カテゴリ:便利カレンダー( 10 )


十五夜の月を「中秋の名月」…2018/9/5



「中秋」と呼ばれる日が旧暦の8月15日にあたります。


秋の風物詩「中秋の名月」 日本の秋の夜長を
楽しむ行事と言えば、十五夜のお月見です。

日本では十五夜の月を「中秋の名月」と呼んで

お月見を楽しみますよね。


f0231709_12204691.gif

f0231709_12143168.gif


調べました。


中秋の名月(20189月)| 国立天文台(NAOJ)


https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/09-topics03.html


今年は924日が中秋の名月、翌日の925日が満月と、

中秋の名月と満月の日付が1日ずれています。


太陰太陽暦では、新月(朔)の瞬間を含む日が、

その月の朔日(ついたち)になります。f0231709_12165062.gif


今年は910日(新月の瞬間は301分)が

太陰太陽暦の81日、924日が

太陰太陽暦の815日となります。

一方、天文学的な意味での満月(望)は、地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間(月が太陽の光を真正面から受けて、地球からまん丸に見える瞬間)の月のことを指します。今回は、9251152分に満月の瞬間を迎えます。


今年のように、中秋の名月と満月の日付がずれることは、しばしば起こります。


詳しくは、国立天文台暦計算室の暦wiki名月必ずしも満月ならず」をお読みください。


f0231709_12172356.gif


満月前後の月はとても明るく、見ごたえがあります。晴れていれば、今年も美しい中秋の名月を楽しむことができるでしょう。また、太陰太陽暦の913日の夜を「十三夜」と呼び、日本ではその夜にもお月見をする習慣があります。十三夜は、「後(のち)の月」「豆名月」「栗名月」とも呼ばれます。今年の十三夜は、1021日です。


太陰太陽暦


明治以前の日本で使われていた暦。月の満ち欠けをもとに1カ月の日付が決められていた。

詳しくはHPの季節のページをクリックです。

http://koyomi.vis.ne.jp/

f0231709_14384714.gif


旧暦とは太陰太陽暦のことを指していて、太陽と月の満ち欠けから日付が決まっていました。
月が地球の周りを一巡するのは29.53日なので、12か月で354日。現在より11日短くなります。
このズレを修正するために、閏年ならぬ「閏月(うるうづき)」というのがあって、1年が13ヶ月になった年もあったのですね。


中秋の名月というのはこの旧暦の日を元にしているので、
今の新暦になおすと毎年日にちがズレていきます。


2018年以降の中秋の名月


2019年913
2020
101


2021年/2022年/2023年は,中秋の名月と満月が一致



f0231709_12213825.gif




by manryouy | 2018-09-05 12:21 | 便利カレンダー | Trackback | Comments(0)

