯方島と鵜島の間の狭い瀬戸のこと。

船が折れてしまうほど潮の流れが強いことから、その名がついた。

船に乗って間近に潮流を感じたい方は、

大島から潮流体験船乗りも可能。


manryouy の潮流体験船を貼ります。

クリックしてください。


能島水軍潮流体験船でのクルージング2017/7/30


能島上陸&潮流クルーズの案内と上陸の桟橋・2017/8/2






しまなみ海道の伯方・大島大橋、…四国山地の石鎚連邦が見えます。


f0231709_07184994.jpg


今治・しまなみ海道の観光施設・名所巡り


https://www.jalan.net/kankou/tow_382020194/



f0231709_21543399.jpg


2005平成17年)1月16、今治市、越智郡11町村で合併し、

新しい今治市の一部となる。 


伯方中学校

西伯方中学校 2007年閉校伯方中学校に統合

f0231709_21593737.jpg

f0231709_22021045.jpg


 伯方小学校

有津小学校 - 20073月閉校、伯方小学校に統合

伊方小学校 - 20073月閉校、伯方小学校に統合

北浦小学校 - 20073月閉校、伯方小学校に統合


f0231709_22013409.jpg

しまなみ海道の大三島

斜長橋「多々羅大橋」


f0231709_22031864.jpg

f0231709_22083072.jpg

f0231709_22043632.jpg

f0231709_22074266.jpg

多々羅しまなみ公園には、特産品センター、レストラン夢岬、

産地直売所のふれあい屋台市、しあわせの鐘、レンタサイクルなど。



f0231709_22054064.jpg

f0231709_22065058.jpg

大山祇神社

日本総鎮守と呼ばれ、全国に一万社あまりの分社を持つ神社。


f0231709_22090672.jpg

f0231709_22094480.jpg

境内中央には樹齢約2,600年の神木である大楠が鎮座しており、
神社内の楠群は日本最古の原始林社叢の楠群として、
昭和26年に国の天然記念物に指定されています。


f0231709_22102600.jpg

f0231709_22105549.jpg

f0231709_22112166.jpg

ホーム > 平山郁夫画伯 しまなみ海道五十三次スケッチポイント

http://hirayama-museum.or.jp/shimanami.html









f0231709_22122458.jpg

大三島藤公園

f0231709_22130333.jpg


桜はまだ3分咲きくらい、明日も気温が上がるので一気に咲きそう…

開花状況は、つぼみから満開、散り始め、青葉まで、

日々の気象状況の影響を大きく受け進みます。



f0231709_22144380.jpg

f0231709_22152863.jpg

f0231709_22162704.jpg

訪れる人の憩いの場となっています。


f0231709_22135992.jpg

大三島の藤公園の花と実…2017/5/30

https://manryouy.exblog.jp/27856158/


f0231709_22234779.jpg


大三島から西条市丹原の自宅へ帰宅までの

穏やかな好天気のドライブは約1時間30分でした。


f0231709_22365628.gif

ETC車料金(平日) 軽自動車等

https://www.jb-honshi.co.jp/customer_index/guide/


f0231709_22342799.jpg



by manryouy | 2019-04-04 22:27 | 大三島の伝統行事 | Trackback | Comments(0)

大三島の藤公園の藤棚も見頃…2018/4/23

延長約300メートルの藤棚
f0231709_16304145.jpg
f0231709_16333857.jpg

f0231709_16310485.jpg

親戚Tさんが送ってくださったので
編集しています。

f0231709_16315243.jpg

f0231709_16301010.jpg
f0231709_16312581.jpg

大三島美術館を中核とし、東側は延長約300メートルの藤棚を

中心にバラ、桜などの花木と芝を張りめぐらせた洋風の公園、


f0231709_16322817.jpg



西側は白壁に囲まれた枯山水公園で花王ボタン、アジサイ等、

花を中心とした日本庭園となっています。

f0231709_16331746.jpg
f0231709_16341526.jpg
f0231709_16344068.jpg


年に一度5月3日に藤祭りが開催されています。

f0231709_16380546.gif




by manryouy | 2018-04-26 16:39 | 大三島の伝統行事 | Trackback | Comments(0)

