カテゴリ:冬~春の花( 4 )


ビオラの花壇の花の彩り…2018/4/13



ビオラは花つきと花ぞろいがたいへんよく、気温が上昇する

2月から3月からはますます成長し、大株に広がる。


f0231709_16050544.jpg


花色が鮮やかで個性的ですね。


f0231709_15393153.jpg

,,ピンク,オレンジ,,,,,,複色等。


f0231709_16054531.jpg


単色のほか、日ごとに花色が変化する品種もある。


f0231709_16091189.jpg


ビオラは秋から連続して開花する。


f0231709_16062524.jpg


花弁にひげやストライプ、ブロッチが入るものや、

花色が日ごとに変化するものなど、個性派ぞろいです。


f0231709_16065684.jpg


パンジー、ビオラは、ヨーロッパに自生する野生種から育種され、

かつては大輪のものをパンジー、小輪で株立ちになるものを

ビオラと呼んで区別していました。


f0231709_16081281.jpg


f0231709_16072787.jpg


現在は複雑に交雑された園芸品種が登場し、

区別できなくなっています。


説明している関連サイトです。






by manryouy | 2018-04-13 16:12 | 冬~春の花 | Trackback | Comments(0)

ジンチョウゲ(沈丁花)の生垣…2016/2/9

ジンチョウゲは、香りのよい花を早春に咲かせる常緑の花木です。
外側が紅紫色で内側が純白の肉厚な花は、濃い緑色の葉とよく合います。
f0231709_1932624.jpg


花弁のように見える部分は萼が花弁状に変化したもので、本来の花弁ではありません。
漢字では「沈丁花」と書き、花の香りが沈香、花姿が丁字に似ているところに由来するとされます。

f0231709_1934128.jpg


特徴はなんと言っても、上品な甘い香りを放つ花です。
ジンチョウゲは春先に咲く常緑低木。成長しても一メートルくらいなので生垣にも向い ています。
f0231709_19352161.jpg


地植えは一度根付くと、真夏にひどく乾くような場合を除いて、取り立てて水を与える必要はありません。地植えは一度植えると植え替えの必要はありません。

f0231709_193627.jpg


庭木のほか、鉢植えにもされます。

f0231709_1942599.gif


ジンチョウゲ(沈丁花)・・・2013・2・19で詳しく書きました。

http://manryouy.exblog.jp/18665906/

by manryouy | 2016-02-09 19:36 | 冬~春の花 | Trackback | Comments(0)

花壇の沈丁花が早い開花…2014/11/27

「中萩駅」は愛媛県新居浜市にあるJR予讃線の駅です。
中萩駅の花壇の沈丁花が昨年よりもまだ早く、芳香を撒き散らせて咲き始めました。

f0231709_8422393.gif


今年は気温は平年より高く、晴れる日は過ごしやすいからでしょうか!?

f0231709_844073.gif


2013年は12/26日が開花でした。再掲します。

f0231709_1293468.jpg


中萩駅前の花壇では早くも沈丁花が開花していました。

f0231709_1323563.jpg


伊予路に春を告げる沈丁花の花が咲いて、これは早いですね。

f0231709_133743.jpg


西条市の福武地蔵原の道縁に咲いていた沈丁花です。

f0231709_1343766.jpg


今回は花より先に芳香で気がつきました。

f0231709_135624.jpg


by manryouy | 2014-11-28 08:45 | 冬~春の花 | Trackback | Comments(0)

ビオラの花壇の彩…2014・4・20

ビオラは、長く楽しめる花ですね。

f0231709_925317.jpg


ビオラは、ヨーロッパに自生する野生種から育種されました。
開花時期 11~6月  苗の購入期 10~3月

f0231709_8481832.jpg


f0231709_962764.png草丈 10~30cm 花色 赤、ピンク、白、オレンジ、黄、青、紫
①育てやすい花 ②長いく楽しめる花 ③冬の寒さに強い花

f0231709_849340.jpg


小輪で株立ちになるものをビオラと呼んで区別していましたが、現在は複雑に交雑された園芸品種が登場し、区別できなくなっています。

f0231709_8493076.jpg


 野生種や初期の品種は、冬の低温にあったのちに、長日下で開花する性質をもっていました。しかし現在は、その性質が弱まり、秋から春まで長期間咲く品種が多く、殺風景になりがちな冬のガーデンになくてはならない存在になりました。

丈夫で冬の寒さに強く秋・冬・春・初夏と咲き続けます。
10月下旬から11月になってから購入して植えつけるのがよい。

f0231709_8502136.jpg


秋から春にかけて咲き続け丈夫で冬の寒さのも強く、花壇やベランダを華やかに、そして愛らしく彩るビオラ。

f0231709_8505321.jpg


四季咲き性で秋から咲くものも増え、開花期の長さと豊富な花色が大きな特徴です。f0231709_8573459.png
また、整った姿を長く保つことや病害虫にも強く、ガーデニング初心者に育てやすいのも魅力です。

f0231709_8511869.jpg


ビオラは、晩秋から春までの間、次々にたくさんの花を咲かせます。花を咲かせる体力を維持するために、定期的に追肥をします。

f0231709_8514774.jpg


元肥として緩効性化成肥料を施し、開花中は追肥(月に2~3回液肥か、緩効性の化成肥料)を与えます。

f0231709_965793.png





by manryouy | 2014-04-20 09:00 | 冬~春の花 | Trackback | Comments(0)
line

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31