<   2012年 07月 ( 85 )   > この月の画像一覧

新居浜市立川付近の川原にススキの穂

新居浜市立川付近の川原にススキの穂が出ています。

f0231709_193564.png

身近な平地そして野山の何処に行っても見られるススキ。

f0231709_18375043.jpg


山上憶良が万葉集で詠んだ「秋の七草」のなかには「尾花」として二番目に挙げてある。

万葉集では、ススキは「をばな、かや、み草」と呼ばれ、また穂が出初めの尾花を「花すすき、はだすすき」と詠まれている。
f0231709_1840894.jpg

「秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花」(万葉・巻八・1537)

「萩の花尾花葛花なでしこの花をみなへしまた藤袴朝顔の花」(万葉・巻八・1538)

f0231709_1841430.jpg

「人は皆萩を秋といふよし我は尾花が末を秋とは言はむ」(万葉巻・作者不詳)
萩より尾花が末(ススキの穂先)こそが秋の風情だと愛でている。
f0231709_1842510.jpg


毎年、旧暦の8月15日に当たる十五夜には、月見団子や芋、栗などを盛ってお神酒を供え、必ず芒や秋草の花を飾って月を祭っている。月と月見団子、そして芒は欠かす事の出来ない十五夜のイメージを盛り立てる草花である。

f0231709_18433573.jpg


古の人も好んだ懐かしくちょっと侘しさのあるススキの風景が山手ではもう見れるそうです。

by manryouy | 2012-07-31 18:47 | Trackback | Comments(0)

親戚Mさん宅の青田(ヒノヒカリ)と野菜畑・キューりの漬物

7月30日午後から、親戚Mさん宅に行きました。

この夏は、何度もお野菜(カボチャ・黄のまくわ瓜・キューり・ウリ・小玉すいか・トマト他)
を頂いて、大変ありがたいです。

6月9日に田植えした稲が生長中です。

f0231709_1237221.jpg


毎年・・・3ヵ月ごとに、30キロ袋で購入をして、10㌔ずつ精米をして食しています。
とても美味しいお米です。

昨日、銘柄をお聞きすると 「ヒノヒカリ」 と言われていました。
教えて貰ったので「ヒノヒカリ」を調べてみました。

f0231709_12372085.jpg


《   ヒノヒカリは、イネ(稲)の品種の1つ。

ヒノヒカリ(南海102号)は、コシヒカリ(越南17号)と黄金晴(愛知40号)の交配によって生まれた水稲ウルチ米である。宮崎県総合農業試験場(農林水産省指定試験地)で育成された。1989年に水稲農林299号「ヒノヒカリ」として命名登録され、翌1990年に種苗法による品種登録がなされた。

名前の由来は、西日本(九州)を現す「日」(太陽)と、その飯米が光り輝くさまから。

多くの府県で奨励品種に指定されており、九州を中心に中国・四国地方や近畿地方など西日本で広く栽培されている。
現在・ヒノヒカリはコシヒカリ・ひとめぼれに次いで全国第3位の作付品種。

財団法人穀物検定協会が毎年行う米食味ランキングにおいて、2001年(平成13年)度に熊本県城北産(菊池米)がヒノヒカリでは初めて最高の特Aにランクされた。その後もヒノヒカリの産地銘柄が特Aにランクされる例がある。 》

f0231709_12374454.jpg


《  岡山県産ヒノヒカリの場合の一例を示す。
播種日・・・ 5月15日
田植日(移植日)・・・ 6月3日
出穂期・・・ 8月22日
登熟期・・・ 9月2日〜10月5日
注)登熟期の開始日は、出穂期+10日目の日としている。》


f0231709_12393659.jpg


f0231709_1240412.jpg


f0231709_12402744.jpg


トマト・きゅーり・小玉スイカ・まくわ瓜等、たくさんいただいて帰りました。

f0231709_12422430.jpg


f0231709_12445642.jpg


畑に、鬼百合・ゴマの花が咲いていました。

f0231709_12441081.jpg


f0231709_12454954.jpg


早速、キューりの漬物を作りました。

f0231709_12502016.jpg

by manryouy | 2012-07-31 12:52 | 日々の話題 | Trackback | Comments(0)

タオル美術館とひまわり畑

愛媛県今治市は、タオルの街、

タオル美術館SHOPが全国につぎつぎオープン中ですね!