大三島藤公園の藤祭り…2018/4/23


大三島藤公園

年に一度藤祭りが開催されます。

開催日   2018 5 3

施設名等   大三島藤公園

住所   愛媛県今治市大三島町宮浦9100-1

f0231709_17325755.gif


大三島美術館を中核とし、東側は延長約300メートルの藤棚を

中心にバラ、桜などの花木と芝を張りめぐらせた洋風の公園、

西側は白壁に囲まれた枯山水公園で花王ボタン、アジサイ等、

花を中心とした日本庭園となっています。


年に一度藤祭りが開催されています。


四季折々の花木の美しさは格別で、訪れる人の

憩いの場となっています。



f0231709_17480704.gif



藤の花の香りに包まれて



おもてなしの心と藤の花の香りに包まれた中で野点茶会を行います。


f0231709_17485017.gif

そのほかに屋台村・句作展示・生花展・野菜や花の苗の

販売コーナー等のイベントも実施します。


大三島の藤公園の関連を貼ります。



by manryouy | 2018-04-23 17:49 | 大三島の伝統行事 | Trackback | Comments(0)

大三島の藤公園の花と実…2017/5/30



お田植祭りの始まる前に2時間は待ち時間があり駐車場にしている近くの 大三島藤公園に行く。

f0231709_22113216.jpg
f0231709_22252463.jpg

2017
53 大三島藤公園 藤まつりイベントも300mの藤棚の周辺で野点茶会・その他に屋台村、新鮮な野菜や魚介類の即売コーナー等でにぎわったそうです。

f0231709_22154244.jpg
f0231709_09153647.jpg

藤まつりが実施された場所の
藤公園で持参のお弁当と休憩をとることにしました。


f0231709_22190183.jpg

持参のお弁当タイムで休憩して散策しました。

f0231709_22164903.jpg

大三島藤公園の鶴姫の像

f0231709_22221995.jpg
親戚Tさん提供の鶴姫像2件です。
f0231709_07340740.jpg
f0231709_07344396.jpg


大三島藤公園の花と実

f0231709_22204559.jpg

バラの花

 春(5~6月)と秋(10、11月)に咲くものが

 多いようです。 夏は暑いのでひと休み。甘い香りが香水の材料にも使われる。

草丈が20~30cmで、花の大きさが3cmぐらいの小さい薔薇を一般に「ミニ薔薇」と呼ぶ。たくさん花をつける。

f0231709_22230886.jpg


ヒイラギ南天に紫に色がつき始めた実です。

f0231709_22274402.jpg

初夏から秋にかけて黒紫色の実を熟す。

3~4月にかけて黄色い花が咲く。

http://manryouy.exblog.jp/18597350/


山法師

花水木とよく似ているが、咲く時期が花水木より2週間ほど遅く、また、花の先端がとがっている。

f0231709_22301845.jpg







by manryouy | 2017-05-31 22:34 | 大三島の伝統行事 | Trackback | Comments(0)

大山祇神社参拝と御田植祭・一人角力.…2017/5/30


大山祇神社の御田植祭(旧暦の5月5日)に・一人角力奉納.と
早乙女が清廉な装いで古式にのっとり、 厳粛に田植えの儀式の
奉仕が5/30日(火)に行われました。
f0231709_13193144.jpg

当日の様子を以下にまとめました。


manryouyは早朝9:00過ぎに到着したので、
ゆっくり大山祇神社の境内と周辺も歩きました。

大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)は、愛媛県今治市大三島町宮浦にある神社。

大山祇神社は、山と海と武人の神として朝廷・武士の信仰を集め、
現在は応永34(1427)再建の本殿や拝殿・摂社が残っています。

f0231709_09215995.jpg


f0231709_13351186.jpg

斎田(さいでん)
大山祇神社伝統の神事御田植祭(旧暦の5月5日)と抜穂祭(旧暦9月9日)は、この神田に於いて行われます。このとき、愛媛県無形文化財 一人相撲が奉仕されます。

f0231709_20213860.jpg

f0231709_11505223.jpg

平山郁夫画伯のスケッチポイント
f0231709_08010350.png



2010年に再建された総門は総ヒノキ造りで高さは12mもあります。


日本総鎮守
大山積大明神

f0231709_18131865.jpg


立派な狛犬総門前。右の狛犬

神社の狛犬は「阿吽の呼吸」で神様をお守りする、あるいは「誕生時に・阿」、「死んだ時に・吽」、つまり事が生まれてから死ぬまでを意味して向かって右側に「口を開けた『阿』の狛犬」、左側には「口を閉じた『吽』の狛犬」を配置する。