2018年の立秋の日に思う事…2018/8/7


夏の高校野球が甲子園は、開幕から3日目の熱戦が終わった。


まだまだ暑い盛りにテレビ等などで耳にする

「この日を境に、暦の上では秋になります」「立秋」という言葉。105.png107.png


f0231709_22530939.jpg


二十四節気には期間を表す意味もあるため、この8月7日から、

次の節気の「処暑」(例年8月23日)までに関しても、

同様に立秋と呼ばれます。

f0231709_22535424.gif


誰かに手紙を書く場合も、この立秋を境にして

「暑中見舞い」から「残暑見舞い」に分かれます。


暑さのピークのような時期が秋の始まりである

「立秋」となったのでしょうか。

これは二十四節気というものが太陽の運行や

日照時間の長さで決められたもの。


一年で日照時間が最も短い日を「冬至」最も長い日を「夏至」と定め

この2つを軸として1年を24等分したものなのです。


この夏至と冬至を軸として、その中間、つまり昼の時間と夜の時間が

ちょうど同じになる日を「春分」そして「秋分」

そして、この4つの節目のちょうど間に入るのが、それぞれの季節の

始まりを告げる「立春」「立夏」「立秋」「立冬」です。


二十四節気が生まれたのが中国であることも

大きな要因のひとつだと考えられます。


小さな日本でさえ、北海道と沖縄では顕著な気候の違いが見られる。


現代は温暖化や都市化による

ヒートアイランド現象などにより、

9月いっぱいまで非常に暑く

夏のような感覚です。


こういったことも季節感のズレの要因に

なっているのではないでしょうか。


旧暦の頃は日中の気温が35度を超える

「猛暑日」も、夜中の気温が25度を越える「熱帯夜」もほとんどありませんでした。


https://manryouy.exblog.jp/24372653/


銀座あけぼの・二十四節花

http://www.ginza-akebono.co.jp/products/24setsuhana.html

f0231709_22551972.gif
f0231709_22554101.gif


日本のほとんどが田んぼで、高い建物もアスファルトも

エアコンもなかった。そして8月のお盆を過ぎれば、

朝晩はかなり涼しくなって虫の声がきこえていたのです。



f0231709_12031486.gif



《癒しの自然音》 虫 の鳴き声 

https://www.youtube.com/watch?v=oElPZorkRyI









by manryouy | 2018-08-07 23:04 | 便利カレンダー | Trackback | Comments(0)

6月11日は「入梅」「傘の日」…2018/6/11



6月11日は「入梅」「傘の日」

入梅

f0231709_21555014.gif雑節のひとつで、梅雨入りを指します。梅の実が熟する頃に雨期に入ることからこう呼ばれるようになったとされており、梅雨に入るひとつの目安とされるが、地域や気候によって異なります。f0231709_21070441.gif

傘の日


こよみのページ

http://koyomi8.com/directjp.cgi?http://koyomi8.com/syukujitsu.htm

611日は傘の日。


f0231709_21582890.gifこの日が暦のひとつである雑節で入梅が611日であることから、暦上での入梅にあたることから日本洋傘振興協議会が1990年に定め、毎年ファッション性や機能性など傘の魅力を紹介しています。



この季節の必需品である傘の販売促進と、傘の使い方などのモラルを向上させることを目的として記念日になりました。

日本へは、1804年に長崎に洋傘が初めて入ってきたのが始まりで、明治10年頃からは材料を輸入して日本でも作られるようになり、高価な輸入品だった洋傘の価格もやがて国内生産により下がり、国内に需要が広まっていきました。

f0231709_22045604.gif

傘のマナーを再確認。

ちょっとした気配りで、雨の日に傘を持つときは、『雨具』であると同時に『先端の尖った棒』と考えてみてください。


傘をさしてない時は、柄をつかんで縦にして持つのが、マナーだけでなく安全面においても正しい持ち方なのです。


OK】 斜め下に向けて開く


周囲を確認してから、傘先を斜め下に向けて開きます。


OK 】 体の中心で真っすぐ待つ

f0231709_22083493.gif


ハンドルの湾曲したほうを体側に向けて持つようにすると、

上手くさせます。

また、狭い場所では並んで歩かないなど、周囲への配慮も忘れずに。





by manryouy | 2018-06-11 22:09 | 便利カレンダー | Trackback | Comments(0)

二十四節気・立冬と七十二候・ススキの穂…2017/11/7

2017年11/7日は二十四節気の「立冬(りっとう)」です。

西条市の中山川の河原のススキの穂は銀色に輝きます。



f0231709_17060169.jpg

立冬は暦の上で冬が始まる日とされ、秋から冬へと移ろう夕景も

少し寂しく各地では、紅葉が進み北日本では初雪の便りが聞かれる頃です。


f0231709_17215920.gif


また、日暮れが早く感じられ日脚も目立って短くなりました。

冬の気配が目立ちはじめ、季節の移ろいはいつの間にか過ぎてゆきます。



f0231709_17083131.jpg


夕日を浴びたススキが黄金色に輝き幻想的 な空間に包まれます!