f0231709_864383.jpg
f0231709_871392.jpg

今治市朝倉にある、タオル美術館がひまわり畑の向こうに見えています。
8月26日(日)今治ゆるキャラ バリィさんが来館するそうです!
日程:8月26日(日) 
登場時間:10時~、12時~、14時~、15時30分~(※予定)
f0231709_884270.jpg
f0231709_891557.jpg
f0231709_894367.jpg


f0231709_814478.gif
f0231709_8142768.gif


f0231709_8105396.jpg
f0231709_8113036.jpg

by manryouy | 2012-07-31 08:15 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

新居浜市の一宮神社夏越祭 と登道南商店街夜市

新居浜市の一宮神社夏越祭 と登道南商店街夜市
     7月30日(月) 18:30~21:30

一宮神社の夏 越祭。

f0231709_2228689.jpg


茅の輪くぐりは正月から半年間の罪穢れを祓う夏越しの大祓えで 執り行われ、茅草で作られた大きな輪をくぐると疫病や罪が祓われるとされています。

f0231709_22285866.jpg


f0231709_22292536.jpg


f0231709_22294839.jpg


半年の罪穢れを茅の輪をくぐり清めることの一宮神社の夏越祭。
夕方18:20分頃の撮影です。
f0231709_22533025.jpg


一宮神社の夏 越祭にあわせて、
登道商店街夏越夜市が開催され、歩行者天国通りに各種屋台が並び、
参加自由のカラオケ大会も同時開催されました。
f0231709_22554214.jpg
f0231709_22561674.jpg
f0231709_2257045.jpg

夕方の準備と歩行者天国通り風景です。


来週はいよいよ新居浜夏祭り
今年は3日間の開催で新居浜の夏を盛り上げてくれます。

祭り2日目の4日(土)には銅夢にいはま周辺に約100店もの屋台が出店する「昔なつかし土曜夜市」
19時からは岡 雅子さんが懐かしい昭和歌謡曲のヒットパレードを披露。

最終日、5日(日)は、16時30分頃から10台の太鼓台が昭和通り、
登り道を移動開始し、広島銀行西の本部席前で次々とパフォーマンスを披露の予定です。

by manryouy | 2012-07-30 22:57 | 夏まつり | Trackback | Comments(0)

白ネギ(長ネギ)の中耕・土寄せ…・2012年」7月29日

29日の夕方から長ネギの土寄せ作業していました。

8月に入って約1ヶ月は高温障害がでるので あまり土は いじれないそうです
7月末までに、湿害防止と土中への酸素補給の為、除草を兼ねて中耕を行う。

ネギ作りにおいて土寄せ作業は大きなポイントであるそうです。

生産者にお聞きすると一度に寄せる土は葉の分岐点までと言う事で むやみに土を被せれば良いわけではない様です。

f0231709_19282922.jpg


大体竹の目盛りの上から二段目位まで土をかけられれば仕上がりの様です。

この作業が終わればしばし休憩又9月頃から作業再開の様です。長ネギも連作障害が出るので
3年、間隔位の栽培になるとか・・・・。

f0231709_19291174.jpg


一度に多くの土を寄せるのではなく、2~3回に分けて寄せる。
生育のすすんでいない夏から初秋にかけて多量の土寄せを行ってしまうと軟白部の肥大をたいへん防げる。

また11月まで土寄せを行わないでいると、葉のしまりが悪くなり、品質が低下する。

f0231709_193183.jpg


したがって9月下旬以降に1回目の土寄せで5~7cmに、最終的には15~20cmになるように葉の分岐点の所まで土を寄せる。

軟白部が土を寄せてから仕上がるまでに30~40日かかる。

f0231709_19321393.jpg


つまり、収穫以前の最後の土寄せは、収穫予定日から数えて30~40日前までに終わらせるようにしなければならない。収穫は降霜にあった後、11月から12月にかけての頃が適期らしいです。

f0231709_19333343.jpg

by manryouy | 2012-07-29 19:33 | 白ネギの畑から出荷まで | Trackback | Comments(0)

ヘクソカズラ(屁糞葛)  アカネ科

f0231709_15244151.jpg


ヘクソカズラ(屁糞葛)  アカネ科 

 別名:ヤイトバナ(灸花),サオトメバナ(早乙女花)