f0231709_19190712.jpg

御神木の大楠


樹齢2600年ともいわれる大楠は、社伝によると、大山積大神の子孫小千命(おちのみこ)が神代に祖神を鎮祭申し上げた記念に手植えされた御神木だそうです。

f0231709_18582621.jpg

日本総鎮守と呼ばれ、全国に一万社あまりの分社を持つ神社。
境内中央には樹齢約2,600年の神木である大楠が鎮座しており、神社内の楠群は日本最古の原始林社叢の楠群として、昭和26年に国の天然記念物に指定されています。


f0231709_18580075.jpg

f0231709_11580428.jpg


天然記念物の楠の原生林に囲まれている。


f0231709_11545678.png


愛媛最古の神社という由緒があり、全国に一万社あまりある山祇神社の総本社とされる。

広い境内は静寂で厳かな神秘的な空間。

大楠の奥の階段を登ると改装した神門。

f0231709_19170343.png

拝殿・本殿はは重要文化財で非常に立派です。


f0231709_11592379.jpg


大山祇神はイザナギの命とイザナミの命の息子であり、天照大神の孫であるニニギの命の義理の父であることから、この神社は日本総鎮守として崇められています。

f0231709_12044595.jpg


本殿、拝殿、宝篋印塔は重要文化財に指定され、隣接する宝物館には国宝を含む数多くの重要文化財を収蔵しています。

海の神、戦いの神でもある大山祇神が祀られています。

f0231709_12014114.jpg

本殿や拝殿などの重要文化財も多く、時の流れを忘れるほど神秘的な空間が体感できる。

海の神、山の神、武人の神として信仰があり、多くの武将から戦勝祈願や謝礼として武具が奉納されてきた。

日本総鎮守
大三島宮大山祇神社由緒

 御祭神 大山積大神
御祭神大山積大神は天照大神の兄神で山の 神々の親神に当り(古事記・日本書紀) 天孫瓊々杵尊の皇妃となられた木花開耶姫命 の父神にあたる日本民族の祖神として、和 多志大神(伊豫國風土記)と申し上げる。海上安全の守護神である。
地神・海神兼備の大霊神として日本の国土 全体を守護し給う神であるところから古代 より日本総鎮守と尊称され朝廷を初め国民 の崇敬は各時代を通して篤く中世は四社詣、五社詣の中心となり、平安時代既に市が立 ち現在に続いている。
御分社は、全国に一〇、〇〇〇余社祀られ、 延喜式名神大社に列せられ伊予国一の宮 に定められた。明治以降は国幣大社に列せられ四国で唯一 の大社として尊崇されている。

-境内案内より

f0231709_12073682.jpg


f0231709_12051170.png

それらを展示した宝物館が境内にあり、全国で国宝を始め重要文化財に指定されている武具や甲冑類のうち8割が収蔵されているといわれている。

f0231709_12053061.png

国宝8点、重要文化財も多数所蔵。
国の重要文化財76件(2014年現在)を有し、これらは紫陽殿と国宝館に収納・一般公開されている。

生物学者であった昭和天皇が海洋生物の研究に使った「葉山丸」を展示している大三島海事博物館も境内にある。
f0231709_17405518.jpg

鶴姫ロード
大山祇神社の宝物館側の川沿いの道が鶴姫ロードです。
鶴姫の銅像があり説明板もありました。

f0231709_17433891.png

お田植の斎田の周りも準備が整っていました。

f0231709_18363093.png

この時の時間は10:30分・…
2時間は待ち時間があり近くの藤公園で持参のお弁当と休憩をとる。
f0231709_17552300.jpg



f0231709_17511826.png



斎田の周りは、写真撮影会の様に賑わっています。

大山祇神社の御田植祭

大鳥居から境内に入ると、すぐに右手に斎田があり、その奥に御座敷殿がある。

12:30分ごろ、3基の神輿もお田植祭の神事に御座敷殿に渡御して入ってきました。

ここで親戚Tさんに偶然会いました。
manryouyは、多くのカメラマンの後方にいるので、ビデオ撮影からでも、記録の写真の添付をお願いし,下の編集に加えました。109.png110.png