f0231709_17071155.jpg


ススキの穂は、晩秋の陽差しを受け、風が吹いて銀色に光っています。


f0231709_17091703.jpg

日本の暦には二十四の節気と、七十二もの季節がある。


詳しくはHPの季節のページをクリックです。

http://koyomi8.com/directjp.cgi?http://koyomi8.com/syukujitsu.htm


「春分」「冬至」などよく耳にするのが「二十四節気」で1年を24等分して
約15日ごとに分けた季節のこと。

約2600年も前に中国の黄河地方で作られた暦のため、
実際の日本の気候とは若干のずれがあります。




f0231709_19333552.gif
      



七十二候」は半月ごとの季節変化を表す「二十四節気」をさらに
約5日おきに分け、気象の動きや動植物の変化を知らせるもので、
日本の気候や風土に合うよう江戸時代に入ってから何度か改定あり。

北国からは初冠雪の便りが届いて、冬の気配が立ち始めます。

サザンカが可憐に咲き始め、南国ではツバキ、スイセンも開花します。


f0231709_17442382.gif

日々が季節の移ろいはいつの間にか過ぎてゆきます。


立冬と、秋の実・紅葉で貼ります。写真をクリックしてください。






by manryouy | 2017-11-07 17:34 | 便利カレンダー | Trackback | Comments(0)

ヤツデ(八手)と花八手の小花…2017/11/5



冷え込みが強くなって木々の葉が落ちても八つ手は年中青々としています。

ウコギ科の常緑低木。

ヤツデの別名はテングノウチワ(天狗の団扇)


f0231709_22093385.jpg


日本原産の常緑低木で、本州の福島より南~沖縄まで広く分布します。

厚みのある葉は深い緑色で光沢があり葉の縁は細かいギザギザになっています。
ヤツデの名前は葉が7~9つに大きく切れ込むところに由来し、漢字で書くと「八つ手」です。


f0231709_22103168.jpg


「八つ」は数を表しているのではなく「多い」という意味で、日本で古来より「八」は末広がりで縁起の良い数字でもあります。

葉は五~九片に分かれていますが縁起の良い八をとったそうです。


f0231709_22110582.jpg


初冬、小さくて細かい黄白色の花を鞠状にたくさんつける。

花期は11月~12月。
この時期は花が少なく、花粉の媒介者である昆虫の来訪が多い。


f0231709_22115617.jpg


この時期に花を咲かすのは、受精を確実なものにするための八つ手の
繁殖戦略らしく、よく見ると小さい花が球状に集まっていて、
個々には、花弁も、雄蕊も、雌蕊もちゃんとある。


f0231709_22124453.jpg


一見 地味な花だが天狗の団扇のような葉ともあいまって、力強さ も感じられ八つ手は冬も落葉せずに大きな葉が茂っているので目隠し用の庭木として利用される。



f0231709_22135522.jpg


大きな手のような葉が人を招くという「千客万来」の
縁起を担いで玄関先や門の脇に植えられることもある。

f0231709_22273364.jpg



また、大きな葉っぱが魔物を追い払うとも言われている。

便利カレンダーのサイトです。

http://koyomi8.com/directjp.cgi?http://koyomi8.com/syukujitsu.htm

11/5日18:53分撮影、11/1日が13夜の月だったので、満月は終わったはずと
調べると11/4日が満月、5日は16.3の月でした。

f0231709_13051551.jpg
f0231709_13035814.gif
f0231709_13184072.gif

関連を貼ります。





by manryouy | 2017-11-05 22:18 | 便利カレンダー | Trackback | Comments(0)

6/9日の満月は最小です…2017/6/9

今日は梅雨の晴れ間の一日でした。
6/9日の朝はテッポウユリの花が大きく咲きました。

f0231709_20402977.jpg

f0231709_21321166.png

6/9日の満月は,日本の各地で見えるでしょうか!