 花期:夏   実期:秋

日本各地、東アジアに分布する蔓性の多年草で、至る所に多い雑草。葉や茎に悪臭があることから屁屎葛(ヘクソカズラ)の名がある。

 ま~字を見てビックリ。いかに雑草とはいえ,とんだ名前を付けられたものです。

f0231709_15253893.jpg


とんでもない悪臭を持っていますので、草取りなどしているときは気を付けましょう。

f0231709_1527541.jpg


 別名の「ヤイトバナ(灸花)」の“やいと”というのはお灸のことです。

花の色が,お灸をすえた後のように見えるということからのようですが,
この名前も面白いがあまりよいi感じとは言えませんね。

これではあまりに気の毒ということで,サオトメバナ(早乙女花)などという
別名があるようですが,これは逆にほめすぎのような気もしますけど・・・・・。

f0231709_15302033.jpg


この写真にしたものは雑草とは思えないようなきれいな花にみえました。

by manryouy | 2012-07-29 15:32 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

今治大島の水軍レースは小早船…追加/NO5

今治大島の水軍レースは小早船…追加/NO5です。

2012年も第20回の「水軍レース大会」が、復元された小早船で勝ち抜きトーナメントが行われました。
f0231709_1518346.jpg

その様子は昨日NO4までUPしました。

f0231709_15114858.jpg


村上水軍博物館前の特設会場で展示の「小早船」は、約450年前の瀬戸内海海域に君臨していた村上水軍の水軍和船です。

f0231709_15123243.jpg


水軍レース大会は、能島沖の海上に設けられた200mの直線コースでタイムを競いました。県外からの参加を含む約70チームが参加し、盛大に催されました。

f0231709_15141967.jpg


かけ声をかける人や見竿を持つ人、櫓を漕ぐ10人が一体となって小早船を走らせる姿に、観覧席から熱い声援が送られました。


f0231709_15151541.jpg


f0231709_1515414.jpg

by manryouy | 2012-07-29 15:20 | 伊予水軍レース・大島 | Trackback | Comments(0)

「クマセミの羽化の観察」…2012・7・28

我が家の定例行事とは言っても
今年で3回目・「クマセミの羽化の観察」の季節がやってきました。
昨夜、午後6:50分時頃玄関外をゆっくり歩く、幼虫を見つけました。

f0231709_905720.jpg


今回は、室内のカーテンにそっと持っていくと。留まってくれました。
網戸に留まらせて羽化の観察会もいいですが・・・・

さて今年も、7月28日(土)のクマゼミの羽化の様子の
観察日記は時間も入れながら、連続写真で編集します。

 時間の系列で写真が多くになりますが、ご欄になって下さい。

f0231709_925814.jpg

室内のカーテンに止まらせると上に向かって動いてる。
f0231709_9615100.jpg


19;21分…羽化の始まり、背の部分が緑に見えて膨らんできました。

f0231709_973536.jpg


体をゆっくりと出してきますが、プルプル震えながらカラを割って出てくる姿は、
なんどみても感動があります。

f0231709_8435774.jpg
f0231709_8441831.jpg


エビぞりしながらゆっくり確実に足を抜く姿も何とも言えないです。
 家族の目もこの辺りは釘付けです。本当に良く足が抜けますね。

f0231709_846749.jpg


このエビぞりの最後には、何故か後ろ足を上の写真のように大股開きし足を乾かすのですが、
どことなくユーモラスで不思議。

f0231709_8463096.jpg

さて「エビぞり」の最終段階で上の写真のように羽が垂れ下がってきたら、
最後には後ろ足で殻に捕まると、起き上がりがジワジワとはじまります。

f0231709_8473032.jpg


少し角度を変えた写真で、このタイミングを写すとこんな感じです

f0231709_8485886.jpg
 


f0231709_8492193.jpg


 腹部の先端のみでカラとつながっている状態から、思いっきり体を起こして

後ろ足~中・前足と足でカラを掴みお尻を抜く。

f0231709_8503222.jpg

f0231709_8511780.jpg
 

このイベントもなかなかもので、あっと言う間に終わってしまうこともあって
見逃してしまうのですが、そんな場合は悔しくて眠れません。

ここまでで約1時間でした。

f0231709_852426.jpg


f0231709_9111920.jpg


f0231709_9122359.jpg


殻に捕まって徐々に緑の羽を広げ、1時間余ると普通の透明な羽になっていました。

f0231709_9162672.jpg
f0231709_9164333.jpg


昨夜は 電気を消して、真っ暗にし室内を出ました。おやすみなさい~~~!!