3基の宮出しして神輿もお田植祭でお座敷殿に入って鎮座する。

f0231709_19252826.jpg



f0231709_12111102.jpg

一力山が目に見えない稲の精霊と
相撲をとる一人角力(ひとりずもう)

精霊が勝つとその年は豊作になると言われている、一人角力(ひとりずもう)も奉納され、力士が目に見えない稲の精霊と真剣に相撲をとる。全国的に珍しい「一人角力(ひとりずもう)」は、稲の精霊との力比べでした。

f0231709_12140127.jpg

「一力山」が、目に見えない稲の聖霊との3番勝負に臨み、境内の斎田のそばに設けられた土俵で顔を真っ赤にして踏ん張ったり、表情も豊かで小技も光っていました。

f0231709_21003612.jpg


f0231709_13415920.png


16名の早乙女が白衣に赤襷、手甲脚絆の 清廉な装いで
古式にのっとり、これから 厳粛に田植えの儀式を奉仕しました。
斎田で一列になって田植えをして、今年も無事神事を終えました。


f0231709_13361793.jpg

写真撮影会の様に父兄の方や観光客で賑わっています。

f0231709_13375069.jpg

取材のカメラも多いです。
f0231709_18084279.jpg

f0231709_18030741.jpg


御田植祭の後の斉田には早苗を全部植えるようです。

f0231709_18190183.jpg

f0231709_18195815.jpg


f0231709_21062154.jpg

神事が終わると神輿3基も本殿の宮入に向けて出立です。

f0231709_21070402.jpg


f0231709_08552993.png

「一力山」
f0231709_08554334.png




f0231709_13402641.png


f0231709_21025989.jpg

f0231709_09084316.png

f0231709_09094147.jpg

第46回奉納少年相撲大会も始まっています。


f0231709_18383549.jpg



f0231709_18401601.jpg
今年はmanryouy夫婦は初めて見に来ましたが、
百聞は一見に如かずで感動しました。
f0231709_21033202.jpg

過去のブログは親戚Tさん提供ですが、本日のお田植祭の様子は
今回も送ってもらって充実した内容にできました。

お手数をかけましたが本当にありがとうございました。

関連の2リンクです。

大山祇神社の御田植祭・・・2015/6/20

[ 2015-06 -21 02:59 ]

大山祇神社・斎田・抜穂祭NO!・・・2014/10/2

[ 2014-10 -03 16:40 ]


by manryouy | 2017-05-31 12:16 | 大三島の伝統行事 | Trackback | Comments(0)

大山祇神社の御田植祭.…2016/6/9

一人角力と御田植え祭が旧歴の5月5日と言う事で 、6月9日にしまなみ海道・大三島の大山祇神社(今治市大三島町宮浦)を覗いてみました。
11:12分
f0231709_062291.jpg


御田植祭の斎田では、まァ~~~とぉ~~~から 場所取りの三脚だった!