f0231709_20420153.png


月と地球の距離はいつも一定ではなく、
離れたり近づいたりしています。


これは月の公転軌道が楕円形のためで、
遠地点(約406000km)を通過する。


2017年の6月9日には満月が見た目の上
でもっとも小さくなるのです。




詳しくは

http://www.ganshodo.co.jp/mag/moon/moon-a.html

満月なのですが、通常の満月とは少し違い

最も小さい満月です。


我が家から見て20:50分に撮りました。

6月9日の満月は月の位置が低く、
また時期的に湿度が高く空気中の粒子が多いことから、
満月が琥珀色に見えて、周りも薄くベールが

かかっていました。

これは満月が登った直後、あるいは沈む頃に

オレンジ色っぽく見える現象と同じです。


f0231709_20524240.jpg

逆に、124日の満月は近地点を通るため最も大きく見えます。

なお、国立天文台によれば124日の満月は69日よりも

14%大きく、30%明るいそうです。

なお、69日は2210分に月が満ちます。


f0231709_20452188.png

とても便利なカレンダーサイトです。


http://pds.exblog.jp/pds/1/201512/01/09/f0231709_23595455.gif?w=563&h=74


こちらをクリックです



by manryouy | 2017-06-09 21:19 | 便利カレンダー | Trackback | Comments(2)

麦の穂と日の入りと満月と便利カレンダー…2017/3/12

麦の穂も出でたよ~‼  親戚Tさん提供です

f0231709_5324117.jpg


草原を 燃やしていたよ‼

f0231709_5315119.png


橘の菜の花畑に行って 3/12日のお日の入り をみたんじゃてや‼

f0231709_3103315.jpg


f0231709_310492.png


f0231709_3135225.png


月がぁ~出たでぇ~たぁ~月がぁ~でぇたぁ~~よいよい!

小富士お山のぉ~~上にぃ~~出たぁ~~‼




f0231709_5361587.jpg


海の鵜も黒瀬ダム向いて ねぐらに帰ってたんじゃてや‼

f0231709_5392986.jpg


f0231709_5373342.jpg



満月
2017年3月12日(日)23:54

とても便利なカレンダーサイトです





f0231709_541548.png


f0231709_612883.jpg




by manryouy | 2017-03-14 05:52 | 便利カレンダー | Trackback | Comments(0)

二十四節気・大雪(たいせつ)…2016/12/7

2016年(平成28年)の大雪は12月7日(水曜日)。二十四節気の大雪(たいせつ)は、本格的に雪が降り始める頃です。
大雪は二十四節気のひとつですが新暦では12/7 頃です。テレビの天気予報で「今日は大雪に当たる日で・・・」と耳にして、やっと気づく人も多いです。

f0231709_120918.png
f0231709_1243563.gif

この日付は毎年一定ではなく、その年によって変わります。
また、この大雪当日から次の二十四節気である冬至までの12月7日~12月21日頃が「大雪の期間」。


大雪とは?・・・調べてみました。
二十四節気の一つ
f0231709_1193743.png


「さらに雪が強まって、大雪が降り出すころ。このころから、西日本の平地でも初雪をかんそくするところが増え、北日本など寒い地方では根雪になります。小雪から数えて15日目頃。および冬至までの期間。を言います。
 
山岳だけでなく、平野にも降雪のある時節ということから大雪といわれたものでしょう。この頃になると九州地方でも初氷が張り、全国的に冬一色になる季節です。冬の寒さが日ごとに加わります。スキー場がオープンしたり、熊が冬眠に入るのもこの頃。鰤(ぶり)など冬の魚の漁も盛んになります。」
f0231709_22363.gif
f0231709_22437.gif

待ちに待ったウィンタースポーツの季節到来!!
北日本のゲレンデから続々OPENしているようです。

詳しくは

二十四節気/暮らし歳時記

立冬が過ぎているので、とっくに暦の上では冬が始まっていますが、平地でも雪が降るなど目に見えて冬の訪れを感じる時期というわけです。冬将軍なんて言葉も聞かれ始めるでしょう。

f0231709_1232933.gif
木枯らしも吹いて,枯葉もおどりますよ。


by manryouy | 2016-12-07 01:25 | 便利カレンダー | Trackback | Comments(2)