早朝AM:5:05分に透明なクマゼミの羽になって、カーテンの上部に動いて
飛べるように、こんな色になっていました。

f0231709_9174165.jpg


捕まえると元気に足を動かすので、網戸の外側に止まらせようとしたら、
私の手から飛んでいきました。

今回の羽化はクマゼミの♀でしたが、オスだと胸の部分で一目でわかります。

ゆっくり観察するには、室内がお薦めだと思いました。

大人が見ても十分楽しめますし、意外と簡単に見られますので、
子どもと一緒に夏休みの感動体験などいかがでしょうかね!?

クマゼミの羽化は7月20日~10日間前後で終わってしまい、
その後アブラゼミが始まります。

f0231709_9323022.gif


セミの成虫の寿命は1週間とか言われていますが、
羽化のタイミングとは成虫が木で鳴いている時の
夕方頃、周辺の土の穴からでてきます。

動く幼虫を見つけると是非とも観察して、感動をあじわって下さいませ。
これで、つたない観察日記を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。

by manryouy | 2012-07-29 09:23 | 季節の風物詩 | Trackback | Comments(0)

大島(水軍レース)の後、復路で見た大島の風景…NO4


大島(水軍レース)の後、ウォーキングで見た海岸の風景…NO4です。

f0231709_22203398.jpg

今治市大島の水軍レース会場の地角の砂浜には海水浴客も少々見えました。
f0231709_222397.jpg

f0231709_2224866.jpg

又友浦沖では天草が干されてました。

f0231709_22272918.jpg

f0231709_2375694.jpg

千年松沖にも極僅か海水浴客がいました。

f0231709_6491357.jpg

閉会式も そこそこに さっさと引き上げた松木坂井太鼓台若中の貸し切りバスが南浦の民宿脇に止まってました。一泊するのでしょうかね~?
f0231709_6585075.gif

四国の今治市とが海の向こうにに見えています。中央は、今治国際ホテルです。
f0231709_23134498.jpg


そして山越えで大島の下田見港へと・・・・
f0231709_6502569.jpg
f0231709_65082.jpg
f0231709_6505556.jpg


復路来島海峡大橋を渡り、海を見ながら帰りました。・・・以上Tさんのコメント写真で4ブログの編集でした。
猛暑の中、道中の取材ありがとうございました。

夜は、クマゼミの羽化観察・
午後11時過ぎも熱帯夜、、、やっと、テレビを見ると

《 全国的に高気圧に覆われる状態が続いていて、28日も強い日ざしが照りつけ気温が上がりました。
日中の最高気温は、群馬県館林市で38度4分、茨城県大子町で38度3分、岐阜県多治見市で38度2分、埼玉県熊谷市と京都市で37度5分などと東日本と西日本の135の観測点で35度以上の猛暑日になりました 》
と報じられていました。

by manryouy | 2012-07-29 07:00 | Trackback | Comments(0)

大島の水軍レース会場のイベントのにぎわい、(今治市)・・・no3

28日の今治市大島の水軍レースの会場の、イベントと、大島ウォーキング
で見た夏休みの風景を、Tさんが新居浜の自宅に帰宅後に送ってくれました。

夏の海、大島の景観、がきれいな写真です。

コメントを入れてくれていましたので、編集しました。
f0231709_21301776.jpg

f0231709_21312821.jpg


金魚すくい ならぬ鯛すくいのコーナーも有りました。
f0231709_21341262.jpg

f0231709_21344653.jpg
f0231709_21351727.jpg

茹で鯛に なりかけた鯛の稚魚の放流も行われました。
f0231709_21582218.jpg

f0231709_21564981.jpg

今治のユルきゃらのバリィさんは人気の的の様ですね~
f0231709_2232346.jpg

夏のサザエさん壺焼き一個200円は適正価格だと思います。
f0231709_228386.jpg

by manryouy | 2012-07-28 22:14 | 伊予水軍レース・大島 | Trackback | Comments(0)

愛媛の東予地方から、日常の平凡な生活の中で感動した事や、日々の旬な話題・美しい花等を日記風にして発信をします。


by manryouy
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る