f0231709_22505499.gif


日本建国の神と伝わる大山積 大神を祀る大山祇神社・古式ゆかしい神事. 毎年旧暦の5/5に開催され ます。

f0231709_2252559.gif


拝殿の前には、 樹齢2600年ともいわれる大楠。

f0231709_0293988.jpg


f0231709_030667.jpg


御田植祭(の前)の際に行われる神事で大山祗神の神霊を慰め、豊作の祈願と感謝をするものです。

f0231709_225314100.gif


f0231709_22533327.gif


斎田祭場の御棧敷殿に向けて、3基の神輿が神幸しました。

f0231709_0411493.jpg


f0231709_042237.jpg


f0231709_22535197.gif


f0231709_2255051.gif



大山祇神社. 2010年に再建された総門は総ヒノキ造りで高さは12mもあります。


f0231709_0315424.jpg


御田植祭は650年以上前に始まったと伝わる同神社の年中行事で、旧暦5月5日に行っている。

f0231709_22572837.jpg


五穀豊穣を祈願する御田植祭。
12:47分
f0231709_2301386.jpg


下種祭を奉仕して大切に育てられた玉苗は神饌とともに供えられ、厳粛に祭儀が行われました。

f0231709_0152550.jpg


今年も豊作を祈念し一人角力と御田植え祭行われました。

f0231709_2324046.gif


行司が、軍配を手にし、神前に一礼ののち、「こなた精霊」「かたや一力山」と呼び出します。 一力山が稲の精霊と相撲をとる一人角力(ひとりずもう)が奉納されました。

f0231709_23271188.jpg


県無形民俗文化財の一人角力は、市職員菅さんが力士役を務め、一力山が目に見えない稲の精霊と3番勝負を繰り広げた。

f0231709_2373618.gif


f0231709_226545.jpg


観客は白熱した取組を見守り、菅さんが豪快に投げられ精霊が2勝1敗で勝ち越すと、盛んに拍手を送った。


f0231709_2341584.jpg


全国的に珍しい「一人角力(ひとりずもう)」は、稲の精霊との力比べでした。
精霊が勝つとその年は豊作になると言われている。一人すもうは、秋の抜穂祭(旧暦9月9日)にも行われるようです。

13:10分
f0231709_233862.gif


f0231709_2204616.jpg


御田植神事では、島内13地区から選ばれた女子児童16人が白装束に赤だすきの早乙女姿で斎田に入り、丁寧に苗を植えました。

f0231709_23163551.gif


16名の早乙女が白衣に赤襷、手甲脚絆の 清廉な装いで御田植えを奉仕しました。
13:16分
f0231709_934898.jpg


島内から選ばれた16名の早乙女が斎田に入り、雅楽に合わせて苗を植えました。
13:17分
f0231709_943810.jpg

13:19分
f0231709_96127.jpg

13:21分
f0231709_23285718.jpg


斉田で一列になって田植えをして、今年も無事神事を終えました。

f0231709_23292818.jpg

13:23分
f0231709_9201318.jpg


神事が終わると神さんも本殿に向け宮入に向けて出立です。
13:26分
f0231709_23311086.jpg

13:43分
f0231709_9234518.jpg

13:45分
f0231709_9245277.jpg

13:45分
f0231709_2332281.jpg

13:46分
f0231709_927617.jpg


f0231709_23335863.gif


3基の神輿も本殿に宮入です。
13:50分
f0231709_23343925.jpg


海の神、戦いの神でもある大山祇神が祀られています。
大山祇神はイザナギの命とイザナミの命の息子であり、天照大神の孫であるニニギの命の義理の父であることから、この神社は日本総鎮守として崇められています。

f0231709_23356100.jpg

日本総鎮守
 大三島宮大山祇神社由緒
 御祭神 大山積大神
御祭神大山積大神は天照大神の兄神で山の 神々の親神に当り(古事記・日本書紀) 天孫瓊々杵尊の皇妃となられた木花開耶姫命 の父神にあたる日本民族の祖神として、和 多志大神(伊豫國風土記)と申し上げる。
海上安全の守護神である。
地神・海神兼備の大霊神として日本の国土 全体を守護し給う神であるところから古代 より日本総鎮守と尊称され朝廷を初め国民 の崇敬は各時代を通して篤く中世は四社詣、 五社詣の中心となり、平安時代既に市が立 ち現在に続いている。
御分社は、全国に一〇、〇〇〇余社祀られ、 延喜式名神大社に列せられ伊予国一の宮 に定められた。
明治以降は国幣大社に列せられ四国で唯一 の大社として尊崇されている。

-境内案内より

f0231709_23352494.jpg


大山祇神社神門造替え工事 平成28年11月 完?

f0231709_1533379.jpg


f0231709_154313.jpg


大山祇神社の御田植祭・・・2015/6/20

http://manryouy.exblog.jp/24159343/

by manryouy | 2016-06-09 23:36 | 大三島の伝統行事 | Trackback | Comments(0)