師走スタート・便利なカレンダーサイト…2016/12/1

12月は各地とも雨でスタート,とくに寒冷前線が通過する北日本の日本海側の地域や北陸地方を中心に、大気の状態が非常に不安定で荒れた天気。夜から冬型の気圧配置が強まる.
2日(金)にかけて、北日本の日本海側や北陸地方では雪を伴って非常に強い風が吹き、海は大しけとなると、報じていました。

12月になると「もう師走ですね」と言う。

f0231709_8151824.png

いつも、12月になるとなぜ師走と言うのでしょうか?
「もう12月ですね」でもいいと思う のですが朝・昼・夜のニュース 番組でも12月に入ると「師走」という言葉をききます。


諸説あるようですが師匠が走るほど忙しいからとよく言いますね。昔は正月も盆と同じように祖先の霊を弔う月でした。 お経をあげるため、お坊さんがあちこちの家々を忙しく走りまわったのが語源だと言われています。

さて、師走を迎えなにかと気ぜわしい毎日ですが,来年のカレンダーもお得意様にといくらか届きますね。

とても便利なカレンダーサイトです
f0231709_23595455.gif


こちらです

サイドポリシーを見て目次のHome-pageをクリックすると、12月にこんなにたくさんの記事にもリンクしています。

f0231709_8155269.png


手帳の日  ・・・  今日は何の日より
12月は1年の最後の月で、手帳を見返して1年を振り返える月でありまた、翌年のために新しい手帳を準備する時期であることから。
manryouy は、毎年愛媛県民手帳です。

f0231709_8255236.png


我が家の庭の早咲きのさざんかの花が満開です。

10月から咲き初め、最近はほとんどの蕾が開きました。半分は散っています。

f0231709_8263287.png


調べましたが種類が多くて詳細は不明です。秋の終わりから、冬にかけての寒い時期に、花を咲かせるけれど、12月初旬で、すべて散ってしまいます。

関連を貼ります。

12月、師走の由来・tenki.jp・・2014/12/1

http://manryouy.exblog.jp/23370775/




by manryouy | 2016-12-01 08:29 | 便利カレンダー | Trackback | Comments(0)

師走・便利なカレンダーサイト・・・2015/12/1、

今日から12月(師走)がスタートですね!

これからクリスマスと年末までの商戦も賑やかになるでしょうね!!

f0231709_83508.gif


いつも、12月になるとなぜ師走と言うのでしょうか?

諸説あるようですが師匠が走るほど忙しいからとよく言いますね。
昔は正月も盆と同じように祖先の霊を弔う月でした。

お経をあげるため、お坊さんがあちこちの家々を忙しく走りまわったのが語源だと言われています。どれを見ても仕事や一年と言ったサイクルの終わりの月という意味で使われていたものだという点では一致しているようです。
出典師も走りだす月、「師走」

さて、師走に入ると、来年のカレンダーも、お得意様に・・・・といくらか届きますね。

とても便利なカレンダーサイトです
f0231709_23595455.gif


こちらです

サイドポリシーを見て今日のカレンダーに戻るをクリックすると、
12月にこんなにたくさんの記事にもリンクしています。
f0231709_23254073.gif


昨日撮った写真です。椿や水仙が咲き始めていました。

白に班入りも、ピンクの花も大きな椿の木ですから、これから2月まで長く次々と咲きますよ。
f0231709_8243873.jpg
f0231709_8535753.gif
f0231709_8251673.jpg

水仙も今からですね、冬の花の可憐な水仙は私は大好きです。
f0231709_828104.jpg
f0231709_85544.gif
f0231709_8301528.jpg


by manryouy | 2015-12-01 22:50 | 便利カレンダー | Trackback | Comments(0)
line

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31