三島水軍鶴姫まつり前夜祭…2015/7/18

大三島町役場での開会式に向け千本牡丹の北川だんじりを先頭に東常磐 宝来 西町西組 旧藩 下町 西之原 の行列で続きます。

f0231709_219377.jpg


f0231709_21123826.gif


北川だんじり下町だんじりは3階ながら はなから除車運行で進みます。

f0231709_21131114.gif

前夜祭の時間

8:30-1900開会式・来賓あいさつ

f0231709_21141377.jpg


海道夢太鼓による演奏

f0231709_21144843.jpg


f0231709_2115479.jpg


f0231709_21152778.jpg


f0231709_2115421.jpg


役場に据えちょる間に提灯点灯

f0231709_2117330.jpg


開会式や 提灯点灯も終わり大山祇神社向け出立。

f0231709_0161869.jpg


f0231709_21184029.gif


道中で お花をくれたお宅の前では ゆさくっての お花御礼。

f0231709_018853.jpg


f0231709_0184696.jpg


19:00-19:30小松だんじり出発参道を通り大山祇神社へ

f0231709_21203962.gif


f0231709_21205625.gif

大山祇神社参道に鉦太鼓伊勢節が響きます。
f0231709_0191086.jpg


19:30-20:30小松だんじり大山祇神社到着。

f0231709_2122359.gif


神社前に先頭到着 山門はくぐれないので脇道を進み山門内に入ります。道が狭い上に脇には井手が あるので落ち込まん様に歩こうとする。

f0231709_21251764.jpg


f0231709_21255293.jpg


f0231709_21261737.jpg


境内にてかき比べ20:30-・・・・・

f0231709_029467.gif


f0231709_21233938.jpg


運行許可時間迫る中大楠の前で差し上げ奉納。
f0231709_22334748.jpg


f0231709_2127225.jpg


f0231709_21272920.jpg


f0231709_030586.jpg


f0231709_0313955.jpg



f0231709_21275799.jpg


f0231709_21285238.jpg


f0231709_2245240.jpg


大山祇神社出発・・・・鶴姫公園から川沿いを通り行進

f0231709_182863.jpg

21時までに宮浦港の奥の撰果場まで戻らないかんのに なかなか進みません。

f0231709_226159.jpg


除車運行組は相変わらず担いで休み休みの進行です。おまけに参道筋ではアルコールの接待で益々遅れます。

f0231709_2262628.jpg


f0231709_2147483.gif


タイムリミットギリギリで帰った屋台はビニールシートをかけて明日の鶴姫行列に備えます。

遅れに遅れた地区の屋台は鉦太鼓は叩かず伊勢節だけで戻ってます。

f0231709_21483625.jpg


担ぎ通しの北川だんじりは 時間通り戻りましたが 氷見下町だんじりは途中であましたらしく戻りきらずに据えてシートをかけてました。

f0231709_2149381.jpg


f0231709_1111713.jpg


明日屋台は鶴姫行列に参加 又 鶴姫レースに参戦する地区もある様ですが法要があるので行けません。

22時大三島を後に帰路につきました。
22:29分
f0231709_1115690.jpg

22:44分
f0231709_1124020.jpg


7月19日 10:00~大山祇神社参拝後、鶴姫行列スタート
場所愛媛県今治市大三島町・大山祇神社参道~宮浦港前広場

お問合せ先鶴姫まつり実行委員会 (しまなみ商工会 大三島支所)

TEL:(0897)82-0795

えしめ新聞の記事より
f0231709_1264148.jpg



瀬戸内しまのわ2014・大三島の鶴姫まつりNO1

http://manryouy.exblog.jp/22578558/

瀬戸内しまのわ2014・愛媛。大三島の鶴姫祭りNO2

http://manryouy.exblog.jp/22582917/


親戚Tさん提供。

帰宅が遅くなりましたね。いつも精力的な取材ありがとうございます。お疲れ様でした。前夜祭に西条のだんじりが参加して、その様子がよく分かりました。鶴姫祭りのイベントは毎年恒例で7月の海の日(祝)に行われるようです。
manryouyより

by manryouy | 2015-07-19 21:29 | 大三島の伝統行事 | Trackback | Comments(0)

大山祇神社の御田植祭・・・2015/6/20

f0231709_2523127.gif
大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)は、愛媛県今治市大三島町宮浦にある神社。

大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)は、山と海と武人の神として朝廷・武士の信仰を集め、現在は応永34年(1427)再建の本殿や拝殿・神門・摂社が残り、天然記念物の楠の原生林に囲まれている。
国宝8点、重要文化財も多数所蔵。

f0231709_155857.jpg


大山祇神社 御田植祭を、2015年も見ようと行ってきました。

f0231709_2542266.jpg


大山祇神社に到着した時にはリハーサル中でした。

大三島にある大山祇神社で御田植祭が行われました。

f0231709_2551671.jpg


取材は、2014年と同じ状況なので、まとめ編集にしています。

2015年6月20日(土)の御田植祭とは
大山積神が木花開耶姫命に稲作りを教えられた神徳を奉拝すること。
数々の神徳のうち農業神として五穀豊穣を祈りました。

f0231709_10342683.gif


当日は斎田祭場御棧敷殿に3基の神輿が神幸しました。
下種祭を奉仕して大切に育てられた玉苗は神饌とともに供えられ、厳粛に祭儀が行われました。

f0231709_1035889.gif


神事の一力山が目に見えない稲の精霊と相撲をとる一人角力(ひとりずもう)が奉納された。

f0231709_10373980.gif


島内13地区から選ばれた16人の早乙女が、白衣に赤襷(あかだすき)、手甲脚絆(てっこうきゃはん)の装いで御田植えを奉仕しました。
f0231709_10385359.gif


毎年旧暦5月5日に開催。

f0231709_10391286.gif


大山祇神社で一人角力の奉納と御田植え祭…2014・6・2


Published by デジブック
一人角力と御田植え祭が旧歴の5月5日と言う事で 、6月2日にしまなみ海道・大三島の 大山祇神社(今治市大三島町宮浦)を覗いてみました。

f0231709_1152468.jpg


日本建国の神と伝わる大山積大神を祀る大山祇神社で、今年も豊作を祈念し一人角力と御田植え祭行われました。

f0231709_273128.jpg


旧暦5月5日に行われる、 五穀豊穣を祈願する御田植祭は、古くは貞治3年(1346)の記録が残る神事です。
f0231709_117588.jpg


少子化の影響で複数年参加の早乙女さんが多数の様です。

f0231709_1184292.jpg


また、一人角力(ひとりずもう)も奉納され、力士が目に見えない稲の精霊と真剣に相撲をとる。

f0231709_11925100.jpg


精霊が勝つとその年は豊作になると言われている。

f0231709_1204680.jpg


全国的に珍しい「一人角力(ひとりずもう)」は、稲の精霊との力比べでした。

「一力山」が、目に見えない稲の聖霊との3番勝負に臨み、境内の斉田のそばに設けられた土俵で顔を真っ赤にして踏ん張ったり、表情も豊かで小技も光っていました。

f0231709_1355548.jpg


最後には豪華に投げ飛ばされ1勝2敗で精霊に負けて、今年も豊作が約束されました。

愛媛県無形民俗文化財、一人角力奉納は、収穫祈願の古式 ゆかしい神事ですね。

f0231709_121387.jpg


一人すもうは、秋の抜穂祭(旧暦9月9日)にも行われるようです。

島内から選ばれた16名の早乙女が清廉な装いで古式にのっとり、これから 厳粛に田植えの儀式を行う。

f0231709_1235749.jpg


おたうえまつり と言うより写真撮影会の色の方がかなり相当濃い様です。

f0231709_1244338.jpg


16名の早乙女が白衣に赤襷、手甲脚絆の 清廉な装いで御田植えを奉仕しました。

f0231709_126742.jpg


島内から選ばれた16名の早乙女が斎田に入り、雅楽に合わせて苗を植えました。

f0231709_1264255.jpg


斉田で一列になって田植えをして、今年も無事神事を終えました。

f0231709_19233564.jpg


神事が終わると神さんも本殿に向け宮入に向けて出立です。

f0231709_1283296.jpg


f0231709_128547.jpg


少年奉納相撲もひらかれていました。

f0231709_1294546.jpg


f0231709_130440.jpg



大山祇神社の早乙女の御田植祭と一人角力2013年の様子です。

http://manryouy.exblog.jp/19815771/


親戚Tさんの提供。

by manryouy | 2015-06-21 02:59 | 大三島の伝統行事 | Trackback | Comments(0)

大山祇神社斎田抜穂祭NO2・・・2014/10/2




f0231709_18252984.jpg


f0231709_18254410.jpg


抜穂祭時に神輿が抜穂祭時に神輿が渡御する渡御する

f0231709_18265682.jpg


f0231709_18271670.jpg


テレビ局のカメラは多く、また芸人さんはホームビデオカメラで取材しているところを撮影したりしておりました。

f0231709_1912391.jpg


抜穂祭では早乙女では なく抜穂乙女となっていました。

f0231709_18552247.jpg


抜穂乙女たちは鎌で実った稲を刈る。

f0231709_1837321.jpg


f0231709_18315859.jpg


あいTVテレビ愛媛は外国の方にインタビュー中でした。

f0231709_19103142.jpg



お田植え祭の時とは順番が逆で抜穂で収穫した稲穂を神前に供えてからの神事です。

f0231709_18345299.jpg


なが~い神事の間も しおらしく じっと腰掛けて辛抱してました。

f0231709_18355622.jpg


続いてまた、大山祇神社では、「一人角力の奉仕」は、目に見えない稲の精霊と真剣に相撲をとる。
一人角力は、一勝一敗勝負の三番目。無事負け越し来年の豊作が確約されました。

f0231709_18353623.jpg


一度位、屋根瓦は飛び交う程の大番狂わせがあれば非常に面白いですが
稲の精霊に勝つなどは、鐵の掟にて許されない事の様です。

f0231709_1835568.jpg


この一人角力は現在、愛媛県の無形民俗文化財に指定されている。

f0231709_18484524.gif


大山祇神社の楠群は、日本最古の原始林社叢の楠群として国の天然記念物に指定されています。

f0231709_1839379.jpg


f0231709_1839344.jpg


ご一行様 拝殿に戻り無事抜穂祭終了しました。

f0231709_18404280.jpg


f0231709_1841859.jpg


f0231709_18413089.jpg


お神酒をいただき解散でした。

f0231709_18414858.jpg


ご一行様お神酒をいただき解散でした。

親戚Tさん取材・編集manryouy。

大山祇神社で一人角力の奉納と御田植え祭…2014・6・2

http://manryouy.exblog.jp/22199660/

by manryouy | 2014-10-03 18:49 | 大三島の伝統行事 | Trackback | Comments(2)

大山祇神社・斎田・抜穂祭NO!・・・2014/10/2

大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)は、愛媛県今治市大三島町宮浦にある神社。

f0231709_155857.jpg


全国にある山祇神社(大山祇神社)の総本社。10月2日は抜穂祭の当日です。

f0231709_1642780.jpg


f0231709_1581335.jpg


御棧敷殿(おさじきでん)(奥)と斎田

御棧敷殿(おさじきでん)(素木造で入母屋造銅板葺。斎田前に建ち、御田植祭・抜穂祭時に神輿が渡御する。
f0231709_1511507.jpg


38本が「大山祇神社のクスノキ群」の名称で国の天然記念物に指定されている、天照大神の兄神、大山積大神を祀る。クスの巨木に囲まれた境内は静か。

f0231709_1544125.jpg


f0231709_15453631.jpg


f0231709_15142267.jpg


本殿、拝殿は重要文化財。

f0231709_15591839.jpg


f0231709_15103675.jpg


f0231709_15111322.jpg


f0231709_15263222.jpg


お田植え祭の時とは順番が逆で抜穂で収穫した稲穂を神前に供えてからの神事です。

f0231709_1515364.jpg


抜穂祭では早乙女では なく抜穂乙女となっていました。

f0231709_15241416.jpg


f0231709_1520401.jpg


続いて一人角力の奉仕は、一勝一敗勝負の三番目。無事負け越し来年の豊作が確約されました。

f0231709_161826100.gif


一度位屋根瓦は飛び交う程の大番狂わせがあれば非常に面白いですが、目に見えない稲の精霊との、鐵の掟にて許されない事の様です。
f0231709_15211544.jpg


ご一行様 拝殿に戻りお神酒をいただき解散
雨が降れば神事のみでしたが心配された雨も ほとんど降る事なく無事抜穂祭終了しました。

f0231709_16354032.gif


十七神社社殿の檜皮葺の屋根が真新しくなりかけていました。
f0231709_15291638.jpg


檜皮と申しましても実際は杉皮と聞いた事がありますが真相は?どちらにしても銅板,陶器瓦全盛の この時代に檜皮葺に拘るところは流石です。
f0231709_1530994.jpg


f0231709_1531517.jpg


宝物館には国宝、重要文化財に指定された鎧兜など武具を多数展示。(会館前閉門中)
神社の鶴姫ロード。銅像

f0231709_15324432.jpg


f0231709_15331298.jpg


瀬戸内しまのわ2014・大三島の鶴姫まつりNO1・2014/7/20

http://manryouy.exblog.jp/22578558/

瀬戸内しまのわ2014・愛媛。大三島の鶴姫祭りNO2

http://manryouy.exblog.jp/22582917/」

「鶴姫伝説」大三島

http://senjp.com/thuruhime/

by manryouy | 2014-10-03 16:40 | 大三島の伝統行事 | Trackback | Comments(3)

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy